天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > スプリングステークス
今週の重賞レース
■ 阪神大賞典ページ
https://www.keibariron.com/database/hanshindaishoten
■ フラワーCページ
https://www.keibariron.com/database/flowercup
■ ファルコンSページ
https://www.keibariron.com/database/falconstakes

2017年 スプリングステークスの最新予想情報

予想屋マスターのスプリングステークス(2017年)予想分析記事

キタサンブラックが無傷の3連勝でクラシック戦線へ

第64回スプリングステークスは、5番人気のキタサンブラックの勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、能力的に底を見せていない2連勝の内容からキタサンブラックに高い評価を与えていたが、急激なメンバー強化を考慮し、本命にすることはできなかった。

レースでは、キタサンブラックは、タケデンタイガーを行かせて、2番手を進んだ。

そして、キタサンブラックは、早めに先頭に立つと、人気馬2頭の追い上げを凌ぎ切り、第64回スプリングステークスを制覇した。

キタサンブラックの第64回スプリングステークスの勝利という結果は、1000m通過62秒6の超スローペースを先行する展開に恵まれたものではあるが、無傷の3連勝は立派である。

よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、

能力的に底を見せていないキタサンブラックが先行力を生かせる展開になるようであれば要注意と判断すべきである。

一方、第64回スプリングステークスで1番人気に推されたリアルスティールは2着止まりであった。

リアルスティールは、中団よりやや後方の馬群の中で待機し、直線で外に持ち出されると一気に脚を使ったが、キタサンブラックにクビ差だけ届かず、2着に敗れてしまった。

リアルスティールの第64回スプリングステークスの2着という結果は、先行馬が上位を独占する中で唯一追い込んでおり、負けて強しの内容であった。

よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、リアルスティールに第64回スプリングステークス組では一番高い評価を与えて当然である。

一方、第64回スプリングステークスでは、2歳チャンピオンのダノンプラチナ(蛯名正義)は3着に敗れてしまった。

ダノンプラチナは、好位を追走し、直線でもそれなりに伸びたが、最後は外からリアルスティールに差されてしまい、3着止まりであった。

ダノンプラチナの第64回スプリングステークスの3着という結果は、後ろのリアルスティールに差されてしまったことは残念だが、休み明けを考慮すれば悲観すべき内容ではない。

よって、本番の皐月賞の競馬予想においては、叩いての上昇度次第でダノンプラチナが2歳チャンピオンの意地を見せてもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、第64回スプリングステークスは、キタサンブラックの無傷の3連勝での重賞制覇で幕を閉じた。

しかしながら、第64回スプリングステークスのレース内容ではリアルスティールの方が上なので、皐月賞ではリアルスティールがキタサンブラックを逆転する可能性が高い。

競馬理論のファンの方は、リアルスティールの2015年クラシック戦線での走りを大いに期待して頂きたい。

無敗の2歳チャンピオンのアジアエクスプレスが敗れる

第63回スプリングステークスでは、3番人気のロサギガンティア(M.デムーロ)が、無敗の2歳チャンピオンのアジアエクスプレスを破って、クラシック戦線に名乗りをあげた。

競馬理論の競馬予想では、後の朝日杯フューチュリティステークスでも大外枠から小差の競馬をしたショウナンワダチよりもかなり強い内容だったベゴニア賞の内容から、アジアエクスプレスには負けないと見立てて、ロサギガンティアを自信の本命に予想した。

レースでは、ロサギガンティアは、スタートで後手を踏んだものの、すぐに巻き返して好位のインから競馬を進めた。

そして、ロサギガンティアは、3~4コーナーでも内目を回って上位に進出し、直線では早めに先頭に立ってそのまま押し切り、第63回スプリングステークスを制覇した。

ロサギガンティアの第63回スプリングステークスの勝利という結果は、終始ロスのない競馬をさせたM.デムーロ騎手の好騎乗によるものであり、1馬身強の着差以上に余裕のある勝ちっぷりであった。

