天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > エリザベス女王杯

今週の重賞レース
■ 武蔵野Sページ
https://www.keibariron.com/database/musashinostakes
■ 福島記念
https://www.keibariron.com/database/fukushimakinen
■ デイリー杯2歳Sページ
https://www.keibariron.com/database/dailyhainisaistakes
■ 京都ジャンプSページ

主なローテーション
■ 京都大賞典ページ
https://www.keibariron.com/database/kyotodaishoten
■ 府中牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/fuchuhinbastakes
■ 秋華賞ページ
https://www.keibariron.com/database/shukasho


2017年 エリザベス女王杯の最新予想情報

予想屋マスターのエリザベス女王杯(2017年)予想分析記事

モズカッチャンが悲願のG1制覇

エリザベス女王杯(2017年)は、1番人気のヴィヴロス(ルメール)が5着に敗れ、波乱の決着となった。
その波乱のエリザベス女王杯(2017年)を制したのは、モズカッチャン(デムーロ)であった。
競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成で好位のインを追走できそうなモズカッチャンにかなり高い評価を与えていた。
レースでは、モズカッチャンは、想定通り4~5番手のインを追走した。
そして、モズカッチャンは、直線に向いて前が開くと着実に脚を伸ばし、粘り込みを狙うクロコスミアをきっちりと捕えて、エリザベス女王杯(2017年)を制覇した。
モズカッチャンのエリザベス女王杯(2017年)の勝利という結果は、前残りの展開で絶好となる好位のインを追走する展開に恵まれたものだが、好位のインを追走できる器用な脚質を持っているからでもある。
よって、エリザベス女王杯(2017年)以降のG1戦線の競馬予想においても、モズカッチャンが好走できるかどうかは内枠を引いて好位のインを追走できるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、エリザベス女王杯(2017年)では、9番人気のクロコスミア(和田竜二)が2着に入り、波乱を演出した。
クロコスミアは、クイーンズミラーグロを行かせて、2番手から競馬を進めた。
そして、クロコスミアは、4コーナーで先頭に並びかけると一旦は後続を突き放して押し切りを狙ったが、ゴール寸前でモズカッチャンに差されてしまい、2着止まりであった。
クロコスミアのエリザベス女王杯(2017年)の2着という結果は、しぶとさを見せたものだが、前が止まらない馬場且つスローペースに助けられたものでもある。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、クロコスミアにエリザベス女王杯(2017年)2着馬ほどの高い評価は不要だが、前が止まらない馬場や先行馬不在のメンバー構成では注意を払って当然である。

一方、エリザベス女王杯(2017年)では、3番人気のミッキークイーン(浜中俊)が3着に追い込んだ。
ミッキークイーンは、中団よりやや後方の外目を追走し、直線でも大外から一気に追い上げたが、上位2頭にわずか届かず、3着止まりであった。
ミッキークイーンのエリザベス女王杯(2017年)の3着という結果は、前残りの展開で唯一追い込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、レース内容抜群で復調気配をうかがわせたミッキークイーンにエリザベス女王杯(2017年)組で一番高い評価を与えて当然である。

以上のように、エリザベス女王杯(2017年)は、モズカッチャンの勝利で幕を閉じ波乱の決着となった。
ただし、エリザベス女王杯(2017年)は、スロー且つ前が止まらない馬場が結果に大きな影響を与えたものでもある。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降におけるエリザベス女王杯(2017年)組の評価を下して頂きたい。

ディアドラのG1連覇なるか?

今週のメインレースは、エリザベス女王杯(2017年)である。
エリザベス女王杯(2017年)は、各世代を代表する牝馬が最終登録をしており、人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、エリザベス女王杯(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

府中牝馬ステークス組からは、1着のクロスコミア(和田竜二)、2着のヴィヴロス(ルメール)4着のクイーンズリング(Cデムーロ)、5着のトーセンビクトリー(アッゼニ)、7着のハッピーユニバンス(池添謙一)、8着のデンコウアンジュ(蛯名正義)及び12着のクインズミラーグロ(藤岡康太)がエリザベス女王杯(2017年)に出走登録している。
クロスコミアの府中牝馬ステークスの勝利という結果は、超スローで逃げる展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想のいては、クロスコミアに高い評価は不要である。

ヴィヴロスの府中牝馬ステークスの2着という結果は、直線で前が壁になって外に出すのに手間取ってのものであり、負けて強しの内容であった。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想においては、ヴィヴロスに府中牝馬ステークス組で一番高い評価を与えて当然である。

クイーンズリングの府中牝馬ステークスの4着という結果は、スローの前残りの展開ながらも外から伸びており、力負けではない。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想においては、復調気配をうかがわせたクイーンズリングの連覇もありうると判断すべきである。

トーセンビクトリー、ハッピーユニバンス、デンコウアンジュ及びクインズミラーグロは、府中牝馬ステークスの見所のないレース内容を見る限り、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

京都大賞典組からは、1着のスマートレイアー(武豊)、9着のマキシマムドパリ(藤岡佑介)及び11着のプロレタリアト(杉原誠人)がエリザベス女王杯(2017年)に出走登録している。
スマートレイアーの京都大賞典の勝利という結果は、開幕週の馬場でロスのない競馬をさせた武豊騎手の好騎乗によるものだが、牡馬の一線級を破ったことは立派である。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想においては、脚質自在で競馬が上手なスマートレイアーにもかなり高い評価を与えるべきである。

マキシマムドパリ及びプロレタリアトは、京都大賞典の見所のないレース内容を見る限り、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

オールカマー組からは、1着のルージュバック(ムーア)がエリザベス女王杯(2017年)に出走登録している。
ルージュバックのオールカマーの勝利という結果は、好位のインでロスのない競馬に恵まれたことも確かだが、スマートレイアーと同様に牡馬の一線級相手であった。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想においては、ルージュバックにもかなり高い評価を与えるべきである。

宝塚記念組からは、3着のミッキークイーン(浜中俊)がエリザベス女王杯(2017年)に出走登録している。
ミッキークイーンの宝塚記念の3着という結果は、春のグランプリということを考慮すると褒められる内容であった。
よって、エリザベス女王杯(2017年)の競馬予想においては、ミッキークイーンが久々のG1制覇を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

秋華賞組からは、1着のディアドラ(岩田康誠)、2着のリスグランシュー(福永祐一)、3着のモズカッチャン(Mデムーロ)がエリザベス女王杯(2017年)に出走登録している。
ディアドラの秋華賞の勝利という結果は、

[ 続きを読む ]
無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

クイーンズリングが悲願のG1制覇

エリザベス女王杯(2016年)は、マリアライト(蛯名正義)とミッキークイーン(浜中俊)2頭のG1馬が破れ波乱の決着となった、
その波乱の決着を制したのはクイーンズリング(デムーロ)であった。
クイーンズリングは、スタートで出遅れてしまったが、後方の内目をロスなく進んだ。
そして、クイーンズリングは、3~4コーナーでも内から徐々にポジションをアップすると、直線では馬群を割って、粘り込むシングウィズジョイを差し切り、エリザベス女王杯(2016年)を制覇した。
クイーンズリングの第41回エリザベス女王杯の勝利という結果は、ロスのない競馬をさせたデムーロ騎手の好騎乗に恵まれたものだが、スローペースで出遅れながらも差し切ったことは立派である。
よって、今後の牝馬G1戦線の競馬予想においても、どんな競馬でもできる自在なクイーンズリングにエリザベス女王杯(2016年)馬として高い評価を与えて当然である。

一方、エリザベス女王杯(2016年)では12番人気のシングウィズジョイ(ルメール)が2着に入り波乱を演出した。
シングウィズジョイは、プリメラアスールを行かせて、3番手のインを進んだ。
そして、シングウィズジョイは、直線に向くと内から早めに先頭に立って粘りこみを狙ったが、ゴール寸前でクイーンズリングに差されてしまい、2着止まりであった。
シングウィズジョイの第41回エリザベス女王杯の2着という結果は、スローペースの前残りの流れでインの3番手という絶好位を追走する展開に恵まれたものである。
よって、今後の牝馬重賞戦線の競馬予想においては、シングウィズジョイにエリザベス女王杯(2016年)2着馬ほどの高い評価は不要である。

一方、エリザベス女王杯(2016年)では、2冠馬ミッキークイーンは3着に敗れてしまった。
ミッキークイーンは、スタートを決めると好位のインを確保できた。
そして、ミッキークイーンは、直線で外に持ち出されると、突き抜けるかのようにも見えたが、いつもの鋭い脚を使えずに3着が精一杯であった。
ミッキークイーンの第41回エリザベス女王杯の3着という結果は、休み明けで本調子になかったものであり、地力の高さは示した。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、叩いた上積みを考慮して、ミッキークイーンを評価すべきである。

以上のように、エリザベス女王杯(2016年)は、クイーンズリングの悲願のG1制覇で幕を閉じた。
ただし、エリザベス女王杯(2016年)は、スローペースの前残りの展開が結果に大きな影響を与えたことも確かである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降におけるエリザベス女王杯(2016年)組の評価を下していただきたい。

うまみちゃんねるのエリザベス女王杯最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは。
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

JBCは、地方競馬の祭典らしく、地方所属馬やホースマンが検討してくれたことが、とても嬉しかったです。
地方と中央、競馬という同じ括りでありながら、まだその壁は高く、厚いなと感じることがあります。
来年は京都競馬場での開催ということで、今年よりも
たくさんの人に関心を持ってもらえる催しになってほしいです。

アルゼンチン共和国は、スワーヴリチャードが完勝!
道中は掛かって、口から泡吹いてるし、結局そのまま遊びながら勝っちゃいました。
まだまだ底を見せてない感じ。
「只者じゃない」感がすごいです…!

SHOWROOMの配信を始めました!
椎名友希の「プロデューサーズ」
https://www.showroom-live.com/yuhki417


レストランも、絶賛営業中です。
東京開催が始まったら、ぜひお立ち寄りください♪

*クレープリー カフェ ロスアード
〒206-0804
東京都稲城市百村525 フロムS 1F
042-379-9674
定休日:木曜、日曜

夜はおつまみや、お酒も出してます。
競馬のお話も大歓迎です。
ランチもやってます♪
※11/16はボジョレー・ヌーヴォー解禁!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エリザベス女王杯も、古馬に解放される以前から、いろいろと思い出深いレースです。
ホクトベガやヒシアマゾン、ダンスパートナーなど名牝が、出走してくることも多かったですし♪
昔は「荒れるレース」の定番でもありましたね。


☆エリザベス女王杯 うまみデータ☆

・近年はあまり荒れず
・3歳、4歳の若い子たち
・極端な追込は決まらない
・SS系×パワー型のノーザンダンサー系

荒れる!は昔のお話で、近年は人気馬が好走。中穴は狙い目。
極端に評価の低い馬は、取り捨て。
去年は12番人気のシングウィズジョイが2着に来てくれましたが、この馬も元々、3歳時に重賞勝ちなどの実績がありました。
(今年も出てきてたら、買いたかったんだけど…)

ローテは秋華賞組の3歳馬、古馬なら府中牝馬S組が◎。
オールカマーで牡馬相手に戦える馬も、ぜひ押さえたいところ!

血統は、昨年ワンツーをきめたマンハッタンカフェや、京都巧者のディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。

ファミリーナンバーは、過去5年で2度の勝ち馬を出している16号族。
大舞台に強い9号族もいいですね。

注目したいのは3号族。
この牝系はスピードが勝つタイプが多いのですが、パワー型の配合が、バランスよく出てくれることが多いです。
勝ち馬こそ出ていませんが、前述のシングウィズジョイを始め
近年で4頭もの馬が、2着に入っています。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪

ヴィブロス
春はドバイターフで大金星。G1は2勝。
お姉ちゃんのヴィルシーナは、三回走って、2着→10着→11着。
妹は器用だけど、ちょっと小柄なところが気になります。

ルージュバック
鞍上にムーア騎手を迎えて、勝負気配は充分。
オールカマーでも乗り替わりで、見事な復活!昔から混合戦に強い!
ローテもさながら、マンハッタンカフェ産駒で、16号族。
データ的にも、もうこの馬しかいないのでは!?と思うくらいバッチリ(笑)

スマートレイアー
前走の京都大賞典では、鞍上の見事なエスコートで、牡馬を蹴散らしました。
スタート直後に、内外から寄られても、全然怯まないのが凄い…。
豊さんが怪我をされたそうで、今回は川田騎手がパートナーに!
7歳ですし、ここは最後のチャンス。

ミッキークイーン
昨年同様、春に靭帯を痛めて、夏は全休。
今年もぶっつけで挑みます。
去年3着で、実績のある舞台ですし、牝馬限定戦での安定感も
ディープ産駒というところも◎

ディアドラ
今年の秋華賞馬。
春先は惜しいレースをしていましたが、凄い脚を使える馬なので、いずれ大きいところを狙えると思っていました。
豪脚も健在ですし、何より体がかなり大きくなっているのも良いです。
成長期!って感じがします。

モズカッチャン
オークス2着、秋華賞3着と、この世代では間違いなくトップクラスの能力。
前走は落鉄していたという情報もありますし、初勝利も3戦を要したので
秋3戦目のここは獲りたいところ!
入れ込みすぎるとダメな子なので、当日の気分も要チェックで!

リスグラシュー
掲示板外したことないくらいの安定感!
たぶん、すごく強い馬だと思うのだけど、まだ2勝馬で、勝ちきれないところを見ると
シルバーコレクター的な子なのかな…と思ったりもします。線も細いし。
ヴィルシーナとか、ステイゴールドとか。
そういえばお父さんのハーツクライも…。

クイーンズリング
去年の勝ち馬。
今年は成績が奮わず、少し評価を落としていますが
リピーターの多いこのレース。
ちょっと怖いですね。
雨の実績もある馬なのですが、今年は馬場に恵まれていないので、ぜひ良馬場で。

クロコスミア
「雨のステイゴールド」なんて言葉があるけれど、前走はまさに雨の中を激走!
初めての距離、乗り替わりと、初めて尽くしですが、ぜひ単騎逃げしてほしい。

ジュールポレール
前走を勝ち上がり、OP入り。
血統的にはマイラーという感じもしますが、お兄さんのサダムパテックも2,000m勝ってますしね!
9号族のディープ産駒で、血統的には買い要素たっぷり。



ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。

今週は、なんと!
こちらのコラムでもおなじみ、予想屋マスターと一緒に、番組をお届けします。
エリザベス女王杯のスペシャルコラボ!
ぜひ見てください!!



うまみちゃんねる 第101R
放送時間 18:00~20:00
http://live.nicovideo.jp/gate/lv308484207

※FRESH!と同時配信中!
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv307555834

【出演者】
▼椎名友希
https://twitter.com/yuhki417
▼日高みずき
https://twitter.com/ttp_mizuki1130

【ゲスト】
    予想屋マスター

【主な番組内容】
▼先週のレース回顧&トピックス
▼競馬ニュースコーナー
▼今週の重賞予想
  エリザベス女王杯
▼うまみPOG選手権報告、秋G1予想対決先週結果
▼ゲストコーナー

※放送内容は時間の都合上変更となる場合がございます

【関連情報】チャンネル登録、各種フォローよろしくお願いします
▼公式サイト
  http://umami-ch.com/
▼公式Twitter
  https://twitter.com/umami_umami
▼お便り、プレゼントのご応募はこちら
info@umami-ch.com
▼競馬アイドルユニットTriple Tiara Project
公式Twitter
https://twitter.com/infottp
▼YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEqI9QlOZYanbI1vpIuXAaA

コメントなど、たくさんお待ちしていますヾ(*´∀`*)ノ

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

エリザベス女王杯の出馬表

芝2200m / 天気: / 馬場: / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
クインズミラーグロ ハッピーユニバンス トーセンビクトリー クロコスミア モズカッチャン リスグラシュー クイーンズリング タッチングスピーチ デンコウアンジュ ミッキークイーン ディアドラ スマートレイアー ジュールポレール ウキヨノカゼ マキシマムドパリ ヴィブロス ルージュバック エテルナミノル 馬名
牝5牝5牝5牝4牝3牝3牝5牝5牝4牝5牝3牝7牝4牝7牝5牝4牝5牝4 性齢
565656565454565656565456565656565656 斤量
藤岡康池添アッゼニ和田Mデムーロ福永Cデムーロ松山蛯名浜中岩田川田横山典藤岡佑ルメールムーア四位 騎手

エリザベス女王杯の最新情報

エリザベス女王杯とは

エリザベス女王杯(エリザベスじょおうはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞はエリザベス女王杯、京都府知事賞、日本馬主協会連合会会長賞。 1970年から1975年まで京都競馬場の芝2400mで行われていた4歳(現3歳)牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」が本競走の前身で、中央競馬における4歳牝馬三冠競走の最終戦に位置づけられていた。 1975年にエリザベス女王が来日したことを記念し、1976年に「エリザベス女王杯」が創設。距離や競走条件はビクトリアカップを踏襲したが、回次は新たに第1回とされた。以来1995年まで、京都競馬場の芝2400mで4歳牝馬限定競走として施行していた。 1996年に牝馬競走体系が見直され、本競走の競走条件が「4歳牝馬」から「4歳以上牝馬」に変更、あわせて施行距離も芝2200mに短縮され、さらに同年からは本競走に代わる4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設された。引用元:Wikipedia エリザベス女王杯

エリザベス女王杯の予想オッズ

馬名 単勝
ヴィブロス 2.6
ルージュバック 4.2
ミッキークイーン 4.7
スマートレイアー 5.6
ディアドラ 6.2
モズカッチャン 8.3
クイーンズリング 14.2
リスグラシュー 14.4
クロコスミア 33.6
ジュールポレール 42.8
マキシマムドパリ -
トーセンビクトリー -
クインズミラーグロ -
デンコウアンジュ -
エテルナミノル -
タッチングスピーチ -
ウキヨノカゼ -
ハッピーユニバンス -
※50倍以上が想定されるものは「-」になります。

エリザベス女王杯記事一覧

エリザベス女王杯 (2017年) 『モズカッチャンが悲願のG1制覇』

エリザベス女王杯(2017年)は、1番人気のヴィヴロス(ルメール)が5着に敗れ、波乱の決着となった。 その波乱のエリザベス女王杯(2017年)を制したのは、モズカッチャン(デムーロ)であった。 競馬理論の競馬予想では、先 […]

2017/11/16 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~エリザベス女王杯~』

こんばんは。 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! JBCは、地方競馬の祭典らしく、地方所属馬やホースマンが検討してくれたことが、とても嬉しかったです。 地方と中央、競馬という同じ括りでありながら、まだその壁は高く、厚い […]

2017/11/10 (金)

エリザベス女王杯 (2017年) 『ディアドラのG1連覇なるか?』

今週のメインレースは、エリザベス女王杯(2017年)である。 エリザベス女王杯(2017年)は、各世代を代表する牝馬が最終登録をしており、人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、エリザベス女王杯 […]

2017/11/7 (火)

エリザベス女王杯 (2016年) 『クイーンズリングが悲願のG1制覇』

エリザベス女王杯(2016年)は、マリアライト(蛯名正義)とミッキークイーン(浜中俊)2頭のG1馬が破れ波乱の決着となった、 その波乱の決着を制したのはクイーンズリング(デムーロ)であった。 クイーンズリングは、スタート […]

2016/11/17 (木)

エリザベス女王杯 (2016年) 『マリアライトの連覇なるか?』

今週のメインレースは、エリザベス女王杯(2016年)である。 エリザベス女王杯(2016年)は、牝馬の一線級が揃い混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、エリザベス女王杯(2016年)に出走する有力各馬の能力を […]

2016/11/8 (火)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~エリザベス女王杯~』

こんばんは!椎名友希です。 アルゼンチン共和国杯、いかがでしたでしょうか? 当たりましたか? 私は先週お出ししたデータから、 血統&ローテともドンピシャだった 1枠1番のモンドインテロから買っていたのですが 当日、まさか […]

2016/11/8 (火)

エリザベス女王杯 (2015年) 『マリアライトがG1で重賞初制覇』

  第40回エリザベス女王杯は、6番人気のマリアライト(蛯名正義)が混戦を制して重賞初制覇を飾った。 競馬理論の競馬予想では、牡馬相手のオールカマーの内容は評価していたものの、実績的に少し足りない点を考慮して、 […]

2015/11/19 (木)

エリザベス女王杯 (2015年) 『ラキシスの連覇なるか?』

今週のメインレースは第40回エリザベス女王杯である。 第40回エリザベス女王杯は、ミッキークイーン及びショウナンパンドラが不在のため、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第40回エリザベス女王杯に出走する有 […]

2015/11/9 (月)
ラキシスがヌーヴォレコルトを差し切る

エリザベス女王杯 (2014年) 『ラキシスがヌーヴォレコルトを差し切る』

第39回エリザベス女王杯は、3番人気のラキシス(川田将雅)が悲願のG1初制覇で幕を閉じたレースだった。 競馬理論の競馬予想では、去年のエリザベス女王杯やオールカマーでのレース内容、そして先行力のある脚質でロスのない競馬が […]

2014/11/20 (木)
メイショウマンボの連覇なるか?

エリザベス女王杯 (2014年) 『メイショウマンボの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第39回エリザベス女王杯である。 第39回エリザベス女王杯は、3歳馬と古馬との比較が難しいこともあって、混戦模様となっている。 そこで、競馬理論の競馬予想では、ステップレースごとに有力各馬の能力を分 […]

2014/11/14 (金)
メイショウマンボが古馬を撃破

エリザベス女王杯 (2013年) 『メイショウマンボが古馬を撃破』

第38回エリザベス女王杯は、2番人気に推された2冠牝馬メイショウマンボ(武幸四郎)の完勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、3歳牝馬世代で最強のメイショウマンボに高い評価を与えていたが、今年の3歳牝馬世代のレベルの低 […]

2013/11/14 (木)
ヴィルシーナが去年の雪辱を果たせるか?

エリザベス女王杯 (2013年) 『ヴィルシーナが去年の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第38回エリザベス女王杯である。 第38回エリザベス女王杯は、2冠馬メイショウマンボや去年の2着馬のヴィルシーナなどが出走を予定しており、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第38回エ […]

2013/11/7 (木)

エリザベス女王杯 『テスト投稿(ライト・レギュラー会員限定記事)』

これはテスト投稿です。ああああ。ああああ。ああああ。

2013/03/8 (金)

エリザベス女王杯 『テスト投稿(レギュラー会員限定記事)』

これはテスト投稿です。ああああ。ああああ。ああああ。

2013/03/8 (金)
レインボーダリアが悲願の重賞制覇

エリザベス女王杯 (2012年) 『レインボーダリアが悲願の重賞制覇』

第37回エリザベス女王杯は、レインボーダリア(柴田善臣)が断然人気のヴィルシーナ(内田博幸)を差し切り、悲願の重賞制覇をG1で飾った。 競馬理論の競馬予想では、スローペースで終始外を回らされて脚を余した府中牝馬ステークス […]

2012/11/15 (木)
ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?

エリザベス女王杯 (2012年) 『ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、第37回エリザベス女王杯である。 近2年のエリザベス女王杯は、スノーフェアリーが連覇を果たしたが、今年の第37回エリザベス女王杯は外国馬不在のため、日本馬同士の戦いとなる。 そこで競馬理論は、第37 […]

2012/11/9 (金)
スノーフェアリーの連覇なるか?

エリザベス女王杯 (2012年) 『スノーフェアリーの連覇なるか?』

今週のメインレースは、牝馬ナンバーワン決定戦の第36回エリザベス女王杯(2011年)であるので、そのレースの競馬予想をしてみたい。 第36回エリザベス女王杯は、レッドディザイアの引退による回避は残念だが、去年の勝ち馬スノ […]

2012/07/2 (月)
アパパネは初の古馬相手でも通用するのか?

エリザベス女王杯 (2012年) 『アパパネは初の古馬相手でも通用するのか?』

今週のメインレースは、第35回エリザベス女王杯である。第35回エリザベス女王杯では、3冠牝馬アパパネと愛オークス馬スノーフェアリーとの日英3歳女王対決が注目される。そこで、第35回エリザベス女王杯の競馬理論の競馬予想は、 […]

2012/07/2 (月)
ブエナビスタが前走の雪辱を果たせるか?

エリザベス女王杯 (2012年) 『ブエナビスタが前走の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、3歳馬と古馬の統一女王決定戦の第34回エリザベス女王杯である。第34回エリザベス女王杯は、ジャパンカップへ向かうレッドディザイアの出走回避により、秋華賞馬レッドディザイアと2冠牝馬ブエナビスタとの4 […]

2012/06/29 (金)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