14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > きさらぎ賞
今週の重賞レース
■ 東京新聞杯ページ
https://www.keibariron.com/database/tokyoshinbunhai

きさらぎ賞の最新情報(2020年)

2020年きさらぎ賞の解説動画を公開しました
有料会員向けの 『後編(買い目について)』『馬場について』の解説動画につきましては、その週の有料予想配信・配信対象者様が、配信カレンダーより閲覧が可能です。   2020年きさらぎ賞 マスター解説動画のポイント […]
2020/02/07 /
アルジャンナが前走の雪辱を果たせるか?
今週は、フルゲート18頭に対して10頭の出走登録にとどまった   きさらぎ賞(2020年)の予想について解説する。   きさらぎ賞は、サトノダイヤモンドなど数多くの名馬の登竜門となっており、2020年 […]
2020/02/06 /
2019年きさらぎ賞の予想解説動画を公開しました。
2019年きさらぎ賞の予想解説動画を公開しました。
きさらぎ賞の解説 こんにちは、予想屋マスターです。 今週はですね、第59回きさらぎ賞についてお話をしたいと思います。 きさらぎ賞ですが、頭数はですねかなり寂しくなってですね、 8頭となってしまったんですが、数々 […]
2019/02/02 / 動画解説
きさらぎ賞2019の競馬予想|ヴァンドギャルドの巻き返しなるか?
今週は、フルゲート18頭に対して11頭の出走登録にとどまったきさらぎ賞(2019年)の予想について解説する。きさらぎ賞はサトノダイヤモンドなど数多くの名馬を排出しており、2019年のクラシック戦線を占う意味でも注目を集め […]
2019/01/31 / 競馬予想コラム
サトノフェイバーが逃げ切って重賞制覇
きさらぎ賞(2018年)は、断然の1番人気に推されたダノンマジェスティ(松若風馬)が折り合いを欠いて能力を出しきれずに惨敗してしまう結果となった。 そのきさらぎ賞(2018年)を制したのはサトノフェイバー(古川吉洋)であ […]
2018/02/08 / 回顧録
ダノンマジェスティがクラシック戦線に乗れるか?
今週のメインレースは、きさらぎ賞(2018年)である。 きさらぎ賞(2018年)は、サトノダイヤモンドなど数多くの名馬を排出してきた出世レースだが、初対戦となる馬も多く人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の […]
2018/01/30 / 競馬予想コラム
アメリカズカップが断然人気のサトノアーサーを破る
きさらぎ賞(2017年)は、単勝1,4倍と断然人気に推されたサトノアーサー(川田将雅)が2着に敗れて、6番人気のアメリカズカップ(松若風馬)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、出遅れて外を回らされた朝日杯フュー […]
2017/02/09 / 回顧録
サトノアーサーが3連勝で重賞制覇なるか?
今週のメインレースは、第57回きさらぎ賞である。 第57回きさらぎ賞は、セレクトセールにおいて2億円で取り引きされたサトノアーサー(川田将雅)が出走することで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第57回きさら […]
2017/01/31 / 競馬予想コラム
サトノダイヤモンドが力の違いを見せつける
第56回きさらぎ賞は、単勝1.2倍と断然の1番人気に推されたサトノダイヤモンドの圧勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、2戦ともに着差以上に強い内容で圧勝したサトノダイヤモンドに人気でも逆らえないと判断し、本命に予想 […]
2016/02/10 / 回顧録
サトノダイヤモンドが3連勝で重賞制覇なるか?
今週のメインレースは、第56回きさらぎ賞である。 第56回きさらぎ賞は、登録が11頭と馬券的な魅力は少なくなりそうだが、2016年のクラシック戦線を占う意味では重要な一戦となりあそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想で […]
2016/02/02 / 競馬予想コラム
ルージュバックがクラシックの主役候補に
ルージュバックがクラシックの主役候補に
第55回きさらぎ賞は、8頭立てと少頭数の馬券的に魅力の少ないレースとなったが、1番人気のルージュバックが勝利を収め、人気通りの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、京成杯馬ベルーフを寄せつけなかった百日草特別のレース内 […]
2015/02/12 / 回顧録
ルージュバックが3連勝での重賞制覇を目指す
ルージュバックが3連勝での重賞制覇を目指す
今週のメインレースは、第55回きさらぎ賞である。 第55回きさらぎ賞は、9頭と少数の登録しかなく馬券的な魅力は少ないが、2015年のクラシック戦線の占う意味では注目すべき一戦である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第5 […]
2015/02/06 / 競馬予想コラム
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇
第54回きさらぎ賞は、2番人気のトーセンスターダム(武豊)の3連勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、先行馬が上位を独占する展開で差し切った着差以上に強い京都2歳ステークスの内容から、トーセンスターダムを本命に予想し […]
2014/02/13 / 回顧録
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇なるか?
トーセンスターダムが3連勝で重賞制覇なるか?
今週のメインレースは、第54回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は過去にオルフェーヴルなどの名馬が出走しており、クラシックを占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第54回きさらぎ賞に出走する有力各馬の能力 […]
2014/02/07 / 競馬予想コラム
タマモベストプレイが兄タマモホットプレイの雪辱を果たす
タマモベストプレイが兄タマモホットプレイの雪辱を果たす
第53回きさらぎ賞は、8頭立てながらも6番人気のタマモベストプレイ(和田竜二)が勝利し、2着には5番人気のマズルファイヤー(秋山真一郎)が入り、中波乱の決着となった。 競馬理論の競馬予想では、器用な脚質で競馬が上手なタマ […]
2013/02/07 / 回顧録
クラシック戦線へ名乗りを上げるのはどの馬か?
クラシック戦線へ名乗りを上げるのはどの馬か?
今週のメインレースは、第53回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は過去に数多くのG1馬を排出しており、2013年のクラシック戦線を占う意味でも注目される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第53回きさらぎ賞に出走する有力各馬の […]
2013/02/01 / 競馬予想コラム
ブラックシェルがクラシックの主役に名乗りを上げる?
ブラックシェルがクラシックの主役に名乗りを上げる?
今週のメインレースは、数々のクラシック馬を送り出してきた第48回きさらぎ賞である。今年の牡馬クラシック戦線は、未だに勢力図が定まらない大混戦模様であり、一つ一つの重賞が重要となる。そのため、第48回きさらぎ賞も重要なステ […]
2012/07/03 / 競馬予想コラム
ナムラマースが札幌2歳Sの走りを再現できるか?
ナムラマースが札幌2歳Sの走りを再現できるか?
今週のメインレースのきさらぎ賞は、数多くの活躍馬が勝ち名乗りを上げた出世レースである。去年のきさらぎ賞は、ドリームパスポート及びメイショウサムソンの2頭で結果が出た。 更に、歴代のきさらぎ賞の勝ち馬には、ネオユニヴァース […]
2012/07/03 / 競馬予想コラム
ダービーに直結するレースを制するのはどの馬か?
ダービーに直結するレースを制するのはどの馬か?
今週のメインレースは、第51回きさらぎ賞である。 きさらぎ賞は、京都1800mが舞台ということもあり、クラシックに直結しないレースにも思えるが、過去10年の連対馬だけを見ても、ダンツフレーム、ネオユニヴァース、メイショウ […]
2012/07/02 / 競馬予想コラム
1 2