天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 菊花賞

今週の重賞レース
■ 富士ステークスページ https://www.keibariron.com/database/fujistakes

主なローテーション
■ 皐月賞ページ https://www.keibariron.com/database/satukisho
■ NHKマイルカップページ https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ 東京優駿ページ https://www.keibariron.com/database/fujistakes
■ セントライト記念ページ https://www.keibariron.com/database/stlitememorial
■ 神戸新聞杯記念ページ https://www.keibariron.com/database/koubeshinbunhai


2017年 菊花賞の最新予想情報

予想屋マスターの菊花賞(2017年)予想分析記事

キセキが1番人気に応える

菊花賞(2017年)は、台風の影響で人気が割れる混戦模様であったが、1番人気のキセキ(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、切れ味抜群の脚質から極悪馬場を考慮して、キセキを押さえ評価にとどめてしまった。
レースでは、キセキは、後方の外目を追走し、2周目の3コーナー過ぎから大外を回って徐々に上位に進出した。
そして、キセキは、直線でも大外に持ち出されると、一頭だけ違う勢いで差し切り、菊花賞(2017年)を制覇した。
キセキの菊花賞(2017年)の勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたことも確かだが、2着に2馬身もの差をつけたことは立派である。
よって、古馬相手のG1戦線の競馬予想においても、差しが届く馬場や展開になるようであれば、菊花賞馬(2017年)としてキセキに高い評価を与えて当然である。

一方、菊花賞(2017年)では、10番人気のクリンチャー(藤岡佑介)が2着に入り、波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、イン有利な馬場且つハイペースで早め先頭ながらも4着に粘った皐月賞の内容と、キセキに大きく先着したすみれステークスの内容から、スタミナ勝負になればナンバーワンと判断したクリンチャーを本命に予想した。
レースでは、クリンチャーは、いつもよりスタートが遅めだったこともあり、後方からの競馬となった。
その後、クリンチャーは、1周目の直線で外に持ち出され、2周目の3コーナー過ぎから上位に進出すると、4コーナーでは早くも先頭に並びかけた。
そして、クリンチャーは、直線で一旦は抜け出しそのまま押し切るかにも見えたが、外からキセキに差されてしまい2着止まりであった。
クリンチャーの菊花賞(2017年)の2着という結果は、長距離のスタミナ比べの適性の高さを示したものではあるが、自ら早めに勝ちに行っての2着は立派である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、長距離のスタミナ比べになるようであれば、クリンチャーに再度注意が必要である。

一方、菊花賞(2017年)では、13番人気のポポカテペトル(和田竜二)が3着に入った。
ポポカテペトルは、中団よりやや後方を追走し、馬群を縫うように徐々に上位に進出した。
そして、ポポカテペトルは、馬場の真ん中からジリジリと脚を使って、クリンチャーとの叩き合いに持ち込んだが、3着までが精一杯であった。
ポポカテペトルの菊花賞(2017年)の3着という結果は、道悪と距離適性の高さを示したものである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、条件次第でポポカテペトルにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、菊花賞(2017年)は、キセキの強さだけが目立つ一線となった。
ただし、菊花賞(2017年)は、キセキ以外のすべての出走馬が上がり3ハロン40秒を超える極悪馬場と前潰れの展開が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、条件が変れば着順も大きく入れ替わる可能性が高い菊花賞(2017年)組に評価を下して頂きたい。

皐月賞馬アルアインが2冠目を獲得できるか?

今週のメインレースは、菊花書(2017年)である。
菊花書(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロがジャパンカップに直行するということで日本ダービー上位3頭が不在となり、人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、菊花書(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。
神戸新聞杯組からは、2着のキセキ(デムーロ)、3着のサトノアーサー(川田将雅)、4着のダンビュライト(武豊)、5着のアドマイヤウィナー(秋山真一郎)、6着のベストアプローチ(岩田康誠)、7着のマイスタイル(横山典弘)、8着のメイショウテンシャ(藤岡佑介)及び10着のアダムバローズ(池添謙一)が菊花書(2017年)に出走登録している。
キセキの神戸新聞杯の2着という結果は、レイデオロにこそ力負けであったが、夏場の成長で堅実に脚を使うようになったことを改めて示した。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、レイデオロ不在を考慮すると、キセキにかなり高い評価を与えて当然である。
なお、キセキは追い込み脚質なので、京都の芝コースが差しも届く馬場状態になるようであれば、キセキの好走の可能性が高まると判断すべきである。