よって、皐月賞の競馬予想においても、能力的に底を見せていないロサギガンティアに高い評価を与えるべきである。

一方、第63回スプリングステークスで1番人気に推された朝日杯フューチュリティステークス馬アジアエクスプレスは2着に敗れてしまった。

競馬理論の競馬予想では、無敗の2歳チャンピオンに敬意を表しつつも、メンバーと展開に恵まれた朝日杯フューチュリティステークスの勝利だけで断然人気になるアジアエクスプレスにそれなりの高い評価を与えたが、人気ほどの信頼感はないと判断していた。

レースでは、アジアエクスプレスは、中団の馬群の中でレースを進めたが、3~4コーナーでは反応が悪く、勝ったロサギガンティアに離されてしまった。

しかしながら、アジアエクスプレスは直線で馬群を捌くと、いい脚を使ってゴール寸前で2番手の上がることができた。

アジアエクスプレスの第63回スプリングステークスの2着という結果は、仕上がり途上の出来ながらも連対を確保したことは立派だが、能力的に底を見せてしまったことも確かである。

よって、皐月賞の競馬予想においてアジアエクスプレスが勝利をおさめるためには、自在な脚質を生かしてロスのない競馬をする必要があると判断すべきである。

一方、第63回スプリングステークスでは、4番人気に推されていたクラリティシチー(内田博幸)が3着に入った。

競馬理論の競馬予想では、1勝馬ながらも僅差で負けたレースがいずれもコースロスの大きい強い内容で走り続けているクラリティシチーを対抗に評価していた。

レースでは、クラリティシチーは、後方の外目を追走し、3~4コーナーで外を回って上位に進出し、一旦は2番手を確保したかにも思えたが、ゴール寸前でアジアエクスプレスに差されてしまい、3着止まりであった。

クラリティシチーの第63回スプリングステークスの3着という結果は、終始外を回らされてのものであり、上位2頭とは着差ほどの能力差はなかった。

よって皐月賞の競馬予想においては、前潰れの展開や外の差しが届く馬場になった場合には、クラリティシチーがロサギガンティア及びアジアエクスプレスを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、第63回スプリングステークスでは、無敗の2歳チャンピオンであるアジアエクスプレスが敗れるという結果になった。

しかしながら、第63回スプリングステークスの上位3頭は大きな能力差があるわけではないので、展開や馬場状態などで着順が入れ替わる可能性が今後もあることを考慮して、皐月賞の競馬予想における評価を下して頂きたい。

ローズキングダムがクラシックへ向けて始動

今週のメインレースは、皐月賞のステップレースである第59回スプリングステークスである。第59回スプリングステークスは、2歳チャンピオンのローズキングダムが出走するということもあって、今年のクラシック戦線を占う意味でも重要な一戦となる。そこで、第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想は、第59回スプリングステークスに出走する有力各馬の能力を分析する。

第59回スプリングステークスで一番人気に推されそうなのは、ローズキングダムである。ローズキングダムは、3戦3勝で朝日杯フューチュリティステークスを制覇しており、能力的に底を見せていない。ローズキングダムの朝日杯フューチュリティステークスの勝利は、少し距離不足とも思えるマイル戦で1馬身以上の差をつけてのものであり、レース内容的には完勝であった。第59回スプリングステークスは更に特筆すべきは、ローズキングダムがデビュー戦で弥生賞馬のヴィクトワールピサを破っている点である。これらのことから、第59回スプリングステークス、3冠馬をも狙えるローズキングダムに、休み明けのステップレースといえども本命級の高い評価を与えるべきと第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第59回スプリングステークスでは、アリゼオもそれなりの人気になりそうである。第59回スプリングステークスはアリゼオは、ホープフルステークスを圧勝した際には、打倒ローズキングダムの一番手と見られていた。しかしながら、アリゼオは、前走の共同通信杯において、スローペースで逃げ馬を見る3番手という絶好の位置を進みながらも、直線で思ったほど伸びず、後ろからもダノンシャンティに差され、3着に敗れてしまった。よって、第59回スプリングステークス、共同通信杯で底を見せてしまったアリゼオに、ローズキングダムを逆転するまでは期待しすぎと第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アリゼオが人気になるのであれば、共同通信杯よりも1秒近く早い時計でセントポーリア賞を制したバシレウスも注目すべきである。しかしながら、バシレウスのセントポーリア賞の勝利は、時計こそ早いものの、2着のヴァンダライズが次走の500万下特別を惨敗していることからも分かるように、弱いメンバー構成に恵まれた可能性も否定できない。よって、第59回スプリングステークス、前走の勝ち時計だけでそこそこの人気になりそうなバシレウスには、相手候補の一頭といった程度の評価を与えれば十分と第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、実績的には、サンディエゴシチー(浜中)も無視はできない。サンディエゴシチーは、向こう正面で先頭に立ってしまった東京スポーツ杯を除けば、3戦3勝と底を見せていない。よって、第59回スプリングステークス、内枠でも引いて好位のインを追走する展開になれば、サンディエゴシチーが好走してもおかしくないと第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

