長年の研究と独自の競馬理論に基づいた有料コンテンツサービス提供

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 函館SS

今週の重賞レース
■ ユニコーンステークスページ
https://www.keibariron.com/database/unicornstakes

友だち追加

2018年 函館SSの最新予想情報

函館SSの最終オッズ

馬名 単勝
ナックビーナス4.3
ワンスインナムーン5.1
セイウンコウセイ5.9
ダイアナヘイロー6.5
キングハート10.3
ジューヌエコール13.5
ティーハーフ13.6
○地ライトフェアリー14.9
ラインスピリット17.7
○地ヒルノデイバロー26.6
タマモブリリアン38.3
エポワス39.6
アドマイヤゴッド40.2
ノットフォーマル94.8
ノボバカラ109.1
ユキノアイオロス301.4
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

函館SSのレース結果

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
セイウンコウセイ ダイアナヘイロー ラインスピリット ジューヌエコール タマモブリリアン ティーハーフ ナックビーナス ワンスインナムーン○地ヒルノデイバロー ノットフォーマル ユキノアイオロス エポワス キングハート アドマイヤゴッド○地ライトフェアリー ノボバカラ 馬名
牡5牝5牡7牝4牝5牡8牝5牝5牡7牝6セ10セ10牡5牡6牝6牡6 性齢
57555754545754545654565756565457 斤量
池添 武豊 森一 北村友 古川 国分優 三浦 石橋脩 四位 勝浦 丸山 蛯名 北村宏 岩田 柴山 武藤 騎手
19614513382107151141612 着順

函館SS記事一覧

函館SS (2018年) 『函館スプリントステークス2018の回顧|セイウンコウセイが逃げ切って復活V』

函館スプリントステークス(2018年)(2018年)は、3番人気の高松宮記念馬セイウンコウセイ(池添謙一)の復活劇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、開幕週のイン有利の馬場状態で内枠を引いた点を考慮し、セイウンコウセ […]

2018/06/22 (金)

函館SS (2018年) 『函館スプリントステークス2018の競馬予想|ナックビーナスの重賞初制覇なるか?』

今週は、フルゲート16頭に対して17頭の出走登録馬があった 函館スプリントステークス(2018年)の予想について解説する。 函館スプリントステークスは、サマースプリントシリーズの第1戦である。 高松宮記念で3着に好走した […]

2018/06/14 (木)

函館SS (2017年) 『3歳牝馬ジューヌエコールが古馬相手に圧勝』

函館スプリントステークス(2017年)は、断然の1番人気に押された高松宮記念馬セイウンコウセイ(幸英明)が4着に敗れる波乱の決着となった。 その波乱の函館スプリントステークス(2017年)を制したのはジューヌエコールであ […]

2017/06/23 (金)

函館SS (2017年) 『高松宮記念馬セイウンコウセイが出走予定』

今週のメインレースは、函館スプリントステークス(2017年)である。 函館スプリントステークス(2017年)は、出走登録こそ13頭と少なめだが、高松宮記念馬セイウンコウセイ(幸英明)が出走を予定して人気を集めそうであり、 […]

2017/06/12 (月)

函館SS (2016年) 『ティーハーフの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第23回函館スプリントステークスである。 第23回函館スプリントステークスは、サマースプリントシリーズの第1戦ということで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第23回函館スプリントステー […]

2016/06/14 (火)
ティーハーフが3連勝で重賞制覇

函館SS (2015年) 『ティーハーフが3連勝で重賞制覇』

第22回函館スプリントステークスは、上位人気馬が総崩れとなり、3連単94万馬券の大波乱の結果となった。 その波乱の第22回函館スプリントステークスを制したのは、ティーハーフであった。 競馬理論の競馬予想では、3歳時にオー […]

2015/06/25 (木)
第22回函館スプリントステークス

函館SS (2015年) 『コパノリチャードがG1馬の貫禄を見せられるか』

今週のメインレースは、第22回函館スプリントステークスである。 第22回函館スプリントステークスは、サマースプリントシリーズの開幕戦ということで注目を集める。そこで、競馬理論の競馬予想では、第22回函館スプリントステーク […]

2015/06/19 (金)
ガルボが58キロを克服

函館SS (2014年) 『ガルボが58キロを克服』

第21回函館スプリントステークスは、断然の1番人気に推されていたストレイトガール(岩田康誠)が11着に敗れたために、3連単で87万円の万馬券となり、波乱の決着となった。 その波乱の決着となった第21回函館スプリントステー […]

2014/06/26 (木)
ストレイトガールにとって秋のG1へ向けて負けられない一戦

函館SS (2014年) 『ストレイトガールにとって秋のG1へ向けて負けられない一戦』

第21回函館スプリントステークスは、G1レースにおいて連続で3着になっているストレイトガール(岩田康誠)が人気を集めそうな様子である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第21回函館スプリントステークスに出走する有力各馬の […]

2014/06/19 (木)
パドトロワが2年連続のサマースプリントシリーズ王者に向けて快勝

函館SS (2013年) 『パドトロワが2年連続のサマースプリントシリーズ王者に向けて快勝』

第20回函館スプリントステークスは、断然人気のドリームバレンチノ(松山弘平)が8着に敗れる波乱の決着となった。 その第20回函館スプリントステークスを制したのは、6歳馬パドトロワ(勝浦正樹)である。 競馬理論の競馬予想で […]

2013/06/20 (木)
ドリームバレンチノの連覇なるか?

函館SS (2013年) 『ドリームバレンチノの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第20回函館スプリントステークスである。 第20回函館スプリントステークスは、サマースプリトシリーズ第1戦ということもあり、注目を集める。 そこで競馬理論の競馬予想では、サマースプリントシリーズに出 […]

2013/06/14 (金)
キンシャサノキセキが悲願の重賞初Vへ向けて出走

函館SS (2012年) 『キンシャサノキセキが悲願の重賞初Vへ向けて出走』

宝塚記念も終わり、いよいよ本格的な夏競馬に突入する。その夏競馬開催中の函館競馬場では、サマースプリントシリーズ第1弾の第15回函館スプリントステークスが行われる。 その第15回函館スプリントステークスでは、キンシャサノキ […]

2012/06/29 (金)
第19回函館スプリントステークス

函館SS (2012年) 『第19回函館スプリントステークス』

第19回函館スプリントステークス(2012年)は、 2番人気のドリームバレンチノ(松山)が 第19回函館スプリントステークス(2012年)において単勝1.3倍と、断然人気のロードカナロア(福永祐一)を破って、 悲願の重賞 […]

2012/06/17 (日)
ワンカラットがレコードで圧勝

函館SS (2010年) 『ワンカラットがレコードで圧勝』

第17回函館スプリントステークスは、スプリント戦線に照準を絞ってきたワンカラットの圧勝で幕を閉じた。 競馬理論は、現在の低調なスプリント戦線よりもレベルの高い1400m~1500mの重賞を使われてきたワンカラットを 結果 […]

2010/07/4 (日)
第16回函館スプリントステークス

函館SS (2009年) 『第16回函館スプリントステークス』

2009/07/5 (日)
第15回函館スプリントステークス

函館SS (2008年) 『第15回函館スプリントステークス』

競馬理論が馬単2万円台を本線で的中させた第57回ラジオNIKKEI賞の回顧をして欲しいとの要望が多数ありましたが、第57回ラジオNIKKEI賞のメンバーが後のG1で活躍する可能性は低いので、今週は、サマースプリントシリー […]

2008/07/5 (土)
第14回函館スプリントステークス

函館SS (2007年) 『第14回函館スプリントステークス』

第14回函館スプリントステークスの結果には、インが極端に有利となった函館競馬場の芝コースの状態が大きく影響を与えた。 函館競馬場の芝コースは、先週まで内でも外でも同じように伸びる馬場であったが、函館競馬5日目では、極端に […]

2007/07/1 (日)
第12回函館スプリントステークス

函館SS (2005年) 『第12回函館スプリントステークス』

注目の短距離戦の函館スプリントステークスが行われた。函館スプリントステークスは、シーイズトウショウ(池添謙一)が2連覇を飾る結果となった。 函館スプリントステークスにおいて、シーイズトウショウは、好スタートから、ディープ […]

2005/07/3 (日)

うまみちゃんねるの函館SS最新記事

函館SSの最新情報

函館スプリントステークスとは

函館スプリントステークス(はこだてスプリントステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 1994年に夏季競馬の短距離重賞の充実を図る目的で、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として「札幌スプリントステークス(さっぽろスプリントステークス)」の名称で創設。1997年から札幌競馬と函館競馬の開催順が入れ替えられたことにより、施行場を函館競馬場に変更のうえ現名称となった。2006年からはサマースプリントシリーズの第1戦に指定されている。 創設時から外国産馬が出走可能なほか、地方競馬所属馬は1996年から、外国馬は2009年からそれぞれ出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。 出走資格:サラ系3歳以上 JRA所属馬 地方競馬所属馬(2頭まで) 外国調教馬(8頭まで、優先出走)負担重量:別定 3歳52kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 日本馬:収得賞金3,000万円超過馬は超過額2,000万円毎に1kg増 外国馬:GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増(2歳時の成績を除く) 賞金 2015年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。引用元:Wikipedia 函館スプリントステークス

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス: