TOP > レース予想 > 皐月賞 > ディーマジェスティが3強を破る
2016/04/21 2017/03/19

【 皐月賞2016予想】 ディーマジェスティが3強を破る

出走日:2016年04月24日(日)
皐月賞(GⅠ)/中山/定量/2000m(右・芝)


第76回皐月賞は、3強対決として注目を集めたが、8番人気のディーマジェスティの勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、共同通信杯の勝利はイン有利の馬場でのイン差しに恵まれたと判断し、ディーマジェスティを押さえ評価にとどめてしまった。
レースでは、ディーマジェスティは、後方の外目で待機し、3コーナー過ぎから徐々に外を回って上位に進出した。
そして、ディーマジェスティは、直線でも大外から一気に伸び、第76回皐月賞を制覇した。
ディーマジェスティの第76回皐月賞の勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたものではあるが、2着のマカヒキに一馬身以上の差をつける強い内容であった。
よって、日本ダービーの競馬予想においてもディーマジェスティに高い評価を与えて当然である。

一方、第76回皐月賞では3番人気のマカヒキが2着に追い込んだ。
マカヒキは、ディーマジェスティよりも更に後ろからレースを進め、直線でも上がりナンバーワンの脚を使ったが、2着止まりであった。
マカヒキの第76回皐月賞の2着という結果は、ディーマジェスティと同様に前崩れの展開に恵まれたものではあるが、堅実に脚を使うことを改めて示した。
よって、日本ダービーの競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、マカヒキが好走する可能性が高まると判断すべきである。

一方、第76回皐月賞で1番人気に推されたサトノダイヤモンドは3着に敗れてしまった。
サトノダイヤモンドは、中断を追走し、4コーナーで前を射程圏に入れたが、直線ではジリジリとしか伸びず。3着を確保するのが精一杯であった。
サトノダイヤモンドの第76回皐月賞の3着という結果は、直線で伸び負けてしまったが、初の強敵相手であったことを考慮すると悲観すべき内容ではない。
よって、日本ダービーの競馬予想においては、きさらぎ賞からのローテーションということで上がり目がありそうなサトノダイヤモンドの逆転もあり得ると判断すべきである。

一方、第76回皐月賞では、2歳チャンピオンのリオンディーズは5着に敗れてしまった。
リオンディーズは、好スタートを切ると先行し、逃げ馬を見る2番手を確保した。
その後、リオンディーズは、逃げるリスペクトアースの後ろに馬を入れて折り合いをつけようとしたが、向こう正面でマウントロブソンに並ばれると行きたがってしまい、一気に先頭に立ってしまった。
そして、リオンディーズは、直線でも懸命に粘ったがゴール前で脚が止まってしまい、5着止まりであった。
リオンディーズの第76回皐月賞の5着という結果は、

折り合いを欠いてしまってのものであり、力負けではない。
よって、日本ダービーの競馬予想においては、兄のエピファネイアと同様に、内枠を引いて馬の後ろで折り合えるようであれば、リオンディーズの巻き返しの可能性が高まると判断すべきである。

以上のように、第76回皐月賞は、ディーマジェスティの勝利で幕を閉じた。
しかしながら、第76回皐月賞はリオンディーズが作り出したハイペースの影響を大きく受けたものであり、展開次第では着順が入れ替わりそうである。

競馬理論のファンの方は、高いレベルで混戦の2016年クラシック戦線の予想をお楽しみに

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 5/25 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.