サトノアーサーの神戸新聞杯の3着という結果は、折り合いを欠いてしまった分だけ伸びを欠いてしまったが、脚質に幅がでたことは評価に値する。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、距離延長でも折り合いと展開次第でサトノアーサーがキセキを逆転可能と判断すべきである。

ダンビュライトの神戸新聞杯の4着という結果は、上位3頭にこそ力負けであったが、先行力を示すことは出来た。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、京都の芝コースがイン有利の馬場で先行力を生かせる展開になるようであれば、ダンビュライトが好走してもおかしくないと判断すべきである。

アドマイヤウィナーの神戸新聞杯の5着という結果は、外枠からの発走の分だけ少し外を回らされており、着差ほどの能力差はない。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、アドマイヤウィナーに押さえ程度の評価は与えるべきである。

ベストアプローチ、マイスタイル、メイショウテンシャ及びアダムバローズは、神戸新聞杯の見所のないレース内容を見る限り、菊花書(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

セントライト記念組からは、1着のミッキースワロー(横山典弘)、2着のアルアイン(ルメール)、3着のサトノクロニクル、4着のスティッフェリオ(北村友一)、5着のプラチナヴォイス(内田博幸)及び9着のクリンチャー(藤岡佑介)が菊花書(2017年)に出走登録している。
ミッキースワローのセントライト記念の勝利という結果は、皐月賞馬アルアインを突き放す強い内容であった。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、更なるメンバー強化を考慮しても、ミッキースワローにもかなり高い評価を与えるべきである。

アルアインのセントライト記念の2着という結果は、休み明けで仕上がり途上であった上に自ら勝ちに行く競馬によるものであり、ミッキースワローと着差ほど能力差があったわけではない。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、競馬が上手な器用な脚質を考慮すると、アルアインがミッキースワローを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

サトノクロニクル、スティッフェリオ、プラチナヴォイス及びクリンチャーは、セントライト記念の見所のない内容を見る限り、菊花書(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

長期休養明け組では、ブレスジャーニー(柴田善臣)が菊花書(2017年)に出走登録している。
ブレスジャーニーは、東京スポーツ杯において、後のダービー2着馬スワーヴリチャードを差し切っており、能力的には互角以上である。
ただし、ほぼ一年ぶりの競馬が京都の3000mというのはかなりハンデがあることも間違いはない。
よって、菊花書(2017年)の競馬予想においては、3連勝中の能力に敬意を表しつつも、ブレスジャーニーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、競馬理論のファンの方は、菊花書(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、菊花書(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、菊花書(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

サトノダイヤモンドが春の雪辱を果たす

菊花賞(2016年)は、1番人気に推されたサトノダイヤモンド(ルメール)の勝利で幕を閉じ、里見治オーナーに悲願のG1制覇をもたらした。
競馬理論の競馬予想では、日本ダービーの負けて強しの内容から3歳世代では最強という評価を与えていたサトノダイヤモンドに人気であっても逆らうべきでないと判断し、本命に予想した。
レースでは、サトノダイヤモンドは、中団のインで折り合いをつけた。
そして、サトノダイヤモンドは2周目の向こう正面あたりから徐々に外に持ち出されると、3コーナー過ぎからは馬なりで前との差を詰めた。
その後、サトノダイヤモンドは、直線に向いてルメール騎手に追い出されるとあっという間に先頭に立って後続を突き放し、菊花賞(2016年)を制覇した。
サトノダイヤモンドの菊花賞(2016年)の勝利という結果は、ルメール騎手の完璧な騎乗に恵まれたこともあるが、2着に2馬身半もの差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、今後の古馬とのG1戦線の競馬予想においては、サトノダイヤモンドに3歳世代ではトップの評価を与えて当然である。

