14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > クロノジェネシスが悲願のG1制覇

2019年秋華賞「クロノジェネシスが悲願のG1制覇」

2019/10/17 UP
by 予想屋マスター
回顧録

秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

秋華賞(2019年)は、桜花賞馬グランアレグリア及びオークス馬ラヴズオンリーユーが不在ということもあり、混戦模様であったが、4番人気のクロノジェネシス(北村友一)の勝利で幕を閉じ、中波乱の決着となった。

 

競馬理論の競馬予想では、桜花賞とオークスでともに3着で能力的には最上位クラスと評価をしていたが、クロノジェネシスを本命にすることはできなかった。

 

レースでは、クロノジェネシスは、好位の馬群の中で脚をためた。 そして、クロノジェネシスは、直線でダノンファンタジーの外に持ち出されると、鋭い脚で差し切り、秋華賞(2019年)を制覇した。

 

クロノジェネシスの秋華賞(2019年)の勝利という結果は、2着のカレンブーケドールに2馬身差をつけており、能力の違いを見せつけた。

 

よって、今後の古馬とのG1戦線においても、夏場に力をつけたクロノジェネシスに秋華賞(2019年)馬として高い評価を与えて当然である。

 

一方、秋華賞(2019年)では、2番人気に推されたカレンブーケドール(津村明秀)が2着に入った。

 

カレンブーケドールは、いつもより控えて、中団のラチ沿いで脚をためた。 そして、カレンブーケドールは、直線に向くと狭い馬群を割って、クロノジェネシスの内目から脚を使ったが、クロノジェネシスには伸び負けて、2着止まりであった。

 

カレンブーケドールの秋華賞(2019年)の2着という結果は、ハイペースを見越して控えた上にロスのない内目を追走させた津村明秀騎手の好騎乗に恵まれたものだが、3歳牝馬世代ではトップラスの能力を改めて示した。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、G1で2着続きのカレンブーケドールにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

一方、秋華賞(2019年)では、10番人気のシゲルピンクダイヤ(和田竜二)が3着に追い込んだ。

 

シゲルピンクダイヤは、後方の内目で脚をためた。 そして、シゲルピンクダイヤは、4コーナーで徐々に外に持ち出されると、上がりナンバーワンの脚を使ったが、上位2頭には届かず、3着までが精一杯であった。

 

シゲルピンクダイヤの秋華賞(2019年)の3着という結果は、能力さえ発揮できれば一線級相手でも通用する脚を見せたが、道中はラチ沿いで脚を貯めた上に、ハイペースの差しが届きやすい展開に恵まれたものでもある。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、シゲルピンクダイヤが好走するためには差しが届きやすい展開や馬場の助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、秋華賞(2019年)は、クロノジェネシスの強さだけが目立つ一戦となった。 競馬理論のファンの方は、クロノジェネシスの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください