リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
プロプランの抽選応募はこちら
TOP > 今週のレース予想 > ラジオNIKKEI賞

【 ラジオNIKKEI賞2022予想 】 ソネットフレーズが叩き2走目で一変なるか?

2022/06/28
2022/07/01
出走日:2022年07月03日(日)
ラジオNIKKEI賞(G3)/福島競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系3歳/賞金:3700万円

 

今週は、フルゲート16頭に対して13頭の出走登録馬にとどまったラジオNIKKEI賞(2022年)の予想について解説する。

 

ラジオNIKKEI賞は、頭数こそ揃っていないが、路線がバラバラな上にハンデ戦ということもあり、大混戦模様である。

 

皐月賞組が人気を集めそうだが、いずれも惨敗を喫しており、波乱も予想される。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、ラジオNIKKEI賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

NHKマイルカップ組

17着のソネットフレーズ(津村明秀)が出走登録している。

 

ソネットフレーズ

NHKマイルカップの17着という結果は、休み明けだったにせよ負け過ぎで、見せ場すらなかった。

 

なお、ソネットフレーズは、デイリー杯2歳ステークスでセリフォスとクビ差の2着に好走しているが、スローペースの好位のインを追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、メンバー弱化を考慮するとソネットフレーズにも注意を払うべきだが、好走するためには馬場や展開の助けが必要と判断すべきでもある。

 

中山の3歳1勝クラス組

1着のゴーゴーユタカ(田辺裕信)が出走を予定している。

 

ゴーゴーユタカ

中山の1勝クラスの勝利という結果は、好位から抜け出して2馬身半もの差をつけており、力の違いを見せつけた。

 

なお。ゴーゴーユタカは、4戦2勝2着2回と能力的にも底を見せていない。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、重賞初挑戦であってもゴーゴーユタカに高い評価を与えるべきである。

 

皐月賞組

14着のボーンディスウェイ(石橋脩)・17着のサトノヘリオス(岩田望)の合計2頭が出走を予定している。

 

ボーンディスウェイ

皐月賞の14着という結果は、外差し有利の馬場で先行してのものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。

 

なお、ボーンディスウェイは、ディープインパクト記念弥生賞で3着に好走しているが、スローペースの前残りの流れで好位のインを追走する展開に恵まれたものである。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、ボーンディスウェイが好走するためには楽に先行する展開の助けが必要と判断すべきである。

 

サトノヘリオス

皐月賞の17着という結果は、全く見所がなかった。

 

なお、サトノヘリオスは、スプリングステークスで3着に好走しており、このメンバーに入れば実績的には上位だが、内で脚をためる展開に恵まれたものでもある。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、サトノヘリオスにもそれなりの評価を与えるべきだが、人気になるようであれば過大評価も禁物である。

 

プリンシパルステークス組

5着のグランディア(坂井瑠星)・10着のショウナンマグマ(菅原明)が出走を予定している。

 

グランディア

プリンシパルステークスの5着という結果は、直線で前が狭くなる不利を受けてのものであり、着順よりはもう少し内容が良かった。

 

なお、グランディアは、強いメンバー相手に1勝クラスを制しているが、内で脚をためるロスのない展開に恵まれたものでもある。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、グランディアが好走するためには、開幕週の馬場を考慮すると、コースロスのない展開などの助けが必要と判断すべきである。

 

ショウナンマグマ

プリンシパルステークスの10着という結果は、常に折り合いを欠いて全く能力を発揮できなかったので度外視可能である。

 

なお、ショウナンマグマは、中山の1勝クラスを逃げて圧勝した実績がある。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、楽に先行する展開に恵まれるようであれば、ショウナンマグマの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

毎日杯組

2着のベジャール(戸崎圭太)が出走登録している。

 

ベジャール

毎日杯の2着という結果は、ピースオブエイトが逃げ切る前残りの流れで逃げ馬の直後のインを追走する展開に恵まれたものである。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、ベジャールが好走するためには内枠を引いて好位のインを追走する展開の助けが必要と判断すべきである。

 

白百合ステークス組

1着のフェーングロッテン(松若風馬)が出走を予定している。

 

フェーングロッテン

白百合ステークスの勝利という結果は、極端にインが有利な馬場状態で少頭数で逃げる展開に恵まれたものであり、1馬身以上の着差ほどの強さはない。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、開幕週の馬場を考慮すると、フェーングロッテンの逃げ粘りを無視はできないが、逃げるという展開だけで過大評価は禁物である。

 

桜花賞組

13着のクロスマジェスティ(三浦皇成)が出走を予定している。

 

クロスマジェスティ

桜花賞の13着という結果は、好位追走から伸びを欠いており、力負けであった。

 

なお、クロスマジェスティは、楽に先行する展開に恵まれたとは言え、アネモネステークスを制しており、このメンバーに入れば実力的には差がない。

 

よって、ラジオNIKKEI賞の予想においては、楽に先行する展開の助けがあるようであれば、クロスマジェスティの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

以上、ラジオNIKKEI賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、ラジオNIKKEI賞(2022年)の最終的な予想を決断する。

 

