天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > セントウルステークス

秋競馬に突入です!

有力馬が休養から戻り、頂上決戦となるG1へと挑みます。

それだけでも毎週の楽しみが倍増ですが、今週はマスターの得意な開幕週。

8月からずっと高配当的中していますし、ここは馬券的にも大いに期待できますね♪

それではセントウルステークスについて語ってまいりましょう。

サマースプリントシリーズの最後の砦。

もう9月だし競馬場も移動したし、まだサマーシリーズやってんのとも思いますが。

熾烈なポイント争いを繰り広げていますので、すでにベルカントの優勝が決まっていた去年と違い最後まで目が離せません。

スプリンターズステークスという大舞台を意識した強豪も集まるので、レベル的にも非常に高く、優勝予想も非常に難しいといっていいでしょう。

過去のデータを見てみると、アクティブミノルとウリウリが逃げ差しでワンツーした2015年のようなレースもありますが、基本的に前残りが多いよう見受けられます。開幕週の利が強いレースかもしれません。

去年もビッグアーサーが逃げを打ってそのままですので、今年も逃げ馬には要注意でしょうか?

マスターの直前分析をご覧ください♪

今週の重賞レース
■ 紫苑Sページ
https://www.keibariron.com/database/shionstakes

■ 京成杯AHページ
https://www.keibariron.com/database/keiohaiah



2017年 セントウルステークスの最新予想情報

予想屋マスターのセントウルステークス(2017年)予想分析記事

ファインニードルが1番人気にこたえて重賞初制覇

セントウルステークス(2017年)は、1番人気に推されたファインニードル(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、不利がなければ際どかったように見えた北九州記念のレース内容からファインニードルに高い評価を与えていたものの、デムーロ騎手で過剰に人気になることから、本命にすることはできなかった。
レースでは、ファインニードルは、フィドゥーシアを行かせて、インの3番手を確保した。
そして、ファインニードルは、残り1ハロンで先頭に立つとそのまま押し切って、セントウルステークス(2017年)を制覇した。
ファインニードルのセントウルステークス(2017年)の勝利という結果は、開幕週の馬場で絶好となるインの3番手を走らせたデムーロ騎手の好騎乗によるものであり、1馬身強の着差ほど他馬と能力差があったわけではない。
よって、スプリンターズステークスの競馬予想においては、ファインニードルにある程度の高い評価は必要だが、セントウルステークス(2017年)の着差だけで絶対視までは禁物である。

セントウルステークス(2017年)では、6番人気のラインミーティア(西田)が2着に入った。
ラインミーティアは、中団のインを追走したが、直線では一旦前が壁になってしまった。
しかしながら、ラインミーティアは、内に進路を切り替えると、一気に伸び、混戦の2着争いを制した。
ラインミーティアのセントウルステークス(2017年)の2着という結果は、直線での不利がなければファインニードルに迫れたはずであるが、開幕週のイン有利の馬場を生かせたことも確かである。
よって、スプリンターズステークスの競馬予想においては、7歳になっても力をつけているラインミーティアに多少の注意は必要だが、押さえ程度の評価を与えれば十分である。

セントウルステークス(2017年)では、4番人気のダンスディレクター(浜中俊)が3着に追い込んだ。
ダンスディレクターは、外枠からの発走だったこともあり、中団の外目を進んだ。
そして、ダンスディレクターは直線で大外に持ち出されると、上がり32秒6の脚を使ったが、前には届かず、3着止まりであった。
ダンスディレクターのセントウルステークス(2017年)の3着という結果は、スローの追い込みが届かない展開で唯一外から追い込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、スプリンターズステークスの競馬予想においては、セントウルステークス(2017年)組ではダンスディレクターに最も高い評価を与えるべきである。

以上のように、セントウルステークス(2017年)は、ファインニードルの重賞初制覇で幕を閉じた。
ただし、セントウルステークス(2017年)は、開幕週のイン有利の馬場とスローの前残りの展開が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、スプリンターズステークスにおけるセントウルステークス(2017年)組の評価を下して頂きたい。

フィドゥーシアが悲願の重賞制覇なるか?

