TOP > 競馬予想コラム > セントウルステークス

秋競馬に突入です!

有力馬が休養から戻り、頂上決戦となるG1へと挑みます。

それだけでも毎週の楽しみが倍増ですが、今週はマスターの得意な開幕週。

8月からずっと高配当的中していますし、ここは馬券的にも大いに期待できますね♪

それではセントウルステークスについて語ってまいりましょう。

サマースプリントシリーズの最後の砦。

もう9月だし競馬場も移動したし、まだサマーシリーズやってんのとも思いますが。

熾烈なポイント争いを繰り広げていますので、すでにベルカントの優勝が決まっていた去年と違い最後まで目が離せません。

スプリンターズステークスという大舞台を意識した強豪も集まるので、レベル的にも非常に高く、優勝予想も非常に難しいといっていいでしょう。

過去のデータを見てみると、アクティブミノルとウリウリが逃げ差しでワンツーした2015年のようなレースもありますが、基本的に前残りが多いよう見受けられます。開幕週の利が強いレースかもしれません。

去年もビッグアーサーが逃げを打ってそのままですので、今年も逃げ馬には要注意でしょうか?

マスターの直前分析をご覧ください♪

今週の重賞レース
■ 紫苑Sページ
https://www.keibariron.com/database/shionstakes

■ 京成杯AHページ
https://www.keibariron.com/database/keiohaiah

2020年セントウルステークス「過去データや出走馬からみる予想は?」

2020/02/27 UP
by 予想屋マスター

出走日:2020年03月01日(日)
中山記念 -G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:6000万円

 

会員様からいただいた中山記念予想に関する質問にマスターが答えます!

 

枠順別の過去データからみる中山記念2020

 

会員様

過去8年で1~5番が6勝を挙げています。今年は少頭数ですが、開幕週なのでやはり内枠が有利でしょうか?

 

マスター

やはり開幕週なので、内枠と先行馬が有利になることが多いです。少頭数でもロスのない競馬をする馬が今年も有利になりそうです。

 

人気別の過去データからみる中山記念2020

 

会員様

以下人気別成績です。1番人気が不振で、2011年以外馬券内を外しています。某雑誌には京都記念と同様に、大阪杯やドバイを見据えてG1好走馬が凡走しているとのことでした。 マスターは中山記念は「1番人気がこない」「予想が難しい」イメージはありますか?今年はラッキーライラック、ダノンキングリー、ウインブライト、インディチャンプが上位で人気が割れそうで予想が難しいと思いますがどうでしょうか?


 

マスター

1番人気が不振なのはたたき台というよりも、開幕週の馬場が影響していると思います。ディアドラ、ペルシアンナイトのように実績のある馬が差し脚質なことが多く、開幕週の馬場で脚を余してしまい、1番人気が不振ということになっていると思います。なので、今年の場合も差し馬が人気になるようであれば注意が必要です。

 

脚質別の過去データからみる中山記念2020

 

会員様

以下、脚質別成績です。逃げ馬や先行馬が好走しています。中山開幕週のAコース、内回りでコーナーが4つあり、スタートしてからすぐにコーナーで直線距離が短く、起伏が激しいというコース形状のため、逃げや先行馬が好走しやすいと聞きました。前目につけそうなラッキーライラックやソウルスターリングは展開が向きやすいのでしょうか?

 

マスター

もともと中山1800m戦は、ペースが落ち着きやすく前残りになることが多いです。その上、開幕週の馬場なので、先行馬が更に有利になっているのだと思います。なので、先行できるラッキーライラックは去年と同様に好走する可能性は高そうです。

芝レースの騎手の競馬場別成績データからみる中山記念2020

 

会員様

以下、芝のレースの騎手の競馬場別成績です。これをみるとデムーロ騎手は中山芝が得意として考えてもいいのでしょうか?

M.デムーロ騎手の競走馬別成績・回収率(2015-2019)

 

横山典弘騎手の競走馬別成績・回収率(2015-2019)

 

福永祐一騎手の競走馬別成績・回収率(2015-2019)

 

マスター

デムーロ騎手が中山だといつもよりうまく乗っているという印象はないのですが、このデータを見ると、それなりに上手く乗っているとは思います。ただし、統計上の誤差の範囲内でもあるので、特別にデムーロ騎手だからといって過大評価する必要はないと思います。

 

頭数別の的中率とオッズ0

 

会員様

以下、6頭立て、10頭立て、16頭立ての3パターンで、「何通りの買い目があるのか?」また、「等しく当たるとして1点買いの的中率はいくらか?」「控除率を考えて、各買い目が同じように買われた時、オッズはいくらになるのか」検証した表です。今年の中山記念は少頭数ですので、「10頭立てレース」が近く、3連単が的中率とオッズのバランスがいいと思うのですがどうでしょうか?

6頭立てのレース

 

10頭立てのレース

 

16頭立てのレース

 

マスター

どの馬券種であっても、控除率に依存するだけで、リスクとリターンは同じだと思います。ただし、人間が買うので他人と違う考え方で馬券を買うことがリスクとリターンのバランスの高め方だと思います。

 

音無調教師(インディチャンプ)のコメント、休み明けの馬について

 

会員様

インディチャンプの音無調教師は「叩いて良くなるタイプなので、その点かどうか。コーナー4つの競馬も 初めてなので、そこがどうか」とコメントしていますが、マスターはこのような調教師のコメントは参考にしますか?またインディチャンプ、ウインブライト、パルシアンナイト、ラッキライラック、ソウルスターリングが休み明けですが、休み明けでも関係なく走る馬から上位評価したほうがいいのでしょうか?

 

マスター

調教師のコメントは基本的に参考にしません。競馬は様々な要素が絡み合って結果となるだけで、休み明けでもきちんと仕上がっていれば好走する可能性は高くなると思います。休み明けで走るかどうかについてですが、過去に休み明けで1着が何回あるというような単純なデータだけでは判断すべきではないと思います。

 


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください

セントウルステークスの最新情報(2020年)

Cルメール
タワーオブロンドンが圧勝
クリストフ・ルメール騎手、セントウルS制覇おめでとうございます!   マスター予想では単勝・馬連・馬単・3連系まで的中の完璧予想!タワーオブロンドンは9月29日(日)に中山競馬場で開催されるスプリンターズS(G […]
2019/09/12 / 回顧録
2019年セントウルステークスの予想解説動画を公開しました。
無料会員様向けに動画とテキスト版を公開しております。   <動画テキスト版> こんにちは、予想屋マスターです。    今週は、セントウルステークスについてお話をしたいと思います。   […]
2019/09/06 / 動画解説 日曜レース
高松宮記念馬ミスターメロディが始動
今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録馬にとどまった セントウルステークス(2019年)の予想について解説する。   セントウルステークスは、サマースプリントシリーズの最終戦であるとともに、1着馬にス […]
2019/09/05 / 日曜レース 競馬予想コラム
セントウルステークス2018の回顧|ファインニードルが格の違いを見せつける
セントウルステークスは、人気が割れる混戦模様であったが、結果的には人気馬同士の決着となった。 そのセントウルステークスを制したのは1番人気に推されたファインニードル(川田将雅)であった。 競馬理論の競馬予想では、高松宮記 […]
2018/09/13 / 回顧録
セントウルステークス2018の競馬予想|高松宮記念馬ファインニードルが始動?
今週は、フルゲート16頭に対して16頭ぴったりの出走登録馬があった セントウルステークス(2018年)の予想について解説する。 セントウルステークスは、サマースプリントシリーズの最終戦であるとともに、スプリンターズステー […]
2018/09/04 / 日曜レース 競馬予想コラム
ファインニードルが1番人気にこたえて重賞初制覇
セントウルステークス(2017年)は、1番人気に推されたファインニードル(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、不利がなければ際どかったように見えた北九州記念のレース内容からファインニードルに高い評価を […]
2017/09/14 / 回顧録
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~セントウルステークス~
お久しぶりです。 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! 秋競馬が始まりましたので、こちらのコラムも、ぼちぼち再開していきます。 今年も凱旋門賞の取材のため、少しずつ準備をしています♪ サトノダイヤモンドも既に渡仏していま […]
2017/09/07 /
フィドゥーシアが悲願の重賞制覇なるか?
今週のメインレースは、セントウルステークス(2017年)である。 セントウルステークス(2017年)は、サマースプリントシリーズの最終戦である上にスプリンターズステークスのステップレースということもあり、注目を集める。 […]
2017/09/05 / 競馬予想コラム
ビッグアーサーがスピードの違いを見せつける
第90回セントウルステークスでは、1番人気に推された高松宮記念馬ビッグアーサーが人気にこたえ、スピードの違いを見せつけた。 競馬理論の競馬予想では、高松宮記念の強い内容から、58キロであっても能力が違うと判断し、ビッグア […]
2016/09/15 / 回顧録
ビッグアーサーが秋初戦を迎える
今週のメインレースは第30回セントウルステークスである。 第30回セントウルステークスは、サマースプリントシリーズ最終戦というだけでなく、スプリンターズステークスのステップレースとしても注目される。 そこで、競馬理論の競 […]
2016/09/06 / 競馬予想コラム
3歳馬アクティブミノルが逃げ切る
第29回セントウルステークスステークスでは、10番人気の3歳馬アクティブミノル(藤岡康太)が逃げ切り、波乱を演出した。 競馬理論の競馬予想では、逃げ馬の中では一番内枠を引いた上に、逃げるとしぶといアクティブミノルにも、そ […]
2015/09/17 / 回顧録
ハクサンムーンが開幕週の馬場を生かして逃げきれるか?
今週のメインレースは、第29回セントウルステークスである。 第29回セントウルステークスは、サマースプリトシリーズの最終戦というだけでなく、スプリンターズステークスの前哨戦としても注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予 […]
2015/09/07 / 競馬予想コラム
リトルゲルダがサマースプリントシリーズのチャンピオンに
リトルゲルダがサマースプリントシリーズのチャンピオンに
第28回セントウルステークスは、4番人気だったリトルゲルダ(丸田恭介)が勝利を収めて、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったレースだった。 競馬理論の競馬予想では、1枠1番からの発走や開幕週の馬場状態だった点、絶 […]
2014/09/18 / 回顧録
ハクサンムーンの連覇なるか?
ハクサンムーンの連覇なるか?
今週のメインレースは、第28回セントウルステークスである。 この第28回セントウルステークスは、秋のスプリント王決定戦のスプリンターズステークスを占う意味でも注目されるレースとなっている。 そこで、競馬理論の競馬予想では […]
2014/09/09 / 競馬予想コラム
ロードカナロアがいよいよ始動
ロードカナロアがいよいよ始動
今週のメインレースは第27回セントウルステークスである。 第27回セントウルステークスは、スプリント王決定戦のスプリンターズステークスを占う意味でも注目される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第27回セントウルステークス […]
2013/09/06 / 競馬予想コラム
カレンチャンがスプリンターズステークスを目指して復帰
カレンチャンがスプリンターズステークスを目指して復帰
今週のメインレースは、サマースプリントシリーズ最終戦の第26回セントウルステークスである。 サマースプリントシリーズはパドトロワの優勝が決まっているが、第26回セントウルステークスは、カレンチャンなどスプリント戦線の一線 […]
2012/09/14 / 競馬予想コラム
3歳牝馬エピセアロームが古馬のG1級をまとめて差し切る
3歳牝馬エピセアロームが古馬のG1級をまとめて差し切る
第26回セントウルステークスでは、6番人気の3歳牝馬エピセアローム(武豊)が1番人気のロードカナロア(岩田康)、2番人気のマジンプロスパー(浜中)及び3番人気のカレンチャン(池添)らの有力古馬をまとめて差し切り、スプリン […]
2012/09/09 / 回顧録
ダッシャーゴーゴーがG1制覇へ向けて好スタートを切れるか?
ダッシャーゴーゴーがG1制覇へ向けて好スタートを切れるか?
今週のメインレース結果は、サマースプリント最終戦の第25回セントウルステークス(2011年)である。 第25回セントウルステークスは、春のスプリント王決定戦のスプリンターズステークスの前哨戦でもあり、スプリント戦線の一線 […]
2012/07/02 / 競馬予想コラム
キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰
キンシャサノキセキがスプリンターズステークスに向けて復帰
今週から、関東では中山競馬場、関西では阪神競馬場で秋競馬が開幕する。先週までは馬場の読み難い夏競馬で予想が難しい競馬が続いたが、今週は、イン有利の馬場が予想される得意の開幕週なので、第24回セントウルステークスでは競馬理 […]
2012/07/02 / 競馬予想コラム
1 2