天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 阪神大賞典
3000mを超えるG2は、障害を除くとステイヤーズSとこの阪神大賞典だけという珍しいレースです。
特に阪神大賞典は、天皇賞春(G1)のステップということもあって、G1級のメンバーも続々出走してきます。
片山が大好きなゴールドシップも毎年出走。三連覇を達成したのは記憶に新しいですね。
2017年もビッグネームが登場しますよ。
♦サトノダイヤモンド♦
最強世代の菊花賞を制覇し、暮れの有馬記念では年度代表馬となったキタサンブラックを破るなど、今一番注目されている馬と言っていいでしょう。
阪神大賞典関連のニュースを見ると、ほとんどサトノダイヤモンドの名前で埋め尽くされていたのは笑ってしまいました(笑)
2017年初戦となりますが、どんな走りを見せてくれるのか!?
日曜日が楽しみです(*^▽^*)


今週の重賞レース
■ スプリングSページ
https://www.keibariron.com/database/springstakes
■ フラワーCページ
https://www.keibariron.com/database/flowercup
■ ファルコンSページ
https://www.keibariron.com/database/falconstakes


2017年 阪神大賞典の最新予想情報

予想屋マスターの阪神大賞典(2017年)予想分析記事

サトノダイヤモンドが2017年の初戦を勝利で飾る

阪神大賞典 2017 回顧録

阪神大賞典(2017年)は、10頭立てと寂しいメンバー構成であったが、有馬記念馬サトノダイヤモンド(ルメール)の復帰戦ということで注目を集めた。
そして、そのサトノダイヤモンドが単勝1.1倍という圧倒的な1番人気に応えて勝利をおさめた。
競馬理論の競馬予想では、休み明けであってもこのメンバーでは力が違いすぎるので人気であっても逆らうべきではないと判断し、断然人気のサトノダイヤモンドを本命に予想した。
レースでは、サトノダイヤモンドは、後方の外目を追走した。
そして、サトノダイヤモンドは、2番人気のシュヴァルグランをマークするように、2周目の3コーナー過ぎから外を回って徐々に上位に進出し、直線では先に抜け出したシュヴァルグランをきっちりと差し切り、阪神大賞典(2017年)を制覇した。
サトノダイヤモンドの阪神大賞典(2017年)の勝利という結果は、シュヴァルグランに1馬身以上の差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、2017年の古馬G1戦線の競馬予想においても、更にパワーアップしたサトノダイヤモンドに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、阪神大賞典(2017年)では2番人気に推されたシュヴァルグラン(福永祐一)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、ジャパンカップが負けて強しの内容だったことから、シュヴァルグランにも対抗評価を与えていた。
レースでは、シュヴァルグランは、中団よりやや後方を追走し、2周目の3コーナー過ぎから一気に上位に進出し、4コーナーでは早くも先頭に立った。
しかしながら、シュヴァルグランは、直線で外からサトノダイヤモンドに差されてしまい、2着止まりであった。
シュヴァルグランの阪神大賞典(2017年)の2着という結果は、サトノダイヤモンドにこそ力負けであったが、自ら勝ちに行ったことを考えると、悪くない内容であった。
よって、2017年の古馬G1戦線の競馬予想においては、シュヴァルグランにもメンバー次第でそれなりの高い評価を下すべきである。

一方、阪神大賞典(2017年)では、5番人気のトーセンバジル(四位洋文)が3着に追い込んだ
トーセンバジルは、後方をポツンと一頭で追走し、直線で大外に持ち出されると、鋭い伸び脚を使って3着に追い込んだ。
トーセンバジルの阪神大賞典(2017年)の3着という結果は、サトノダイヤモンド及びシュヴァルグランの上位2頭が前を潰す展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は微妙である。
よって、2017年の競馬予想においては、一線級が揃うG1ではトーセンバジルが通用する可能性は低いと判断すべきである。

以上のように、阪神大賞典(2017年)は、サトノダイヤモンドの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、サトノダイヤモンドの2017年のG1戦線での走りにも大いに期待して頂きたい。

サトノダイヤモンドが2017年のG1戦線に向けて始動

今週のメインレースは、阪神大賞典(2017年)である。
阪神大賞典(2017年)は、出走登録が10頭と寂しいが、サトノダイヤモンドの復帰戦として注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

日経新春杯組からは、8着のマドリードカフェ(川島信二)及び10着のレーヴミストラル(デムーロ)が阪神大賞典(2017年)に出走登録している。
マドリードカフェ及びレーヴミストラルは、日経新春杯の見所のないレース内容を見る限り、阪神大賞典(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、レーヴミストラルは、長期休養明けで日経新春杯に出走したので、阪神大賞典(2017年)の競馬予想においては、叩き2走目で良化が見込めるレーヴミストラルの巻き返しにも多少注意を払うべきである。

万葉ステークス組からは、1着のタマモベストプレイ(吉田隼人)が阪神大賞典(2017年)に出走登録している。
タマモベストプレイの万葉ステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成に恵まれたことは確かだが、スタミナ比べならば重賞でも通用する能力を示した。
よって、阪神大賞典(2017年)の競馬予想においては、先行力を生かせる展開になるようであれば、タマモベストプレイの粘り込みにも多少の注意を払うべきである。

ジャパンカップ組からは、8着のワンアンドオンリー(武豊)及び11着のトーセンバジル(内田博幸)が阪神大賞典(2017年)に出走登録している。
ワンアンドオンリー及びトーセンバジルのジャパンカップの敗戦は、メンバーが強すぎたことは確かだが、3着のシュヴァルグランには力負けであった。
よって、阪神大賞典(2017年)の競馬予想においては、ワンアンドオンリー及びトーセンバジルに高い評価は不要である。

有馬記念組からは、1着のサトノダイヤモンド(ルメール)及び6着のシュヴァルグラン(福永祐一)が阪神大賞典(2017年)に出走登録している。
サトノダイヤモンドの有馬記念の勝利という結果は、キタサンブラックを目標にいつもより前目の位置で自ら勝ちに行ってのものであり、着差以上に強い内容であった。
よって、阪神大賞典(2017年)の競馬予想においては、断然人気が予想されるサトノダイヤモンドに人気ではあっても本命級の高い評価を与えて当然である。

シュヴァルグランの有馬記念の6着という結果は、イン有利の馬場で

終始外を回らされてしまったことを考慮すると、着差ほど上位と差があったわけではない。
よって、阪神大賞典(2017年)の競馬予想においては、2番人気が予想されるシュヴァルグランにもかなり高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2017年)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、阪神大賞典(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、阪神大賞典(2017年)の予想をお楽しみに。
ただし、阪神大賞典(2017年)は、かなり安い馬券になる可能性が高いので、基本的には馬券を購入せずにサトノダイヤモンドの勝ち方を見るだけのレースにして頂きたい。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

シュヴァルグランが悲願の重賞制覇


第64回阪神大賞典は、1番人気に推されたシュヴァルグラン(福永祐一)が人気にこたえ、本命サイドの決着となった。
競馬理論の競馬予想では、能力的に底を見せていない点と順調に使われてきた強みを評価し、シュヴァルグランにも高い評価を与えていた。
レースでは、シュヴァルグランは、中団のラチ沿いで脚をためた。
そして、シュヴァルグランは、4コーナーで外に持ち出されると、あっと言う間に突き抜け、第64回阪神大賞典を制した。
シュヴァルグランの第64回阪神大賞典の勝利という結果は、2着以下を2馬身以上離して力の違いを見せつけ、長距離適性の高さを示した。
よって、次走の天皇賞春の競馬予想においても、シュヴァルグランには高い評価を与えて当然である。

一方、第64回阪神大賞典では4番人気のタンタアレグリアが2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で外を回らされた菊花賞の着順以上に強い内容から、叩き2走目ならば一変可能と判断し、タンタアレグリアを本命に予想した。
レースでは、タンタアレグリアは、6番手を追走したが、直線に向くとあっという間にシュヴァルグランに交わされてしまった。
しかしながら、タンタアレグリアは、そこからシブトク脚を使って、2着を確保した。
タンタアレグリアの第64回阪神大賞典の2着という結果は、シュヴァルグランにこそ力負けであったが、長距離では崩れなく走るところを改めて示した。
よって、次走の天皇賞春の競馬予想においては、展開などの助けがあれば、タンタアレグリアがシュヴァルグランとの差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

一方、第64回阪神大賞典では3番人気のアドマイヤデウスが3着に粘り込んだ。
アドマイヤデウスは、3番手のインを進み、直線に向くと最内を狙ったが、カレンミロティックに進路を塞がれてしまった。
そこから、アドマイヤデウスは、外に立て直されると再度脚を使って、混戦の3着争いを制した。
アドマイヤデウスの第64回阪神大賞典の3着という結果は、

直線でスムーズならば楽に3着を確保していたはずだが、上位2頭には力負けであった。
よって、次走の天皇賞春の競馬予想においては、アドマイヤデウスが好走するためにはイン有利の馬場でロスのない競馬をするなど、展開などかなりの助けが必要である。

以上のように、第64回阪神大賞典は、シュヴァルグランの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、シュヴァルグランの今度の走りにも大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるの阪神大賞典最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

こんばんは。うまみちゃんねる・椎名友希です。

先週の土曜日、番組で競馬観戦イベントを行いまして
久しぶりに競馬を、楽しみました♪

私は普段、土曜は仕事をしていることが多いので
あまり馬券を、買うことができません。
なので、皆さんと一緒に競馬を見ることができて、とても嬉しかったです!!
馬券は、大惨敗でしたが(笑)

しかし、土日両日ともに、人気が割れていて難しかったな(ToT)
デムーロ騎手の勢いにも、びっくりしたけれど。
人気馬は堅実に走ってくれていたので「流しておけばよかったなー」と、反省。

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週は、名勝負の宝庫・阪神大賞典。
皆さんは、どの年が好きですか?

伝説のひとつでもある
ブライアン&トップガンのマッチレースも、捨てがたいですが
私が一番好きなのは、2012年のギュスターヴクライです。

途中、びっくりするようなアクシデントもあったものの
大好きだった馬の仔が、名馬の猛追を凌いで
重賞を勝ってくれる姿には、感慨深いものがありました(*^ー^*)

 

☆阪神大賞典 うまみデータ☆

・人気馬の信頼度は高め
・先行 or 好位につけられる馬
・3歳時に実績を残した4歳馬が優勢
・2,400m以上の経験があること

前走で勝ち負けできていれば申し分ないのですが
メンバーの揃う有馬記念は、着順ほど負けていなければ大丈夫です。
有馬記念以外に、日経新春杯からのローテも良いですね。

長丁場にはなりますが、完全なステイヤーというよりは
能力の高い馬が、そのまま実力を発揮できている印象です。
枠はなぜか1枠と8枠の勝率がいいです。
強い馬には、内とか外とか関係ないのかもしれませんね。

ファミリーナンバーは、このレースを3連覇したゴールドシップを筆頭にした16号族。
昨年2着のタンタアレグリアあたりもそうなのですが
牡馬は、経験を重ねるごとに、ズブさを見せて、長距離向きになる傾向ありです。

他は、8号族の活躍も目立ちます。
こちらの代表はオルフェーヴル。ステゴ×マックイーンの血が爆発した2頭ですね。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪

*サトノダイヤモンド
昨年のグランプリ・ホースは、ここから始動!
菊花賞馬は有馬記念との相性も良いですが、同距離のこのレースも相性抜群です。
今年は、凱旋門賞を視野に入れているとのことなので、消耗戦も経験しておけるといいですね。

*シュヴァルグラン
昨年の勝ち馬。春天、JCともに3着とステイヤーの才能がキラリ。
この血統らしい詰めの甘さはありますが、能力は高いです。

*レーヴミストラル
シュヴァルグランを差し切った日経新春杯の勢いが戻れば…!
素質あふれる良血馬ですが、体質の弱さも併せ持っています><

*トーセンバジル
前走は準オープン勝ち後に初G1で惨敗。まだ経験不足は否めないけれど
今回は、神戸新聞杯のときと同じ四位騎手とのコンビ。
また穴をあけてほしいです!

*タマモベストプレイ
どの舞台がベストなのか、ずっと足踏みしてきましたが
やっぱり、ステイヤーだったのかもしれません。
本音を言えば、4歳時にマイルで見てみたかったけれど。
さすがに最近は、ズブくなってしまったので…。

*ワンアンドオンリー
前走、AJCCでは久しぶりの掲示板。
勝ち切れないものの、思ったより負けていないんですよね。
なんというか、謎の低迷期を抜けられないまま、ここまで来てしまった感じ。
ドバイ以来の武豊騎手とのコンビ。逃げさせたら怖い存在になるかも。

*スピリッツミノル
重馬場にめっぽう強いディープスカイ産駒。
2走前の万葉Sと同じような脚が使えれば、長丁場でも面白い。

*マドリードカフェ
昨年の万葉Sの勝ち馬。長距離適正は高そうですが
重賞では、少々家賃が高い印象。
あと15kgくらい絞れればいいのにな。
大型馬で、冬場は体重が減りづらいのかも。

*トウシンモンステラ
前走は好メンバー相手に4着。53kgのハンデにも恵まれましたね。
7歳ですし、大きな変わり身は無さそう。
SS×ミスプロ系という血統は、去年の1~3着までを独占した
相性の良い血統です。

*ウインスペクトル
スタート下手→大外回してから逃げるという、面白い脚質の馬。
前走は、大逃げ体制で、終いもまだ余力がありました。
決して反応が良い馬ではないですが、一度トップスピードに乗せれば
しぶとく粘ってくれます。ツインターボのような名物キャラになってほしい!

ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週は、3/17(金)20:30~22:30
ゲストは、パーフェクトボディの早瀬あやちゃんと
新しくうまみガールズ候補生に加入した鹿糠葵(かぬか あおい)ちゃんです。

葵ちゃんは、初登場!!
皆さん、ぜひ競馬をレクチャーしてあげてくださいね。
応援よろしくお願いいたします。

タイムシフト予約は、こちら♪
http://live.nicovideo.jp/watch/lv291414228

今年から、アシスタントの皆で「複勝コロガシ」を始めました!
人気馬を買っても、なかなか上手くいかない(笑)
皆さんからの、アドバイスお待ちしております。

お楽しみに!

コメント待ってまーす♪

それでは、また!

 

椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

阪神大賞典のレース結果

芝3000m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1234567788
12345678910 馬番
スピリッツミノル ウインスペクトル シュヴァルグラン トーセンバジル トウシンモンステラ レーヴミストラル ワンアンドオンリー タマモベストプレイ サトノダイヤモンド マドリードカフェ 馬名
牡5牡5牡5牡5牡7牡5牡6牡7牡4牡6 性齢
56565756565657565756 斤量
丹内 福永 四位 小崎 川田 武豊 吉田隼 ルメール 岩田 騎手
51023897416 着順

阪神大賞典の最新情報

阪神大賞典とは

阪神大賞典(はんしんだいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 正賞は兵庫県知事賞、京阪神ビルディング株式会社賞。 1953年に、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として創設。創設当初は阪神競馬場の芝2000mで行われ、その後距離は幾度かの変遷を経て、1974年より芝3000mで定着。負担重量は創設当初ハンデ戦だったが、1956年より別定に変更された。 創設以来、1957年から1960年を除き「暮れの阪神開催を飾る名物レース」として親しまれたが、1987年から春の阪神開催に移され5歳(現4歳)以上の馬による競走となり、あわせて天皇賞(春)の前哨戦として位置づけられた。2014年からは、本競走の1着馬に天皇賞(春)の優先出走権が与えられている。 外国馬は1978年から、地方競馬所属馬は1995年から出走可能になったほか、2002年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。引用元:Wikipedia 阪神大賞典

阪神大賞典の最終オッズ

馬名 単勝
サトノダイヤモンド1.1
シュヴァルグラン4.9
ワンアンドオンリー19.6
レーヴミストラル29.1
トーセンバジル33.5
タマモベストプレイ48
ウインスペクトル70.1
スピリッツミノル94
マドリードカフェ130.5
トウシンモンステラ206.2
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

阪神大賞典記事一覧

阪神大賞典 2017 回顧録

阪神大賞典 (2017年) 『サトノダイヤモンドが2017年の初戦を勝利で飾る』

阪神大賞典(2017年)は、10頭立てと寂しいメンバー構成であったが、有馬記念馬サトノダイヤモンド(ルメール)の復帰戦ということで注目を集めた。 そして、そのサトノダイヤモンドが単勝1.1倍という圧倒的な1番人気に応えて […]

2017/03/23 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~阪神大賞典~』

こんばんは。うまみちゃんねる・椎名友希です。 先週の土曜日、番組で競馬観戦イベントを行いまして 久しぶりに競馬を、楽しみました♪ 私は普段、土曜は仕事をしていることが多いので あまり馬券を、買うことができません。 なので […]

2017/03/14 (火)
阪神大賞典 2017 直前分析

阪神大賞典 (2017年) 『サトノダイヤモンドが2017年のG1戦線に向けて始動』

今週のメインレースは、阪神大賞典(2017年)である。 阪神大賞典(2017年)は、出走登録が10頭と寂しいが、サトノダイヤモンドの復帰戦として注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2017年)に出 […]

2017/03/14 (火)

阪神大賞典 (2016年) 『シュヴァルグランが悲願の重賞制覇』

第64回阪神大賞典は、1番人気に推されたシュヴァルグラン(福永祐一)が人気にこたえ、本命サイドの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、能力的に底を見せていない点と順調に使われてきた強みを評価し、シュヴァルグランにも高い […]

2016/03/24 (木)

阪神大賞典 (2016年) 『トーホウジャッカルが菊花賞馬の意地を見せるか?』

  今週のメインレースは、第64回阪神大賞典である。第64回阪神大賞典は、天皇賞春を占う意味でも注目を集める。 そこで競馬理論の競馬予想では、第64回阪神大賞典に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析 […]

2016/03/15 (火)
ゴールドシップの3連覇なるか?

阪神大賞典 (2015年) 『ゴールドシップの3連覇なるか?』

今週のメインレースは、第63回阪神大賞典である。 第63回阪神大賞典では、ゴールドシップが3連覇を達成できるかどうかが注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第63回阪神大賞典に出走する有力各馬の能力をステップレー […]

2015/03/20 (金)
ゴールドシップの完全復活なるか?

阪神大賞典 (2014年) 『ゴールドシップの完全復活なるか?』

今週のメインレースは、第62回阪神大賞典である。 第62回阪神大賞典は、去年の勝ち馬でもあるゴールドシップの復帰戦ということで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第62回阪神大賞典に出走する有力各馬の能力をス […]

2014/03/20 (木)
ゴールドシップが格の違いを見せつける

阪神大賞典 (2013年) 『ゴールドシップが格の違いを見せつける』

第61回阪神大賞典は、単勝1.1倍と断然人気のゴールドシップ(内田博幸)が力の違いを見せつけて快勝した。 競馬理論の競馬予想では、有馬記念の着差以上に強い内容と一線級不在の弱いメンバー構成から、断然人気でも逆らえないと判 […]

2013/03/21 (木)
ゴールドシップがいよいよ始動

阪神大賞典 (2013年) 『ゴールドシップがいよいよ始動』

今週のメインレースは、第61回阪神大賞典である。 第61回阪神大賞典は、天皇賞・春のステップレースというだけでなく、有馬記念馬ゴールドシップの復帰戦ということもあり、例年以上の注目を集める。 そこで競馬理論の競馬予想では […]

2013/03/12 (火)
第55回阪神大章典

阪神大賞典 (2012年) 『第55回阪神大章典』

今週は、阪神競馬場で第55回阪神大章典が行われる。阪神大章典は、例年、春の天皇賞に最も直結する重要なレースである。更に、阪神大章典でディープインパクトが抜けた古馬のG1戦線を占う意味でも、今年の第55回阪神大章典は、非常 […]

2012/06/29 (金)
第60回阪神大賞典

阪神大賞典 (2012年) 『第60回阪神大賞典』

今週のメインレースは、天皇賞・春へのステップレース、第60回阪神大賞典(2012年)である。 阪神大賞典(2012年)は、3冠を達成して去年の年度代表馬となったオルフェーヴルの復帰戦ということもあり、例年以上に注目を集め […]

2012/06/29 (金)
オルフェーヴルは次元の違う強さを見せつけるが2着に敗れる

阪神大賞典 (2012年) 『オルフェーヴルは次元の違う強さを見せつけるが2着に敗れる』

第60回阪神大賞典の結果(2012年)は、単勝1.1倍と断然人気のオルフェーヴル(池添)が2着に敗れ、ギュスターヴクライが大金星をあげた。 阪神大賞典の結果で、競馬理論はダイヤモンドステークス(2012年)、 15番人気 […]

2012/03/18 (日)
ナムラクレセントが悲願の重賞制覇

阪神大賞典 (2011年) 『ナムラクレセントが悲願の重賞制覇』

第59回阪神大賞典は、ナムラクレセント(和田竜二)の圧勝で幕を閉じた。 第59回阪神大賞典で、競馬理論は、ダイヤモンドステークスが低調な結果だったと判断し、対戦メンバー比較では断然のナムラクレセントを自信の本命に予想した […]

2011/03/3 (木)
第55回阪神大章典

阪神大賞典 (2007年) 『第55回阪神大章典』

第55回阪神大章典の結果では、長距離適性の高いアイポッパー(武豊)が、断然人気のドリームパスポート(安藤勝)を破った。 第55回阪神大章典の結果で、アイポッパーは、折り合いを欠くドリームパスポートをマークする4番手の位置 […]

2007/03/18 (日)
第54回阪神大賞典

阪神大賞典 (2006年) 『第54回阪神大賞典』

今年の阪神大章典の結果には、無敗で3冠馬となったディープインパクトが出走した。 阪神大章典のレースも、ディープインパクト一色のレースとなった。ディープインパクトは、一完歩だけ出遅れたが、距離を考えれば問題ないスタートだっ […]

2006/03/19 (日)
第53回阪神大賞典

阪神大賞典 (2005年) 『第53回阪神大賞典』

例年は、好メンバーが出走し盛り上がる阪神大章典の結果だが今年は寂しいメンバー構成となった。そこで、軽く振り返ってみる。勝ったのは、マイソールサウンド(本田優)であった。マイソールサウンドは、近走、着順的には目立っていない […]

2005/03/20 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