予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > スプリンターズステークス

皆さんも待ちに待ったであろう秋のG1、いよいよ幕開けです!!

第1戦となるスプリンターズステークスは、スプリントの頂点を決める戦いとして、毎年熱いレースが展開されています。

これまでもタイキシャトルやロードカナロアなどといった競馬界の歴史に名を残す競走馬が、数々の名勝負を繰り広げてきました。

今年も、セイウンコウセイ、ビッグアーサー、レッドファルクス、ファインニードル……。

そうそうたるメンバーが、秋の短距離王者の称号を懸けて出走予定です。

今春の高松宮記念を制したセイウンコウセイがその後4着に敗北している情勢だけでも大混戦なこのレース。

マスターは一昨年に3連単106,170円の馬券を的中させたこともあり、期待度は初群です!

ここ数カ月に及ぶ夏競馬の予想も絶好調だっただけに、2017年スプリンターズステークスもビシっと決めて、G1ラッシュに弾みをつけてほしいところ!!

首をなが~くして、日曜日を待ちましょう!

今週の重賞レース
■ シリウスステークスページ https://www.keibariron.com/database/siriusstakes

主なローテーション
■ キーンランドカップ https://www.keibariron.com/database/keenelandcup
■ セントウルステークスページ https://www.keibariron.com/database/centaurstakes

2019年 スプリンターズステークスの情報

スプリンターズステークス記事一覧

Cルメール
タワーオブロンドンが待望のG1制覇
クリストフ・ルメール騎手、スプリンターズステークス制覇おめでとうございます!   マスター軸のダノンスマッシュは、内枠が良くなかったのか?前の馬が後退してしまうという不運。次走に期待しましょう!それではマスター […]
2019/10/03 / 回顧録
スプリンターズステークスの解説動画を公開
無料会員様向けに動画とテキスト版を公開しております。   <動画テキスト版> こんにちは、予想屋マスターです。   今週は秋のG1第1弾、スプリンターズステークスについてお話をしたいと思います。 &n […]
2019/09/27 / 日曜レース 解説動画
ダノンスマッシュの悲願のG1制覇なるか?
今週は、フルゲート16頭に対して19頭もの出走登録馬があったスプリンターズステークス(2019年)の予想について解説する。   スプリンターズステークスは、秋のスプリント王決定戦ということもあり、スピード自慢の […]
2019/09/23 / 日曜レース 直前分析
スプリンターズステークス2018の解説動画
スプリンターズステークス2018の解説動画
スプリンターズステークスの解説 こんにちは予想屋マスターです。 今週はですね、第52回スプリンターズステークスについて お話をしたいと思います。スプリンターズステークスですが、16頭とですね、 頭数もフルゲートでスプリン […]
2019/03/02 / 解説動画
スプリンターズステークス2018の回顧|ファインニードルがG1連覇
スプリンターズステークス(2018年)は、1番人気のファインニードル(川田将雅)のG1連覇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、今年に入っての国内3戦3勝の着差以上に強い内容から、ファインニードルに人気であっても逆らう […]
2018/10/04 / 回顧録
スプリンターズステークスの質問コーナー
スプリンターズステークスの質問コーナー
逃げるのはラブカンプーでしょうか ワンスインナムーンの可能性が高そうです。 レッドファルクスは、デムーロ騎手騎乗停止で乗り換わりになりますが、評価は不変ですか? 戸崎騎手なので大きく変える必要はないと思います。
2018/09/25 /
スプリンターズステークス2018の競馬予想|高松宮記念馬ファインニードル、去年の覇者レッドファルクスが激突!
今週は、フルゲート16頭に対して21頭もの出走登録馬があった スプリンターズステークス(2018年)の予想について解説する。 秋のスプリント王決定戦ということもあり、スピード自慢の一線級が揃った。 高松宮記念馬ファインニ […]
2018/09/25 / 日曜レース 直前分析
レッドファルクスが連覇達成
スプリンターズステークス(2017年)は、人気が割れる混戦模様であったが、1番人気のレッドファルクス(デムーロ)が人気にこたえ連覇を達成した。 競馬理論の競馬予想では、前残りの展開でも差し切った去年のスプリンターズステー […]
2017/10/05 / 回顧録
うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~スプリンターズステークス~
「うまみちゃんねる」の椎名友希です! 今週は、秋のG1初戦、そして夜は凱旋門賞と、熱い週末になりそうですね。 私は今年もフランスに滞在しています。 写真はフランスの競馬新聞、パリ・ターフ紙です。 フランス競馬と言えば、凱 […]
2017/09/28 /
レッドファルクスが連覇なるか?
今週のメインレースは、秋のG1シリーズ第一弾スプリンターズステークス(2017年)である。 スプリンターズステークス(2017年)は、高松宮記念馬セイウンコウセイや去年のスプリンターズステークス(2017年)馬レッドファ […]
2017/09/26 / 直前分析
ビッグアーサーが敗れ波乱に
スプリンターズステークス(2016年)は、単勝1.8倍と断然人気であったビッグアーサーが敗れ、波乱の決着となった。 その波乱のスプリンターズステークス(2016年)は、3番人気のレッドファルクス(デムーロ)の勝利で幕を閉 […]
2016/10/06 / 回顧録
ビッグアーサーのスプリントG1連覇なるか?
今週のメインレースは、秋のG1の第一弾スプリンターズステークス(2016年)である。 スプリンターズステークス(2016年)は、秋のスプリント王決定戦ということもあり、スピード自慢が揃った。 そこで、競馬理論の競馬予想で […]
2016/09/26 / 直前分析
ストレイトガールが悲願のスプリントG1を制覇
  スプリンターズステークス(2015年)は、1番人気のストレイトガール(戸崎圭太)が勝利を収めたものの、2~3着に人気薄が飛び込み、波乱の決着となった。 競馬理論の競馬予想では見事3連単10万馬券を的中するこ […]
2015/10/08 / 回顧録
ベルカントがサマースプリントシリーズ制覇の勢いを見せるか?
ベルカントがサマースプリントシリーズ制覇の勢いを見せるか?
今週のメインレースは、スプリンターズステークス(2015年)である。 スプリンターズステークス(2015年)は、中心馬不在のスプリント戦線を象徴するかのように、混戦模様である。 そこで競馬理論の競馬予想では、スプリンター […]
2015/09/28 / 直前分析
スノードラゴンが芝初勝利で悲願のG1制覇
スノードラゴンが芝初勝利で悲願のG1制覇
今回の第48回スプリンターズステークスは、13番人気のスノードラゴン(大野拓弥)が勝利したため、波乱の決着となったレースだった。 競馬理論の競馬予想では、高松宮記念での2着という強いレース内容からスノードラゴンの能力を高 […]
2014/10/09 / 回顧録
ハクサンムーンが悲願のG1制覇なるか?
ハクサンムーンが悲願のG1制覇なるか?
今週のメインレースは、第48回スプリンターズステークスとなっている。 今回の第48回スプリンターズステークスは、例年開催されている中山競馬場とは異なり、新潟競馬場で行われるということもあって、混戦が予想されるレースとなっ […]
2014/10/03 / 直前分析
ロードカナロアが断然人気に応えて連覇を達成
ロードカナロアが断然人気に応えて連覇を達成
第47回スプリンターズステークスは、単勝1.3倍と圧倒的な1番人気に推されたロードカナロア(岩田康誠)の連覇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、スプリント戦線では敵なしのロードカナロアに人気でも逆らえないと判断し、本 […]
2013/10/03 / 回顧録
ロードカナロアが5つめのG1制覇なるか?
ロードカナロアが5つめのG1制覇なるか?
今週のメインレースは、第47回スプリンターズステークスである。 第47回スプリンターズステークスは、秋のG1第一弾ということもあり、注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第47回スプリンターズステークスに出走す […]
2013/09/27 / 直前分析
ロードカナロアが悲願のG1制覇
ロードカナロアが悲願のG1制覇
第46回スプリンターズステークスの結果は、安田隆行厩舎の2頭の人気馬の叩き合いとなったが、ロードカナロア(岩田康誠)が連覇を狙うカレンチャン(池添謙一)を破り、悲願のG1制覇を果たした。 第46回スプリンターズステークス […]
2012/09/30 / 回顧録
1 2

スプリンターズステークスの関連情報

スプリンターズステークスとは

スプリンターズステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、グローバルスプリントチャレンジ賞。 1967年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として、中山競馬場の芝1200mで創設。当時は4歳(現3歳)以上の馬が出走できる中央競馬で唯一のスプリント(短距離)重賞だった。 1984年にはグレード制の導入に伴いGIIIに格付けされ、1987年にはGIIに格上げされた。その後、1年を締めくくるスプリント系の大レースを開催しようとする機運が高まり、1990年にはGIに格上げされ、施行時期も有馬記念の前週に移された。2000年にはスプリント競走体系が整備され、施行時期を初秋の中山開催最終週に繰り上げ。以来、秋競馬で最初に行われるGIレースとして定着している。2005年には世界初の国際スプリントシリーズ「グローバルスプリントチャレンジ」が創設され、本競走はそのひとつとして第8戦に組み入れられている。引用元:Wikipedia スプリンターズステークス