14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ホープフルステークス > 2019年ホープフルステークスの予想解説動画を公開しました。

2019年ホープフルステークス「2019年ホープフルステークスの予想解説動画を公開しました。」

2019/12/27 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年12月29日(日)
ホープフルステークス -G1- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系2歳 賞金:7000万

無料会員様向けに動画とテキスト版を公開しております。

 

<動画テキスト版>

こんにちは、予想屋マスターです。 今週は、ホープフルステークスについてお話をしたいと思います。

 

ホープフルステークスですが、クラシックをうらなう意味では注目の一戦なんですが、13頭と頭数が揃わなかったことと、やはりコントレイルが断然人気になるということで、コントレイルで馬券を買うと、つかないのかなと思います。

 

(以下テキスト版の続きです。動画と合わせてご覧ください)

 

【2019ホープフルステークス】各ステップレースの分析

札幌2歳ステークス

それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、一つ目は札幌2歳ステークスですね。

 

このメンバーからは、勝ったブラックホールが出走してきます。

 

ブラックホールなんですが、基本的には、ちょっとペースが速かったこともあって差し競馬になりました。 外の差しが届く展開で、後方の外目を追走して差し切る、といった内容でした。

 

この内容を見ると、2着に1馬身以上の差をつけているので快勝なんですが、ペースの速い展開に恵まれた感も若干あるので、今回のホープフルステークス、先行馬が少ないので、位置取りを下げすぎると、ちょっと失敗しちゃうのかな、という感じがしています。

 

ただですね、デビュー戦でオーソリティに負けてはいるものの、これはもう位置取りの差なので、オーソリティであればですね、逆転があってもおかしくないと思っています。

 

芙蓉ステークス

次は芙蓉ステークスですね。 先程の、デビュー戦でブラックホールに勝ったオーソリティが出走してきます。

 

このレースはメンバーが6頭立てでかなり弱かったこともあって楽勝だったんですが、逃げたウインカーネリアンを楽にかわす展開での勝利でした。

 

力の違いを見せつけたレースであると言えますが、やはり頭数も少なく、弱いメンバーに恵まれた感もあるので、今回が試金石の一戦なのかな、という感じがします。

 

一応、デビュー戦でブラックホールに勝ってるので、メンバー比較では、やはり札幌2歳ステークス、重賞勝ちと同じぐらいの能力はあるんですが、レース内容としては若干、ブラックホールの方が良かったかなという感じもするので、互角という評価でいいのかな、という感じがします。

 

アイビーステークス

次はアイビーステークスです。 このメンバーからは、ワーケアが出走します。

 

ワーケアは、単勝1.3倍の人気に応えたんですが、2着に3馬身差という圧勝劇だったように、レース内容もですね、好位の外目を追走して楽に抜け出すといった内容でした。

 

ま、アイビーステークスのメンバーでは力の違いを見せつけたんですが、今回はメンバーが強化されるので、そこをどう見るのか、といったところだと思います。

 

ただやはり、能力的に底を見せていないのはかなり大きいので、今回もかなり高い評価を与えるべきかな、と思います。

 

萩ステークス

次は萩ステークスですね。 このメンバーからは、ヴェルトライゼンデが出走してきます。

 

これもですね、着差こそわずかだったんですけど、好位から抜け出して、力の違いを見せつけました。

 

まあ、他の有力馬がですね、かなり強い内容で勝っていますから、この勝ちっぷりでは、今回のメンバーに入ってはどうかな、という感じもするんですが、まだ2戦2勝で能力的に底を見せていないので、やはりこれも注意が必要な一頭だと思います。

 

東スポ杯

最後は東スポ杯ですね。このメンバーからは、勝ったコントレイルと、3着のラインベックが出走します。

 

ラインベックは、インの3番手の絶好位につけて3着だったんですが、勝ったコントレイルは中団の外目を追走して、ちょっと次元の違う脚で楽勝でした。

 

時計も1分44秒5、2着に5馬身差と衝撃的な強さだったので、やはり普通に乗れば、この馬が凡走する可能性はかなり低いのかな、と思います。

 

有力馬の分析

 展開をお見せしながら解説を致しますと、今回は逃げ馬がいないというか、どれが逃げてもおかしくありません。

 

一応、今までの競馬とラップを見るとですね、9番のパンサラッサが逃げを打つのかな、と思います。

 

それで2番手にラインベックがいて、かなりスローで流れて瞬発力勝負になるのかな、と思っています。

 

1番:ブラックホール

デビュー戦でオーソリティに敗れて2着に留まりましたが、内容としては互角以上です。

 

前回の札幌2歳ステークスもかなり強い内容だったので、まあ、ちょっとスローになりそうなので、位置を下げ過ぎると心配ですが、好走してもおかしくないのかな、と思っております。

 

2番:コントレイル

2戦2勝。前回以上に強かったので、今回もかなり有力なのかな、と思っております。

 

3番:ブルーミングスカイ

前回4着に敗れはしたものの、実は前の馬が下がってきて仕掛けが遅れてしまっての4着なので、内容的にはそんなに悪くないのかな、という気がします。

 

ただ2走前が、インの3番手の絶好位を追走して前を捉えきれなかったので、やはりちょっとメンバーが強くなっていることを考えると、このインの3番手の絶好位につけるなど、展開の助けがあった時にどこまで通用するのか、というところだと思います。

 

4番:ガロアクリーク

4番はちょっと厳しいですね。

 

5番:ヴェルトライゼンデ

ここ2回の勝ちっぷり、更に今までのメンバーを考えると厳しいんですが、マーフィー騎手が上手く乗ってどこまで通用するのか、というところだと思います。

 

6番:ナリノモンターニュ

6番は厳しいですね。

 

7番:ワーケア

2戦ともかなり強い内容だったので、打倒コントレイルの1番手なんですが、まあ時計とか内容を見ると、コントレイルの方が若干、上かなという感じがしています、

 

8番:クリノブレーヴ

8番は厳しいですね。

 

9番:パンサラッサ

9番は、逃げてもちょっと止まるかな、という感じがしています。

 

ま、展開的には、この馬が一番有利なんですけどね。

 

10番:ディアセオリー

10番は厳しい。

 

11番:オーソリティ

オーソリティもですね、ここ2回を見ても能力的に底を見せていないので、この馬も悪くないんですが、やはりコントレイルを破るためには、展開の助けが若干必要かな、と思います。

 

先程からお話をしているように、デビュー戦の内容を見ると、ブラックホールとは互角、もしくは、ブラックホールより若干上かな、という感じでいいかな、と思います。

 

12番:ラグビーボーイ

12番は厳しい。

 

13番:ラインベック

これも前回、インの3番手の絶好位でこれだけ離されてますから、基本的には通用しないんですけど、ただ先行馬が非常に少ないので、スローの2番手で流れ込み、という意味では、若干注意が必要かなと思います。

 

13頭、このように分析しております。

ちょっとコントレイルが強すぎるので、有力どころが回避してしまったというところもあるので、やはり基本的にはコントレイルを中心に競馬は流れていくのかな、と思います。

 

なので馬券的にはあまり魅力がありませんので、まあ、最終日ですから、他に面白い馬券があると思うので、そんなに無理することはないのかな、と思っております。

 

ホープフルステークスの無料会員の解説は以上です。

 

また来週、楽しみにしていて下さい。

___

以上、無料会員向けの解説動画でした。

 

※この先、有料会員特別動画「オークスの買い目」「馬場について」がございますが、ご視聴されるためには 有料会員登録が必要となります。

有料会員の方は マイページ よりご視聴ください。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください