天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > ヴィクトリアマイル

今週開催のヴィクトリアマイルは、まだ母ではないけれど、優秀な母候補が集まり競い合うレースです。 ミッキークイーンが予想オッズでは1番人気。 以下、レッツゴードンキ、クイーンズリング、ルージュバック。。。 ミッキークイーンと三冠をあらそった世代が上位を占めており、ミッキークイーン中心であることが窺えます。

直前記事でのマスターは、やはりミッキークイーンを高評価。 しかし、先週を見る限り東京開催は馬場が重要となりそうです。

枠順が決まって予想がどのようにまとまったのか想像もつかないので・・・ 解説動画は必見ですよ♪

今週の重賞レース
■ 京王杯SCページ
https://www.keibariron.com/database/keiouhaispringcup

主なローテーション
■ 高松宮記念ページ
https://www.keibariron.com/database/takamatumiyakinen
■ 大阪杯ページ
https://www.keibariron.com/database/oosakahai
■ 阪神牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/hanshinhinbastakes
■ 福島牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/hukushimahinbastakes



2017年 ヴィクトリアマイルの最新予想情報

予想屋マスターのヴィクトリアマイル(2017年)予想分析記事

断然人気のミッキークイーンが敗れる

ヴィクトリアマイル(2017年)は、断然の1番人気に推されたミッキークイーン(浜中俊)が7着に敗れ、波乱の決着となった。
その波乱のヴィクトリアマイル(2017年)を制したのは、6番人気のアドマイヤリード(ルメール)であった。
競馬理論の競馬予想では、堅実に追い込むアドマイヤリードにも注目をしていたが、上手くインに潜り込ませたルメール騎手好騎乗の阪神牝馬ステークスの内容から、ミッキークイーンを逆転する可能性は低いと判断し、本命にすることはできなかった。
レースでは、アドマイヤリードは、中団よりやや後ろのインで脚をためた。
そして、アドマイヤリードは、直線に向くと馬群を割って伸び、ヴィクトリアマイル(2017年)を制覇した。
アドマイヤリードのヴィクトリアマイル(2017年)の勝利という結果は、2着に1馬身以上の差をつけたことは立派だが、馬場が乾いて内目が有利となった馬場を生かしたものでもある。
よって、今後の牝馬重賞の競馬予想においては、堅実に追い込むアドマイヤリードに高い評価を与えて当然だが、ヴィクトリアマイル(2017年)の着差だけで絶対視までは禁物である。

一方、ヴィクトリアマイル(2017年)では、11番人気のデンコウアンジュ(蛯名正義)が2着に入り波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、早めに捲って粘った強い内容だった福島牝馬ステークスの内容から、デンコウアンジュにも高い評価を与えていた。
レースでは、デンコウアンジュは、中団の馬群の中を追走し、直線では大外から追い込み、混戦の2着争いを制した。
デンコウアンジュのヴィクトリアマイル(2017年)の2着という結果は、内目を通った馬が掲示板を独占する中で唯一外から追い込んでおり、レース内容としては一番と見ることもできる。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)以降の重賞戦線の競馬予想においては、デンコウアンジュがアドマイヤリードを逆転可能と判断すべきである。

一方、ヴィクトリアマイル(2017年)では、7番人気のジュールポレール(幸英明)が3着に入った。
ジュールポレールは、好位のインを追走し、直線でもジリジリと伸びて、3着を確保した。
ジュールポレールのヴィクトリアマイル(2017年)の3着という結果は、イン有利の馬場に恵まれたものではあるが、確実に力をつけていることも確かである。
よって、今後の牝馬重賞戦線の競馬予想においては、器用な先行力を生かせる展開になるようであれば、ジュールポレールも好走可能と判断すべきである。

以上のように、ヴィクトリアマイル(2017年)は、断然人気のミッキークイーンが7着に敗れる波乱の決着となった。
ただし、ヴィクトリアマイル(2017年)は、イン有利の馬場が結果に大きな影響を与えたものである。

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降のヴィクトリアマイル(2017年)組の評価を下して頂きたい。

ミッキークイーンが3つめのG1制覇なるか?

今週のメインレースは、ヴィクトリアマイル(2017年)である。
ヴィクトリアマイル(2017年)は、17頭が出走登録しており、去年の2着馬ミッキークイーンが人気を集めそうである。
そこで、競馬理論の競馬予想では、ヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪神牝馬ステークス組からは、1着のミッキークイーン(浜中俊)、2着のアドマイヤリード(ルメール)、3着のジュールポレール(幸英明)、8着のアットザシーサイド、9着のヒルノマテーラ(四位洋文)、11着のクリノラホール(北村友一)及び15着のクイーンズリング(デムーロ)がヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している。
ミッキークイーンの阪神牝馬ステークスの勝利という結果は、有馬記念以来の競馬ながらも、2着に2馬身近い差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、1番人気が想定されるミッキークイーンが去年2着の雪辱を果たす可能性は高いと判断すべきである。

アドマイヤリードの阪神牝馬ステークスの2着という結果は、外枠から最内に潜り込ませたルメール騎手の好騎乗によるものだが、堅実にいい脚を使うことは示した。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、アドマイヤリードに押さえ程度の評価は与えるべきである。

ジュールポレールの阪神牝馬ステークスの3着という結果は、早め先頭で自ら勝ちに行く競馬で粘り込んだ。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、器用な先行力が生かせるなど展開の助けがあれば、ジュールポレールも好走可能と判断すべきである。

アットザシーサイド、ヒルノマテーラ、クリノラホール及びクイーンズリングは、阪神牝馬ステークスの見所のないレース内容を見る限り、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、クイーンズリングは、ミッキークイーンを破ってのエリザベス女王杯勝ちの実績があるので、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、クイーンズリングの巻き返しにだけは多少注意を払うべきである。

福島牝馬ステークス組からは、1着のウキヨノカゼ(吉田隼人)、2着のフロンテアクイーン(北村宏司)、4着のデンコウアンジュ及び5着のリーサルウェポンがヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している。
ウキヨノカゼ及びフロンテアクイーンの福島牝馬ステークスの好走は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたものである。
また、福島牝馬ステークスは、一線級不在の弱いメンバー構成であった。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、ウキヨノカゼ及びフロンテアクイーンに高い評価は不要である。

デンコウアンジュ及びリーサルウェポンは、福島牝馬ステークスの見所のないレース内容を見る限り、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

京都記念組からは、2着のスマートレイアー(武豊)がヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している。
スマートレイアーの京都記念の2着という結果は、好位のインを追走する展開にめぐまれたものだが、日本ダービー馬マカヒキに先着したのは立派である。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、スマートレイアーの先行粘り込みに注意を払うべきである。

高松宮記念組からは、2着のレッツゴードンキ(岩田康誠)及び6着のソルヴェイグ(川田将雅)がヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している。
レッツゴードンキの高松宮記念の2着という結果は、最内を突いてロスのない競馬をさせた岩田騎手の好騎乗によるものだが、距離不足ながらも連対を確保したことは立派である。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、桜花賞馬レッツゴードンキにも高い評価を与えるべきである。

ソルヴェイグは、高松宮記念の見所のないレース内容を見る限り、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

金鯱賞組からは、8着のルージュバック(戸崎圭太)がヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している。
ルージュバックの金鯱賞の8着という結果は、力負けであったが、牡馬相手でメンバーが強かったと見ることもできる。
よって、ヴィクトリアマイル(2017年)の競馬予想においては、牝馬限定で脚をためるいつもの競馬ができれば、ルージュバックの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、ヴィクトリアマイル(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、ヴィクトリアマイル(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、ヴィクトリアマイル(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ストレイトガールが連覇達成


ヴィクトリアマイル(2016年)は、去年の覇者ながらも7番人気止まりであったストレイトガール(戸崎圭太)の連覇で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、G1を2勝している実績には敬意を評していたが、去年のヴィクトリアマイルの勝利は展開及びメンバーに恵まれたものと判断し、ストレイトガールの評価を落としてしまった。
レースでは、ストレイトガールは中団の馬群の中を追走し、直線で前が開くと一気に突き抜け、ヴィクトリアマイル(2016年)を制覇した。

ストレイトガールのヴィクトリアマイル(2016年)の勝利という結果は、直線でスムーズに前が開いたものではあるが、2着のミッキークイーンに2馬身半もの差をつけたことは立派である。

よってヴィクトリアマイル(2016年)以降の短距離戦線においては、G1を3勝しているストレイトガールに、7歳牝馬であっても高い評価を与えて当然である。

一方、ヴィクトリアマイル(2016年)で1番人気に推されたミッキークイーン(浜中俊)は、2着止まりであった。

競馬理論の競馬予想では、4歳牝馬では最強のミッキークイーンにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ミッキークイーンは後方の内目で折り合いをつけ、直線ではストレイトガールの直後を追うように伸びたが、ストレイトガールとの差は詰まらず、2着止まりであった。

ミッキークイーンのヴィクトリアマイル(2016年)の2着という結果は、マイルではストレイトガールに力負けであったとはいえ、牝馬同士ならば崩れなく脚を使うことを改めて示した。


よって、ヴィクトリアマイル(2016年)以降の重賞戦線においては、牝馬同士ならばパーフェクト連対中のミッキークイーンに本命級の高い評価を与えて当然である。

さて、ヴィクトリアマイル(2016年)では、2番人気のショウナンパンドラ(池添謙一)が3着に敗れてしまった。

競馬理論の競馬予想では、外の差しも不利がない馬場状態から、多少の距離不足はあっても牝馬同士では力が違うと判断し、ジャパンカップ馬ショウナンパンドラを本命に予想した。

レースでは、ショウナンパンドラは後方を追走した後、直線で大外に持ち出されると、長くいい脚を使ったのであったが、ミッキークイーンにハナ差だけ届かず、3着止まりであった。

ショウナンパンドラのヴィクトリアマイル(2016年)の3着という結果は、距離不足であったうえに且つ、スタート・コーナーワークでのロスが重なりながらも、ミッキークイーンにハナ差で走っており、負けて強しの内容であった。


よって、ヴィクトリアマイル(2016年)以降の重賞戦線においては、牡馬の一線級相手であっても、ショウナンパンドラが巻き返す可能性が高いと判断すべきである。

以上のように、ヴィクトリアマイル(2016年)は、ストレイトガールの強さだけが目立つ一戦となった。
ただし、ヴィクトリアマイル(2016年)の結果は距離適性の差が大きく、距離が延びれば、ミッキークイーン及びショウナンパンドラがストレイトガールを逆転する可能性が高い。

競馬理論のファンの方は、ストレイトガールだけでなく、ミッキークイーン及びショウナンパンドラの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるのヴィクトリアマイル最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは!
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

NHKマイルは、今年も波乱の決着!
2番人気に支持されたアエロリットが、桜花賞5着から巻き返しました*\(^o^)/*
スタートも良かったし、クロフネ産駒&ノリさんのコンビで、数年前のクラリティスカイを彷彿とさせるような勝ち方でした♪
菊沢先生もG1初勝利と、嬉しい1日に。

2着には13番人気のリエノテソーロ!
ダートの競走ですが、唯一のG1馬は、やっぱり強かった。
こういう馬が来るのが、NHKマイルなんですよね…。
武井先生も「本質はダート馬だけど、能力は相当高い」と仰っていたとおり、今後がとても楽しみな馬です。

しかし、今年の3歳牝馬の強いこと!
レースっぷりもさながら、馬体もかなり垢抜けている馬が多い印象です。

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さて、ヴィクトリアマイル!
先週と同じ舞台で、今度は古馬牝馬たちの女王決定戦です。

☆ヴィクトリアマイル うまみデータ☆

・関西馬中心
・基本的には内枠が優勢
・G1でも活躍できる能力の高さ
・リピーター多し
・SS系×Northern dancer系

能力の高い馬が、順当に勝つレースだと思っているのですが、1番人気は過去10年で3勝と、信頼度は低め。
毎年わりかし豪華なメンバーが揃うことが多いので、人気がバラけるのでしょう。
勝ち馬は、クラシックでも活躍できていたり、早い時期から能力を評価されていた馬が多く、オークスでの実績や、前年に好走したリピーターも多いです。

前述のとおり、勝ち馬に関しては元々の能力が高いので、あまり関係なさそうですが、NHKマイル同様、基本は内目の枠がいいと思います。

血統は、なかなか面白い感じで、母父がマイナー種牡馬だったり、あまり日本に根付かなかったような牝系が爆走したりします。

ファミリーナンバーの信頼度が高いのは16号族で、7割が馬券になっているのですが、去年のストレイトガールを筆頭に、3頭の馬だけで記録されています。

次いで、1号族。
こちらは、勝ちきれないものの、全て別の馬が記録した数字なので、面白いかもしれません。

1号族は、ヨーロッパで1番走ると言われているとおり、数も多く、日本ではキレというよりもスタミナが生きる牝系になっています。
ここでは、急坂強い4号族なども好走していますから、ヴィクトリアマイルは、スピードよりも、スタミナを要する舞台なのでしょう。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪


*ミッキークイーン
去年は1番人気で2着。
前哨戦を勝って、今年は万全の状態で持ってきました。
牝馬限定戦で崩れることは少なく、このメンバーの中でも、トップクラスの力を持っていると思います。

*レッツゴードンキ
ミッキークイーンと同世代の桜花賞馬が、府中で再戦。
それだけで胸が熱くなります。
長く不振が続きましたが、今の末脚を生かすレーススタイルが、ようやく定着してきました。
4号族でパワーもあり、面白い馬です。
相変わらず気性はブッ飛んでますが(笑)

*スマートレイアー
昨年は6歳にして4着。
京都記念はサトノクラウンに敗れたものの0.2秒差と
勝負強いところを見せてくれました。
年齢的なものはさほど感じません。
去年も同じ7歳馬が勝っていますしね♪

*ルージュバック
G1を勝てるだけの能力はある馬ですし、ハマった時の脚は
現役馬の中でもかなりのものだと思うのですが…。
勝率の高い16号族で、ここは大チャンスなんで頑張ってほしいです!

*クイーンズリング
去年はエリザベス女王杯を勝ち、香港にも挑戦。
若い頃は、詰めの甘いところがありましたが、
少しずつ名牝の風格が出てきた感じがします。
血統的にも本質は、長いところ向きなのです。
でも、スピード競馬にも対応できる馬ですよ。良馬場で!

*アドマイヤリード
前走、阪神牝馬Sで2着。
期待の高かった馬が、今ぐんぐん成長している感じです♪
阪神牝馬からのローテは、好走馬が多く、理想的。
母父がニューメラスと、ちょっとマイナーなところもツボです(*´ェ`*)

*ジュールポレール
この馬も、成長期に入ってきました。
昨年10月から条件戦を3連勝。
アドマイヤリードに先着していたり、重賞初挑戦だった前走で3着だったりと
毎回なかなかの能力の高さを見せつけてくれます。
兄にマイルCSを勝ったサダムパテック。
血が騒ぐ舞台かもしれません(*´ω`)

*ウキヨノカゼ
スプリンターズSで3着の実績あり。
前走は福島の短い直線で、ギリギリ差し切るなど勝負強い馬。
この馬も、もう7歳なのですが怖い存在です。

*ソルヴェイグ
桜花賞以来のマイル戦。
もう少し短いところが得意な馬だとは思いますが、展開ひとつかな。
トニービンの血が、東京で開花してほしいと夢見てしまうのは時代遅れかな?

*フロンテアクイーン
人気薄を狙ってみたい1号族。
登録馬では、この馬だけですね。
1800mの実績があるのも好材料です!


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週は5/13(土)20:00~22:00に放送予定です。

ゲストは、machikoさんだよ♪
タイムシフト予約、お願いいたします☆

うまみガールズ、春の予想勝負も始まりました。
こちらもぜひ応援してください!
お楽しみに!
コメント待ってまーす♪

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヴィクトリアマイルのレース結果

芝1600m / 天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

11223344556677888
1234567891011121314151617 馬番
アットザシーサイド スマートレイアー ジュールポレール ソルヴェイグ アドマイヤリード アスカビレン ルージュバック クイーンズリング オートクレール デンコウアンジュ ミッキークイーン ウキヨノカゼ ヒルノマテーラ レッツゴードンキ フロンテアクイーン クリノラホール リーサルウェポン 馬名
牝4牝7牝4牝4牝4牝5牝5牝5牝6牝4牝5牝7牝6牝5牝4牝4牝6 性齢
5555555555555555555555555555555555 斤量
田辺 武豊 川田 ルメール 池添 戸崎圭 Mデムーロ 蛯名 浜中 吉田隼 四位 岩田 北村宏 北村友 内田博 騎手
1243511310617279141181516 着順

ヴィクトリアマイルの最新情報

ヴィクトリアマイルとは

ヴィクトリアマイル(Victoria Mile)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の「ヴィクトリア(Victoria)」は、ローマ神話に登場する勝利の女神。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞。 競走馬生産の原点である牝馬は従来、早期に引退させて生産界へ戻すべきと考えられており、古馬牝馬にとって目標となる競走も長らく設けられていなかった。その後1996年にエリザベス女王杯が条件変更され、4歳(現3歳)以上牝馬のGI競走として行われるようになってからは、牝馬重賞競走の増設やローテーションの整備など競馬番組の充実が図られるようになり、競走馬として長く活躍する牝馬が多くなった。一方、こうして長く現役として活躍した牝馬からも優秀な産駒が誕生するようになったことにより生産界の考え方にも変化が生じてきたほか、ヨーロッパでも競走馬としての牝馬の価値を重視する傾向が強まってきた。引用元:Wikipedia ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルの最終オッズ