一方、菊花賞(2016年)では、9番人気のレインボーライン(福永祐一)が2着に追い込んだ。
レインボーラインは、後方で待機し、直線で大外に持ち出されると、鋭い脚を披露し、混戦の2着争いを制した。
レインボーラインの菊花賞(2016年)2着という結果は、札幌記念で年度代表馬モーリスに迫った脚がフロックでないことを示した。
よって、今後の古馬とのG1戦線の競馬予想においては、夏場で力をつけたレインボーラインにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、菊花賞(2016年)では6番人気のエアスピネル(武豊)が3着に入った。
エアスピネルは、好スタートを切ると好位のインに潜り込んだ。
そして、エアスピネルは、直線でも内を突いて一旦は2番手に上がったが、ゴール寸前でレインボーラインに差されてしまい、3着止まりであった。
エアスピネルの菊花賞(2016年)の3着という結果は、終始ロスのない競馬をさせた武豊騎手の好騎乗に恵まれたものではあるが、1周目で少し行きたがっていたので、折り合いさえつけばもう少し際どかったハズである。
よって、今後の古馬とのG1戦線の競馬予想においては、エアスピネルが好走できるかどうかは折り合えるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、菊花賞(2016年)で2番人気に推されたディーマジェスティは4着に敗れてしまった。
ディーマジェスティは、後方の外目を追走し、2周目の3コーナー過ぎから外を捲って上位に押し上げたが、ゴール寸前で脚があがってしまい、4着に敗れてしまった。
ディーマジェスティの菊花賞(2016年)の4着という結果は、終始外を回らされてしまってのものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、今後の古馬とのG1戦線の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、ディーマジェスティの巻き返しの可能性が高いと判断すべきである。

以上のように菊花賞(2016年)は、サトノダイヤモンドの圧勝で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、3歳世代トップクラスのサトノダイヤモンドの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるの菊花賞最新記事

菊花賞のレース結果

芝3000m / 天気:雨 / 馬場:不良 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
ブレスジャーニー ウインガナドル スティッフェリオ クリンチャー トリコロールブルー マイネルヴンシュ アダムバローズ サトノアーサー クリノヤマトノオー○外ベストアプローチ サトノクロニクル ミッキースワロー キセキ ポポカテペトル ダンビュライト アルアイン プラチナヴォイス マイスタイル 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
575757575757575757575757575757575757 斤量
柴田善 津村 松若 藤岡佑 戸崎圭 柴田大 池添 川田 岩田 福永 横山典 Mデムーロ 和田 武豊 ルメール 田辺 四位 騎手
121614215417118131061357918 着順

菊花賞の最新情報

菊花賞とは

菊花賞(きっかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の『菊花』は菊の花の意味。菊はキク科キク属の多年草で、世界中に1万種以上あるといわれている。色や形は種類によって多岐に渡り、観賞用だけでなく食用としても用いられる。花言葉は「高貴」「高尚」。 正賞は内閣総理大臣賞、朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。 イギリスの「セントレジャー」を範にとり、1938年に「京都農林省賞典四歳呼馬」の名称で創設された4歳(現3歳)馬による重賞競走で、1948年より現名称となった。前後して創設された横濱農林省賞典四歳呼馬(現:皐月賞)や東京優駿(日本ダービー)とともに、日本のクラシック三冠競走を確立した。旧八大競走にも含まれている。 クラシック三冠競走の最終戦として行われ、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、東京優駿(日本ダービー)は「最も運のある馬が勝つ」と呼ばれるのに対し、本競走はスピードとスタミナを兼ね備え、2度の坂越えと3000mの長丁場を克服することが求められることから「最も強い馬が勝つ」と称されている。引用元:Wikipedia 菊花賞

菊花賞の最終オッズ

馬名 単勝
キセキ4.5
アルアイン4.9
ミッキースワロー5.2
ダンビュライト8.3
サトノアーサー14
サトノクロニクル14.7
ウインガナドル14.7
トリコロールブルー15.7
○外ベストアプローチ17.6
クリンチャー30.9
マイネルヴンシュ31.5
ブレスジャーニー33.3
ポポカテペトル44.2
スティッフェリオ51.1
マイスタイル68.3
クリノヤマトノオー69.6
アダムバローズ95.4
プラチナヴォイス96.7
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

菊花賞記事一覧

菊花賞 (2017年) 『キセキが1番人気に応える』

菊花賞(2017年)は、台風の影響で人気が割れる混戦模様であったが、1番人気のキセキ(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、切れ味抜群の脚質から極悪馬場を考慮して、キセキを押さえ評価にとどめてしまった。 […]

2017/10/26 (木)

菊花賞 (2017年) 『皐月賞馬アルアインが2冠目を獲得できるか?』

今週のメインレースは、菊花書(2017年)である。 菊花書(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロがジャパンカップに直行するということで日本ダービー上位3頭が不在となり、人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理 […]

2017/10/16 (月)

菊花賞 (2016年) 『サトノダイヤモンドが春の雪辱を果たす』

菊花賞(2016年)は、1番人気に推されたサトノダイヤモンド(ルメール)の勝利で幕を閉じ、里見治オーナーに悲願のG1制覇をもたらした。 競馬理論の競馬予想では、日本ダービーの負けて強しの内容から3歳世代では最強という評価 […]

2016/10/27 (木)

菊花賞 (2016年) 『サトノダイヤモンドが悲願のG1制覇を果たせるか?』

今週のメインレースは、3冠の最終関門の菊花賞(2016年)である。 菊花賞(2016年)は、凱旋門賞に出走したマカヒキが不在ということで、ディーマジェスティ及びサトノダイヤモンドの2強模様である。 そこで、競馬理論の競馬 […]

2016/10/18 (火)

菊花賞 (2015年) 『キタサンブラックが悲願のG1制覇』

  第76回菊花賞は、北島三郎オーナーのキタサンブラック(北村宏)が勝利を収め、北島三郎オーナーに初のG1制覇をもたらした。 競馬理論の競馬予想では、行ったきりの展開に恵まれたセントライト記念を過大評価すべきで […]

2015/10/29 (木)

菊花賞 (2015年) 『リアファルが3連勝でG1制覇なるか?』

  今週のメインレースは、3冠最終関門の第76回菊花賞である。第76回菊花賞は、2冠馬ドゥラメンテが不在ということもあり混戦模様である。 そこで競馬理論の競馬予想では、第76回菊花賞に出走する有力各馬の能力をス […]

2015/10/20 (火)
トーホウジャッカルが日本レコードで快勝

菊花賞 (2014年) 『トーホウジャッカルが日本レコードで快勝』

第75回菊花賞は、1番人気に推されていた日本ダービー馬ワンアンドオンリー(横山典弘)が9着に敗れる、中波乱の決着となったレースだった。 その波乱の第75回菊花賞を制したのは、3番人気のトーホウジャッカル(酒井学)であった […]

2014/10/30 (木)
ワンアンドオンリーの2冠制覇なるか?

菊花賞 (2014年) 『ワンアンドオンリーの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、クラシック最終関門の第75回菊花賞となっている。 第75回菊花賞は、イスラボニータが天皇賞へ目標を変えたことによって、ワンアンドオンリーが断然人気になりそうなレースである。 そこで、競馬理論の競馬予 […]

2014/10/26 (日)
エピファネイアが悲願のG1制覇

菊花賞 (2013年) 『エピファネイアが悲願のG1制覇』

第74回菊花賞は、皐月賞及びダービーの春の2冠でいずれも2着と涙をのんだエピファネイア(福永祐一)の圧勝劇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、春の2冠が負けて強しのレース内容であったこととキズナなどのライバルが不在で […]

2013/10/24 (木)
エピファネイアが悲願のG1制覇を果たせるか?

