TOP > レース予想 > スプリングステークス > ステルヴィオが打倒ダノンプレミアムに名乗りを上げる
2018/03/22

【 スプリングステークス2018予想】 ステルヴィオが打倒ダノンプレミアムに名乗りを上げる

出走日:2018年03月25日(日)
スプリングステークス( G2)/中山競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬/賞金:5200万円

スプリングステークス2018年)は、単勝2.3倍と断然人気に推されたステルヴィオ(ルメール)が勝利を収め、人気サイドの決着となった。
競馬理論の競馬予想では、ダノンプレミアムにしか負けていない上にいずれも前残りの展開で脚を余していたステルヴィオに人気であっても逆らうべきではないと判断し、本命に予想した。
レースでは、ステルヴィオは、中団の外目を追走し、3コーナー過ぎから気合をつけられながら上位に進出した。
そして、ステルヴィオは、直線に向くと大外から一気に伸び、先に抜け出したエポカドーロをゴール寸前で捕えて、スプリングステークス(2018年)を制覇した。
ステルヴィオのスプリングステークス(2018年)の勝利という結果は、かなり展開に恵まれたエポカドーロをきっちりと差し切っており、着差以上に強い内容であった。
よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、ステルヴィオにスプリングステークス(2018年)組で最も高い評価を与えて当然である。
なお、ステルヴィオは、ダノンプレミアムに2戦2敗中だが、いつも前残りの展開だったので、差しが届く展開になるようであれば、逆転まであり得ると判断すべきである。

一方、スプリングステークス(2018年)では3番人気のエポカドーロ(戸崎圭太)が2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、後続を寄せ付けない2連勝の内容からエポカドーロにも高い評価を与えていた。
レースでは、エポカドーロは、コスモイグナーツの大逃げから大きく離れた2番手を追走した。
そして、エポカドーロは、直線に向くと馬場の荒れた内目を避けるように馬場の真ん中から抜け出したが、ゴール寸前でステルヴィオに差されてしまい、2着止まりであった。
エポカドーロのスプリングステークス(2018年)の2着という結果は、スローペースの単騎逃げと同じ状態の展開に恵まれたものだが、3着以下を3馬身以上離した上に、ステルヴィオを苦しめたことは立派である。
よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、エポカドーロの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

一方、スプリングステークス(2018年)では、6番人気のマイネルファンロン(柴田大知)が3着に入った。
マイネルファンロンは、好位の外目を追走し、直線でもジリジリと伸びて、大混戦の3着争いを制した。
マイネルファンロンのスプリングステークス(2018年)の3着という結果は、上位2頭からは大きく離されており現時点では力負けである。
よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、マイネルファンロンに高い評価は不要である。

以上のように、スプリングステークス(2018年)は、ステルヴィオの着差以上に強い内容が目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ステルヴィオの2018年クラシック戦線での走りに大いに期待して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ヴェルトライゼンデが格の違いを見せつけるか? 今週は、フルゲート16頭に対して12頭の出走登録馬にとどまった、スプリングステークス(2020年)の予想について解説する。 スプリングステークスは、皐 続きはこちら
2019年スプリングステークスの予想解説動画を公開しました。
2019年スプリングステークスの予想解説動画を公開しました。 スプリングステークスの解説 こんにちは、予想屋マスターです。 今週はですね、第68回スプリングステークスについてお話をしたいと思います。 スプリングステークスで 続きはこちら
スプリングステークス2019の競馬予想|クリノガウディーが朝日杯2着の底力を見せるか? 今週は、フルゲート16頭に対して19頭もの出走登録があった スプリングステークス(2019年)の予想について解説する。 スプリングステークスは、皐月賞のステップ 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.