過去10年の連対馬一覧表

年度

馬番

馬名

人気

騎手

ハンデ

2021

1

2

ヴァイスメテオール

4

丸山元

54

2

10

ワールドリバイバル

11

津村明

53

3

14

ノースブリッジ

7

岩田康

54

2020

1

1

バビット

8

内田博

53

2

11

パンサラッサ

7

三浦皇

54

3

2

ディープキング

5

戸崎圭

52

2019

1

14

ブレイキングドーン

3

田辺裕

55

2

2

マイネルサーパス

9

柴田大

54

3

13

ゴータイミング

6

武豊

53

2018

1

2

メイショウテッコン

2

松山弘

56

2

6

フィエールマン

1

石橋脩

54

3

7

キボウノダイチ

9

戸崎圭

53

2017

1

11

セダブリランテス

2

石川裕

54

2

7

ウインガナドル

8

津村明

53

3

1

ロードリベラル

9

吉田隼

53

2016

1

1

ゼーヴィント

1

戸崎圭

54

2

6

ダイワドレッサー

9

石川裕

53

3

15

アーバンキッド

5

福永祐

56

2015

1

3

アンビシャス

1

ルメ

56.5

2

12

ミュゼゴースト

4

柴田善

55

3

6

マルターズアポジー

12

武士沢

53

2014

1

9

ウインマーレライ

5

松岡正

54

2

4

クラリティシチー

1

内田博

55

3

3

ウインフェニックス

7

石橋脩

54

2013

1

11

ケイアイチョウサン

8

横山典

54

2

4

カシノピカチュウ

14

西田雄

55

3

3

アドマイヤドバイ

5

池添謙

54

2012

1

6

ファイナルフォーム

2

戸崎圭

54

2

4

ヤマニンファラオ

1

安藤勝

55

3

5

オペラダンシング

16

江田照

53

出走登録馬

馬名

前走

馬名

前走

ソネットフレーズ

NHKマイルC(G1)17

ベジャール

毎日杯(G3)2

ゴーゴーユタカ

31勝クラス1

フェーングロッテン

白百合S(L)1

ラーグルフ

皐月賞(G1)8

ホウオウノーサイド

31勝クラス1

ボーンディスウェイ

皐月賞(G1)14

サトノヘリオス

皐月賞(G1)17

グランディア

プリンシパル(L)5

セイウンプラチナ

あやめ賞(1勝クラス)1

クロスマジェスティ 

桜花賞(G1)13

ショウナンマグマ

プリンシパル(L)11

Q1:福島芝1,800mの特徴

福島芝1,800mの特徴を教えてください。福島の開幕週で開催されますが、注意するべきポイントがありますか?また、過去10年のデータを見ると、1勝クラスの馬も多く好走しています。ハンデに恵まれる利点もあるかもしれませんが、前走がG1でも1勝クラスでも、あまり差がないとみていいのでしょうか?

Q2:ソネットフレーズの評価

NHKマイルカップで7番人気17着のソネットフレーズが出走予定です。内枠で中団の内を追走しましたが失速しました。前走のデイリー杯2歳Sではセリフォスと僅差で2着でしたが、休み明けが響いたのでしょうか?マスターの評価を教えてください。

Q3:皐月賞(G1)組の評価

皐月賞から16番人気8着のラーグルフ、12番人気14着のボーンディスウェイ、11番人気17着のサトノヘリオスが出走予定です。スローペースで、ラーグルフは後方の馬混みから抜けて直線は狭くなるところがあり、ボーンディスウェイは内目を先行して伸びず、サトノヘリオスは中団の外目を追走して直線は伸びませんでした。馬の能力はラーグルフが高く、先行力があるのはボーンディスウェイだと思います。今回のメンバーではどうでしょうか?

Q4:プリンシパルS組とベジャールの評価

プリンシパルSから3番人気5着のグランディア、5番人気11着のショウナンマグマが出走予定です。グランディアは出遅れて後方からの競馬で、直線は前が壁になっていました。ショウナンマグマはインを追走していましたが途中かなり掛かっていました。前走は逃げて勝っていたので逃げきれないと厳しいのかなという印象です。勝ち馬のセイウンハーデスは、前走の毎日杯で4着、今回出走するペジャールが2着でした。毎日杯のペジャールは前目につけて馬場と展開に恵まれていたと思いますが、セイウンハーデスを基準にすると、どの馬をマスターは上位にとりますか?

Q5:ゴーゴーユタカの評価

中山で3歳1勝クラスを勝ったゴーゴーユタカが出走予定です。中団で脚を溜め、直線外に出して王道の競馬で快勝でした。前走の中山でも同じような競馬で、惜しい2着でした。好位を取れて競馬が上手そうですが、距離が伸びます。今回のメンバーではどうでしょうか?

Q6フェーングロッテンの評価

白百合ステークスで5番人気1着のフェーングロッテンが出走予定です。マスターはヴェローナシチーが軸でしたが、ライブ配信で『少頭数で先行馬がいないから嫌な予感がする』と言っていて、結果、フェーングロッテンが逃げて勝ちました。(マスターは結局的中でした)フェーングロッテンは楽に逃げれる展開に恵まれたと思います。人気になるようであれば評価を下げるべきでしょうか?

Q7:クロスマジェスティの評価

桜花賞で15番人気13着、前々走のアネモネSで8番人気1着のクロスマジェスティが出走予定です。桜花賞は先行馬群にいて、終始ごちゃついていた割に、最後まで頑張っていたと思います。アネモネSは2番手追走から抜けて勝ちました。今回のメンバーではどうでしょうか?

 


回収率が最も高いプロプラン
締切まで
プロプランの抽選に応募する

今週の重賞レース
■ CBC賞ページ
https://www.keibariron.com/database/cbc

ラジオNIKKEI賞の記事一覧

もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください