予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 阪神大賞典 > 阪神大賞典2019の解説動画

阪神大賞典2019の解説動画

2019/03/15 UP
by 予想屋マスター
動画&テキスト解説

出走日:2019年03月17日(日)
阪神大賞典 -G2- 阪神競馬場/芝3000m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

阪神大賞典の解説

こんにちは予想屋マスターです。

長距離戦線はあまり頭数がそろわないこともあってですね、11頭だとちょっとですね、重賞にしては寂しいメンバーなのかなと思いました。

ただですね天皇賞をうらなう意味でもシャケトラとかリッジマンといったですね、長距離に絞ってきている馬もいるので、そういう意味ではですね、天皇賞をうらなう意味でも注目の一戦かなと思います。

丹頂ステークス


それでは過去のレスを順番に振り返っていきますが、一つ目がですね、丹頂ステークスですね。

このメンバーからはですね、勝ったリッジマンと、2着のコルコバードが出走してくると。

リッジマンがですね、まぁどちらかということですねかなりのハイペースでであと外の差しが届きやすい馬場ということもあって、外の馬が追い込むんですが、リッジマンは先に仕掛けていってそのまま押し切るといった内容ですね。

それを追いかけるように2着に追い込んだのがコルコバードと、見た目のレース内容だけを言うとリッジマンが上でいいんですが、ただですね、この時、リッジマン52キロの軽ハンデで今回57キロとで対してですね、コルコバードは53キロで今回54キロと1キロ増、向こうリッジマンは5キロ増と。

かつですね、コルコバードがデムーロジョッキーということを考えると今回はリッジマンとコルコバード差のない競馬をしてもおかしくないのかなという評価で良いと思います。

ステイヤーズステークス


次ですね、ステイヤーズステークスですね。

このメンバーからもですね、リッジマンと2着のアドマイヤエイカンが出走してくるともうちょっと下にですね、

例えばヴォージュあたりもいるんですが、この時ヴォージュは逃げられないと、いつ通り競馬にならなくてですね、11着に惨敗したんですがそれをですねマークしたように走っていたのが2着のアドマイヤエイカンでして、勝ったですね、リッジマンはその後ろの直後のインコースにいてマークする形で押し切るといった内容ですね。

なので2着との差、2馬身の差ということを考えると、やはりリッジマンがちょっと抜けていてその下にアドマイヤエイカンという評価でいいのかなと思います。

万葉ステークス


次ですね万葉ステークスですね、

でこのメンバーからはですね勝ったヴォージュとあとですね、アドマイヤエイカンこの時に2番人気を裏切ってしまったといった内容ですね。

レースを見ると、もうこれはですね、1回京都のですねもう超前残りの馬場をいかしての逃げ切りと、いった感じですね。

アドマイヤエイカンはこっから少し早めに仕掛けていったものの、伸びを欠いて、やはりですねこのインコース寄りの馬場で外を回った分伸びを欠いてしまったと、ということですね。

ヴォージュの見方が難しいんですが、ユーキャンスマイルを破ってと、このあとですね、ダイヤモンドステークスで勝った馬ですね、破っているという意味では価値があるんですがやはり、京都の開幕週の極端に前が止まらない馬場を生かしたとみると、かつですね、今回どう見ても逃げを打てなそうなメンバー構成なので、今回ちょっとヴォージュは消した方が良くてアドマイヤエイカンが逆転するという見方の方がいいのかなと思います。

アメリカジョッキークラブカップ


次ですね、アメリカジョッキークラブカップですね、でこのメンバーからはシャケトラが出走してくると。

シャケトラですね、ほぼ1年ぶりの競馬をですね、好位の外目を追走して押し切るといった内容ですね。

破った相手もですね、菊花賞馬フィエールマンのでかなり価値があるんですが、この時内容で見るとですね、フィエールマンはちょっと仕掛けが遅れた分届かなかったのでまあそれを考えるとフィエールマンが上なんですが、ただ1年ぶりの競馬でフィエールマンを破ってのGⅡ勝ちというのはかなり高い評価に値するのかなと思います。

なので今回も人気ですが当然高い評価を与えて当然かなと思います。あとですね、この時逃げていたのはステイインシアトルですね、ステイインシアトルですが、まあこれちょっと休み明けでですね、止まってしまったという見方がいいのか、もともと重賞で好走してる時もかなりのスロー逃げなので、
そういう意味ではですね、やはりと力が足らないと見方が出来るのか、ちょっとそこは評価が分かれるところかなと思います。

ダイヤモンドステークス


最後ですね、ダイヤモンドステークスですね、このメンバーからソールインパクトが出走してくると。

これもですね、実は2着にですね8番人気のサンデームーティエが粘っているように、かなりインンコースが有利な馬場だったんですが、それをですね

中団のインコースにいたんですが、ソールインパクトここですねまぁちょっとこれで伸びを欠いての4着なのでサンデームーティエも捉えきれないという見方をするとやはりですね、ちょっと力が足んないのかなという見方ができるのかなと思います。

ただ展開に恵まれればですね、相手なりに走る馬ですので、多少ですね、候補くらいには評価を与えてもいいかなと思います。

展開をお見せしながら解説をしますと、これ実はですねこの頭数かつ3000メートルの距離の割にはかなり先行馬が多いと、内からロードヴァンドール

1枠を引いたんで今回は先行争いをするのかなという感じもしますし、ステイインシアトル、あと最近ハイラップで逃げているサイモンラムセスがいて、さらにヴォージュがいると、なのでこのあたりが、もうちょっと縦長になるんですが、縦長になるのかなというふうに思っています、なのでまああのどちらかっていうと差し競馬という見方でいいのかなと思います。

ロードヴァンドール


ちょっと内から見ていきますが、ロードヴァンドール、逃げてもまあ