TOP > レース予想 > ラジオNIKKEI賞 > ゼーヴィントが重賞初制覇
2016/07/07 2017/06/20

【 ラジオNIKKEI賞2016予想】 ゼーヴィントが重賞初制覇

出走日:2016年07月10日(日)
ラジオNIKKEI賞(G3)/福島競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系3歳/賞金:3700万円


第65回ラジオNIKKEI賞は、1番人気に推されたゼーヴィント(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、出遅れながらも3着に追い込んだプリンシパルステークスの強い内容且つ開幕週で有利な1枠を引いたことから、ゼーヴィントを本命に予想した。
レースでは、ゼーヴィントは、中団のインを追走し、直線で外に持ち出されると一気に突き抜け、第65回ラジオNIKKEI賞を制覇した。
ゼーヴィントの第65回ラジオNIKKEI賞の勝利という結果は、開幕週のイン有利の馬場を生かしたものであり、着差ほど圧倒的な能力差があるわけではない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ゼーヴィントにそれなりの評価は必要だが、第65回ラジオNIKKEI賞の圧勝だけで過大評価は禁物である。

一方、第65回ラジオNIKKEI賞では、9番人気のダイワドレッサー(石川)が2着に入り、中波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、出遅れながらも着順ほど負けなかったオークスの内容から、ダイワドレッサーにも高い評価を与えていた。
レースでは、ダイワドレッサーは、好スタートを切って2番手を追走していたが、外から捲られ一旦は3番手に下げた。
そして、ダイワドレッサーは、直線に向くと、ジリジリと伸びて、2着を確保した。
ダイワドレッサーの第65回ラジオNIKKEI賞の2着という結果は、小回りコースに恵まれたものではあるが、牡馬相手であったことを考慮すると立派である。
よって、秋の重賞戦線の競馬予想においては、牝馬限定の重賞であれば、ダイワドレッサーにそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第65回ラジオNIKKEI賞では、5番人気のアーバンキッド(福永祐一)が3着に追い込んだ。
アーバンキッドは、外枠からの発走ということもあり、後方の外目を追走し、直線でも外から追い込んだが届かず、3着止まりであった。
アーバンキッドの第65回ラジオNIKKEI賞の3着という結果は、イン有利の馬場で終始外を回らされたものであり、力負けではない。
よって、秋の重賞戦線の競馬予想においては、アーバンキッドに第65回ラジオNIKKEI賞の上位2頭と互角又はそれ以上の評価を与えるべきである。

以上のように、第65回ラジオNIKKEI賞は、ゼーヴィントの勝利で幕を閉じた。
ただし、第65回ラジオNIKKEI賞は、開幕週のイン有利の馬場が結果に大きな影響を与えたものである。

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、第65回ラジオNIKKEI賞組に評価を下して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

レーベンスティールが重賞初挑戦で初制覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して20頭もの出走登録馬があったラジオNIKKEI賞(2023年)の予想について解説する。   ラジオNIK 続きはこちら
ソネットフレーズが叩き2走目で一変なるか?
ソネットフレーズが叩き2走目で一変なるか?  今週は、フルゲート16頭に対して13頭の出走登録馬にとどまったラジオNIKKEI賞(2022年)の予想について解説する。 ラジオNIKKE 続きはこちら
予想解説動画を公開しました   ラジオNIKKEI賞・前編【展開について】(無料会員版【 ご登録はこちら】)を公開しております。 ログインするとご視聴出来ます。 有料会員向けの 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.