他には、サクラエルドール(福永祐一)、サンライズプリンス(北村宏)及びソリタリーキング(内田博)なども第59回スプリングステークスで注目を集める。サクラエルドールは、レベルの高いラジオNIKKEI杯2歳ステークスでこそ8着に敗れてしまったが、それ以前は2戦2勝と底を見せていないようにも見える。しかしながら、サクラエルドールの2勝目は、超スローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであり、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの敗戦が現在の実力である。よって、第59回スプリングステークス、サクラエルドールを過大評価すべきでないと第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、サンライズプリンスは、デビュー戦で9馬身差、格上げの500万下特別でも3馬身半差で楽勝しており、能力的に底を見せていない。よって、第59回スプリングステークスでローズキングダムを負かすとしたら、底を見せていないサンライズプリンスだけだろう。ただし、サンライズプリンスにとっては、急激にメンバーが強化したことも確かなので、連軸には不適と第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ソリタリーキングは、ダート3戦の内容が抜群で、ダートの内容だけ走れば、第59回スプリングステークスでも好走可能である。ソリタリーキングにとっての課題は、初芝という点だが、ヴァーミリアン及びサカラートの弟といった血統的背景から、ダートよりも芝が得意ということはなさそうである。よって、第59回スプリングステークス、芝の適性が分からないソリタリーキングを押さえ程度の評価にとどめておくべきと第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第59回スプリングステークスの第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想は、第59回スプリングステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第59回スプリングステークスの最終的な予想を決断する。第59回スプリングステークスの競馬理論の競馬予想のファンの方は、第59回スプリングステークスの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるのスプリングステークス最新記事

スプリングステークスのレース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

12345667788
1234567891011 馬番
ダノンケンリュウ サウンドテーブル オールザゴー ストロングレヴィル エトルディーニュ モンドキャンノ プラチナヴォイス アウトライアーズ サトノアレス ウインブライト トリコロールブルー 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
5656565656565656565656 斤量
松若 水口 内田博 シュタルケ 柴山 大野 和田 田辺 戸崎圭 松岡 Mデムーロ 騎手
9117861032415 着順

スプリングステークスの最新情報

スプリングステークスとは

スプリングステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「フジテレビ賞 スプリングステークス(フジテレビしょう スプリングステークス)」と表記される。 競走名の「スプリング(Spring)」は、春を意味する英語。 寄贈賞を提供するフジテレビは、東京都港区台場に本社を置く放送局。 正賞はフジテレビ賞。 3着までの馬に皐月賞の優先出走権が与えられるトライアル競走。1990年までは5着までに優先出走権を付与していたが、1991年から3着までに改められた。皐月賞・東京優駿(日本ダービー)と続く春のクラシック路線、およびNHKマイルカップの重要な前哨戦として位置付けられている。 1957年に創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走。創設時は東京競馬場の芝1800mで行われ、その後施行場や距離は幾度かの変遷を経て、1960年以降は中山競馬場の芝1800mで定着。負担重量は創設時が別定で、「皐月賞トライアル」の副称がつけられた1958年から定量に変更、2003年からは馬齢に変更された。引用元:Wikipedia スプリングステークス

