14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > チューリップ賞 > 2019年チューリップ賞の予想解説動画を公開しました。

2019年チューリップ賞「2019年チューリップ賞の予想解説動画を公開しました。」

2019/03/01 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年03月03日(日)
チューリップ賞 -G2- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3500万

チューリップ賞の解説


こんにちは、予想屋マスターです。
今週は、第26回チューリップ賞について解説をしたいと思います。
チューリップ賞ですが、頭数が13頭とあんまり揃わなかったことと、どちらかというとダノンファンタジーとシェーングランツ二頭で一本かぶりになりそうなレースかな、と思っております。

アルテミスステークス


それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、一つ目がアルテミスステークスですね。
このメンバーからは、勝ったシェーングランツが出走してきます。
ま、下にもですね、6着のサムシングジャストあたりもいるんですが、まあ、シェーングランツを中心見ていいけばいいのかなと思います。
でどちらかというとですね、内目が伸びる馬場を中団よりややコース後方の、少し内目から外に持ち出すような感じで脚を溜めて、直線大外から差し切るといった非常に強い内容でした。なのでこの内容を見るとですね、
アルテミスステークス組からはシェーングランツを上位に取ればいいのかな、というふうに思います。

阪神ジュベナイルフィリーズ


次ですね。阪神ジュベナイルフィリーズですね。
このメンバーからは勝ったダノンファンタジー。
あとですね、4着のシェーングランツあたりが出走してきます。
で、ダノンファンタジーがいつもより後方。後方の外目で構えて直線、外から差し切るといった内容です。
実はですね、2着のクロノジェネシスに外から一旦かわされそうになったんですが、もう1回差し替えて半馬身先着ということで、勝負強さを見せた非常に強い内容だったのかなと思います。
で、0.3秒差でシェーングランツがいるんですが、後方の内目で脚を溜めていたのはいいんですが、直線前をさばくのにちょっと苦労しての4着なので、スムーズな競馬ができれば、もうちょっと差を詰めてもおかしくないのかな、という感じがしています。
あとですね、6着のメイショウショウブが出走してきてるんですが、2番手から流れ込んでの6着、といったところですね。
で、これをどう見るかなんですが、見ていただくと解りますけど、1着から4着までがですね、もう15番とか16番とか、後方にいた馬が上位を独占している中、先行して粘り込んだことは高い評価に値するのかな、と。
かつですね、今回、この時よりは先行馬が少なくて、楽な展開になるという点も、メイショウショウブには味方するのかな、というふうに思っております。

シンザン記念


次、シンザン記念ですね。
このメンバーからは、9着に敗れたドナウデルタが出走してきます。
ドナウデルタはですね、好位の馬込の中にいたんですが、直線前が壁になって競馬にならなかったと見れば度外視可能なんですが、ただ、ここ、前が空いてからもですね、いい脚を使えなかったので、そういう意味ではちょっと力が足りなかったという見方もできるので、この馬は抑え程度の評価を与えれば充分なのかな、という感じがしています。

エルフィンステークス


最後、エルフィンステークスですね。このメンバーからは2着のブランノワール、あと3着のノーブルスコアが出走してきます。
で、ブランノワールとノーブルスコアは、どちらかと言うと好位ですね。二番手からの馬が2着のブランノワールと。で、3着のノーブルスコアは、その後ろの好位のインで3着、と。
で、後方にいた1番のアクアミラビリスに楽に差されてしまったことを考えると、スローでもうちょっと頑張ってもいいかなと見れば、やはりですね、阪神ジュベナイルフィリーズ組が上という評価でいいのかなというふうに思っております。
展開をお見せしながら解説をすると、先程お話したようにですね、メイショウショウブがどうも単騎で逃げを打てそうという意味では、展開面でこれがかなり有利に働くのかな、というふうに思っております。
あとですね、そこに実力のあるダノンファンタジー、シェーングランツあたりが追い込んでくる、といった展開になるのかなと思っています。

ダノンファンタジー


ちょっと内から見ていきますが、ダノンファンタジー。ダノンファンタジー、まあ、1枠1番なんですが、前回かなり後方から行ったんですけど、まあ、川田ジョッキーが乗るともうちょっと前に行くかな、という感じもしています。
なので、前が詰まらなければ、かなり好走する可能性が高いのかなと思っています。
2番はちょっと厳しい。で、このエルフィンステークス組をどう評価するかなんですが、まあ、好位から競馬をしてこういう絶好位に入れば、展開的には若干注意が必要かな、と思います。 4番は厳しい。

メイショウショウブ


単騎逃げ濃厚なので、その意味では阪神ジュベナイルの上位二頭、人気馬二頭ですね。
ダノンファンタジー、シェーングランツに一泡吹かせても、展開面ではおかしくない、という評価でいいかなと思います。

シェーングランツ


アルテミスステークスではかなり強かったので、展開次第で社このダノンファンタジーとかなりきわどい競馬をしてもおかしくないかな、と思っています。

ノーブルスコア


前回をどう見るかなんですが、まぁ前回の3着、もうちょっと走って欲しかったな、という内容なので、ま、ブランノワールと互角ですから、阪神ジュベナイルフィリーズ組が能力を出し切れなかったときに抑え程度の評価かな、というふうに思っています。
8番は厳しい。9番も前回、スローの逃げが止まったので厳しいでしょう。
10も11も厳しいですね。アルテミスステークス組を考えると、シェーングランツが上という評価でいいかなと思います。

ドナウデルタ


前回不利があったので、多少注意は必要ですが、この枠順で追い込みなので、ちょっとどうかな、という感じですね。
13番は厳しい、といった評価です。
一応13頭、このように分析しております。
で、馬券的にはですね、当然ダノンファンタジー、1番、6番の2頭がかなり強いので、馬券的にはあまり買うレースじゃない。
そこにですね、展開面でメイショウショウブがどこまで残るか。この3頭の三つ巴に、エルフィンステークスの2、3着馬ですね。
3、7あたりが、ということなので、まぁ馬券的にもですね、これ、あんまり面白くないので、チューリップ賞に関してはですね、そんなに買わずに桜花賞を占うという意味でレースを見て頂ければいいのかな、というふうに思っております。
チューリップ賞の解説は以上です。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください