天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 関屋記念

サマーマイルシリーズ第二戦。
関屋記念の競馬予想とまいりましょ~!

新潟は1000mの直線レースがあるように、とにかく直線が長い。
関屋記念は外回りなので、なんと658.7mもあります。

そのため普通なら、最後の直線で順位が大きく入れ替わるんだろうな、切れ味勝負になるんだろうな、と考えてしまいがちです。

しかし、過去5年間を見ると優勝馬のスタート直後の位置取りは1.7.2.2.4番手。

切れ味勝負を望まない先行馬が結構ゴールまで残っているのです。

この結果に理由を付けるとすれば、直線の長さを意識して仕掛けを遅らせる騎手が多いので、先行馬にとって有利な展開になりやすいといったところでしょうか。

メンバーが変われば、なりやすい展開も変わってくるので、理論としての信憑性は薄いかもしれませんが。

特別レース登録馬は21頭。

その中で直近レースを3着以内という好成績の馬は3頭しかいません。

混戦になりそうな気配が漂っていますね。

今年はどんな展開が予想できるのか!?

マスターの解説から目が離せません。

今週の重賞レース
■ エルムSページ
https://www.keibariron.com/database/erumustakes



2017年 関屋記念の最新予想情報

予想屋マスターの関屋記念(2017年)予想分析記事

マルターズアポジーが逃げ切って3つ目の重賞を制覇

関屋記念(2017年)は、人気が割れる混戦模様であったが、上位人気馬が崩れる波乱の決着となった。
その波乱の決着を制したのは、7番人気のマルターズアポジー(武士沢)であった。
競馬理論の競馬予想では、距離短縮で粘り腰が増しそうなマルターズアポジーの能力にも高い評価を与えていたが、先行馬揃いのメンバー構成を考慮して、マルターズアポジーを押さえ評価にとどめてしまった。
レースでは、マルターズアポジーは、抜群のスタートから楽に先手を取り、後続を離しながらの逃げを打った。
そして、マルターズアポジーは、直線に向くと後続を突き放し、そのリードを生かして粘り込み、関屋記念(2017年)を制覇した。
マルターズアポジーの関屋記念(2017年)の勝利という結果は、前残りの展開に恵まれたことも確かだが、マイペースで逃げさえ打てればシブトイことを改めて示した。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においても、マルターズアポジーが好走できるかどうかは楽に逃げを打てるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、関屋記念(2017年)では、4番人気のウインガニオン(津村明秀)が2着に入った。
ウインガニオンは、マルターズアポジーから離れた2番手を追走し、直線でもしぶとく脚を使ったが、マルターズアポジーとの差は詰まらずに2着止まりであった。
ウインガニオンの関屋記念(2017年)の2着という結果は、離れた2番手という単騎逃げと同じ状態且つ前残りの展開に恵まれたものである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、近4走すべて前残りの展開に恵まれているウインガニオンに実績ほど高い評価は不要である。

一方、関屋記念(2017年)では、5番人気のダノンリバティ(松若風馬)が3着に入った。
ダノンリバティは、ウインガニオンの直後を追走し、直線ではウインガニオンの内に潜り込んで追い込んだが、同じ脚色になってしまい、3着までが精一杯であった。
ダノンリバティの関屋記念(2017年)の3着という結果は、マルターズアポジー及びウインガニオンと同様に前残りの展開に恵まれたものである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ダノンリバティが好走するためにも展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、関屋記念(2017年)は、行ったきりの前残りの展開が結果に大きな影響を与えた。
よって、関屋記念(2017年)組は、展開次第で大きく着順が入れ替わる可能性が高い。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降における関屋記念(2017年)組に評価を下してい頂きたい。

ウインガニオンの重賞連勝なるか?

今週のメインレースは、関屋記念(2017年)である。
関屋記念(2017年)は、17頭もの出走登録があり、人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、関屋記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

福島テレビオープン組からは、2着のマイネルハニー(柴田大知)及び4着のショウナンバッハ(柴田善臣)が関屋記念(2017年)に出走登録している。
マイネルハニーの福島テレビオープンの2着という結果は、マイペースで先行してのものであり、力負けであった。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、先行馬が揃いそうなメンバー構成を考慮すると、マイネルハニーに高い評価は不要である。

ショウナンバッハは、福島テレビオープンの見所のない内容を見る限り、関屋記念(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

パラダイスステークス組からは、5着のロードクエスト(池添謙一)が関屋記念(2017年)に出走登録している。
ロードクエストのパラダイスステークスの5着という結果は、休み明け且つ前残りの展開で能力を出しきれなかった。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、ロードクエストの巻き返しにも注目すべきである。

NHKマイルカップ組からは、5着のオールザゴー(内田博幸)が関屋記念(2017年)に出走登録している。
オールザゴーのNHKマイルカップの5着という結果は、上位には力負けであったが、スローの割にはよく追い込んでいる。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、3歳世代のレベルの高さを考慮すると、オールザゴーにもそれなりの評価を与えるべきである。

富士ステークス組からは、3着のダノンプラチナ(蛯名正義)が関屋記念(2017年)に出走登録している。
ダノンプラチナの富士ステークスの3着という結果は、コース取りの差はあったものの少し残念な内容であった。
ただし、ダノンプラチナは、サトノアラジンを差し切った実績がある。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、ダノンプラチナが本調子に戻っていれば休み明けでも好走可能と判断すべきである。

多摩川ステークス組からは、1着のメートルダール(デムーロ)が関屋記念(2017年)に出走登録している。
メートルダールの多摩川ステークスの勝利という結果は、ハクサンルドルフに迫られたもの、58キロのハンデを考えると立派である。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、重賞でも好走歴のあるメートルダールに高い評価を与えて当然である。

安田記念組からは、16着のヤングマンパワーが関屋記念(2017年)に出走登録している。
ヤングマンパワーの安田記念の16着という結果は、ハイペースに巻き込まれてしまったものであり、度外視可能である。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、去年の覇者ヤングマンパワーの巻き返しにも注意を払うべきである。

中京記念組からは、1着のウインガニオン(津村明秀)、3着のブラックムーン(川田)、5着のダノンリバティ(松若風馬)及び8着のレッドレイヴン(北村宏司)が関屋記念(2017年)に出走登録している。

ウインガニオンの中京記念の勝利という結果は、馬場が荒れているように見えて多くの馬がインを避けたが実際には最内が一番伸びる馬場でインぴったりを逃げる展開に恵まれたものであり、2馬身半の着差ほど圧倒的な能力差があったわけではない。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、3連勝中の勢いには注意を払うべきだが、今回は人気になりそうなウインガニオンを過信すべきではない。

ブラックムーンの中京記念の3着という結果は、前が止まらなかっただけとみることもできるが、外枠からの発走ながら最内に進路を取ったデムーロ騎手の好騎乗によるものでもある。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、新潟向きのブラックムーンに、ウインガニオンと互角程度の評価は与えるべきである。

ダノンリバティの中京記念の5着という結果は、イン有利の馬場で外から追い込んでおり、レース内容としては悪くない。
よって、関屋記念(2017年)の競馬予想においては、ダノンリバティにも多少の注意は払うべきである。

レッドレイヴンは、中京記念の見所のない内容を見る限り、関屋記念(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

以上のように競馬理論の競馬予想では、関屋記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、関屋記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、関屋記念(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ヤングマンパワーが混戦を制す

第51回関屋記念は、3番人気のヤングマンパワー(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、新潟のマイル戦ならば崩れないヤングマンパワーにも高い評価を与えていたが、去年の秋以降充実しているマジックタイムを第51回関屋記念の本命としてしまった。
レースでは、ヤングマンパワーは、互角のスタートを切ると好位の外目を進んだ。
そして、ヤングマンパワーは、直線でも馬なりのまま差を詰め、戸崎騎手に追い出されると、粘るダノンリバティを交わして、第51回関屋記念を制覇した。
ヤングマンパワーの第51回関屋記念の勝利という結果は、去年よりもパワーアップしたところを見せつけた。
よって、第51回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、一線級相手では力不足であるものの、競馬が上手なヤングマンパワーにそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第51回関屋記念では、7番人気のダノンリバティ(松若風馬)が2着に入った。
ダノンリバティは、いつもより前目となる3番手からレースを進めた。
そして、ダノンリバティは、直線で一旦は先頭に立って押し切るかにも見えたが、ヤングマンパワーに差されてしまい、2着止まりであった。
ダノンリバティの第51回関屋記念の2着という結果は、高速馬場で前が止まりにくい馬場で粘り込んだものではあるが、自ら勝ちに行ったことを考えると立派である。
よって、第51回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、展開次第ではダノンリバティがヤングマンパワーを逆転可能と判断すべきである。

一方、第51回関屋記念で1番人気に推されたマジックタイム(ルメール)は3着に敗れてしまった。
マジックタイムは、後方で脚をため、直線でも上がり33秒1の脚を使って追い込んだが、3着が精一杯であった。
マジックタイムの第51回関屋記念の3着という結果は、脚を余したものであり、負けて強しの内容であった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、マジックタイムに第51回関屋記念組で最も高い評価を与えるべきである。

以上のように、第51回関屋記念は、ヤングマンパワーの勝利で幕を閉じた。
しかしながら、レース内容としてはマジックタイムが一番であった。
競馬理論のファンの方は、マジックタイムの次走以降の巻き返しに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるの関屋記念最新記事

関屋記念のレース結果

芝1600m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:45

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
ダノンプラチナ○外レッドレイヴン マルターズアポジー トーセンデューク ロサギガンティア メートルダール○地ショウナンバッハ オールザゴー クラリティスカイ ダノンリバティ ヤングマンパワー ブラックムーン マイネルハニー ロードクエスト ウインガニオン ウキヨノカゼ 馬名
牡5牡7牡5牡6牡6牡4牡6牡3牡5牡5牡5牡5牡4牡4牡5牝7 性齢
56565756575656535656575656565755 斤量
蛯名 北村宏 武士沢 小崎 大野 Mデムーロ 柴田善 内田博 横山典 松若 石橋脩 川田 柴田大 池添 津村 吉田隼 騎手
58111712913163415146210 着順

関屋記念の最新情報

関屋記念とは

関屋記念(せきやきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「関屋」は、旧新潟競馬場の所在地(新潟県新潟市関屋字青山下百問割)に由来している。 正賞は新潟県知事賞。 1966年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として創設。新潟競馬場で施行される重賞競走では、新潟記念についで古い歴史を持つ。2012年からはサマーマイルシリーズの第2戦に指定されている。 施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1970年から右回り芝1800m(内回り)に、1975年から右回り芝1600m(外回り)に変更された。その後、2001年のコース改修で右回りから左回りに変更されたため、以降は左回り芝1600m(外回り)となり現在に至っている。 負担重量も1973年は別定で施行したが、翌年(1974年)から1982年までは再びハンデキャップに変更。1983年以降は再び別定重量となっている。外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年から出走可能になったほか、2005年からは外国馬の出走も可能になった。引用元:Wikipedia 関屋記念

関屋記念の最終オッズ

馬名 単勝
メートルダール4.2
ロードクエスト6.1
ブラックムーン6.4
ウインガニオン6.6
ダノンリバティ9.4
ヤングマンパワー11
マルターズアポジー12.1
ダノンプラチナ12.8
マイネルハニー17.2
オールザゴー26.3
ウキヨノカゼ29
クラリティスカイ36.4
トーセンデューク71.7
ロサギガンティア100.8
○外レッドレイヴン167.5
○地ショウナンバッハ182.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

関屋記念記事一覧

関屋記念 (2017年) 『マルターズアポジーが逃げ切って3つ目の重賞を制覇』

関屋記念(2017年)は、人気が割れる混戦模様であったが、上位人気馬が崩れる波乱の決着となった。 その波乱の決着を制したのは、7番人気のマルターズアポジー(武士沢)であった。 競馬理論の競馬予想では、距離短縮で粘り腰が増 […]

2017/08/17 (木)

関屋記念 (2017年) 『ウインガニオンの重賞連勝なるか?』

今週のメインレースは、関屋記念(2017年)である。 関屋記念(2017年)は、17頭もの出走登録があり、人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、関屋記念(2017年)に出走登録している有力各馬 […]

2017/08/7 (月)

関屋記念 (2016年) 『ヤングマンパワーが混戦を制す』

第51回関屋記念は、3番人気のヤングマンパワー(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、新潟のマイル戦ならば崩れないヤングマンパワーにも高い評価を与えていたが、去年の秋以降充実しているマジックタイムを第5 […]

2016/08/18 (木)

関屋記念 (2016年) 『レッドアリオンの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第51回関屋記念である。 第51回関屋記念は、新潟の外回りのマイル戦ということあり、スローペースの瞬発力勝負で混戦が予想される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第51回関屋記念に出走する有力各馬の […]

2016/08/9 (火)
関屋記念回顧録

関屋記念 (2015年) 『レッドアリオンが逃げ切る』

第50回関屋記念は、2番人気のレッドアリオンの逃げ切りで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成で外枠ならば出遅れても先行できる可能性が高いと判断し、レッドアリオンを本命に予想した。 レースでは、レ […]

2015/08/20 (木)

関屋記念 (2015年) 『スマートオリオンの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第50回関屋記念である。 第50回関屋記念は、勝ち馬が毎回コロコロ変わるマイル戦線を象徴するように混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第50回関屋記念に出走する有力各馬の能力をステップ […]

2015/08/10 (月)
クラレントが5つ目の重賞制覇

関屋記念 (2014年) 『クラレントが5つ目の重賞制覇』

第49回関屋記念は、4番人気であったクラレント(田辺裕信)が1番人気のダノンシャーク(内田博幸)を差し切って、勝利を収めた。 競馬理論の競馬予想では、クラレントの近2走での敗戦は、度外視が可能であると判断し、過去の重賞レ […]

2014/08/21 (木)
ダノンシャークが格の違いを見せつけるか?

関屋記念 (2014年) 『ダノンシャークが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第49回関屋記念である。 第49回関屋記念は、秋のマイルチャンピオンシップを占う意味でも注目を集めるレースといえる。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第49回関屋記念に出走する有力各馬の能力をステッ […]

2014/08/14 (木)
レッドスパーダが完全復活

関屋記念 (2013年) 『レッドスパーダが完全復活』

第48回関屋記念は、4番人気のレッドスパーダ(北村宏)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成と、スローになりやすい新潟の外回り1600m戦ということを考慮して、先行力のあるレッドスパーダに […]

2013/08/15 (木)
ドナウブルーの連覇なるか?

関屋記念 (2013年) 『ドナウブルーの連覇なるか?』

今週のメインレースは、夏のマイル王決定戦の第48回関屋記念である。 第48回関屋記念は、直線の長い新潟競馬場のマイルが舞台ということもあり、スローの瞬発力勝負となることが多く、混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想 […]

2013/08/9 (金)
ドナウブルーが1番人気に応えて快勝

関屋記念 (2012年) 『ドナウブルーが1番人気に応えて快勝』

第47回関屋記念の結果では、ドナウブルーが1番人気に応えて快勝。2着にもエーシンリターンズが入り、牝馬2頭で結果が出た。 競馬理論は、先行馬が少ないメンバー構成から、先行力が生きるドナウブルー(内田博)に本命級の高い評価 […]

2012/08/12 (日)
エアラフォンが去年2着の雪辱を果たすか?

関屋記念 (2012年) 『エアラフォンが去年2着の雪辱を果たすか?』

今週のメインレースは、第47回関屋記念(2012年)である。 第47回関屋記念(2012年)は、今年からサマーマイルシリーズ第2戦となり、例年以上に注目される一戦となる。 そこで競馬理論の競馬予想は、第47回関屋記念(2 […]

2012/08/7 (火)
セイクリットバレーが去年の雪辱を果たせるか?

関屋記念 (2012年) 『セイクリットバレーが去年の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第46回関屋記念である。第46回関屋記念は、夏のマイル王決定戦であり、 マイルチャンピオンシップを占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想は、第46回関屋記念に出走する有力各馬の能力をス […]

2012/07/2 (月)
セイクリットバレーが悲願の重賞初制覇を狙う

関屋記念 (2012年) 『セイクリットバレーが悲願の重賞初制覇を狙う』

今週のメインレースは、第45回関屋記念である。第45回関屋記念は、新潟の外回りコースで行われるので、直線での迫力のある追い比べが見所となる。そこで、競馬理論は、第45回関屋記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごと […]

2012/07/2 (月)
第44回関屋記念

関屋記念 (2012年) 『第44回関屋記念』

今週のメインレースは、夏のマイル王決定戦の関屋記念である。関屋記念は、外回りの長い直線を舞台に行われるので、ゴール前での激しい攻防の熱戦が期待される。競馬理論の予想も、第45回小倉記念では単勝64.7倍と16番人気のダン […]

2012/07/2 (月)
マルカシェンクが悲願の重賞初制覇を果たせるか?

関屋記念 (2012年) 『マルカシェンクが悲願の重賞初制覇を果たせるか?』

今週のメインレースは、夏のマイル王決定戦の関屋記念である。去年の関屋記念にはカンパニーなどの実力馬が出走して盛り上がりを見せたが、今年の関屋記念は重賞にしては寂しいメンバー構成となった。 その低調な関屋記念で人気となりそ […]

2012/06/29 (金)
レインボーペガサスが日本ダービー5着の底力を発揮

関屋記念 (2011年) 『レインボーペガサスが日本ダービー5着の底力を発揮』

関屋記念の結果は、半年ぶりの休み明けでレースに臨んだ、レインボーペガサスの勝利という結果で幕を閉じた。 競馬理論は、準オープン価勝ち直後で一見格下に見えるが、3歳時にきさらぎ賞勝ち、皐月賞4着、日本ダービー5着の実績を持 […]

2011/08/7 (日)
レッツゴーキリシマが逃げ切る

関屋記念 (2010年) 『レッツゴーキリシマが逃げ切る』

夏のマイル王決定戦の関屋記念の結果は、レッツゴーキリシマの逃げ切りで幕を閉じた。 競馬理論は、超スローペースになる可能性が高いメンバー構成を考慮して、レッツゴーキリシマを穴馬として高い評価を与えた。 レースでは、レッツゴ […]

2010/08/8 (日)
第44回関屋記念

関屋記念 (2009年) 『第44回関屋記念』

夏のマイル王決定戦の関屋記念の結果は、レッツゴーキリシマの逃げ切りで幕を閉じた。 競馬理論は、超スローペースになる可能性が高いメンバー構成を考慮して、レッツゴーキリシマを穴馬として高い評価を与えた。 レースでは、レッツゴ […]

2009/08/9 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