TOP > レース予想 > 皐月賞 > ヴィクトワールピサが1冠目を制覇
2010/04/18 2016/08/19

【 皐月賞2010予想】 ヴィクトワールピサが1冠目を制覇

出走日:2010年04月25日(日)
皐月賞(G1)/中山競馬場/芝2000m/右/条件:サラブレッド系3歳牡・牝/賞金:9700万円

第70回皐月賞の結果は、
1番人気のヴィクトワールピサ(岩田)の
快勝で幕を閉じた。

競馬理論は、ヴィクトワールピサの能力に
高い評価を与えていたものの、
先行馬が少ない展開面を考慮して、
皐月賞ではヴィクトワールピサを本命にできなかった。

レースでは、ヴィクトワールピサは、
中団のインで待機し、直線で前が開くと、
あっという間に先頭に立ち、
第70回皐月賞の結果を制覇した。

ヴィクトワールピサの第70回皐月賞の結果の勝利は、無駄な距離を走らせなかった岩田騎手の好騎乗によるものと見ることもできるが、2着に1馬身半もの差をつけていることから、快勝と言っていいだろう。

よって、皐月賞の次走の日本ダービーにおいても、
ヴィクトワールピサが好走する可能性は高い
と競馬理論では判断している。

一方、第70回皐月賞の結果の2着には、
ヒルノダムール(藤田)が追い込んだ。

ヒルノダムールは、後方集団からレースを進め、
直線で大外に持ち出されると、
鋭い差し脚で、結果2着に浮上した。

ヒルノダムールの第70回皐月賞の結果の2着は、4コーナーで一瞬スムーズさを欠いてのものであり、ヴィクトワールピサと着差ほどの能力差はない。

よって、皐月賞後の日本ダービー、
展開さえ嵌れば、ヒルノダムールが
ヴィクトワールピサを逆転してもおかしくない
と競馬理論では判断している。

一方、11番人気の
伏兵エイシンフラッシュ(内田博)が
皐月賞の結果3着に飛び込んだ。

エイシンフラッシュは、
馬群の中で折り合いをつけ、
直線では狭いところを割るようにして追い込み、
皐月賞の結果3着に入った。

エイシンフラッシュの第70回皐月賞の結果の3着は、京成杯以来の久々の競馬を克服してのものであり、高評価を与えるべきである。

よって、皐月賞後の日本ダービーにおいても、
エイシンフラッシュを無視すべきでない
と競馬理論では判断している。

一方、2歳チャンピオンの
ローズキングダムは、皐月賞の結果4着に敗れてしまった。

ローズキングダムは、
中団の馬群の中からレースを進め、
直線では一瞬抜け出して
勝利を収めるかのようにも見えたが、
伸びきれずに皐月賞の結果4着止まりであった。

ローズキングダムの第70回皐月賞の結果の4着は、2着とハナ+ハナ差であり、能力的に一線級であることは示したが、2歳時ほどの強さがないことも確かである。

よって、皐月賞後の日本ダービー、
2歳チャンピオンの実績だけで
それなりの人気になるローズキングダムを
押さえ程度にとどめるべき
と競馬理論では判断している。

一方、単騎逃げになりそうな展開面を重視して、
競馬理論が本命に予想したアリゼオは、
皐月賞の結果5着に敗れてしまった、

内枠の馬がやや重の馬場状態を意識して
積極的な競馬を試みたために、
アリゼオは、逃げを打つことができず、
先行集団の外目からのレースとなってしまった。

それでも、アリゼオは、
抜群の手応えのまま直線に向いたが、
ラスト100mあたりで脚があがってしまい、
皐月賞の結果5着に敗れてしまった。

アリゼオの第70回皐月賞の結果の5着は、早め先頭で自ら勝ちに行ってのものであり、内容的には悪くない。

よって、皐月賞後の日本ダービーにおいて、
アリゼオがマイペースで逃げるか
好位のインで待機する競馬ができれば、
巻き返しがあってもおかしくない
と競馬理論では判断している。

以上のように、第70回皐月賞の結果では、
1番人気のヴィクトワールピサが快勝した。

競馬理論のファンの方は、
皐月賞後の日本ダービーでもヴィクトワールピサの走りに
注目して頂きたい。

ただし、皐月賞後の時点でヴィクトワールピサの能力が
抜けているわけではないので、
他馬の逆転もあり得ると競売理論では判断している。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ベラジオオペラが無傷の4連勝なるか? 今週は、フルゲート18頭に対してぴったり20頭もの出走登録があった皐月賞(2023年)の予想について解説する。   皐月賞は、2023年の牡馬クラシッ 続きはこちら
イクイノックスが無傷の3連勝でG1制覇なるか?
イクイノックスが無傷の3連勝でG1制覇なるか?  今週は、フルゲート18頭に対して21頭もの出走登録があった皐月賞(2022年)の予想について解説する。 皐月賞は、2022年の牡馬クラシッ 続きはこちら
新星エフフォーリアが無敗でクラシック制覇なるか?
新星エフフォーリアが無敗でクラシック制覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対してぴったり18頭の出走登録があった皐月賞(2021年)の予想について解説する。 皐月賞は、2021年の牡馬クラシック第一 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.