14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > NHKマイルカップ > 2019年NHKマイルカップの予想解説動画を公開しました。

2019年NHKマイルカップ「2019年NHKマイルカップの予想解説動画を公開しました。」

2019/05/03 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年05月05日(日)
NHKマイルカップ -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラ系3歳 賞金:9200万

NHKマイルカップの解説



NHKマイルカップですが、頭数が18頭とフルゲートで揃ったことで、3歳のマイル王決定戦としては相応しいメンバーなのかなというふうに思っております。

グランアレグリアが断然の1番人気になりそうなんですが、朝日杯で牡馬相手に敗れているので、それをどう見るかというのが一つのポイントになるのかなというふうに思っております。


朝日杯フューチュリティステークス


それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、1つ目が朝日杯フューチュリティステークスですね。

このメンバーからは上位4頭、アドマイヤマーズ、クリノガウディー、グランアレグリア、ファンタジストあたりが出走してくると。

レースを見ますと。

逃げた馬がとばして、離れた2番手を追走したのがグランアレグリア。

これも楽勝なのかなと思ったんですが、これで伸びを欠いたのがどうなのかなというかんじですね。

このレースでいうと、内を通ったクリノガウディーが人気薄で2着に来ているように、インコース有利な馬場で、離れた2番手追走での、ゴール前伸びを欠いたのはいただけない内容かなという感じがします。

クリノガウディーも好位のインを走った時には能力を発揮するので、今回1枠1番をひいたので、多少注意が必要かなという感じがします。

3番手を追走したのは勝ったアドマイヤマーズですね。

単純にこのレースだけ見るとアドマイヤマーズが上という見方ができるのですが、ただこのときのグランアレグリア、走りを見ると本領を発揮してない感じがあるので、桜花賞であるとかサウジアラビアロイヤルカップの内容を見ると、逆転してもおかしくないという評価でいいのかなと思います。

あとファンタジストが、内側を通った馬が上位を独占する中で外枠だったので、この4着も着差ほどは能力差がないという見方でいいのかなと思っております。

なのでこの4頭は今回もそれなりに注意が必要かなというふうに思います。


きさらぎ賞


次ですね、きさらぎ賞ですね。

このメンバーからはダノンチェイサーが出走してくると。

ダノンチェイサー、ちょっと評価が難しいんですが。

勝ちっぷりはいいんですが、ただみていただくとわかるんですが、逃げた馬が大逃げをうって離れた2番手。

これ単騎逃げと同じ状態なので、最高の展開に恵まれて、かつペースもあんまり速くないといった流れでの勝利なので、2馬身の着差ほど能力は抜けてないよということと、ただ能力的に底を見せていないという点。

あときさらぎ賞の方が、中長距離のレベルの方がマイル戦線よりはレベル高いので、そういう意味では注意が必要なんですが、着差ほどこのレースに関しては能力差があったわけではないよっていうのを頭に入れておいてほしいなと思います。


ファルコンステークス


次、ファルコンステークスですね。

このメンバーからは勝ったハッピーアワーと、2着のグルーヴィットが出走してくると。

グルーヴィットが先に外目を回って動いていって2着なんですが、勝ったハッピーアワーは、前行かせてうまく折り合いをつけていたので、直線うまく外に出したことを考えると、レース内容としてはじゃっかんハッピーアワーよりグルーヴィットの方が上かなという感じがしています。

あと先週から乗れているレーン騎手が乗るので、グルーヴィットが逆転する可能性の方がちょっと高いという見方でいいのかなと思います。

ただこのメンバーよりは別路線の方がレベルが高いので、まったくファルコンステークス組が通用しないという可能性もあるのかなと思っております。


ニュージーランドトロフィー


次ですね、ニュージーランドトロフィーですね。

勝ったワイドファラオ、3着のヴィッテルスバッハあたりが出走してくると。

このレース超スローで、ワイドファラオが逃げたんですが、逃げた馬とインの3番手の2頭で決まったレースで、それを逆にいうと追い込んだヴィッテルスバッハの外をまわっての3着の方が内容は上なので、今回ワイドファラオ楽に逃げられそうもないので、そういう意味ではニュージーランドトロフィー組では、ワイドファラオではなくヴィッテルスバッハを買うべきだなというふうに思います。


桜花賞


次ですね、桜花賞ですね。

このメンバーからはグランアレグリアが出走してくると。

グランアレグリアは3番4番手の馬込みの中を追走していて、早めに4コーナーでは馬なりで先頭にたってそのまま押し切るといった非常に強い内容でした。

これを見ると今回も人気になって当然かなという感じがします。

ただやはり気むずかしいところもあるので、能力を発揮できない可能性をじゃっかん頭に入れておいてほしいなというところですね。

ただこのレースを見ると、朝日杯が本領発揮できなかったのかなという感じがします。


アーリントンカップ


最後ですね、アーリントンカップですね。

このメンバーからは、勝ったイベリス、2着カテドラル、3着トオヤリトセイトがいるんですが。

勝った馬はスローで逃げたので、これはあんまり高い評価を与える必要がないかなという感じがするのと。

2着のカテドラルがレースを見ていただくとわかるんですが、残り100m200mくらいまでまったく前があかずの2着なので、レースぶりとしてはカテドラルを上に見るべきかなという感じがするんですが。

まあカテドラルその前見ると一線級相手に通用していないので、そういう意味ではこのアーリントンカップ組はあんまり高い評価がいらないかなという感じがしています。

最後、展開をお見せしながら解説をしますが、まず逃げるのがプールヴィルが1枠2番を引いたので、先手を取るかなとるかなという感じがしてるんですが、ただ思ったよりもどうしても行きたい馬がいないので、ゆったり流れるかなという感じがしています。

そこをスローになるとグランアレグリアが桜花賞のように早めに先頭に立つといった競馬かなと思っております。

内から見ていきますが、


クリノガウディー


ここ2回惨敗しているんですが、朝日杯のように1枠1番をひいて、好位のインで脚を溜められれば、じゃっかんチャンスはあるのかなという感じがしています。

2番のプールヴィルはちょっと厳しいでしょう。


ダノンチェイサー


これがちょっと評価わかれるところですが、先ほどお話ししたようにきさらぎ賞は展開に恵まれていたと。

ただやってるメンバーは強いので、無視はできないなという感じはします。

イベリスはちょっと厳しいと。

マイネルフラップもちょっと厳しいですね。


グルーヴィット


ファルコンステークス組ではハッピーアワーよりこっちと思うんですが、ファルコンステークス組のレベル自体がどうかなという感があるので、レーン騎手を加味しても押さえ程度かなという感じがします。


グランアレグリア


朝日杯の敗戦をどう見るかが最大のこの馬のポイントなんですが、桜花賞を見るかぎりこの馬かなり強いですし、まあそんなに先行馬がいないうえに脚質的にもいいのかなという感じがするので、人気でも本命級の高い評価を与えて当然かなと思います。

8番9番10番11番12番あたりは厳しいですね。

ワイドファラオも先ほど言ったように、スローで逃げただけなので、これは買わないと。


ファンタジスト


朝日杯の4着は先ほどお話ししたように、内を通った馬が上位を独占する中で、外をまわらされての4着なので、着差ほどは能力差はないのかなという感じがしています。

なので展開が嵌まれば多少チャンスはあるかなという感じがします。

ハッピーアワーを買うならば、私は6番グルーヴィットを買うと。


ヴィッテルスバッハ


これはニュージーランドトロフィー組ではこれというふうに思います。

なのでワイドファラオを買うんであればヴィッテルスバッハなのかなという感じはするんですが、あとニュージーランドトロフィー組のレベルをどう見るかってところですね。

あと16番厳しいと。


アドマイヤマーズ


ちょっと外過ぎるかなという感じもするんですが、皐月賞も上位3頭かなり強いメンバーでの4着と。

共同通信杯もダノンキングリーに負けてはいるものの、後続を離しているということを考えると、打倒グランアレグリアの1番手という評価でいいかなと思います。

ケイデンスコールは厳しいといった感じですね。



一応このように18頭分析しております。

グランアレグリアと、人気のアドマイアヤマーズは当然強いんですが、これだけ頭数がいるので、あとグランアレグリアの気性もあるので、多少波乱の可能性まであるのかなというふうに思っております。

なので土曜日の競馬を見て、馬場を見て最終的な判断をしたいなと思っております。

NHKマイルカップの無料会員の解説は以上です。

また来週楽しみにしていてください。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください