予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > スプリンターズステークス > スプリンターズステークス2018の解説動画

スプリンターズステークス2018の解説動画

2019/03/02 UP
by 予想屋マスター
動画&テキスト解説

出走日:2019年03月03日(日)
スプリンターズステークス -G1- 中山競馬場/ 芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:9800万円

スプリンターズステークスの解説


こんにちは予想屋マスターです。
今週はですね、第52回スプリンターズステークスについて
お話をしたいと思います。スプリンターズステークスですが、16頭とですね、
頭数もフルゲートでスプリント戦線の一線級が揃った、まぁ面白い、ナンバーワン決定戦に
相応しいメンバーなのかなという風に思っております。
それでは過去のレースを振り返っていきますが。

高松宮記念


一つ目がですね、春のスプリント王決定戦、高松宮記念ですね。
このメンバーからはですね、勝ったファインニードル、レッツゴードンキ、
ナックビーナスあたりが出走してくるというとこですね。ちょっとレースを見て頂きますと、
まずですね、セイウンコウセイが1枠1番を引いたこともあって逃げを打ったと。
で、これで潰れてしまったと。ちょっと前は早かったこともあるんですが、潰れてしまった。
勝ったファインニードルは好位の外めですね。まぁ、外めから押し切る横綱競馬での一着、
と言った内容です。2着のレッツゴードンキはですね、いつもこの馬の好走パターン。
内に潜り込んで内をついての2着と言う事ですね。対してですね、3着のナックビーナスですね。
真ん中にいますね。いての3着ですね。この内容ですねやはりこの時点では、
ファインニードルがちょっと力が上と。で、レッツゴードンキはどちらかというと
内をついた展開に恵まれたかなと。ナックビーナスはですね、
このレースを見ると、「逃げなくても競馬ができるよ」っというところが示されたかな。
という、ふうに思っております。

函館スプリント


次はですね、函館スプリントですね。このメンバーからは、勝ったセイウンコウセイ。
2着のヒルノデイバロー、3着のナックビーナスあたりが出走してると。
このレースはですね、開幕週ということもあって、やはり内側が有利と。
それを逃げたのがセイウンコウセイですね。逃げ切り。
まぁ、この馬は好走パターンですね。うち枠を引いて逃げる。または、
好位のインという競馬だけですね。
人気を背負っていたナックビーナスは、ちょっとですね、
一頭分外を回ったことと早めに仕掛けて、ペースも早かったこともあって、3着と。
それを差してきたのが、2着のヒルノデイバロー。
内容を見るとですね、まぁ、セイウンコウセイ今回外枠で逃げられなそうなので、
まぁ、やはりナックビーナスが、一番強い内容だったなと。
で、ヒルノデイバローもですね、いつも人気にはならないものの、
この内容だけを走ればですね。G1でも好走してもおかしくない内容なのかな。
といった内容でした。

北九州記念


次ですね北九州記念ですね。
このメンバーからは、アレスバローズ、ダイメイプリンセス、
ラブカンプー辺りが出走をしてくると。でまずですね、激しい先行争いをラブカンプーが、
早めに抜け出したんですがゴール前食われてしまっての3着と。
これはハイペースを追いかけた展開としては、まぁ悪くないのかな。という感じがします。
で対してですね、アレスバローズはですね、中段の内にいて、直線の位置を掬うと言った、
まぁあの、少しですね、若干インコースが伸び気味の馬場だったので、
これは展開に恵まれたのかなという感じがします。
で、対してですね、ダイメイプリンセスは外めを回った中ではですね、
よく頑張ったのかなと言った内容での2着と。
まぁ、ひとつはですね。このレース。まぁレベルが低いメンバーだったこと。
あともう一個の見方としては、ラブカンプーが、32秒台の超ハイペースでよく頑張ったと。
アレスバローズは着差こそ強かったものの、やはり内をついた展開に恵まれたよと。
この辺りを頭に入れておけばいいのかなという感じがします。

キーンランドカップ


次ですね、キーンランドカップですね。このメンバーからは、勝ったナックビーナス
4着のキャンベルジュニアあたりが、出走してくると。
これもですね、若干内の有利だったこともあって、楽に逃げたナックビーナスが1着と。
2、3着は内側にいた馬なので、そういう意味から内側が有利と。
それを外から外を一周回されたのが、キャンベルジュニアと。なので、着差ほど能力差は
キャンベルジュニアもないのかなという感じがします。
あと、ナックビーナスはですね、やはり、モレイラ騎手が上手く乗ったこともあるんですが、
それよりもですね、楽に逃げる展開に恵まれたと、という感じがします。
今回ですねやはり、逃げ馬が多いので逆にこの展開に逃げる展開にはならないと思うので
ここまでですね、モレイラ効果で人気になるんであれば果たして
絶対視までは、どうなのかなという感じがします

セントウルステークス


最後ですね、セントウルステークスですね。
このメンバーからはですねラブカンプー、ファインニードルが出走してくると。
この時もですね、ラブカンプーは2頭で競ってきたネロにですね競りこまれて、それでもですね、
2着に粘った内容がいいのかなと思います。
あとですね、勝ったファインニードルはですね、もうこの58kgで、休み明けで好位の外めで、
外を回って押しきった非常に強い競馬と、これは確実に力をつけているなと言った内容でした。
なのでやはり今回もですね、ファインニードルには、かなり高い評価を与える必要があるのかな
という感じがします。
この下はあんまりちょっとですね、見所がないので、この2頭を注文すればいいかなと思います。
で、展開を見せながら解説をしますと、
まずですね、内からワンスインナムーンが
逃げを打つのかなという感じがします。
このまま逃げるとしぶといのですが、タダですねちょっと馬場が全く分からないですね。
台風の影響で、内側が伸びるのが、外が伸びるのか
このぐらいですね大雨が降っても不良のドロドロの馬場になると
面ぐらいになるとですね、もしかするとみんなが内を割って走ると、そういう競馬にもなって、
逆に外を回したまま届かないとかですね、そういういろんな展開考えられるので
ちょっと現時点ではですね、どこが有利とかですねどんな馬がいいって、
ななかなか言いづらいんですが、ちょっと一応、番号順に解説をして行こうと思います。

1番のラインスピリット。


ちょっとこれはですね、
内枠で逃げを打てなそうなので、厳しいでしょう

2番のヒルノデイバロー。


2走前、函館スプリントの2着と。で、もともとこの馬人気にならないけども
重賞で好走するのと、あと内をついた時に
伸びる可能性があるので、そういう意味ではですね、
あのー、内側が有利、または全員が内を開けて走るような展開になった時には、
ちょっと注意が必要かなと思います。

ワンスインナムーン。


これも逃げればしぶといのですが、
去年も3着なので、内側がやはり残る、前残りの馬場になった時には注意が必要ってことですね。
4番スノードラゴン厳しいと。

アレスバローズもですね、


まぁここ2回ちょっとですね、
まあメンバーに恵まれた感もあるので、
果たして、ここまで強くなってはどうかなっという感じはするのですが、
やはり好位のインで足をためそうなので、
内が伸びる馬場の時は注意が必要かなと思います。

ダイメイプリンセス。


ちょっと1200mでこのメンバーだと、きついかなという感じですね。

キャンベルジュニア。


前回、1200mで目途をつけたので、そいいう意味では、
展開に恵まれれば、多少チャンスはあるのかなと思います。

ファインニードル


まぁ一応ですね。今年に入ってからの成績充実と高いので
この馬が一番強そうだなっという感じがするんですが、
やはり道悪でその影響はどの程度でるかだと思います。

ラブカンプー


楽に逃げれば当然ここ2回もですね、厳しい競馬ながらもよく頑張ってるので、
チャンスはあるのかなという感じがします。

レッツゴードンキ


これはですね、もう先ほどからお話してる、内に潜り込めるかどうか、
且つ、内側が伸びる馬場になるかどうか、そこがポイントと。
そうなれば当然好走すると思います。

セイウンコウセイ


今回この枠順ですと、外を回されそうなので厳しいのかなと言った気がします。

ナックビーナス


前回の勝ちっぷり、且つモレイラジョッキーで人気になるんですが、
かなり先行馬が多い。で、その競馬でですね、
モレイラジョッキーがどうなるかな?っというところが見どころなんですが、
まぁ、人気ほど、どうかな...という感じがしています。
ティーハーフが厳しいと。

ラッキーバブルズ


これもですね、
香港の、今年に入って成績が悪いんですが、その前の成績を見ると
若干通用はするので、そういう意味では体調が戻ってるかどうか、
ただまだちょっとせん馬の7歳で、もうちょっと終わってるかなとで、
そこをどう評価するかな。という感じです。ムーンクエイクは、厳しいと。

レッドファルクス


これ去年非常に強かったので、今年に入っての成績で衰えたと見るか、
ちょっと春先は体調が悪くてですね、スタートも出なかっとよと見ればですね、
外の差しが届く馬場・展開になると、この馬が一番強いのかな。という感じがしています。

一応16頭このように分析してみました。
先ほどからお話ししているように、台風の影響で馬場が分かりづらいので、
それを踏まえてちょっと予想ガラガラっと変更しなきゃいけないので
いま現時点では中々判断は難しい、という風に思っております。
今週の無料会員のスプリンターズステークスの解説は以上です。
また来週楽しみにしていてください 。