天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > NHKマイルカップ

今週の重賞レース
■ 新潟大賞典ページ
https://www.keibariron.com/database/niigatadaisyouten
■ 京都新聞杯ページ
https://www.keibariron.com/database/kyotosinbunhai

主なローテーション
■ ファルコンSページ
https://www.keibariron.com/database/falconstakes
■ NZTページ
https://www.keibariron.com/database/nzt
■ 桜花賞ページ
https://www.keibariron.com/database/oukasho
■ 皐月賞ページ
https://www.keibariron.com/database/satukisho

2017年 NHKマイルカップの最新予想情報

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

メジャーエンブレムが桜花賞の雪辱を果たす


第21回NHKマイルカップは、単勝1.9倍と断然人気のメジャーエンブレムの逃げ切り勝ちで幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、メジャーエンブレムのスピードに高い評価を与えていたが、シゲルノコギリザメが強引に競りかけてくる可能性と牡馬クラシック戦線のレベルが高いので、ロードクエストを本命に予想し、メジャーエンブレムを対抗にとどめた。
レースでは、メジャーエンブレムは、内枠を生かしてハナに立つと、馬なりのまま直線に向いた。
そして、メジャーエンブレムは、直線半ばで後続を突き放してそのまま押し切り、第21回NHKマイルカップを制覇した。
メジャーエンブレムの第21回NHKマイルカップの勝利という結果は、先手を取って力で押し切ったものだが、前が止まりにくい府中の馬場状態に恵まれたものでもある。
よって、第21回NHKマイルカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、メジャーエンブレムに高い評価を与えて当然だが、楽に逃げを打てるメンバー構成やイン有利の馬場以外の場合には、絶対視までは禁物である。

一方、第21回NHKマイルカップで競馬理論が本命に予想したロードクエストは、2着止まりであった。
ロードクエストは、スタートがひと息だったこともあり、後方の外目で折り合いをつけた。
そして、ロードクエストは、直線で大外に持ち出されると、上がりナンバーワンの33秒8の脚を使ったが、メジャーエンブレムには届かず、2着に敗れてしまった。
ロードクエストの第21回NHKマイルカップの2着という結果は、スタートとコーナーワークのロスを考えると、負けて強しの内容であった。
よって、ロードクエストはクラシックの一線級相手では力不足だが、マイル戦線であればトップクラスと判断すべきである。

一方、第21回NHKマイルカップでは12番人気のレインボーラインが3着に入った。
レインボーラインは、中団の外目を追走し、直線でもいい脚を使ったが、ゴール寸前でロードクエストに交わされてしまい3着止まりであった。
レインボーラインの第21回NHKマイルカップの3着という結果は、終始外を回らされてのものであり、内でロスのない競馬ができていればと思わせる内容であった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、レインボーラインの第21回NHKマイルカップの好走をフロック視せず、それなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、第21回NHKマイルカップの競馬予想では、メジャーエンブレムが桜花賞の雪辱を果たした。
ただし、3歳のマイル戦線は、勝負付けが済んだわけではなく、未だ混戦模様である。

競馬理論のファンの方は、混戦のマイル戦線の穴予想をお楽しみに。

メジャーエンブレムの巻き返しなるか?


今週のメインレースは、第21回NHKマイルカップである。
第21回NHKマイルカップは、3歳のマイル王決定戦ということもあり、スピード自慢が揃った。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第21回NHKマイルカップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ニュージーランドトロフィー組からは、1着のダンツプリウス(丸山元気)、2着のストーミーシー(江田照男)、3着のエクラミレネール(大野拓弥)、5着のレインボーライン(福永祐一)及び9着のショウナンライズが第21回NHKマイルカップに出走する。
ニュージーランドトロフィー組は、別路線組と比較してレベルが低い一戦であった。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、ニュージーランドトロフィー組に高い評価は不要である。
ニュージーランドトロフィー組で多少注意を払うとしたら競馬が上手なダンツプリウス及びゴール前で不利を受けたレインボーラインくらいであろう。

ファルコンステークス組からは、1着のトウショウドラフタ(田辺裕信)及び2着のブレイブスマッシュ(横山典弘)が第21回NHKマイルカップに出走する。
トウショウドラフタのファルコンステークスの勝利という結果は、中団のインで脚をためる展開に恵まれたものではあるが、2着以下に1馬身以上の差をつける快勝であった。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、トウショウドラフタにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

ブレイブスマッシュのファルコンステークスの2着という結果は、直線で内を突く競馬によるものであり、トウショウドラフタに力負けであった。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、ブレイブスマッシュに高い評価は不要である。

桜花賞組からは、4着のメジャーエンブレム(ルメール)及び8着のブランボヌール(三浦皇成)が第21回NHKマイルカップに出走する。
メジャーエンブレムの桜花賞の4着という結果は、先行する自分の競馬ができず且つ直線で前が塞がる不利を受けてのものであり、度外視可能である。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、楽に先行できさえすれば、メジャーエンブレムが巻き返す可能性が高まると判断すべきである。

ブランボヌールは、桜花賞の見所のないレース内容から、第21回NHKマイルカップの競馬予想において高い評価は不要である。

皐月賞組からは、8着のロードクエスト(池添謙一)が第21回NHKマイルカップに出走する。
ロードクエストの皐月賞の8着という結果は、いつもより早い仕掛けで伸びを欠いたが、マイル戦線よりもかなりレベルの高いメンバーであったことを考慮すると、高い評価に値する。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、超一流馬が揃うクラシック戦線の王道を進んできたロードクエストに本命級の高い評価を与えて当然である。

毎日杯組からは、2着のアーバンキッド(ボウマン)が第21回NHKマイルカップに出走する。
アーバンキッドの毎日杯の2着という結果は、いつも相手なりに崩れないで走る安定感を示したが、スマートオーディンには切れ負けであった。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、アーバンキッドにそれなりの評価を与えれば十分である。

一方、共同通信杯組からは、2着のイモータル(戸崎圭太)が第21回NHKマイルカップに出走する。
イモータルの共同通信杯の2着という結果は、

後の皐月賞馬ディーマジェスティに差されてしまっただけであり、今となっては価値が高い。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、イモータルにも本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、マーガレットステークス組からは、1着のティソーナ(デムーロ)が第21回NHKマイルカップに出走する。
ティソーナのマーガレットステークスの勝利という結果は、 スローの2番手から押し切ってのものであり、レース内容としての価値は高くない。
よって、第21回NHKマイルカップの競馬予想においては、デムーロ騎手騎乗を考慮しても、ティソーナに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第21回NHKマイルカップに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第21回NHKマイルカップの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第21回NHKマイルカップの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
パスワード確認:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

クラリティスカイが得意の東京マイルでG1制覇

第20回NHKマイルカップは、混戦と見られていたが、結果として上位人気馬が5着までを占める決着となった。

その第20回NHKマイルカップを制したのは、3番人気のクラリティスカイ(横山典弘)である。

競馬理論の競馬予想では、皐月賞でも先行して5着に粘った実績からメンバーが弱化する第20回NHKマイルカップでは好走必至と判断していたが、レベルの高い共同通信杯組のアヴニールマルシェを本命に予想してしまった。

レースでは、クラリティスカイは、好位の馬群の中を進み、直線入り口で前が開くと、先に抜けだしたアルビアーノをあっという間に捕えて、第20回NHKマイルカップを制覇した。

クラリティの第20回NHKマイルカップの勝利という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたものではあるが、2着に1馬身の差をつけており、このメンバーでは力が上であることを示した。

よって、第20回NHKマイルカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、クラシック本流では少し力が足りないクラリティスカイに、マイル戦線であれば高い評価を与えるべきである。

一方、第20回NHKマイルカップにおいては、無敗のアルビアーノ(柴山雄一)が2着に粘り込んだ。アルビアーノは、レンイングランド(内田博幸)を行かせて、2番手からレースを進めた。そして、アルビアーノは、直線で先頭に立って一旦は後続を突き放したが、クラリティスカイに差されてしまい、2着止まりであった。

アルビアーノの第20回NHKマイルカップの2着という結果は、牡馬の一線級相手であったことを考えると立派だが、スローで先行する展開に恵まれたことも確かである。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、 アルビアーノに第20回NHKマイルカップで2着の実績ほどの高い評価は不要だが、軽快な先行力を生かせる展開や馬場のときにはそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第20回NHKマイルカップにおいて、ミュゼスルタンは3着、アヴニールマルシェは4着に敗れてしまった。ミュゼスルタン及びアヴニールマルシェの第20回NHKマイルカップの敗戦は、上がりナンバーワンタイの脚を使っており、脚を余しただけである。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、差しが届く馬場や展開になるようであれば、ミュゼスルタン及びアヴニールマルシェが第20回NHKマイルカップ組をまとめて差し切ると判断すべきである。

以上のように、第20回NHKマイルカップは、クラリティスカイの勝利で幕を閉じた。 クラリティスカイは1馬身の差をつけており強かったが、スローペースの前残りの展開に恵まれたことも確かである。

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、第20回NHKマイルカップ組の次走以降における評価を下して頂きたい。

第20回NHKマイルカップは、混戦と見られていたが、結果として上位人気馬が5着までを占める決着となった。

その第20回NHKマイルカップを制したのは、3番人気のクラリティスカイ(横山典弘)である。

競馬理論の競馬予想では、皐月賞でも先行して5着に粘った実績からメンバーが弱化する第20回NHKマイルカップでは好走必至と判断していたが、レベルの高い共同通信杯組のアヴニールマルシェを本命に予想してしまった。

レースでは、クラリティスカイは、好位の馬群の中を進み、直線入り口で前が開くと、先に抜けだしたアルビアーノをあっという間に捕えて、第20回NHKマイルカップを制覇した。

クラリティの第20回NHKマイルカップの勝利という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたものではあるが、2着に1馬身の差をつけており、このメンバーでは力が上であることを示した。

よって、第20回NHKマイルカップ以降の重賞戦線の競馬予想においては、クラシック本流では少し力が足りないクラリティスカイに、マイル戦線であれば高い評価を与えるべきである。

一方、第20回NHKマイルカップにおいては、無敗のアルビアーノ(柴山雄一)が2着に粘り込んだ。アルビアーノは、レンイングランド(内田博幸)を行かせて、2番手からレースを進めた。そして、アルビアーノは、直線で先頭に立って一旦は後続を突き放したが、クラリティスカイに差されてしまい、2着止まりであった。

アルビアーノの第20回NHKマイルカップの2着という結果は、牡馬の一線級相手であったことを考えると立派だが、スローで先行する展開に恵まれたことも確かである。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、アルビアーノに第20回NHKマイルカップで2着の実績ほどの高い評価は不要だが、軽快な先行力を生かせる展開や馬場のときにはそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第20回NHKマイルカップにおいて、ミュゼスルタンは3着、アヴニールマルシェは4着に敗れてしまった。ミュゼスルタン及びアヴニールマルシェの第20回NHKマイルカップの敗戦は、上がりナンバーワンタイの脚を使っており、脚を余しただけである。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、差しが届く馬場や展開になるようであれば、ミュゼスルタン及びアヴニールマルシェが第20回NHKマイルカップ組をまとめて差し切ると判断すべきである。

以上のように、第20回NHKマイルカップは、クラリティスカイの勝利で幕を閉じた。 クラリティスカイは1馬身の差をつけており強かったが、スローペースの前残りの展開に恵まれたことも確かである。

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、第20回NHKマイルカップ組の次走以降における評価を下して頂きたい。

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝1600m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
シュウジ エクラミレネール アーバンキッド メジャーエンブレム ロードクエスト ティソーナ トウショウドラフタ イモータル シャドウアプローチ ダンツプリウス ペルソナリテ ハクサンルドルフ シゲルノコギリザメ ブレイブスマッシュ ストーミーシー カネノイロ ブランボヌール レインボーライン 馬名
牡3牝3牡3牝3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牝3牡3牡3牡3牡3牡3牝3牡3 性齢
575557555757575757575557575757575557 斤量
岩田 大野 ボウマン ルメール 池添 Mデムーロ 田辺 戸崎圭 Tベリー 丸山 柴田大 内田博 松岡 横山典 江田照 蛯名 三浦 福永 騎手
121316121751110415618891463 着順

最新情報

NHKマイルカップとは

NHKマイルカップ(エヌエイチケイマイルカップ)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の「NHK」は寄贈賞を提供している日本放送協会の略称で、東京都渋谷区神南に本部を置く放送局。 正賞はNHK杯、日本馬主協会連合会会長賞。 1953年から1995年まで東京優駿(日本ダービー)のトライアル競走として施行されていた「NHK杯」を前身としている。当時はクラシック競走に出走できなかった外国産馬や短距離適性のある馬に目標となる大レースを4歳(現3歳)春季に創設しようという気運が高まり、1996年に春の4歳(現3歳)マイル王決定戦として新設された。 創設当初より外国産馬が出走可能なほか、指定交流競走として所定の条件を満たした地方競馬所属馬も出走が可能となっている。2009年より国際競走となり、外国馬も出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。 出走資格:サラ系3歳牡馬・牝馬(出走可能頭数:最大18頭) JRA所属馬 地方競馬所属馬(後述) 外国調教馬(9頭まで、優先出走) 騸馬(去勢した牡馬)は出走できない。引用元:Wikipedia NHKマイルカップ

最終オッズ

馬名 単勝
メジャーエンブレム2.3
ロードクエスト6.4
イモータル7.6
ティソーナ9.8
トウショウドラフタ10
アーバンキッド11.3
ダンツプリウス21.2
シュウジ27.8
ブレイブスマッシュ29.6
ストーミーシー32.3
ハクサンルドルフ37.3
レインボーライン40.7
シャドウアプローチ53.8
シゲルノコギリザメ89.7
ブランボヌール133
エクラミレネール138.2
カネノイロ234.1
ペルソナリテ259.2
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧

NHKマイルカップ (2016年) 『メジャーエンブレムが桜花賞の雪辱を果たす』

第21回NHKマイルカップは、単勝1.9倍と断然人気のメジャーエンブレムの逃げ切り勝ちで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、メジャーエンブレムのスピードに高い評価を与えていたが、シゲルノコギリザメが強引に競りかけてくる […]

2016/05/12 (木)

NHKマイルカップ (2016年) 『メジャーエンブレムの巻き返しなるか?』

今週のメインレースは、第21回NHKマイルカップである。 第21回NHKマイルカップは、3歳のマイル王決定戦ということもあり、スピード自慢が揃った。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第21回NHKマイルカップに出走する有 […]

2016/05/3 (火)
クラリティスカイが得意の東京マイルでG1制覇

NHKマイルカップ (2015年) 『クラリティスカイが得意の東京マイルでG1制覇』

第20回NHKマイルカップは、混戦と見られていたが、結果として上位人気馬が5着までを占める決着となった。 その第20回NHKマイルカップを制したのは、3番人気のクラリティスカイ(横山典弘)である。 競馬理論の競馬予想では […]

2015/05/14 (木)
アルビアーノが無敗でG1馬になれるのか?

NHKマイルカップ (2015年) 『アルビアーノが無敗でG1馬になれるのか?』

今週のメインレースは、3歳のマイル王決定戦の第20回NHKマイルカップである。 第20回NHKマイルカップは、主役不在の混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想では、第20回NHKマイルカップに出走する有力各馬の能力を […]

2015/05/8 (金)
ミッキーアイルがスピードの違いで押し切る

NHKマイルカップ (2014年) 『ミッキーアイルがスピードの違いで押し切る』

第19回NHKマイルカップは、単勝1.9倍と断然の1番人気に推されたミッキーアイル(浜中俊)が逃げ切ったことで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、内枠を引いたダンツキャンサー(藤田伸二)に絡まれる可能性が高いため人気ほ […]

2014/05/15 (木)
ミッキーアイルが5連勝でG1制覇なるか?

NHKマイルカップ (2014年) 『ミッキーアイルが5連勝でG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、第19回NHKマイルカップである。 第19回NHKマイルカップは、3歳馬のマイル王決定戦ということもあって、注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第19回NHKマイルカップに出走する有力各 […]

2014/05/8 (木)
マイネルホウオウが大波乱を演出

NHKマイルカップ (2013年) 『マイネルホウオウが大波乱を演出』

第18回NHKマイルカップは、10番人気のマイネルホウオウ(柴田大知)が勝利し、2着には6番人気のインパルスヒーロー(田中勝春)、3着には8番人気のフラムドグロワール(横山典弘)が入り、大波乱の決着となった。 競馬理論の […]

2013/05/9 (木)
エーシントップがマイル重賞3連勝でG1制覇なるか?

NHKマイルカップ (2013年) 『エーシントップがマイル重賞3連勝でG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、3歳のマイル王決定戦の第18回NHKマイルカップである。 第18回NHKマイルカップは、クラシックの上位組が不在ということもあり、中心馬不在の混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第18 […]

2013/05/3 (金)
グランプリボスが2歳王者の意地を見せるか?

NHKマイルカップ (2012年) 『グランプリボスが2歳王者の意地を見せるか?』

今週のメインレースは、3歳マイル王決定戦の第16回NHKマイルカップである。 NHKマイルカップは、キングカメハメハやディープスカイが制覇しているように、単なるマイル王決定戦というだけでなく、近年は日本ダービーへの有力な […]

2012/07/2 (月)
ブレイクランアウトが変則2冠の1冠目を狙う

NHKマイルカップ (2012年) 『ブレイクランアウトが変則2冠の1冠目を狙う』

今週のメインレースは、3歳のマイル王決定戦の第14回NHKマイルカップである。近年のNHKマイルカップは、マイル王決定戦という位置付けだけでなく、日本ダービーへの重要なステップレースにもなっている。その第14回NHKマイ […]

2012/06/29 (金)
2歳王者ゴスホークケンは凡走必死

NHKマイルカップ (2012年) 『2歳王者ゴスホークケンは凡走必死』

今週のメインレースは、3歳のマイル王決定戦の第13回NHKマイルカップである。第13回NHKマイルカップは、今年のクラシック戦線と同様に、中心馬不在の大混戦模様である。 まずは、唯一のトライアルレースであるニュージーラン […]

2012/06/29 (金)
ローレルゲレイロが距離短縮で本領発揮

NHKマイルカップ (2012年) 『ローレルゲレイロが距離短縮で本領発揮』

ゴールデンウィーク最終日には、3歳馬のマイルチャンピオン決定戦となる第12回NHKマイルカップが行われる。 第12回NHKマイルカップは、主役馬不在の大混戦レースである。まずは、前哨戦のニュージーランドトロフィーについて […]

2012/06/29 (金)
第11回NHKマイルカップ

NHKマイルカップ (2012年) 『第11回NHKマイルカップ』

ゴールデンウィークの最終日となる5月7日には、第11回NHKマイルカップが行われる。第11回NHKマイルカップは、路線の異なるメンバーが多数出走する難解なレースである。ここでは、各馬の能力分析を行おうと思う。 まずは、一 […]

2012/06/29 (金)
第17回NHKマイルカップ

NHKマイルカップ (2012年) 『第17回NHKマイルカップ』

今週のメインレースは、 3歳のマイル王決定戦の 第17回NHKマイルカップ(2012年)である。 第17回NHKマイルカップ(2012年)は、 初対戦の馬も多い上に中心馬不在の混戦模様である。 そこで競馬理論は、 第17 […]

2012/06/29 (金)
カレンブラックヒルが逃げて圧勝

NHKマイルカップ (2012年) 『カレンブラックヒルが逃げて圧勝』

第17回NHKマイルカップ(2012年)の結果は、 1番人気のカレンブラックヒル(秋山)が逃げ切り人気に応えた。 競馬理論は、先行馬不在のメンバー構成からスローで 先行できる可能性が高いと判断し、その結果 3連勝中で能力 […]

2012/05/6 (日)
2歳王者のグランプリボスが復活勝利

NHKマイルカップ (2011年) 『2歳王者のグランプリボスが復活勝利』

第16回NHKマイルカップは、2歳王者のグランプリボス(ウィリアムズ)が1番人気に応えて快勝した結果となった。 競馬理論は、逃げ馬揃いでハイペース必至の展開面及び外でも、不利のない芝の状態を考慮し、2歳王者の実力を発揮で […]

2011/05/8 (日)
ダノンシャンティが日本レコードで快勝

NHKマイルカップ (2010年) 『ダノンシャンティが日本レコードで快勝』

第15回NHKマイルカップの結果は、1番人気ダノンシャンテイ(安藤勝)の圧勝で幕を閉じた。 競馬理論は、毎日杯の強い勝ち方から、ダノンシャンティに高い評価を与えていた。 レースでは、ダノンシャンティは、後方3番手で折り合 […]

2010/05/9 (日)
サンライズプリンスVSダノンシャンティで決着するか?

NHKマイルカップ (2010年) 『サンライズプリンスVSダノンシャンティで決着するか?』

5月9日のメインレースは、3歳のマイル王決定戦の第15回NHKマイルカップである。第15回NHKマイルカップには、フルゲート18頭のところに26頭がエントリーしており、混戦が予想される。そこで、競馬理論は、第15回NHK […]

2010/05/9 (日)
第14回NHKマイルカップ

NHKマイルカップ (2009年) 『第14回NHKマイルカップ』

第14回NHKマイルカップは、3連単で238万馬券という大波乱の結果となった。 その大波乱の第14回NHKマイルカップを制したのは、10番人気のジョーカプチーノ(藤岡康)である。 競馬理論は、インの3番手という恵まれた位 […]

2009/05/10 (日)
1 2