予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 皐月賞 > 皐月賞2019の回顧|サートゥルナーリアが断然人気に応える

皐月賞2019の回顧|サートゥルナーリアが断然人気に応える

2019/04/18 UP
by 予想屋マスター
回顧録

皐月賞 -G1- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:9700万円

皐月賞(2019年)は、単勝1.7倍と断然の1番人気に推されたサートゥルナーリア(ルメール)が勝利し、人気サイドの決着となった。
競馬理論の競馬予想では、3連勝の内容が着差以上に強いサートゥルナーリアに断然人気であっても逆らうべきではないと判断し、本命に予想した。

 

サートゥルナーリア

レースでは、サートゥルナーリアは、中団の外目で折り合いをつけた。
そして、サートゥルナーリアは、直線でルメール騎手に仕掛けられると、鋭い差し脚でヴェロックスとの叩き合いを制して、皐月賞(2019年)を制覇した。
サートゥルナーリアの皐月賞(2019年)の勝利という結果は、断然人気であったほど圧倒的な強さを見せたわけではないが、休み明けであったことを考慮すると立派である。
よって、次走の日本ダービーの予想でも、サートゥルナーリアに本命級の高い評価を与えて当然である。
ただし、皐月賞(2019年)を見る限り、絶対的な能力差があるわけでもないので、サートゥルナーリアを絶対視までは禁物である。

 

ヴェロックス

一方、皐月賞(2019年)では、4番人気のヴェロックス(川田将雅)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、若葉ステークスの圧勝劇に注目し、ヴェロックスにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ヴェロックスは、好位の外目を追走し、直線で一旦は先頭に立って押し切りを狙ったが、サートゥルナーリアに差されてしまい、2着止まりであった。
ヴェロックスの皐月賞(2019年)の2着という結果は、直線でサートゥルナーリアにぶつけられてからも差し返しており、レース内容としては互角である。
よって、日本ダービーの予想では、ヴェロックスが展開次第でサートゥルナーリアを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

 

ダノンキングリー

一方、皐月賞(2019年)では、3番人気のダノンキングリー(戸崎圭太)が3着に入った。
ダノンキングリーは、好スタートを切るとインの3~4番手の絶好位を確保した。
そして、ダノンキングリーは、直線で最内を突いて上位2頭に迫ったが、僅かに届かず3着止まりであった。
ダノンキングリーの皐月賞(2019年)の3着という結果は、コースロスのない展開に恵まれたと見ることもできるが、直線でもう少し早く前が開いていれば差し切っていたとも思わせる内容であった。
よって、日本ダービーの予想では、再度内枠を引いてロスのない競馬ができれば、ダノンキングリーが上位2頭と互角またはそれ以上の競馬をしてもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、皐月賞(2019年)は、サートゥルナーリアの勝利で幕を閉じた。
サートゥルナーリアは、着差こそ僅かだったが、上がり目を考えると日本ダービーでも当然の主役候補である。
競馬理論のファンの方は、サートゥルナーリアの今後の走りに大いに期待して頂きたい。