TOP > レース予想 > セントウルステークス > ビッグアーサーがスピードの違いを見せつける
2016/09/15

【 セントウルステークス2016予想】 ビッグアーサーがスピードの違いを見せつける

出走日:2016年09月18日(日)
セントウルステークス(G2)/阪神競馬場/芝1200m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:5500万円

第90回セントウルステークスでは、1番人気に推された高松宮記念馬ビッグアーサーが人気にこたえ、スピードの違いを見せつけた。
競馬理論の競馬予想では、高松宮記念の強い内容から、58キロであっても能力が違うと判断し、ビッグアーサーを本命に予想した。
レースでは、ビッグアーサーは、好スタートを切ると、他馬が行かなかったこともあり、ハナに立った。
そして、ビッグアーサーは、直線に入ると後続を突き放してそのまま押し切り、第90回セントウルステークスを制覇した。
ビッグアーサーの第90回セントウルステークスの勝利という結果は、58キロを背負いながらもスピードの違いで押し切る着差以上に強い内容であった。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ビッグアーサーに本命級の高い評価を与えて当然である。

第90回セントウルステークスでは、2番人気のネロ(内田博幸)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、先行馬が少ないメンバー構成で且つ開幕週の馬場を考慮し、ネロにも高い評価を与えていた。
レースでは、ネロは、ビッグアーサーが速すぎたこともあり、無理せず好位の外目を追走した。
そして、ネロは、直線で外からジリジリと脚を伸ばして、2着を確保した。
ネロの第90回セントウルステークスの2着という結果は、連対を確保したことは立派だが、ビッグアーサーには力負けであった。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ネロが好走するためには相当の展開の助けが必要と判断すべきである。

一方、第90回セントウルステークスでは、9番人気のラヴァーズポイント(川須)が3着に入った。
競馬理論の競馬予想では、開幕週の前残りの馬場を考慮し、先行力あるラヴァーズポイントにも連下評価を与えていた。
レースでは、ラヴァーズポイントは、2頭の逃げ争いを見ながらレースを進め、直線ではネロと併せながら2着争いに加わったが、3着止まりであった。
ラヴァーズポイントの第90回セントウルステークスステークスの3着という結果は、別定戦でも好走したことから力をつけていることを示したが、離れた3番手を追走する展開に恵まれたことも確かである。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ラヴァーズポイントに第90回セントウルステークス3着だけで高い評価は不要である。

以上のように、第90回セントウルステークスは、ビッグアーサーの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ビッグアーサーの今後のスプリント戦線の走りに大いに注目して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ピクシーナイトの復活なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬にとどまったセントウルステークス(2023年)の予想について解説する。   セントウルステークスは、 続きはこちら
メイケイエールがG1制覇へ向けて始動
メイケイエールがG1制覇へ向けて始動   今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬にとどまったセントウルステークス(2022年)の予想について解説する。   セントウル 続きはこちら
レシステンシアがG1戦線へ向けて始動
レシステンシアがG1戦線へ向けて始動 今週は、フルゲート18頭に対して18頭ぴったりの出走登録馬があったセントウルステークス(2021年)の予想について解説する。 セントウルステークスは、 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.