スプリングステークス最新ニュース

スプリングステークスの最終オッズ

馬名 単勝
サトノアレス3.2
アウトライアーズ3.5
トリコロールブルー3.9
モンドキャンノ8
ウインブライト8.1
プラチナヴォイス19.3
オールザゴー21.4
エトルディーニュ24.6
ストロングレヴィル67.9
ダノンケンリュウ129.3
サウンドテーブル268.7
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

スプリングステークス記事一覧

キタサンブラックが無傷の3連勝でクラシック戦線へ

スプリングステークス (2015年) 『キタサンブラックが無傷の3連勝でクラシック戦線へ』

第64回スプリングステークスは、5番人気のキタサンブラックの勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、能力的に底を見せていない2連勝の内容からキタサンブラックに高い評価を与えていたが、急激なメンバー強化を考慮し、本命に […]

2015/03/26 (木)
無敗の2歳チャンピオンのアジアエクスプレスが敗れる

スプリングステークス (2014年) 『無敗の2歳チャンピオンのアジアエクスプレスが敗れる』

第63回スプリングステークスでは、3番人気のロサギガンティア(M.デムーロ)が、無敗の2歳チャンピオンのアジアエクスプレスを破って、クラシック戦線に名乗りをあげた。 競馬理論の競馬予想では、後の朝日杯フューチュリティステ […]

2014/03/27 (木)
ローズキングダムがクラシックへ向けて始動

スプリングステークス (2012年) 『ローズキングダムがクラシックへ向けて始動』

今週のメインレースは、皐月賞のステップレースである第59回スプリングステークスである。第59回スプリングステークスは、2歳チャンピオンのローズキングダムが出走するということもあって、今年のクラシック戦線を占う意味でも重要 […]

2012/07/2 (月)
ショウナンアルバが皐月賞へ向けて重賞連勝

スプリングステークス (2012年) 『ショウナンアルバが皐月賞へ向けて重賞連勝』

今週のメインレースは、皐月賞の最終トライアルとなる第57回スプリングステークスである。今年の牡馬クラシック戦線は、京成杯及び弥生賞を制したマイネルチャールズが頭一つ抜け出した感があるが、未だ混戦模様である。よって、第57 […]

2012/06/29 (金)
2歳王者ローズキングダムが3着に敗れる

スプリングステークス (2010年) 『2歳王者ローズキングダムが3着に敗れる』

第59回スプリングステークスは、アリゼオ(横山典)が勝利を収め、断然人気の2歳王者ローズキングダム(小牧太)が3着に敗れる波乱の結果となった。 第59回スプリングステークスの競馬理論の結果は、ホープフルステークスの勝ち方 […]

2010/03/21 (日)
第58回スプリングステークス

スプリングステークス (2009年) 『第58回スプリングステークス』

春の嵐が吹き荒れる中山競馬場で行われた第58回スプリングステークスの結果は、アンライバルドの完勝で幕を閉じた。 第58回スプリングステークスの競馬理論の結果は、クラシックでも人気になるリーチザクラウン及びブエナビスタをデ […]

2009/03/22 (日)
第57回スプリングステークス

スプリングステークス (2008年) 『第57回スプリングステークス』

第57回スプリングステークスは、5番人気のスマイルジャック(小牧太)と11番人気のフローテーション(横山典)の伏兵2頭による波乱の結果となった。 スマイルジャックは、休み明けの若竹賞でショウナンアルバと差のない競馬をして […]

2008/03/23 (日)
第54回スプリングステークス

スプリングステークス (2005年) 『第54回スプリングステークス』

今の中山競馬の芝のレースでは、馬の能力よりも、極端にイン有利の馬場状態がレース結果に大きな影響を及ぼすと、第54回スプリングステークスの競馬理論の結果では考えている。よって、私の第54回スプリングステークスの競馬理論の結 […]

2005/03/20 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