今週のメインレースは、セントウルステークス(2017年)である。
セントウルステークス(2017年)は、サマースプリントシリーズの最終戦である上にスプリンターズステークスのステップレースということもあり、注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、セントウルステークス(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

アイビスサマーダッシュ組からは、1着のラインミーティア(西田雄一郎)及び2着のフィドゥーシア(石橋脩)がセントウルステークス(2017年)に出走登録している。
ラインミーティアのアイビスサマーダッシュの勝利という結果は、有利な外枠からの発走と直線競馬の適性の高さを示したものである。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、ラインミーティアに高い評価は不要である。

フィドゥーシアのアイビスサマーダッシュの2着という結果は、1番人気を裏切ってしまったものの、先行して押し切りを狙ったものであり、スピード上位を証明した。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、開幕週の馬場を生かす先行力があるフィドゥーシアの粘り込みに高い評価を与えて当然である。

北九州記念組からは、5着のファインニードル(デムーロ)、6着のアルティマブラッド(藤岡康太)、9着のプレイズエターナル、10着のラヴァーズポイント(川須)及び14着のミッキーラブソング(和田竜二)がセントウルステークス(2017年)に出走登録している。
ファインニードルの北九州記念の5着という結果は、直線で前が塞がる不利を受けており、スムーズならばもう少し際どかったはずである。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、ファインニードルに北九州記念組で最も高い評価を与えて当然である。
特にファインニードルが好位のインを追走できる内枠を引いた場合には開幕週の馬場を生かせるので、更に評価をあげるべきである。

アルティマブラッド、プレイズエターナル、ラヴァーズポイント及びミッキーラブソングは、北九州記念の見所のない内容を見る限り、セントウルステークス(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

CBC賞組からは、5着のスノードラゴン(大野拓朗)、10着のメラグラーナ(戸崎圭太)がセントウルステークス(2017年)に出走登録している。
スノードラゴンのCBC賞の5着という結果は、58キロで追い込んでおり、9歳馬ながらもよく走っている。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、差しが届く馬場や展開になるようであれば、スノードラゴンにも注意を払うべきである。

メラグラーナのCBC賞の10着という結果は、人気を裏切ってしまったが、不利を受けてのものであり、度外視可能である。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、オーシャンステークスの内容を見直せば、メラグラーナの巻き返しはあり得ると判断すべきである。

シルクロードステークス組からは、1着のダンスディレクター(浜中俊)がセントウルステークス(2017年)に出走登録している。
ダンスディレクターのシルクロードステークスの勝利という結果は、後の高松宮記念馬セイウンコウセイを差し切る強い内容であった。
よって、セントウルステークス(2017年)の競馬予想においては、休み明けではあっても、実力ナンバーワンのダンスディレクターに高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、セントウルステークス(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、セントウルステークス(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、セントウルステークス(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ビッグアーサーがスピードの違いを見せつける

第90回セントウルステークスでは、1番人気に推された高松宮記念馬ビッグアーサーが人気にこたえ、スピードの違いを見せつけた。
競馬理論の競馬予想では、高松宮記念の強い内容から、58キロであっても能力が違うと判断し、ビッグアーサーを本命に予想した。
レースでは、ビッグアーサーは、好スタートを切ると、他馬が行かなかったこともあり、ハナに立った。
そして、ビッグアーサーは、直線に入ると後続を突き放してそのまま押し切り、第90回セントウルステークスを制覇した。
ビッグアーサーの第90回セントウルステークスの勝利という結果は、58キロを背負いながらもスピードの違いで押し切る着差以上に強い内容であった。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ビッグアーサーに本命級の高い評価を与えて当然である。

第90回セントウルステークスでは、2番人気のネロ(内田博幸)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、先行馬が少ないメンバー構成で且つ開幕週の馬場を考慮し、ネロにも高い評価を与えていた。
レースでは、ネロは、ビッグアーサーが速すぎたこともあり、無理せず好位の外目を追走した。
そして、ネロは、直線で外からジリジリと脚を伸ばして、2着を確保した。
ネロの第90回セントウルステークスの2着という結果は、連対を確保したことは立派だが、ビッグアーサーには力負けであった。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ネロが好走するためには相当の展開の助けが必要と判断すべきである。

一方、第90回セントウルステークスでは、9番人気のラヴァーズポイント(川須)が3着に入った。
競馬理論の競馬予想では、開幕週の前残りの馬場を考慮し、先行力あるラヴァーズポイントにも連下評価を与えていた。
レースでは、ラヴァーズポイントは、2頭の逃げ争いを見ながらレースを進め、直線ではネロと併せながら2着争いに加わったが、3着止まりであった。
ラヴァーズポイントの第90回セントウルステークスステークスの3着という結果は、別定戦でも好走したことから力をつけていることを示したが、離れた3番手を追走する展開に恵まれたことも確かである。
よって、本番のスプリンターズステークスの競馬予想においては、ラヴァーズポイントに第90回セントウルステークス3着だけで高い評価は不要である。

以上のように、第90回セントウルステークスは、ビッグアーサーの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ビッグアーサーの今後のスプリント戦線の走りに大いに注目して頂きたい。

うまみちゃんねるのセントウルステークス最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
お久しぶりです。
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

秋競馬が始まりましたので、こちらのコラムも、ぼちぼち再開していきます。
今年も凱旋門賞の取材のため、少しずつ準備をしています♪
サトノダイヤモンドも既に渡仏しています。
日本競馬も、G1ラッシュに向けて、楽しみな時期になってきました。

春から、飲食店の経営をはじめまして、私も時々お店におります。
週末の夜は、競馬のお話ばかりしていますよ(笑)

クレープリー カフェ ロスアード
〒206-0804
東京都稲城市百村525 フロムS 1F
042-379-9674
定休日:木曜、日曜

夜はおつまみや、お酒も出してます。
昼飲みも大歓迎です。
ランチもやってますー♪
お気軽に遊びにきてください。

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

セントウルステークス
秋競馬の訪れを感じさせてくれるレースですね。
G1の前哨戦になるので、よく見ておかなければ…と毎年思うのですが、
私は毎年10月の1週目はフランスに滞在中なので、肝心のスプリンターズSをリアルタイムで見られないのが難点です(;_;)

☆セントウルS うまみデータ☆

・人気馬は信頼できそう
・枠は内でも外でも!
・牝馬が大活躍!
・追い込みが決まりづらい
・スピードのあるミスプロ系や、ナスルーラ系統に注目。

関西馬や牝馬が活躍してる印象があります。
枠に関しては、1枠や8枠など極端な内外の方が結果が出やすい傾向も。
スピードがある馬が、きちんと結果を残しているので、枠はどこでもいいのかもしれません(*^o^*)

血統は、スプリント路線らしく、パワーのあるミスタープロスペクター系や、ナスルーラ系統が好走します。
ミスプロ系はダートや重い馬場もこなす、重めの血統と言われていますが
ミスプロの特性を残した、スピードタイプの馬という、良いとこ取りができるケースも。
そういう馬たちは、総じて気性が勝っているので、スピード勝負になるのだと思います。
ナスルーラ系統も、気性が強い馬が多いですしね!

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪

フィドゥーシア
前走のアイビスSDでは、1番人気に支持されるも、勝ち馬に差され惜敗。
テンも速く、いかにも快速馬といったかんじのレースをする馬。
母:ビリーヴと同じローテでスプリンターズSへ!

ファインニードル
4歳の成長株。
北九州記念は詰まっての5着。
2走前の水無月Sでは、57.5kgの斤量で快勝!
同じ舞台の今回は、斤量も軽くなるので、条件的には狙えそうな一頭。
阪神1,200mの連対率も100%と優秀です♪

メラグラーナ
今年の春に2連勝、高松宮記念では人気に応えられず、前走もまさかの大敗。
大型で仕上げが難しそうな馬ですが、力はつけていると思うので、巻き返しに期待。

ダンスディレクター
左脚の骨折で7ヶ月半の休養。
年明けに後のG1馬を負かし、高松宮記念でも人気になりそうだったのですが…。

アルティマブラッド
3号族は本来なら平坦なコースの方が向いているのですが、この馬は坂が得意な印象。
母:アルティマトゥーレも、このレースの勝ち馬。

スノードラゴン
スプリント王も、もう9歳。
雨や重めの馬場にめっぽう強いのは、1号族の特性かもしれません。
意外と毎回人気よりは走ってくれるので、侮れない一頭。

ラインミーティア
格上挑戦で挑んだアイビスサマーダッシュで、1,000mの名手・西田騎手を背に快勝!
今年は掲示板を外してないくらいなので、7歳でもまだまだ走れそう。
牝系にオグリキャップの名前があって、胸が熱くなります…!

ミッキーラブソング
良血。お母さんのコイウタはヴィクトリアマイルの勝ち馬。
最近は少し集中力を欠いている気がします。
本来ならあと1ハロン距離がほしいですが、この距離なら、集中して走ってくれるかも。

ヒルノデイバロー
前走は後方からの競馬で、ちぐはぐになってしまいました。
反応もあまり良くなかったのも、気になります。
やっぱり先行してほしい馬。

アドマイヤゴッド
2走前で勝ち上がってOP入り。
前走も5着と好走。
この馬は、状態あまり良くなさそうに見えても走ったりするので、わからない…。
でも8月末に坂路で1番時計を出してるくらいなので、体調はいいのかも。




ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。

私、椎名友希は現在、放牧に出ております(笑)
10月2週目より合流しますね!
アシスタントのうまみガールズたちが、競馬を勉強しながら放送していきます。
私も休養中に、たくさん勉強して、秋に備えたいと思います!


うまみちゃんねる
http://sp.ch.nicovideo.jp/lively-lively

FRESH!での放送も始まりました。
https://freshlive.tv/lively-lively

YouTube
https://m.youtube.com/#/channel/UCEqI9QlOZYanbI1vpIuXAaA

チャンネル登録&タイムシフト予約よろしくお願いします。

公式Twitter→@umami_umami

お便り、プレゼントのご応募は
info@umami-ch.comまで!

コメントたくさんお待ちしています。

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

セントウルステークスのレース結果

芝1200m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

12334455667788
1234567891011121314 馬番
アドマイヤゴッド○外メラグラーナ アルティマブラッド ツィンクルソード プレイズエターナル ラインミーティア ファインニードル ワキノブレイブ ミッキーラブソング ワキノヒビキ スノードラゴン ラヴァーズポイント ダンスディレクター○外フィドゥーシア 馬名
牡5牝5牝5牡6牡7牡7牡4牡7牡6牡5牡9牝7牡7牝5 性齢
5654545656565656565657545654 斤量
北村友 戸崎圭 藤岡康 藤岡佑 池添 西田 Mデムーロ 小牧 和田 荻野極 大野 川須 浜中 石橋脩 騎手
5461213211171481039 着順

セントウルステークスの最新情報

セントウルステークスとは

セントウルステークスは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 競走名の「セントウル」は、ギリシャ神話に登場するケンタウロスのこと。阪神競馬場のセントウルガーデン内にセントウルの像があり、同競馬場のシンボルともなっている。 1987年に創設された、4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。創設当初の施行距離は芝1400mだったが、2000年より芝1200mに短縮され、スプリンターズステークスの重要な前哨戦に位置づけられた。1989年より外国産馬が、1995年より地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2005年より外国馬も出走可能になった。格付けは創設当初GIIIだったが、2006年よりGIIに格上げ。2007年より日本のパートI国昇格に伴い、国際格付けとなっている。 2006年より創設されたサマースプリントシリーズの最終戦に指定された。本競走の優勝馬からはシーイズトウショウ(2006年)、サンアディユ(2007年)、カノヤザクラ(2008年)、エーシンヴァーゴウ(2011年)、ハクサンムーン(2013年)、リトルゲルダ(2014年)がシリーズのチャンピオンとなった。引用元:Wikipedia セントウルステークス

