TOP > レース予想 > 関屋記念 > ヤングマンパワーが混戦を制す
2016/08/18 2017/06/23

【 関屋記念2016予想】 ヤングマンパワーが混戦を制す

出走日:2016年08月21日(日)
関屋記念(GⅢ)/新潟/別定/1600m(左・芝)

第51回関屋記念は、3番人気のヤングマンパワー(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、新潟のマイル戦ならば崩れないヤングマンパワーにも高い評価を与えていたが、去年の秋以降充実しているマジックタイムを第51回関屋記念の本命としてしまった。
レースでは、ヤングマンパワーは、互角のスタートを切ると好位の外目を進んだ。
そして、ヤングマンパワーは、直線でも馬なりのまま差を詰め、戸崎騎手に追い出されると、粘るダノンリバティを交わして、第51回関屋記念を制覇した。
ヤングマンパワーの第51回関屋記念の勝利という結果は、去年よりもパワーアップしたところを見せつけた。
よって、第51回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、一線級相手では力不足であるものの、競馬が上手なヤングマンパワーにそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第51回関屋記念では、7番人気のダノンリバティ(松若風馬)が2着に入った。
ダノンリバティは、いつもより前目となる3番手からレースを進めた。
そして、ダノンリバティは、直線で一旦は先頭に立って押し切るかにも見えたが、ヤングマンパワーに差されてしまい、2着止まりであった。
ダノンリバティの第51回関屋記念の2着という結果は、高速馬場で前が止まりにくい馬場で粘り込んだものではあるが、自ら勝ちに行ったことを考えると立派である。
よって、第51回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、展開次第ではダノンリバティがヤングマンパワーを逆転可能と判断すべきである。

一方、第51回関屋記念で1番人気に推されたマジックタイム(ルメール)は3着に敗れてしまった。
マジックタイムは、後方で脚をため、直線でも上がり33秒1の脚を使って追い込んだが、3着が精一杯であった。
マジックタイムの第51回関屋記念の3着という結果は、脚を余したものであり、負けて強しの内容であった。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、マジックタイムに第51回関屋記念組で最も高い評価を与えるべきである。

以上のように、第51回関屋記念は、ヤングマンパワーの勝利で幕を閉じた。
しかしながら、レース内容としてはマジックタイムが一番であった。
競馬理論のファンの方は、マジックタイムの次走以降の巻き返しに期待して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 7/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.