菊花賞 (2013年) 『エピファネイアが悲願のG1制覇を果たせるか?』

今週のメインレースは、3冠の最終関門の第74回菊花賞である。 第74回菊花賞は、ほとんどの出走馬が初めての経験となる3000mの長距離戦ということもあり、混戦が予想される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第74回菊花賞 […]

2013/10/17 (木)
ゴールドシップが格の違いを見せつける

菊花賞 (2012年) 『ゴールドシップが格の違いを見せつける』

第73回菊花賞の結果では、断然人気のゴールドシップ(内田博幸)が人気に応えて勝利し、皐月賞に続く2冠目を獲得した。 競馬理論は、日本ダービーで掲示板を確保した中で唯一の出走馬となったゴールドシップを、これまでの対戦メンバ […]

2012/10/25 (木)
ゴールドシップが2冠制覇なるか?

菊花賞 (2012年) 『ゴールドシップが2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、3冠の最終関門の第73回菊花賞である。 第73回菊花賞では、セントライト記念を制したフェノーメノが天皇賞・秋へ向かうことになったものの、日本ダービー馬ディープブリランテや皐月賞馬ゴールドシップなどの […]

2012/10/19 (金)
オルフェーヴルが史上7頭目の3冠馬となるか?

菊花賞 (2012年) 『オルフェーヴルが史上7頭目の3冠馬となるか?』

今週のメインレースは、クラシック最終関門の第72回菊花賞(2011年)である。第72回菊花賞(2011年)ではオルフェーヴルがディープインパクト以来となる史上7頭目の3冠を達成できるかが注目される。 そこで、競馬理論の競 […]

2012/07/2 (月)
リーチザクラウンが悲願のG1タイトルを奪取できるか?

菊花賞 (2012年) 『リーチザクラウンが悲願のG1タイトルを奪取できるか?』

今週のメインレースは、牡馬クラシックの最終関門の第70回菊花賞である。第70回菊花賞は、日本ダービー馬ロジユニヴァースが不在ということもあって混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想は、第70回菊花賞に出走する有力各馬 […]

2012/06/29 (金)
ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?

菊花賞 (2012年) 『ディープスカイ不在の大混戦を制するのはどの馬か?』

今週のメインレースは、牡馬クラシック最終戦の第69回菊花賞である。第69回菊花賞は、前哨戦の神戸新聞杯を制したダービー馬ディープスカイや神戸新聞杯2着でダービー3着のブラックシェルが不在ということもあって、寂しいメンバー […]

2012/06/29 (金)
ロックドゥカンブが無傷の5連勝で菊花賞を制覇?

菊花賞 (2012年) 『ロックドゥカンブが無傷の5連勝で菊花賞を制覇?』

今週のメインレースは、牡馬3冠レースの最終戦となる第68回菊花賞である。第68回菊花賞は、ダービー馬ウォッカ(四位)が不在ということもあり、混戦が予想される。 その混戦模様の第68回菊花賞では、無傷の4連勝で駒を進めてき […]

2012/06/29 (金)
第67回菊花賞

菊花賞 (2012年) 『第67回菊花賞』

第67回菊花賞では、2冠馬メイショウサムソン(石橋)が2年連続の3冠馬を目指す。第67回菊花賞は、果たして、メイショウサムソンは、3冠馬となれるのであろうか?メイショウサムソンは、非常に競馬が上手な馬であり、皐月賞及びダ […]

2012/06/29 (金)
オルフェーヴルが3冠を達成

菊花賞 (2011年) 『オルフェーヴルが3冠を達成』

第72回菊花賞の結果(2011年)は、単勝1.4倍と断然人気のオルフェーヴル(池添)が人気に応えて、3冠馬となった。 競馬理論は、春の2冠(皐月賞及び日本ダービー)でも着差以上の強さを見せつけ3歳世代では敵なしのオルフェ […]

2011/10/23 (日)
ビッグウィークがローズキングダムを破る

菊花賞 (2010年) 『ビッグウィークがローズキングダムを破る』

第71回菊花賞の結果は、ダービー馬エイシンフラッシュの回避により断然人気で臨んだローズキングダム(武豊)が2着に敗れ、7番人気のビッグウィーク(川田)が勝利を収める波乱の結果となった。 競馬理論は、スローペースで逃げを打 […]

2010/10/24 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