予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > きさらぎ賞
今週の重賞レース
■ 東京新聞杯ページ
https://www.keibariron.com/database/tokyoshinbunhai

今週から春のG1前哨戦が次々と行われるので、競馬好きの予想屋マスター事務局@原田にとってもたまらない季節♪

クラシック戦線に通ずるきさらぎ賞は、サトノダイヤモンド、オルフェーヴルなど、世代の主役級がローテーションに使ったレースです。

今年も上がり33.0で圧勝という鮮烈デビューを飾ったダノンマジェスティが登録しています。

アルアインの全弟ということもあり、ここは絶対に見ておきたい1戦です!!


友だち追加

2018年 きさらぎ賞の最新予想情報

きさらぎ賞の最終オッズ

馬名 単勝
ダノンマジェスティ2.2
グローリーヴェイズ3.4
カツジ5
サトノフェイバー6.9
ラセット12.8
オーデットエール30.1
レッドレオン36.4
ニホンピロタイド46.7
スラッシュメタル81.6
スーサンドン235.3
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

きさらぎ賞のレース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1234567788
12345678910 馬番
スラッシュメタル スーサンドン サトノフェイバー ラセット レッドレオン ニホンピロタイド オーデットエール グローリーヴェイズ ダノンマジェスティ カツジ 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
56565656565656565656 斤量
中谷 川島 古川 藤岡佑 岩田 北村友 Mデムーロ 松若 松山 騎手
67134108295 着順

きさらぎ賞記事一覧

うまみちゃんねるのきさらぎ賞最新記事

きさらぎ賞の最新情報

きさらぎ賞とは

きさらぎ賞(きさらぎしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「きさらぎ(如月)」は、陰暦の2月を表す異称。 正賞はNHK賞。 1961年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。1962年の第2回より(NHK賞)の副称がつけられている。 創設時は中京競馬場の砂1200mで施行。その後は砂1700mへの変更を経て、1971年から1986年までは中京競馬場・芝1800mで施行していた。1987年からは京都競馬場・芝2000mに変更され、1991年から京都競馬場・芝1800m(外回り)で行われている。 格付表記は2007年に日本がパートI国に昇格した際「JpnIII」に変更、2009年から国際格付の「GIII」に変更された。 外国産馬は1972年から出走可能になった。1996年には特別指定交流競走に指定され地方競馬所属馬の出走が可能になったほか、2009年には国際競走に指定され外国馬の出走も可能になった。引用元:Wikipedia きさらぎ賞

友だち追加
無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!
競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!
メールアドレス: