予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 函館SS > ダノンスマッシュの巻き返しなるか?

ダノンスマッシュの巻き返しなるか?

2019/06/13 UP
by 予想屋マスター
直前分析

出走日:2019年06月16日(日)
函館SS -G3- 函館競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3800万円

今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録馬があった

 

函館スプリントステークス(2019年)の予想について解説する。

 

函館スプリントステークスは、サマースプリントシリーズの第1戦である。

 

高松宮記念でも1番人気に推されたダノンスマッシュ(川田将雅)が人気となりそうだが、開幕週の馬場ということもあり枠順次第では波乱の可能性もある。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、函館スプリントステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

高松宮記念組

 

4着のダノンスマッシュ(川田将雅)・5着のティーハーフ(国分優作)・7着のデアレガーロ(池添謙一)・12着のペイシャフェリシタ(岩田康誠)の合計4頭が出走登録している。

 

ダノンスマッシュ

 

高松宮記念の4着という結果は、1番人気を裏切ってしまったが、内を通った馬が上位を独占する馬場で外目を回らされた分の差なので、力負けではない。

 

よって、函館スプリントステークスの予想においては、ダノンスマッシュの巻き返しに注目して当然である。

 

特に、ダノンスマッシュは、好位のインでロスのない競馬ができたときに能力を発揮するので、内枠を引いた場合には本命級のかなり高い評価を与えるべきである。

 

ティーハーフ

 

高松宮記念の5着という結果は、内目をロスなく追い込む展開に恵まれたものである。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、開幕週の馬場を考慮すると、ティーハーフに高松宮記念5着馬というだけで過大評価は禁物である。

 

デアレガーロ

 

高松宮記念の7着という結果は、イン有利の馬場において外枠からの発走で終始外を回らされてのものであり、悲観すべき内容ではない。

 

また、デアレガーロは、函館競馬場で準オープン特別を楽勝しており、洋芝適性も高そうである。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、デアレガーロにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

ペイシャフェリシタ

 

高松宮記念の12着という結果は、外を回らされたこともあるが力負けであった。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、内枠を引いてロスのない競馬ができそうな場合にのみ、ペイシャフェリシタに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

京王杯スプリングカップ組

 

1着のタワーオブロンドン(レーン)・2着のリナーテ(藤岡康太)・10着のダイメイフジ(松岡正海)の合計3頭が出走を予定している。

 

タワーオブロンドン

 

京王杯スプリングカップの勝利という結果は、追い出しをギリギリまで我慢しながらも1馬身近い差をつけており、力の違いを見せつけた。

 

また、レースのレベルとしては、スプリント戦線よりも1400m~1600m戦線のほうがレベルが高い。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、初のスプリント戦線であっても、タワーオブロンドンに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

リナーテ

 

京王杯スプリングカップの2着という結果は、内目をロスなく回ったこともあるが、牡馬の強敵相手での好走は価値がある。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、リナーテにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

ダイメイフジ

 

京王杯スプリングカップの10着という結果は、距離が長すぎたにせよ力負けであった。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、内枠を引いて開幕週の馬場を生かせる場合にのみ、ダイメイフジに注意を払えば十分である。

 

葵ステークス組

 

2着のアスターペガサス(小崎)が出走登録している。

 

アスターペガサス

 

葵ステークスの2着という結果は、京都1200mの差しが届きにくいコース形態で頭差まで追い込んでおり、負けて強しの内容であった。

 

また、アスターペガサスは、函館2歳ステークスの勝ち馬であり、函館コースも得意な舞台である。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、.....

3歳世代のレベル次第ではあるものの、アスターペガサスにも高い評価を与えるべきである。

 

北海道スプリングカップ組

 

5着のシュウジが出走を予定している。

 

シュウジ

 

北海道スプリングカップの5着という結果は、地方の深いダートで58キロの斤量だったので度外視可能である。

 

なお、シュウジは、開幕週向きの器用な先行力がある。

 

よって、函館スプリントステークスの予想では、楽に先行する展開に恵まれるようであれば、シュウジの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

以上、函館スプリントステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、函館スプリントステークス(2019年)の最終的な予想を決断する。

 

↓こちらも合わせてご覧ください↓

騎手が高く評価されるレースとは?

馬の能力差は G1>G2>G3の図式でよいのでしょうか?

競馬新聞の調教評価を信用しない!

 

続きをみるには「無料会員登録」する必要があります。

メールアドレスを入力して、「送信する」ボタンを押してください。

 

メールアドレス:

登録済の場合はログインして閲覧してください。