TOP > レース予想 > 菊花賞 > エピファネイアが悲願のG1制覇
2013/10/24 2016/08/18

【 菊花賞2013予想】 エピファネイアが悲願のG1制覇

出走日:2013年10月27日(日)
菊花賞(GⅠ)/東京/馬齢/3000m(右・芝)

第74回菊花賞は、皐月賞及びダービーの春の2冠でいずれも2着と涙をのんだエピファネイア(福永祐一)の圧勝劇で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、春の2冠が負けて強しのレース内容であったこととキズナなどのライバルが不在であったことから、人気でもエピファネイアに逆らえないと判断し、エピファネイアを本命に予想した。

レースでは、エピファネイアは、好スタートを切ると逃げ争いをした2頭を見る形の3番手をキープした。その後、エピファネイアは、道中で行きたがってはいたものの、向こう正面に入ると折り合うことができた。

そして、エピファネイアは、直線の入口で楽な手応えで先頭に立つと、後続を突き放し、第74回菊花賞を制覇した。

エピファネイアの第74回菊花賞の勝利という結果は、直線で抑える余裕がありながらも5馬身もの差をつけており、力の違いを見せ
つけた。

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、エピファネイアが第74回菊花賞組に負けることはないと判断すべきである。そこで問題となるのは、古馬との力比較だが、今年の3歳世代はレベルが高くないので、エピファネイアであっても過信は禁物と競馬理論では判断している。

一方、第74回菊花賞の2着には、5番人気のサトノノブレス(岩田康誠)が入った。
サトノノブレスは、7枠14番からの発走ながらも岩田騎手がうまくラチ沿いに潜り込ませた。

そして、サトノノブレスは、2週目の3~4コーナーでも内を回ってポジションアップし、逃げ粘るバンデをゴール前で交わして、2着を確保した。

サトノノブレスの第74回菊花賞の2着という結果は、インが極端に有利な馬場において終始ロスのない競馬をさせた岩田騎手の好騎乗によるものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、サトノノブレスに第74回菊花賞2着馬ほどの高い評価は不要である。

一方、第74回菊花賞では、バンデ(松田大作)が3着に逃げ粘った。バンデは、内枠のネコタイショウとの逃げ争いを松田大作騎手に気合いをつけられて制し、先手を取った。

そして、バンデは、直線の入口でエピファネイアに交わされてしまったものの、その後もしぶとく粘り込み、ゴール寸前でサトノノブレスに差されはしたものの、3着に粘り込んだ。

バンデの第74回菊花賞の3着という結果は、道悪適性の高さと大雨の影響で前が止まらなくなった馬場を最大限に生かしたものである。

よって、今後の重賞戦線においては、バンデにも第74回菊花賞3着馬ほどの高い評価は不要である。

以上のように、第74回菊花賞は、エピファネイアの強さだけが目立つ一戦であった。また、第74回菊花賞は、インが極端に有利な馬場状態が2着以降の着順に大きな影響を与えた。

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、第74回菊花賞組の次走以降の重賞戦線での評価を決めて頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ソールオリエンスがダービーの雪辱を果たせるか? 今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった牡馬クラシック最終関門菊花賞(2023年)の予想について解説する。   菊花賞は、抜けて強い 続きはこちら
アスクビクターモアが悲願のG1制覇なるか?
アスクビクターモアが悲願のG1制覇なるか? 目次 有力馬の能力分析セントライト記念組神戸新聞杯組新潟記念組藻岩山特別組阿賀野川特別組札幌日刊スポーツ杯組マスターと椎名友希が『毎日王冠』の質問に答えます 有 続きはこちら
予想オッズ更新!ステラヴェローチェが悲願のG1制覇なるか?
予想オッズ更新!ステラヴェローチェが悲願のG1制覇なるか? ※ログインをされている状態ですと、無料会員版の解説動画に切り替わります。 ※有料会員向けの『買い目について』『馬場について』の解説動画につきましては、その週の有 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.