天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > きさらぎ賞
今週の重賞レース
■ 東京新聞杯ページ
https://www.keibariron.com/database/tokyoshinbunhai

今週から春のG1前哨戦が次々と行われるので、競馬好きの予想屋マスター事務局@原田にとってもたまらない季節♪

クラシック戦線に通ずるきさらぎ賞は、サトノダイヤモンド、オルフェーヴルなど、世代の主役級がローテーションに使ったレースです。

今年も上がり33.0で圧勝という鮮烈デビューを飾ったダノンマジェスティが登録しています。

アルアインの全弟ということもあり、ここは絶対に見ておきたい1戦です!!



2018年 きさらぎ賞の最新予想情報

予想屋マスターのきさらぎ賞(2018年)解説動画

予想屋マスターのきさらぎ賞(2018年)予想分析記事

サトノフェイバーが逃げ切って重賞制覇

きさらぎ賞2018年)は、断然の1番人気に推されたダノンマジェスティ(松若風馬)が折り合いを欠いて能力を出しきれずに惨敗してしまう結果となった。
そのきさらぎ賞(2018年)を制したのはサトノフェイバー(古川吉洋)であった。
競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成で楽に先行できる展開面を考慮し、サトノフェイバーにも高い評価を与えていたが、本命にすることはできなかった。
レースでは、サトノフェイバーは、好スタートを切ると楽に先手を取ることができた。
そして、サトノフェイバーは、直線に向くとグローリーヴェイズ(Mデムーロ)との叩き合いになったが、ハナ差だけ凌いで、きさらぎ賞(2018年)を制覇した。
サトノフェイバーのきさらぎ賞(2018年)の勝利という結果は、スローペースを楽に先行する展開に恵まれたものである。
よって、2018年のクラシック戦線の競馬予想においては、サトノフェイバーが好走するためには再度楽に逃げる展開に恵まれる必要と判断すべきである。

一方、きさらぎ賞(2018年)では、2番人気のグローリーヴェイズが2着に入った。
グローリーヴェイズは、スタートすると後方だったものの、デムーロ騎手がかなりのスローペースと判断すると、2番手まで押し上げた。
そして、グローリーヴェイズは、直線でサトノフェイバーとのマッチレースに持ち込んだものの、ハナ差まで詰め寄ったところがゴールであった。
グローリーヴェイズのきさらぎ賞(2018年)の2着という結果は、スローペースでサトノフェイバーを捕えられなかっただけであり力負けではないが、早めに2番手に押し上げたデムーロ騎手の好騎乗によるものでもある。
よって、2018年クラシック戦線の競馬予想においては、グローリーヴェイズがサトノフェイバーを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

一方、きさらぎ賞(2018年)では、5番人気のラセット(藤岡佑介)が3着に追い込んだ。
ラセットは、中団のインで脚をため、直線で外に持ち出されると、上がりナンバーワンの脚を使ったが、3着争いを制するのが精一杯であった。
ラセットのきさらぎ賞(2018年)の3着という結果は、内目でロスなく立ち回ったことも確かだが、道中で位置取りが悪くなったことを考慮すると悪い内容ではなく、相手なりに走ることを改めて示した。
よって、きさらぎ賞(2018年)以降の重賞戦線の競馬予想においても、相手なりに崩れなく走るラセットにそれなりの評価をいつも与えるべきである。

以上のように、きさらぎ賞(2018年)は、サトノフェイバーの逃げ切りで幕を閉じた。
ただし、きさらぎ賞(2018年)は、スローペースの前が止まらない展開が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降におけるきさらぎ賞(2018年)組を評価して頂きたい。

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ダノンマジェスティがクラシック戦線に乗れるか?

今週のメインレースは、きさらぎ賞2018年)である。
きさらぎ賞(2018年)は、サトノダイヤモンドなど数多くの名馬を排出してきた出世レースだが、初対戦となる馬も多く人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、きさらぎ賞(2018年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

こうやまき賞組からは、2着のグローリーヴェイズがきさらぎ賞(2018年)に出走登録している。
グローリーヴェイズのこうやまき賞の2着という結果は、スローペースで出遅れた分だけカフジバンガードにクビ差だけ届かなかったが、負けて強しの内容であった。
よって、きさらぎ賞(2018年)の競馬予想においては、スタートさえ互角ならば、グローリーヴェイズの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。

デイリー杯2歳ステークス組からは、2着のカツジがきさらぎ賞(2018年)に出走登録している。
カツジのデイリー杯2歳ステークスの2着という結果は、スローの2番手を追走する展開に恵まれたものだが、3着以下を離しており、後のホープフルステークス2着馬のジャンダルムが強すぎただけと見ることもできる。
よって、きさらぎ賞(2018年)の競馬予想においては、カツジにもそれなりの高い評価を与えて当然である。

きんもくせい特別からは、1着のレーツェルがきさらぎ賞(2018年)に出走登録している。
レーツェルのきんもくせい特別の勝利という結果は、スローで逃げた馬をとらえたことは立派だが、かなり弱いメンバー構成に恵まれたことも確かである。
よって、きさらぎ賞(2018年)の競馬予想においては、2戦2勝と能力的に底を見せていないレーツェルにとって試金石の一戦と判断すべきである。

新馬組からはダノンマジェスティ、サトノフェイバー、レッドレオン及びニホンピロタイドがきさらぎ賞(2018年)に出走登録している。
ダノンマジェスティの新馬戦の勝利という結果は、上がり33秒0の脚で2着に3馬身以上の差をつけており、能力の違いを見せつけた。
よって、きさらぎ賞(2018年)の競馬予想においては、皐月賞馬アルアインの弟という血統で人気になることを考慮しても、ダノンマジェスティに高い評価を与えて当然である。

サトノフェイバー、レッドレオン及びニホンピロタイドの新馬戦の勝利という結果は、ダノンマジェスティと比較すると地味な内容であったが、能力的に底を見せていないことも確かである。
よって、きさらぎ賞(2018年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化であっても、サトノフェイバー、レッドレオン及びニホンピロタイドに多少は注意を払うべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、きさらぎ賞(2018年)に出走登録する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、きさらぎ賞(2018年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、きさらぎ賞(2018年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

アメリカズカップが断然人気のサトノアーサーを破る

きさらぎ賞(2017年)は、単勝1,4倍と断然人気に推されたサトノアーサー(川田将雅)が2着に敗れて、6番人気のアメリカズカップ(松若風馬)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、出遅れて外を回らされた朝日杯フューチュリティステークスについては度外視可能と判断し、野路菊ステークスの内容だけは走れば通用するアメリカズカップにも高い評価を与えていた。
レースでは、アメリカズカップは、内の2頭を行かせて3番手を追走した。
そして、アメリカズカップは、プラチナヴォイスを交わして早めに先頭に立つとそのまま押し切り、きさらぎ賞(2017年)を制覇した。
アメリカズカップのきさらぎ賞(2017年)の勝利という結果は、8頭立てで弱いメンバー構成と楽に先行する展開に恵まれたものである。
よって、2017年のクラシック戦線の競馬予想においては、アメリカズカップに高い評価は不要である。

一方、きさらぎ賞(2017年)で断然人気となったサトノアーサーは2着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、切れ味が圧巻だったシクラメン賞の内容から、サトノアーサーを本命に予想した。
レースでは、サトノアーサーは、1枠だったものの早めに外に持ち出され、後方2番手を追走した。
そして、サトノアーサーは、直線で追い出されるとシクラメン賞のような脚を使えず、2着を確保するのが精一杯であった。
サトノアーサーのきさらぎ賞(2017年)の2着という結果は、道悪で切れ味を発揮できなかったと考えても、残念な内容であった。
よって、2017年のクラシック戦線の競馬予想においては、現時点でサトノアーサーを主役と考えるべきではない。

一方、きさらぎ賞(2017年)では、2番人気のダンビュライト(ルメール)が3着に入った、
ダンビュライトは、馬群の真ん中で折り合いをつけ、直線でもジリジリと伸びたが、ゴール前でサトノアーサーに競り負け、3着止まりであった。
ダンビュライトのきさらぎ賞(2017年)の3着という結果は、それなりに走ってはいるものの、特筆すべき内容でもない。
よって、2017年のクラシック戦線の競馬予想においては、ダンビュライトにも高い評価は不要である。

以上のように、きさらぎ賞(2017年)は、2017年クラシックの主役候補の一頭サトノアーサーが敗れる残念な結果になってしまった。
また、きさらぎ賞(2017年)は、レースのレベル自体が低い可能性も否定できない。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、きさらぎ賞(2017年)組を評価して頂きたい。

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるのきさらぎ賞最新記事

きさらぎ賞のレース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1234567788
12345678910 馬番
スラッシュメタル スーサンドン サトノフェイバー ラセット レッドレオン ニホンピロタイド オーデットエール グローリーヴェイズ ダノンマジェスティ カツジ 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
56565656565656565656 斤量
中谷 川島 古川 藤岡佑 岩田 北村友 Mデムーロ 松若 松山 騎手
67134108295 着順

きさらぎ賞の最新情報

きさらぎ賞とは

きさらぎ賞(きさらぎしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「きさらぎ(如月)」は、陰暦の2月を表す異称。 正賞はNHK賞。 1961年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。1962年の第2回より(NHK賞)の副称がつけられている。 創設時は中京競馬場の砂1200mで施行。その後は砂1700mへの変更を経て、1971年から1986年までは中京競馬場・芝1800mで施行していた。1987年からは京都競馬場・芝2000mに変更され、1991年から京都競馬場・芝1800m(外回り)で行われている。 格付表記は2007年に日本がパートI国に昇格した際「JpnIII」に変更、2009年から国際格付の「GIII」に変更された。 外国産馬は1972年から出走可能になった。1996年には特別指定交流競走に指定され地方競馬所属馬の出走が可能になったほか、2009年には国際競走に指定され外国馬の出走も可能になった。引用元:Wikipedia きさらぎ賞

きさらぎ賞の最終オッズ

馬名 単勝
ダノンマジェスティ2.2
グローリーヴェイズ3.4
カツジ5
サトノフェイバー6.9
ラセット12.8
オーデットエール30.1
レッドレオン36.4
ニホンピロタイド46.7
スラッシュメタル81.6
スーサンドン235.3
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

きさらぎ賞記事一覧

きさらぎ賞 (2018年) 『サトノフェイバーが逃げ切って重賞制覇』

きさらぎ賞(2018年)は、断然の1番人気に推されたダノンマジェスティ(松若風馬)が折り合いを欠いて能力を出しきれずに惨敗してしまう結果となった。 そのきさらぎ賞(2018年)を制したのはサトノフェイバー(古川吉洋)であ […]

2018/02/8 (木)

きさらぎ賞 (2018年) 『ダノンマジェスティがクラシック戦線に乗れるか?』

今週のメインレースは、きさらぎ賞(2018年)である。 きさらぎ賞(2018年)は、サトノダイヤモンドなど数多くの名馬を排出してきた出世レースだが、初対戦となる馬も多く人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の […]

2018/01/30 (火)

きさらぎ賞 (2017年) 『アメリカズカップが断然人気のサトノアーサーを破る』

きさらぎ賞(2017年)は、単勝1,4倍と断然人気に推されたサトノアーサー(川田将雅)が2着に敗れて、6番人気のアメリカズカップ(松若風馬)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、出遅れて外を回らされた朝日杯フュー […]

2017/02/9 (木)

きさらぎ賞 (2017年) 『サトノアーサーが3連勝で重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第57回きさらぎ賞である。 第57回きさらぎ賞は、セレクトセールにおいて2億円で取り引きされたサトノアーサー(川田将雅)が出走することで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第57回きさら […]

2017/01/31 (火)

きさらぎ賞 (2016年) 『サトノダイヤモンドが力の違いを見せつける』

第56回きさらぎ賞は、単勝1.2倍と断然の1番人気に推されたサトノダイヤモンドの圧勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、2戦ともに着差以上に強い内容で圧勝したサトノダイヤモンドに人気でも逆らえないと判断し、本命に予想 […]

2016/02/10 (水)

きさらぎ賞 (2016年) 『サトノダイヤモンドが3連勝で重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第56回きさらぎ賞である。 第56回きさらぎ賞は、登録が11頭と馬券的な魅力は少なくなりそうだが、2016年のクラシック戦線を占う意味では重要な一戦となりあそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想で […]

2016/02/2 (火)
ルージュバックがクラシックの主役候補に

きさらぎ賞 (2015年) 『ルージュバックがクラシックの主役候補に』

第55回きさらぎ賞は、8頭立てと少頭数の馬券的に魅力の少ないレースとなったが、1番人気のルージュバックが勝利を収め、人気通りの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、京成杯馬ベルーフを寄せつけなかった百日草特別のレース内 […]

2015/02/12 (木)
ルージュバックが3連勝での重賞制覇を目指す

きさらぎ賞 (2015年) 『ルージュバックが3連勝での重賞制覇を目指す』

今週のメインレースは、第55回きさらぎ賞である。 第55回きさらぎ賞は、9頭と少数の登録しかなく馬券的な魅力は少ないが、2015年のクラシック戦線の占う意味では注目すべき一戦である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第5 […]

2015/02/6 (金)
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇

きさらぎ賞 (2014年) 『トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇』

第54回きさらぎ賞は、2番人気のトーセンスターダム(武豊)の3連勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、先行馬が上位を独占する展開で差し切った着差以上に強い京都2歳ステークスの内容から、トーセンスターダムを本命に予想し […]

2014/02/13 (木)
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇なるか?

きさらぎ賞 (2014年) 『トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第54回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は過去にオルフェーヴルなどの名馬が出走しており、クラシックを占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第54回きさらぎ賞に出走する有力各馬の能力 […]

2014/02/7 (金)
タマモベストプレイが兄タマモホットプレイの雪辱を果たす

きさらぎ賞 (2013年) 『タマモベストプレイが兄タマモホットプレイの雪辱を果たす』

第53回きさらぎ賞は、8頭立てながらも6番人気のタマモベストプレイ(和田竜二)が勝利し、2着には5番人気のマズルファイヤー(秋山真一郎)が入り、中波乱の決着となった。 競馬理論の競馬予想では、器用な脚質で競馬が上手なタマ […]

2013/02/7 (木)
クラシック戦線へ名乗りを上げるのはどの馬か?

きさらぎ賞 (2013年) 『クラシック戦線へ名乗りを上げるのはどの馬か?』

今週のメインレースは、第53回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は過去に数多くのG1馬を排出しており、2013年のクラシック戦線を占う意味でも注目される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第53回きさらぎ賞に出走する有力各馬の […]

2013/02/1 (金)
ブラックシェルがクラシックの主役に名乗りを上げる?

きさらぎ賞 (2012年) 『ブラックシェルがクラシックの主役に名乗りを上げる?』

今週のメインレースは、数々のクラシック馬を送り出してきた第48回きさらぎ賞である。今年の牡馬クラシック戦線は、未だに勢力図が定まらない大混戦模様であり、一つ一つの重賞が重要となる。そのため、第48回きさらぎ賞も重要なステ […]

2012/07/3 (火)
ナムラマースが札幌2歳Sの走りを再現できるか?

きさらぎ賞 (2012年) 『ナムラマースが札幌2歳Sの走りを再現できるか?』

今週のメインレースのきさらぎ賞は、数多くの活躍馬が勝ち名乗りを上げた出世レースである。去年のきさらぎ賞は、ドリームパスポート及びメイショウサムソンの2頭で結果が出た。 更に、歴代のきさらぎ賞の勝ち馬には、ネオユニヴァース […]

2012/07/3 (火)
ダービーに直結するレースを制するのはどの馬か?

きさらぎ賞 (2012年) 『ダービーに直結するレースを制するのはどの馬か?』

今週のメインレースは、第51回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は、京都1800mが舞台ということもあり、クラシックに直結しないレースにも思えるが、過去10年の連対馬だけを見ても、ダンツフレーム、ネオユニヴァース、メイショウ […]

2012/07/2 (月)
レーヴドリアンが3連勝で重賞制覇なるか?

きさらぎ賞 (2012年) 『レーヴドリアンが3連勝で重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第50回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は、京都1800mということで一見クラシックに無縁なレースにも思えるが、メイショウサムソンやネオユニヴァースなど数多くの名馬を輩出している注目レースである。そこ […]

2012/07/2 (月)
トーセンラーがディープインパクト産駒2頭目の重賞制覇

きさらぎ賞 (2011年) 『トーセンラーがディープインパクト産駒2頭目の重賞制覇』

第51回きさらぎ賞の結果は、3番人気のディープインパクト産駒トーセンラー(デムーロ)の勝利という結果で幕を閉じた。 第51回きさらぎ賞の競馬理論は、極端にインが有利な馬場で外を回らされても互角の競馬をした福寿草特別の内容 […]

2011/02/6 (日)
レーヴドリアンがネオヴァンドームに敗れる

きさらぎ賞 (2010年) 『レーヴドリアンがネオヴァンドームに敗れる』

第50回きさらぎ賞では、ネオヴァンドーム(デムーロ)が一番人気のレーヴドリアン(藤岡祐介)を破った。 第50回きさらぎ賞の競馬理論の結果、未勝利戦で互角の競馬をしたミッキードリームがつばき賞(500万下特別)を快勝してい […]

2010/02/14 (日)
第49回きさらぎ賞

きさらぎ賞 (2009年) 『第49回きさらぎ賞』

今週は、第59回ダイヤモンドステークスの回顧を 述べようと思っていたが、第59回ダイヤモンドステークスはあまりに低調なメンバー構成でG1に直結する可能性が低いので、第49回きさらぎ賞の回顧を述べることにした。 第49回き […]

2009/02/15 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