TOP > レース予想 > 関屋記念 > レッツゴーキリシマが逃げ切る
2010/08/08 2016/08/19

【 関屋記念2010予想】 レッツゴーキリシマが逃げ切る

出走日:2010年08月15日(日)
関屋記念(GⅢ)/新潟/別定/1600m(左・芝)

夏のマイル王決定戦の関屋記念の結果は、レッツゴーキリシマの逃げ切りで幕を閉じた。

競馬理論は、超スローペースになる可能性が高いメンバー構成を考慮して、レッツゴーキリシマを穴馬として高い評価を与えた。

レースでは、レッツゴーキリシマは、フサイチアウステル(村田)が控えたこともあって、やんわりとハナに立ち、超スローペースに持ち込んだ。

そして、レッツゴーキリシマは、直線に入ると後続を突き放し、そのまま押し切って、関屋記念の結果を制覇した。

レッツゴーキリシマの関屋記念の結果の勝利は、休み明けを克服してのものではあるが、上がり3ハロンが33秒2という超スローペースに恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

よって、今後の重賞戦線、関屋記念の結果の勝利だけで、レッツゴーキリシマを過信すべきでない。

ただし、レッツゴーキリシマは、安定した先行力を持つので、楽に逃げられそうなメンバー構成の時やインが有利な馬場状態の時には、それなりの高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、関屋記念の結果の2着には、2番人気のセイクリットバレー(松岡)が追い込んだ。

セイクリットバレーは、後方で待機し、直線では外から追い込んだが、2着が精一杯であった。

セイクリットバレーの関屋記念の結果の2着は、上がり32秒1の脚を使ってのものであり、超スローペースの前残りの展開で追い込んだことを考慮すると、レース内容的にはレッツゴーキリシマを大きく上回る。

よって、今後の重賞戦線、切れ味抜群のセイクリットバレーに、レッツゴーキリシマ以上の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

なお、新潟大賞典で4着のマイネルスターリーが函館記念を圧勝、3着のニホンピロレガーロが小倉記念を制覇したことに続き、2着のセイクリットバレーが関屋記念の結果で勝ち馬を上回る好内容で2着に好走した。

これらのことから、今後のレースにおいても、新潟大賞典上位組に高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、関屋記念の結果では、リザーブカードが3着、テイエムアタックが4着に追い込んだ。

リザーブカード及びテイエムアタックの関屋記念の結果の好走は、追い込み馬にとっては不利な展開でのものであり、レース内容的な価値は高い。

特に、レースナンバーワンの上がりの脚を使ったテイエムアタックの切れ味は注目に値する。

よって、今後の重賞戦線においても、第45回新潟記念のようにスローペースの切れ味勝負となるレースでは、リザーブカード及びテイエムアタックに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、関屋記念の結果は、レッツゴーキリシマの逃げ切りで幕を閉じた。

しかしながら、関屋記念の結果は、条件級に毛が生えた程度の超スローペースの展開によるものであり、今後の重賞戦線で参考になるかどうかは微妙である。

よって、競馬理論のファンの方は、関屋記念の結果の結果だけで、出走各馬の能力を判断しないように注意して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ディヴィーナが初重賞制覇なるか?   今週は、フルゲート18頭に対して19頭もの出走登録馬があった関屋記念(2023年)の予想について解説する。   関屋記念は、サマーマイル 続きはこちら
イルーシヴパンサーが秋のG1戦線へ殴り込みをかけるか?
イルーシヴパンサーが秋のG1戦線へ殴り込みをかけるか?   今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬にとどまった関屋記念(2022年)の予想について解説する。   関屋記念は、サマーマイ 続きはこちら
ソングラインが秋のG1戦線へ殴り込みをかけるか?
ソングラインが秋のG1戦線へ殴り込みをかけるか?   今週は、フルゲート18頭に対して19頭もの出走登録馬があった関屋記念(2021年)の予想について解説する。   関屋記念は、サマーマイル 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.