予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > ヴィクトリアマイル

今週の重賞レース
■ 京王杯SCページ
https://www.keibariron.com/database/keiouhaispringcup
■ 京都ハイジャンプ

主なローテーション
■ 高松宮記念ページ
https://www.keibariron.com/database/takamatumiyakinen
■ 大阪杯ページ
https://www.keibariron.com/database/oosakahai
■ 阪神牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/hanshinhinbastakes
■ 福島牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/hukushimahinbastakes

友だち追加

2018年 ヴィクトリアマイルの最新予想情報

ヴィクトリアマイルの最終オッズ

馬名 単勝
リスグラシュー4.3
アドマイヤリード5
アエロリット5.3
ミスパンテール7.9
ソウルスターリング11.4
レッツゴードンキ11.7
レッドアヴァンセ12.1
ジュールポレール19.4
レーヌミノル22.7
カワキタエンカ29.3
デンコウアンジュ33
○外ラビットラン34.3
デアレガーロ40.9
ワントゥワン68.4
メイズオブオナー106.3
エテルナミノル123.9
○外リエノテソーロ180.8
クインズミラーグロ258.2
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

ヴィクトリアマイルのレース結果

芝1600m / 天気:雨 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
レッツゴードンキ ミスパンテール○外ラビットラン ジュールポレール レーヌミノル レッドアヴァンセ カワキタエンカ クインズミラーグロ ソウルスターリング アエロリット アドマイヤリード エテルナミノル ワントゥワン○外リエノテソーロ デアレガーロ リスグラシュー デンコウアンジュ メイズオブオナー 馬名
牝6牝4牝4牝5牝4牝5牝4牝6牝4牝4牝5牝5牝5牝4牝4牝4牝5牝4 性齢
555555555555555555555555555555555555 斤量
岩田 横山典 川田 和田 北村友 大野 藤岡康 ルメール 戸崎圭 Mデムーロ 四位 藤岡佑 吉田隼 池添 武豊 蛯名 福永 騎手
651311031418748179151621211 着順

ヴィクトリアマイル記事一覧

うまみちゃんねるのヴィクトリアマイル最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは!
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

NHKマイルは、今年も波乱の決着!
2番人気に支持されたアエロリットが、桜花賞5着から巻き返しました*\(^o^)/*
スタートも良かったし、クロフネ産駒&ノリさんのコンビで、数年前のクラリティスカイを彷彿とさせるような勝ち方でした♪
菊沢先生もG1初勝利と、嬉しい1日に。

2着には13番人気のリエノテソーロ!
ダートの競走ですが、唯一のG1馬は、やっぱり強かった。
こういう馬が来るのが、NHKマイルなんですよね…。
武井先生も「本質はダート馬だけど、能力は相当高い」と仰っていたとおり、今後がとても楽しみな馬です。

しかし、今年の3歳牝馬の強いこと!
レースっぷりもさながら、馬体もかなり垢抜けている馬が多い印象です。

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さて、ヴィクトリアマイル!
先週と同じ舞台で、今度は古馬牝馬たちの女王決定戦です。

☆ヴィクトリアマイル うまみデータ☆

・関西馬中心
・基本的には内枠が優勢
・G1でも活躍できる能力の高さ
・リピーター多し
・SS系×Northern dancer系

能力の高い馬が、順当に勝つレースだと思っているのですが、1番人気は過去10年で3勝と、信頼度は低め。
毎年わりかし豪華なメンバーが揃うことが多いので、人気がバラけるのでしょう。
勝ち馬は、クラシックでも活躍できていたり、早い時期から能力を評価されていた馬が多く、オークスでの実績や、前年に好走したリピーターも多いです。

前述のとおり、勝ち馬に関しては元々の能力が高いので、あまり関係なさそうですが、NHKマイル同様、基本は内目の枠がいいと思います。

血統は、なかなか面白い感じで、母父がマイナー種牡馬だったり、あまり日本に根付かなかったような牝系が爆走したりします。

ファミリーナンバーの信頼度が高いのは16号族で、7割が馬券になっているのですが、去年のストレイトガールを筆頭に、3頭の馬だけで記録されています。

次いで、1号族。
こちらは、勝ちきれないものの、全て別の馬が記録した数字なので、面白いかもしれません。

1号族は、ヨーロッパで1番走ると言われているとおり、数も多く、日本ではキレというよりもスタミナが生きる牝系になっています。
ここでは、急坂強い4号族なども好走していますから、ヴィクトリアマイルは、スピードよりも、スタミナを要する舞台なのでしょう。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪


