TOP > レース予想 > 関屋記念 > レッドアリオンが逃げ切る
2015/08/20 2016/08/18

【 関屋記念2015予想】 レッドアリオンが逃げ切る

出走日:2015年08月23日(日)
関屋記念(GⅢ)/新潟/別定/1600m(左・芝)
関屋記念回顧録

第50回関屋記念は、2番人気のレッドアリオンの逃げ切りで幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成で外枠ならば出遅れても先行できる可能性が高いと判断し、レッドアリオンを本命に予想した。

レースでは、レッドアリオンは、若干出負け気味のスタートを切ったが、外からやんわりとハナにたった。

そして、レッドアリオンは、直線で一旦は交わされそうになったもののそこから差し返し、第50回関屋記念を制覇した。

レッドアリオンの第50回関屋記念の勝利という結果は、スローペースで楽に逃げる展開に恵まれたものではあるが、先行する競馬ができさえすればシブトイことを改めて証明した。

よって、第50回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においても、先行する自分の競馬ができるようであれば、レッドアリオンに高い評価を与えるべきである。

一方、第50回関屋記念では、6番人気のマジェスティハーツが2着に追い込んだ。

競馬理論の競馬予想では、後に活躍馬が続出の鳴尾記念での2着の内容から、マジェスティハーツにも高い評価を与えていた。

レースでは、マジェスティハーツは、後方の馬群の中で待機し、 直線で外に持ち出されると上がり32秒4の脚を使って、2着に追い込んだ。

マジェスティハーツの第50回関屋記念の2着という結果は、スローの前残りの展開を追い込んだものであり、レース内容としての価値は高い。

よって、第50回関屋記念以降の重賞戦線においては、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、マジェスティハーツがレッドアリオンを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

一方、第50回関屋記念では10番人気のヤングマンパワーが3着に入った。

ヤングマンパワーは、3番手の外目を追走し、直線では一旦は先頭に立ったが、レッドアリオンに差し返され、3着止まりであった。

ヤングマンパワーの第50回関屋記念の3着という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたものだが、3歳世代のレベルの高さも示した。

よって、第50回関屋記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、メンバー次第でヤングマンパワーにも注意が必要である。

以上のように、第50回関屋記念は、レッドアリオンの勝利で幕を閉じた。

なお、第50回関屋記念は、逃げたレッドアリオンの上がりが33秒3であったことからも分かるように、スローの瞬発力勝負の適性の差が結果に大きな影響を与えた。

よって、今後のマイル戦線の競馬予想では、展開次第で第50回関屋記念組の着順が大きく入れ替わることを頭に入れておいて頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 6/22 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.