セントウルステークス最新ニュース

セントウルステークスの最終オッズ

馬名 単勝
ファインニードル3.1
○外フィドゥーシア3.6
○外メラグラーナ4.4
ダンスディレクター8.2
アルティマブラッド9.2
ラインミーティア19.3
スノードラゴン23.3
アドマイヤゴッド33.3
プレイズエターナル49.2
ラヴァーズポイント58
ミッキーラブソング65.9
ツィンクルソード96.3
ワキノヒビキ186.8
ワキノブレイブ193.4
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

セントウルステークス記事一覧

セントウルステークス (2017年) 『ファインニードルが1番人気にこたえて重賞初制覇』

セントウルステークス(2017年)は、1番人気に推されたファインニードル(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、不利がなければ際どかったように見えた北九州記念のレース内容からファインニードルに高い評価を […]

2017/09/14 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~セントウルステークス~』

お久しぶりです。 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! 秋競馬が始まりましたので、こちらのコラムも、ぼちぼち再開していきます。 今年も凱旋門賞の取材のため、少しずつ準備をしています♪ サトノダイヤモンドも既に渡仏していま […]

2017/09/7 (木)

セントウルステークス (2017年) 『フィドゥーシアが悲願の重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、セントウルステークス(2017年)である。 セントウルステークス(2017年)は、サマースプリントシリーズの最終戦である上にスプリンターズステークスのステップレースということもあり、注目を集める。 […]

2017/09/5 (火)

セントウルステークス (2016年) 『ビッグアーサーがスピードの違いを見せつける』

第90回セントウルステークスでは、1番人気に推された高松宮記念馬ビッグアーサーが人気にこたえ、スピードの違いを見せつけた。 競馬理論の競馬予想では、高松宮記念の強い内容から、58キロであっても能力が違うと判断し、ビッグア […]

2016/09/15 (木)

セントウルステークス (2016年) 『ビッグアーサーが秋初戦を迎える』

今週のメインレースは第30回セントウルステークスである。 第30回セントウルステークスは、サマースプリントシリーズ最終戦というだけでなく、スプリンターズステークスのステップレースとしても注目される。 そこで、競馬理論の競 […]

2016/09/6 (火)

セントウルステークス (2015年) 『3歳馬アクティブミノルが逃げ切る』

第29回セントウルステークスステークスでは、10番人気の3歳馬アクティブミノル(藤岡康太)が逃げ切り、波乱を演出した。 競馬理論の競馬予想では、逃げ馬の中では一番内枠を引いた上に、逃げるとしぶといアクティブミノルにも、そ […]

2015/09/17 (木)

セントウルステークス (2015年) 『ハクサンムーンが開幕週の馬場を生かして逃げきれるか?』

今週のメインレースは、第29回セントウルステークスである。 第29回セントウルステークスは、サマースプリトシリーズの最終戦というだけでなく、スプリンターズステークスの前哨戦としても注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予 […]

2015/09/7 (月)
リトルゲルダがサマースプリントシリーズのチャンピオンに

セントウルステークス (2014年) 『リトルゲルダがサマースプリントシリーズのチャンピオンに』

第28回セントウルステークスは、4番人気だったリトルゲルダ(丸田恭介)が勝利を収めて、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったレースだった。 競馬理論の競馬予想では、1枠1番からの発走や開幕週の馬場状態だった点、絶 […]

2014/09/18 (木)
ハクサンムーンの連覇なるか?

セントウルステークス (2014年) 『ハクサンムーンの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第28回セントウルステークスである。 この第28回セントウルステークスは、秋のスプリント王決定戦のスプリンターズステークスを占う意味でも注目されるレースとなっている。 そこで、競馬理論の競馬予想では […]

2014/09/9 (火)
ロードカナロアがいよいよ始動

セントウルステークス (2013年) 『ロードカナロアがいよいよ始動』

今週のメインレースは第27回セントウルステークスである。 第27回セントウルステークスは、スプリント王決定戦のスプリンターズステークスを占う意味でも注目される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第27回セントウルステークス […]

2013/09/6 (金)
カレンチャンがスプリンターズステークスを目指して復帰

セントウルステークス (2012年) 『カレンチャンがスプリンターズステークスを目指して復帰』

今週のメインレースは、サマースプリントシリーズ最終戦の第26回セントウルステークスである。 サマースプリントシリーズはパドトロワの優勝が決まっているが、第26回セントウルステークスは、カレンチャンなどスプリント戦線の一線 […]

2012/09/14 (金)
3歳牝馬エピセアロームが古馬のG1級をまとめて差し切る

セントウルステークス (2012年) 『3歳牝馬エピセアロームが古馬のG1級をまとめて差し切る』

第26回セントウルステークスでは、6番人気の3歳牝馬エピセアローム(武豊)が1番人気のロードカナロア(岩田康)、2番人気のマジンプロスパー(浜中)及び3番人気のカレンチャン(池添)らの有力古馬をまとめて差し切り、スプリン […]

2012/09/9 (日)
ダッシャーゴーゴーがG1制覇へ向けて好スタートを切れるか?

セントウルステークス (2012年) 『ダッシャーゴーゴーがG1制覇へ向けて好スタートを切れるか?』

今週のメインレース結果は、サマースプリント最終戦の第25回セントウルステークス(2011年)である。 第25回セントウルステークスは、春のスプリント王決定戦のスプリンターズステークスの前哨戦でもあり、スプリント戦線の一線 […]

2012/07/2 (月)
キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰

セントウルステークス (2012年) 『キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰』

今週から、関東では中山競馬場、関西では阪神競馬場で秋競馬が開幕する。先週までは馬場の読み難い夏競馬で予想が難しい競馬が続いたが、今週は、イン有利の馬場が予想される得意の開幕週なので、第24回セントウルステークスでは競馬理 […]

2012/07/2 (月)
高松宮記念馬2頭がいよいよ出走

セントウルステークス (2012年) 『高松宮記念馬2頭がいよいよ出走』

第22回セントウルステークスでは、スズカフェニックス(武豊)及びファイグレイン(幸)の2頭の高松宮記念馬の走りが注目されたが、2頭とも惨敗してしまった。 その結果、第22回セントウルステークスは、3番人気のカノヤザクラ( […]

2012/06/29 (金)
サマースプリントシリーズのチャンピオンは、アグネスラズベリ?

セントウルステークス (2012年) 『サマースプリントシリーズのチャンピオンは、アグネスラズベリ?』

ローカル競馬も終わり、関東では中山競馬場、関西では阪神競馬場での秋競馬がいよいよスタートする。その阪神競馬場では、サマースプリントシリーズの最終戦となる第21回セントウルステークスがメインレースとして行われる。 セントウ […]

2012/06/29 (金)
エーシンヴァーゴウがサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝く

セントウルステークス (2011年) 『エーシンヴァーゴウがサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝く』

第25回セントウルステークス(2011年)は、1番人気のダッシャーゴーゴー(川田)が3着に敗れ、波乱の結果となった。その第25回セントウルステークスを制したのは、エーシンヴァーゴウ(田辺)であった。第25回セントウルステ […]

2011/09/11 (日)
ダッシャーゴーゴーが3歳世代のレベルの高さを示す

セントウルステークス (2010年) 『ダッシャーゴーゴーが3歳世代のレベルの高さを示す』

第24回セントウルステークスは、4番人気のダッシャーゴーゴー(川田)が勝利を収め、中波乱の結果となった。 第24回セントウルステークスの競馬理論の結果は、前走の北九州記念では不利を受けて度外視可能だった上に、CBC賞でワ […]

2010/09/12 (日)
第23回セントウルステークス

セントウルステークス (2009年) 『第23回セントウルステークス』

第23回セントウルステークスは、キャリア10戦目のアルティマトゥーレ(松岡)の圧勝劇で幕を閉じた。 第23回セントウルステークスの結果は、開幕週の馬場ということでアルティマトゥーレの先行力に高い評価を与えていたが、前日の […]

2009/09/13 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