予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
  • 天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。
お客様の声
お客様の声

12年間、回収率で負けなし。
本物の競馬予想をあなたに!

(2017年) ダノンプレミアムが3連勝でのG1制覇なるか?

今週のメインレースは、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)である。
朝日杯フューチュリティステークス(2017年)は、重賞ウィナー5頭を含む18頭が出走登録しており、人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

サウジアラビアロイヤルカップ組からは、1着のダノンプレミアム(川田将雅)、2着のステルヴィオ(Cデムーロ)及び6着のダブルシャープ(和田竜二)が朝日杯フューチュリティステークス(2017年)に出走登録している。
ダノンプレミアムのサウジアラビアロイヤルカップの勝利という結果は、先行して楽に抜け出して後続を突き放す強い競馬であった。
よって、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想においては、先行力もあって中山向きのダノンプレミアムに人気ではあっても本命級の高い評価を与えて当然である。

ステルヴィオのサウジアラビアロイヤルカップの2着という結果は、外枠からの発走で位置取りを下げすぎてしまった分だけ届かなかったが、直線の脚は一頭だけ次元が違った。
よって、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ステルヴィオがダノンプレミアムとの差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

ダブルシャープのサウジアラビアロイヤルカップの6着という結果は、上位2頭には力負けであったが、向こう正面でぶつけられて折り合いを欠いてしまっており同情の余地はある。 よって、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想においては、タワーオブロンドンを破っている実績をも考慮して、ダブルシャープには押さえ程度の評価は与えるべきである。

京王杯2歳ステークス組からは、1着のタワーオブロンドン(ルメール)、2着のカシアス(浜中俊)及び3着のアサクサゲンキ(武豊)が朝日杯フューチュリティステークス(2017年)に出走登録している。
タワーオブロンドンの京王杯2歳ステークスの勝利という結果は、2馬身の着差が示すように力の違いを見せつけた。 よって、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想においては、2番人気が想定されるタワーオブロンドンにもかなり高い評価を与えて当然である。

カシアス及びアサクサゲンキは、京王杯2歳ステークスの見所のないレース内容を見る限り、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

デイリー杯2歳ステークス組からは、3着のケイアイノーテック(幸英明)及び4着のフロンティア(岩田康誠)が朝日杯フューチュリティステークス(2017年)に出走登録している。
ケイアイノーテック及びフロンティアは、上位2頭に離されており、見所がなかった。
よって、朝日杯フューチュリティステークス(2017年)の競馬予想においては、ケイアイノーテック及びフロンティアに高い評価は不要である。

もみじステークス組からは、1着のダノンスマッシュ(福永祐一)が朝日杯フューチュリティステークス(2017年)に出走登録している。
ダノンスマッシュのもみじステークスの勝利という結果は、

12年間、回収率で負けなし。
本物の競馬予想をあなたに!

天才競馬予想師「予想屋マスター」が、 独自の理論に基づいた競馬予想を配信。 登録すると、予想記事の全文を閲覧できます。

メールアドレス
ニックネーム
パスワード
無料会員登録すると...
1.レース解説動画が無料で見られる!
2.予想サンプルがGETできる!
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