13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 函館SS > 函館開幕!ダノンスマッシュのリベンジ、タワーオブロンドンの初スプリント戦に注目

函館開幕!ダノンスマッシュのリベンジ、タワーオブロンドンの初スプリント戦に注目

2019/06/14 UP
by 予想屋マスター
動画&テキスト解説

出走日:2019年06月16日(日)
函館SS -G3- 函館競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万円

函館SSの解説動画とテキスト版を公開しております。

 

こんにちは予想屋マスターです。今週はですね、函館スプリントステークスについてお話をしたいと思います。函館スプリントですが、頭数がちょっと13頭と寂しいんですが、メンバー的にはですね、ダノンスマッシュがですね、断然の人気になりそう、とあとですね、初めてのスプリント戦線を使ってくるタワーオブロンドンあたりがいてですね、かなりメンバー的に面白い一戦なのかなていうふうに思っております。

 

【2019 函館SS】各出走馬のステップレース

 

高松宮記念

 

それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、1つ目がですね、ダノンスマッシュが敗れたですね、高松宮記念ですね、でこの日はですね、極端にインコースが有利で大波乱になったんですが、この内を通った2枠2頭がワンツーと、いった競馬をですね、外目ですね、外枠だったこともあって13番、ここですね、外目を回された分ですね、届かずの4着と、いった感じでした。なのでそういう意味ではですね、これは人気裏切ってしまったものの、外を回わされた分を考えると、非常に強い内容の4着かなと、と思います。あので今回もですね、メンバー的にはこれより弱くなっているプラス、そんなにこの内枠であればですね、外を回されることもなさそうなので、開幕週を考えるとですね、やはり高い評価を与えて当然かなという感じがしています。まあ下の方に負けた馬もいるんですが、この日はですね、特殊な馬場で、内目を通った馬が上位を独占した日だよ、ってことを覚えておけばいいのかなと思います。

 

京王杯スプリングカップ

 

次ですね、京王杯スプリングカップですね。このメンバーからは勝ったタワーオブロンドン、あと2着のリナーテが出走してくると。タワーオブロンドンはですね、好位の外目ですね、から押し切る非常に強い内容でした。で、リナーテはですね、逆に少し内目ですね、ここにいてですね、直線も内目をついての2着と、いうことなので、内容的にはやはりタワーオブロンドンがこの時の内容を見ると上かなという感じがするんですが、今回開幕週でタワーオブロンドン外枠引いてしまったので、展開、コース取り次第ではですね、差を詰めて、もしかしたら逆転まであってもおかしくないのかな、いう感じがしています。

 

葵S

 

最後ですね、3歳馬の重賞ですね、短距離重賞ですね、このメンバーからはアスターペガサス、が出走してくると。で、京都の芝1200M以外と、意外と前残りで内目が残るんですが、この時はですね、意外と前が競り合ったこともあって、差しが届く展開になっての2着と、いう内容です。でこの馬に関してはちょっとやってみないと分からないんですが、ただ例年の傾向として、この時期の3歳馬はですね、やはり斤量も有利なので好走する可能性が高いので、そういう意味ではですね、世代のレベルは何とも言えないんですが、これはですね当然買わなきゃいけない1頭かなと、いうふうに思っています。

 

【2019 函館SS】展開予想と有力馬の分析

 

展開をお見せしながら解説をすると、シュウジがですね、多分逃げを打って、そんなに競りかけてくる馬も、トウショウピストが競りかけてくることもなさそうなので、ゆったり流れるかなという感じがしています。なので、そういう意味ではですね、やはり前残り、かつ内枠には注意しようね、というふうに思っています。

 

サフランハート

 

ちょっと内から見ていきますが、1番のサフランハート、1枠1番の絶好枠ですね、開幕週で引いたんですが、どこまでかなと、ちょっとメンバー強すぎるかな、という感じがします。

 

ペイシャフェリシタ

 

2番のペイシャフェリシタ、この馬がですね、インの3番手の絶好位にどうも入りそうなので、内側がやはり開幕週で極端に有利な時には注意したほうがいいかなと思います。

 

シュウジ

 

でシュウジ、最近ダートを使っているんですが、このメンバーなら芝で逃げを打てはですね、開幕週なので1発あってもおかしくないかなという感じがしています。

 

イトオンキュー

 

4番ライトオンキュー、そうですね、これもですね、急にメンバーが強くなった感じもするんですが、ただですね、うまく好位のインに潜りこめればチャンスはあるかなと思います。

 

リナーテ

 

リナーテ、先ほどお話したように内枠を生かしてですね、直線までじーっとうちで脚を溜めてどこまで追い込めるか、といった内容だと思います。

 

ダノンスマッシュ

 

ダノンスマッシュ、先ほどお話したように、高松宮記念はかなり外回りされた分の敗戦なので、今回人気ですが当然高い評価を与えて当然かなと思います。

 

7番8番9番10番あたり、ちょっと外枠で外を回されそうなので厳しいかなという感じがします。

 

アスターペガサス

 

アスターペガサス、ちょっと枠順は厳しいので、開幕週でこの脚質でこの枠順だとどうかな、という感じもするんですが、やはり今の時期3歳馬有利なので、斤量的に、そういう意味ではちょっと抑えた方がいいかなと思います。

で12番は厳しいと。

 

タワーオブロンドン

 

タワーオブロンドン、基本的にはマイルとか1400M、1600Mののクラスの方がレベルが高いので、能力的にはですね、ダノンスマッシュ以上だと思うんですが、ただこの枠順、この大外枠の開幕週はどうかなという感じがするので、そこをですね、どう評価するか。開幕週だけど、差しが届く展開、馬場であればですね、当然チャンスは大きんですが、やはり例年通りのインコース有利の馬場だと、人気だとどうかな、という感じがしています。

 

一応ですね、13頭このように分析しています。あとはですね、函館の馬場を見て、最終的な決断をしたいなと、いうふうに思っております。

 

※この先、有料会員特別動画「オークスの買い目」「馬場について」がございますが、ご視聴されるためには 有料会員登録が必要となります。

 

有料会員の方は マイページ よりご視聴ください。

朝日杯FS朝日杯FS
展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください