14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > きさらぎ賞 > アルジャンナが前走の雪辱を果たせるか?

2020年きさらぎ賞「アルジャンナが前走の雪辱を果たせるか?」

2020/02/06 UP
by 予想屋マスター

出走日:2020年02月09日(日)
きさらぎ賞 -G3- 京都競馬場/芝外1800m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3700万

今週は、フルゲート18頭に対して10頭の出走登録にとどまった

 

きさらぎ賞(2020年)の予想について解説する。

 

きさらぎ賞は、サトノダイヤモンドなど数多くの名馬の登竜門となっており、2020年のクラシック戦線を目指す馬が出走を予定している。

 

東京スポーツ杯2歳ステークスでコントレイルの2着に好走したアルジャンナが1番人気となりそうだが、初対戦となる馬も多く混戦も予想される。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、きさらぎ賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは東京スポーツ杯2歳ステークス組

2着のアルジャンナ(川田将雅)が出走登録している。

 

アルジャンナ

東京スポーツ杯2歳ステークスの2着という結果は、コントレイルにこそ突き放されてしまい力負けであったが、3着以下を4馬身も離している。

なお、コントレイルは、このあとホープフルステークスを制してG1馬となっていることから、相手が悪すぎたと見ることができる。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、アルジャンナに高い評価を与えて当然である。

 

朝日杯フューチュリティステークス組

3着のグランレイ(池添謙一)が出走を予定している。

 

グランレイ

朝日杯フューチュリティステークスの3着という結果は、前崩れの流れの中で後方のラチ沿いで脚をためる展開に恵まれたものだが、G1での3着は立派である。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、メンバー弱化を考慮すると、グランレイに高い評価を与えるべきだが、朝日杯フューチュリティステークスの3着だけで過大評価は禁物である。

 

中山の新馬組

1着のギベルティ(武豊)が出走登録している。

 

ギベルティ

中山の新馬戦の勝利という結果は、2馬身差の楽勝だったが、内枠から先手を取ってスローペースで逃げる展開に恵まれたものでもある。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、ギベルティにとって試金石の一戦になると判断すべきである。

 

シンザン記念組

3着のコルテジア(松山弘平)が出走を予定している。

 

コルテジア

シンザン記念の3着という結果は、上位2頭に離されてしまった上に、イン有利の馬場でロスのない競馬に恵まれたものでもある。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、コルテジアに高い評価は不要である。

 

札幌2歳ステークス組

2着のサトノゴールド(幸英明)が出走登録している。

 

サトノゴールド

札幌2歳ステークスの2着という結果は、ブラックホールにこそ力負けであったが、最後方からよく追い込んだ。

なお、そのブラックホールが後のホープフルステークスで9着に敗れてしまっていることから、札幌2歳ステークスのレースのレベルに若干疑問は残る。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、休み明けをも考慮すると、サトノゴールドに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

阪神の新馬組

1着のストーンリッジ(シュタルケ)が出走を予定している。

 

ストーンリッジ

阪神の新馬戦の勝利という結果は、超スローペースの行ったきりの競馬で2番手から抜け出しただけで評価は微妙である。

 

よって、きさらぎ賞の予想では、未知の魅力を考慮しても、ストーンリッジにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

以上、きさらぎ賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

 

きさらぎ賞(2020年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください