TOP > レース予想 > 阪神大賞典 > 阪神大賞典2019の回顧|シャケトラが5馬身差の圧勝
2019/03/21

【 阪神大賞典2019予想】 阪神大賞典2019の回顧|シャケトラが5馬身差の圧勝

出走日:2019年03月24日(日)
阪神大賞典(GⅡ)/阪神/別定/3000m(右・芝)

阪神大賞典(2019年)は、11頭立てと寂しいメンバー構成であったが、1番人気に推されたシャケトラ(戸崎圭太)の圧勝で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、1年ぶりのアメリカジョッキークラブカップで菊花賞馬フィエールマンを破ったレース内容から、シャケトラを本命に予想した。

 

シャケトラ

レースでは、シャケトラは、長距離戦にしてはペースが流れたこともあって、後方で脚をためた。
そして、シャケトラは、2周目の向正面から馬なりのまま徐々にポジションを上げて、4コーナーでは早くも先頭に並びかけると、直線では後続を突き放し、阪神大賞典(2019年)を制覇した。
シャケトラの阪神大賞典(2019年)の勝利という結果は、弱いメンバー構成に恵まれたことは確かだが、力の違いを見せつけた。
よって、本番の天皇賞春の競馬予想においても、阪神大賞典(2019年)組ではシャケトラにだけ注目すればよさそうである。

 

カフジプリンス

一方、阪神大賞典(2019年)では、6番人気のカフジプリンス(中谷雄太)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、ダイヤモンドステークスでの3着の内容だけ走れば通用すると見て、カフジプリンスにもそれなりの高い評価を与えていた。
レースでは、カフジプリンスは、中団でレースを進めたが、4コーナー手前で早めにシャケトラに交わされてしまった。
しかしながら、カフジプリンスは、そこからしぶとく脚を使って、2着を確保した。
カフジプリンスの阪神大賞典(2019年)の2着という結果は、シャケトラに力負けである上に、他の弱いメンバー構成に恵まれたものである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、カフジプリンスに阪神大賞典(2019年)2着馬というだけで高い評価は不要である。

 

ロードヴァンドール

一方、阪神大賞典(2019年)では10番人気のロードヴァンドール(横山典弘)が3着に粘り込んだ。
ロードヴァンドールは、サイモンラムセスに先手を取られてしまったが、2周目の2コーナーで先頭に立つと、後続を突き放した。
そして、ロードヴァンドールは、直線の入り口でシャケトラに簡単に交わされてしまったが、そこから大バテすることもなく、3着に逃げ粘った。
ロードヴァンドールの阪神大賞典(2019年)の3着という結果は、シャケトラに大きくなはされてしまったが、ハイペースを途中から逃げるというかなり厳しい展開の割にはよく頑張った。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想では、楽に先行する展開に恵まれるようであれば、ロードヴァンドールの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

 

以上のように、阪神大賞典(2019年)は、シャケトラの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方はシャケトラの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ブローザホーンが重賞連覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録馬があった阪神大賞典(2024年)の予想について解説する。   阪神大賞典は、勝ち馬に天 続きはこちら
ボルドグフーシュが重賞初制覇なるか? 今週は、フルゲート16頭に対して14頭の出走登録馬にとどまった阪神大賞典(2023年)の予想について解説する。 阪神大賞典は、勝ち馬に天皇賞春への優先 続きはこちら
ディープボンドの連覇なるか?
ディープボンドの連覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して14頭の出走登録馬にとどまった阪神大賞典(2022年)の予想について解説する。   阪神大賞典は、勝ち馬 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.