*ミッキークイーン
去年は1番人気で2着。
前哨戦を勝って、今年は万全の状態で持ってきました。
牝馬限定戦で崩れることは少なく、このメンバーの中でも、トップクラスの力を持っていると思います。

*レッツゴードンキ
ミッキークイーンと同世代の桜花賞馬が、府中で再戦。
それだけで胸が熱くなります。
長く不振が続きましたが、今の末脚を生かすレーススタイルが、ようやく定着してきました。
4号族でパワーもあり、面白い馬です。
相変わらず気性はブッ飛んでますが(笑)

*スマートレイアー
昨年は6歳にして4着。
京都記念はサトノクラウンに敗れたものの0.2秒差と
勝負強いところを見せてくれました。
年齢的なものはさほど感じません。
去年も同じ7歳馬が勝っていますしね♪

*ルージュバック
G1を勝てるだけの能力はある馬ですし、ハマった時の脚は
現役馬の中でもかなりのものだと思うのですが…。
勝率の高い16号族で、ここは大チャンスなんで頑張ってほしいです!

*クイーンズリング
去年はエリザベス女王杯を勝ち、香港にも挑戦。
若い頃は、詰めの甘いところがありましたが、
少しずつ名牝の風格が出てきた感じがします。
血統的にも本質は、長いところ向きなのです。
でも、スピード競馬にも対応できる馬ですよ。良馬場で!

*アドマイヤリード
前走、阪神牝馬Sで2着。
期待の高かった馬が、今ぐんぐん成長している感じです♪
阪神牝馬からのローテは、好走馬が多く、理想的。
母父がニューメラスと、ちょっとマイナーなところもツボです(*´ェ`*)

*ジュールポレール
この馬も、成長期に入ってきました。
昨年10月から条件戦を3連勝。
アドマイヤリードに先着していたり、重賞初挑戦だった前走で3着だったりと
毎回なかなかの能力の高さを見せつけてくれます。
兄にマイルCSを勝ったサダムパテック。
血が騒ぐ舞台かもしれません(*´ω`)

*ウキヨノカゼ
スプリンターズSで3着の実績あり。
前走は福島の短い直線で、ギリギリ差し切るなど勝負強い馬。
この馬も、もう7歳なのですが怖い存在です。

*ソルヴェイグ
桜花賞以来のマイル戦。
もう少し短いところが得意な馬だとは思いますが、展開ひとつかな。
トニービンの血が、東京で開花してほしいと夢見てしまうのは時代遅れかな?

*フロンテアクイーン
人気薄を狙ってみたい1号族。
登録馬では、この馬だけですね。
1800mの実績があるのも好材料です!


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週は5/13(土)20:00~22:00に放送予定です。

ゲストは、machikoさんだよ♪
タイムシフト予約、お願いいたします☆

うまみガールズ、春の予想勝負も始まりました。
こちらもぜひ応援してください!
お楽しみに!
コメント待ってまーす♪

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヴィクトリアマイルの最新情報

ヴィクトリアマイルとは

ヴィクトリアマイル(Victoria Mile)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の「ヴィクトリア(Victoria)」は、ローマ神話に登場する勝利の女神。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞。 競走馬生産の原点である牝馬は従来、早期に引退させて生産界へ戻すべきと考えられており、古馬牝馬にとって目標となる競走も長らく設けられていなかった。その後1996年にエリザベス女王杯が条件変更され、4歳(現3歳)以上牝馬のGI競走として行われるようになってからは、牝馬重賞競走の増設やローテーションの整備など競馬番組の充実が図られるようになり、競走馬として長く活躍する牝馬が多くなった。一方、こうして長く現役として活躍した牝馬からも優秀な産駒が誕生するようになったことにより生産界の考え方にも変化が生じてきたほか、ヨーロッパでも競走馬としての牝馬の価値を重視する傾向が強まってきた。引用元:Wikipedia ヴィクトリアマイル

友だち追加
無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!
競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!
メールアドレス: