TOP > レース予想 > エリザベス女王杯 > スノーフェアリーが2連覇を達成
2011/11/13 2016/08/19

【 エリザベス女王杯2011予想】 スノーフェアリーが2連覇を達成

出走日:2011年11月20日(日)
エリザベス女王杯(G1)/阪神競馬場/芝内2200m/右/条件:サラブレッド系3歳以上牝馬/賞金:9000万

タイトル:スノーフェアリーが2連覇を達成

第36回エリザベス女王杯(2011年)では、 去年の勝ち馬スノーフェアリー(ムーア)が G1馬5頭を含む強力な日本勢を差し切り、連覇を達成した。

第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、スノーフェアリーの去年のエリザベス女王杯の圧倒的な強さから、 枠順発表前は本命に予想しようとしていたが、 先行馬不在のメンバー構成で外枠を引いてしまったことを考慮して、 少し評価を落とした。

レース結果では、スノーフェアリーは後方で折り合いに専念しつつ 徐々に内側に潜り込んだ。

そして、スノーフェアリーは、 直線に向くと内から33秒8の脚を使ってまとめて差し切り、 第36回エリザベス女王杯を制覇した。

スノーフェアリーの第36回エリザベス女王杯(2011年)の勝利は、シンメイフジが演出した超ハイペースの展開に恵まれたものでもあるが、不利な大外枠を克服してのものであり、レース結果の内容としての価値は高い。

よって、スノーフェアリーが来年のエリザベス女王杯にも 出走してくるようであれば、 本命級の高い評価を与えて当然と第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果では判断している。

一方、第36回エリザベス女王杯(2011年)の2着には、 3連勝で秋華賞を制したアヴェンチュラ(岩田)が入った。

第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、先行馬不在のメンバー構成で内枠を引いたアヴェンチュラが 好位のインを走る展開に恵まれる可能性が高いと判断し、 アヴェンチュラを本命に予想した。

レース結果では、アヴェンチュラは、シンメイフジが レース結果を引っ張るハイペースの展開を意識して、 中段のラチ沿いに控えた。

そして、アヴェンチュラは、直線でアパパネの外に持ち出されると、 粘るホエールキャプチャ及びアパパネを捕らえて勝利を収めたかのように見えたが、 内からスノーフェアリーの強襲にあってしまい、2着に敗れてしまった。

アヴェンチュラの第36回エリザベス女王杯(2011年)の2着は、ハイペースの展開でスノーフェアリーに出し抜けを食ったものであり、レース結果の内容としてはスノーフェアリーと互角又はそれ以上である。

よって、レースの結果、果中の故障から復帰してくるようであれば、 今後の重賞戦線においても、アヴェンチュラに高い評価を与えて当然と 第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果では判断している。

一方、第36回エリザベス女王杯(2011年)では、 3冠牝馬アパパネ(蛯名)が3着に入った。

第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、府中牝馬ステークスの敗戦で人気が急落したアパパネに、 休み明けは走らない馬で府中牝馬ステークスは度外視可能と判断した上に、 好位のインを走れそうな展開面も考慮し、それなりの高い評価を与えていた。

レース結果では、アパパネは、ホエールキャプチャの直後の3番手で 積極的な競馬をして、直線でも一旦は先頭に立つ見せ場たっぷりの内容ではあったが、 3着止まりであった。

アパパネの第36回エリザベス女王杯(2011年)の3着は、3冠牝馬の実績が示すように牝馬同士ならば力が上であることを示した。

よって、今後の牝馬重賞戦線においても、 アパパネに高い評価を与えるべきである。

ただし、アパパネは、目標としたレース結果以外では凡走することも多いので、 目標でないレース結果では過信は禁物とも第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果では判断している。

一方、第36回エリザベス女王杯(2011年)では 6番人気のホエールキャプチャ(池添)が4着に粘り込んだ。

第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果は、コース取りの差で人気を裏切ってしまった秋華賞のレース結果の内容から、 能力的にはアヴェンチュラと大きな差がないと判断し、 ホエールキャプチャにも高い評価を与えていた。

レース結果では、ホエールキャプチャは、 これまでの詰めの甘さを解消するために積極的な競馬を心掛け、 シンメイフジの大逃げから大きく離れた2番手を追走した。

そして、ホエールキャプチャは、 直線半ばでシンメイフジを交わして先頭に立ったが、 最後は人気3頭に差されてしまい、4着に敗れてしまった。

ホエールキャプチャの第36回エリザベス女王杯(2011年)の4着は、シンメイフジの大逃げを早めに追走する厳しい展開によるものであり、レース結果の内容としては上位3頭と大きな差はない。

よって、今後の牝馬重賞戦線、 相手なりに走って崩れないホエールキャプチャにも 常に高い評価を与えるべきと第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第36回エリザベス女王杯は、 スノーフェアリーの連覇で幕を閉じた。

しかしながら、アヴェンチュラ、アパパネ及びホエールキャプチャの3頭も、 スノーフェアリーに決定的な差をつけられたわけではなく、 来年のエリザベス女王杯で逆転も可能な能力を示した。

第36回エリザベス女王杯の競馬理論の結果のファンの方は、アヴェンチュラ、 アパパネ及びホエールキャプチャの3頭の走りに 今後も大いに注目して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ブレイディヴェーグが初G1制覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬にとどまった牝馬のナンバーワン決定戦エリザベス女王杯(2023年)の予想について解説する。   エリ 続きはこちら
デアリングタクトの復活なるか?
デアリングタクトの復活なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して23頭も出走登録馬があった牝馬のナンバーワン決定戦エリザベス女王杯(2022年)の予想について解説する。   エリザベ 続きはこちら
アカイトリノムスメのG1連勝なるか?
アカイトリノムスメのG1連勝なるか?   今週は、フルゲート18頭に対して18頭ピッタリの出走登録馬があった牝馬のナンバーワン決定戦エリザベス女王杯(2021年)の予想について解説する。 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.