馬名 単勝
ミッキークイーン1.9
ルージュバック7.6
レッツゴードンキ7.9
スマートレイアー8.9
クイーンズリング9.4
アドマイヤリード13.5
ジュールポレール17.5
ウキヨノカゼ37.8
ソルヴェイグ43.6
アスカビレン45.3
デンコウアンジュ67.9
フロンテアクイーン89.2
アットザシーサイド107.2
オートクレール142.3
リーサルウェポン177.1
クリノラホール225.9
ヒルノマテーラ312.7
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

ヴィクトリアマイル記事一覧

ヴィクトリアマイル (2017年) 『断然人気のミッキークイーンが敗れる』

ヴィクトリアマイル(2017年)は、断然の1番人気に推されたミッキークイーン(浜中俊)が7着に敗れ、波乱の決着となった。 その波乱のヴィクトリアマイル(2017年)を制したのは、6番人気のアドマイヤリード(ルメール)であ […]

2017/05/19 (金)

ヴィクトリアマイル (2017年) 『ミッキークイーンが3つめのG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、ヴィクトリアマイル(2017年)である。 ヴィクトリアマイル(2017年)は、17頭が出走登録しており、去年の2着馬ミッキークイーンが人気を集めそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想では、ヴィクト […]

2017/05/9 (火)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

ヴィクトリアマイル 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~ヴィクトリアマイル~』

こんばんは! 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! NHKマイルは、今年も波乱の決着! 2番人気に支持されたアエロリットが、桜花賞5着から巻き返しました*\(^o^)/* スタートも良かったし、クロフネ産駒&ノリ […]

2017/05/9 (火)

ヴィクトリアマイル (2016年) 『ストレイトガールが連覇達成』

ヴィクトリアマイル(2016年)は、去年の覇者ながらも7番人気止まりであったストレイトガール(戸崎圭太)の連覇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、G1を2勝している実績には敬意を評していたが、去年のヴィクトリアマイル […]

2016/05/19 (木)

ヴィクトリアマイル (2016年) 『ミッキークイーンが3つ目のG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、ヴィクトリアマイル(2016年)である。 ヴィクトリアマイル(2016年)は、春の牝馬女王決定戦ということで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、ヴィクトリアマイル(2016年)に出走する […]

2016/05/10 (火)
ストレイトガールが悲願のG1制覇

ヴィクトリアマイル (2015年) 『ストレイトガールが悲願のG1制覇』

第10回ヴィクトリアマイルは、断然人気のヌーヴォレコルトが6着に敗れ、3連単2000万馬券という大波乱の決着となった。 その大波乱の第10回ヴィクトリアマイルを制したのは、ストレイトガール(戸崎圭太)であった。 競馬理論 […]

2015/05/21 (木)
ヌーヴォレコルトが牝馬同士なら力の違いを見せつけるか?

ヴィクトリアマイル (2015年) 『ヌーヴォレコルトが牝馬同士なら力の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第10回ヴィクトリアマイルである。 第10回ヴィクトリアマイルは、中心馬不在の混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第10回ヴィクトリアマイルに出走する有力各馬の能力をステップレースごと […]

2015/05/15 (金)
ヴィルシーナが逃げ切って連覇を達成

ヴィクトリアマイル (2014年) 『ヴィルシーナが逃げ切って連覇を達成』

第9回ヴィクトリアマイルは、11番人気のヴィルシーナ(内田博幸)の連覇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、去年の覇者である実績を評価していたが、近走の成績があまりにも冴えないため、ヴィルシーナを軽視してしまった。 レ […]

2014/05/23 (金)
スマートレイアーが3連勝で悲願のG1制覇なるか?

ヴィクトリアマイル (2014年) 『スマートレイアーが3連勝で悲願のG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、古馬牝馬のナンバーワン決定戦の第9回ヴィクトリアマイルである。 第9回ヴィクトリアマイルは、メイショウマンボが大阪杯で惨敗してしまったことから、大混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第 […]

2014/05/15 (木)
ヴィルシーナが悲願のG1制覇

ヴィクトリアマイル (2013年) 『ヴィルシーナが悲願のG1制覇』

第8回ヴィクトリアマイルは、1番人気のヴィルシーナ(内田博幸)が勝利を収め、5度目の正直で悲願のG1タイトルを手にした。 競馬理論の競馬予想では、G1で4度の2着という実績から、ジェンティルドンナ不在のメンバー構成ならば […]

2013/05/16 (木)
ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?

ヴィクトリアマイル (2013年) 『ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、第8回ヴィクトリアマイルである。 第8回ヴィクトリアマイルは、不動の女王ジェンティルドンナが不在ということもあり、混戦が予想される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第8回ヴィクトリアマイルに出走す […]

2013/05/10 (金)
ブエナビスタVSアパパネの女王対決

ヴィクトリアマイル (2012年) 『ブエナビスタVSアパパネの女王対決』

今週のメインレースは、牝馬のマイル王決定戦の第6回ヴィクトリアマイルである。第6回ヴィクトリアマイルでは、ブエナビスタとアパパネの女王対決が注目される。そこで、第6回ヴィクトリアマイルに出走する有力各馬の能力をステップレ […]

2012/07/2 (月)
ブエナビスタVSレッドディザイアで決着するか?

ヴィクトリアマイル (2012年) 『ブエナビスタVSレッドディザイアで決着するか?』

今週のメインレースは、第5回ヴィクトリアマイルである。第5回ヴィクトリアマイルでは、去年の牝馬3冠で激戦を演じたブエナビスタ(横山典)とレッドディザイア(四位)との戦いが注目される。そこで、競馬理論の競馬予想 は、第5回 […]

2012/07/2 (月)
ウオッカが去年2着の雪辱を果たせるか?

ヴィクトリアマイル (2012年) 『ウオッカが去年2着の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、牝馬のマイル王決定戦の第4回ヴィクトリアマイルである。第4回ヴィクトリアマイルでは、64年ぶりの牝馬ダービー馬のウオッカ(武豊)が断然人気となりそうである。 ウオッカは、日本ダービーを制覇した後、勝 […]

2012/06/29 (金)
ダービー馬ウオッカの取捨がポイント

ヴィクトリアマイル (2012年) 『ダービー馬ウオッカの取捨がポイント』

今週のメインレースは、春の古馬牝馬ナンバーワン決定戦の第3回ヴィクトリアマイルである。第3回ヴィクトリアマイルでは、ダービー馬ウオッカ(武豊)、オークス馬ローブデコルテ(福永祐一)及び阪神牝馬ステークス馬エイジアンウイン […]

2012/06/29 (金)
カワカミプリンセスはマイルの距離を克服可能か?

ヴィクトリアマイル (2012年) 『カワカミプリンセスはマイルの距離を克服可能か?』

2回東京競馬の最終日となる8日目には、第2回ヴィクトリアマイルが行われる。ヴィクトリアマイルには、多数の一線級の牝馬が出走する。その中でも、カワカミプリンセス(武幸四郎)がヴィクトリアマイルで圧倒的な一番人気となりそうで […]

2012/06/29 (金)
第7回ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル (2012年) 『第7回ヴィクトリアマイル』

今週のメインレースは、 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)である。 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)は、6つめのG1制覇を目指すアパパネが前哨戦で惨敗したこともあり、混戦が予想される。 そこで競馬理論は、第7回 […]

2012/06/29 (金)
ホエールキャプチャが悲願のG1制覇

ヴィクトリアマイル (2012年) 『ホエールキャプチャが悲願のG1制覇』

第7回ヴィクトリアマイル(2012年)は、 ホエールキャプチャ(横山典)の悲願のG1制覇で幕を閉じた。 競馬理論は、 先行馬が少ないメンバー構成で横山騎手が好位を追走させそうな 絶好の展開面を高く評価していたが、 アパパ […]

2012/05/13 (日)
アパパネがブエナビスタを破る

ヴィクトリアマイル (2011年) 『アパパネがブエナビスタを破る』

第6回ヴィクトリアマイルは、アパパネが牝馬で最速となる5勝目のG1勝利という結果で幕を閉じた。 競馬理論は、3冠牝馬の実力を評価しつつも、AコースからBコースへの変更で極端に外が伸びない馬場状態を考慮し、ブエナビスタとの […]

2011/05/15 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