14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > きさらぎ賞 > きさらぎ賞2019の競馬予想|ヴァンドギャルドの巻き返しなるか?

2019年きさらぎ賞「きさらぎ賞2019の競馬予想|ヴァンドギャルドの巻き返しなるか?」

2019/01/31 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年02月03日(日)
きさらぎ賞 -G3- 京都競馬場/芝外1800m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万

今週は、フルゲート18頭に対して11頭の出走登録にとどまった

きさらぎ賞(2019年)の予想について解説する。

きさらぎ賞はサトノダイヤモンドなど数多くの名馬を排出しており、2019年のクラシック戦線を占う意味でも注目を集める。

ホープフルステークスで不利を受けたヴァンドギャルドが1番人気となりそうだが、初対戦となる馬も多く混戦も予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、きさらぎ賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

ホープフルステークス組

 

6着のヴァンドギャルド(ミルコ・デムーロ)が出走登録している。

 

ヴァンドギャルド

ホープフルステークスの6着という結果は、直線で行き場を失いバランスを崩す不利を受けながらも、ゴール前でいい脚を使っている。
つまり、不利さえなければ、際どかったと見ることもできる。
また、ヴァンドギャルドは、東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったものの、最も強い内容であった。
よって、きさらぎ賞の予想では、ヴァンドギャルドに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

こうやまき賞組

 

1着のダノンチェイサー(川田将雅)が出走を予定している。

 

ダノンチェイサー

こうやまき賞の勝利という結果は、着差こそ僅かだが、終始外を回って差し切る強い内容であった。
ただし、こうやまき賞は一線級不在の弱いメンバー構成であったことも確かである。
よって、きさらぎ賞の予想では、ダノンチェイサーにもそれなりの高い評価を与えるべきだが、絶対視までは禁物である。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス組

 

2着のアガラス(戸崎圭太)が出走を予定している。

 

アガラス

東京スポーツ杯2歳ステークスの2着という結果は、コーナーワークで距離ロスを防いでいたことは確かだが、ヴァンドギャルドを差したことは立派である。
よって、きさらぎ賞の予想では、展開次第でアガラスがヴァンドギャルドに再度先着可能と判断すべきである。

 

中山の500万下組

 

1着のエングレーバー(藤岡佑介)が出走登録している。

 

エングレーバー

中山の500万下の勝利という結果は、スローのインの3番手という絶好位を追走してのものである。
ただし、エングレーバーは、2戦2勝と能力的に底を見せておらず、まだまだ伸び代もありそうである。
よって、きさらぎ賞の予想では、未知の魅力があるエングレーバーにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

福寿草特別組

 

2着のハギノアップロード(福永祐一)が出走を予定している。

 

ハギノアップロード

福寿草特別の2着という結果は、イン有利の馬場で外を回ってのものであり、勝ち馬と着差ほどの能力差があったわけではないが、少頭数に恵まれたことも確かである。
よって、きさらぎ賞の予想では、ハギノアップロードに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

阪神の未勝利戦組

 

1着のメイショウテンゲン(松山弘平)が出走登録している。

 

メイショウテンゲン

未勝利戦の勝利という結果は、直線で外に逃げる若さを見せながら2馬身もの差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、きさらぎ賞の予想では、1勝に4戦を要したものの、メイショウテンゲンにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

以上、きさらぎ賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

きさらぎ賞(2019年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください