14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > チューリップ賞 > 無敗の2歳女王レシステンシアが始動!
2020/03/04
予想屋マスター

出走日:2020年03月08日(日)
チューリップ賞 -G2- 阪神競馬場/芝外1600m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:3500万

2020年チューリップ賞 無敗の2歳女王レシステンシアが始動!

今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬があったチューリップ賞(2020年)の予想について解説する。

 

チューリップ賞は、桜花賞のステップレースというだけでなく、クラシック3冠全てに最も直結している。

 

阪神ジュベナイルフィリーズを圧勝したレシステンシア(北村友一)が単勝1倍台の断然の1番人気となりそうだが、目標が先ということもあり波乱の可能性もなくはない。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、チューリップ賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ組

1着のレシステンシア(北村友一)・2着のマルターズディオサ(田辺裕信)・3着のクラヴァシュドール(ミルコデムーロ)・4着のウーマンズハート(藤岡康太)の合計4頭が出走を予定している。

 

レシステンシア

阪神ジュベナイルフィリーズの勝利という結果は、インが有利な馬場に恵まれたことは確かだが、速いラップで逃げて後続を5馬身も千切っており、力の違いを見せつけた。

 

よって、チューリップ賞の予想では、3戦3勝で能力的に底を見せていないレシステンシアに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

マルターズディオサ

阪神ジュベナイルフィリーズの2着という結果は、好位を追走して粘り込んでおり、レシステンシアにこそ離されてしまったものの、しぶとく連対を確保した。

 

よって、チューリップ賞の予想では、マルターズディオサにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

クラヴァシュドール

阪神ジュベナイルフィリーズの3着という結果は、中団で脚をためて外からいい脚を使ったが、上位2頭には届かなかった。

 

ただし、イン有利の馬場を考慮すると、レシステンシアと5馬身の着差ほどの能力差はない。

 

よって、チューリップ賞の予想では、クラヴァシュドールにもかなり高い評価を与えるべきである。

 

ウーマンズハート

阪神ジュベナイルフィリーズの4着という結果は、好位のインを追走したものの、思ったほど伸びず、レシステンシアには離されてしまった。

 

ただし、ウーマンズハートは、新潟2歳ステークスを制しているように、スローの瞬発力勝負ならばもう少し走れる。

 

よって、チューリップ賞の予想では、もう少しペースが落ち着くようであれば、ウーマンズハートがレシステンシアとの差をつめてもおかしくないと判断すべきである。

 

フェアリーステークス組

1着のスマイルカナ(丹内祐次)・2着のチェーンオブラブ(石橋脩)の合計2頭が出走登録している。

 

スマイルカナ

フェアリーステークスの勝利という結果は、最内枠から楽に逃げる展開に恵まれたものだが、自分の競馬さえできればしぶといことも示した。

 

よって、チューリップ賞の予想では、スマイルカナの逃げ粘りに注意を払うべきだが、レシステンシアに厳しくマークされそうな展開面を考慮すると、過大評価は禁物である。

 

チェーンオブラブ

フェアリーステークスの2着という結果は、外を回っていい脚を使ったが、楽に逃げたスマイルカナと捕らえきれなかった。

 

ただし、中山の前が残りやすい馬場状態を考慮すると、レース内容としては互角である。

 

よって、チューリップ賞の予想では、差しも届く今の阪神の馬場を考慮すると、チェーンオブラブがスマイルカナを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

 

こぶし賞組

2着のギルデッドミラー(福永祐一)が出走を予定している。

 

ギルデッドミラー

こぶし賞の2着という結果は、折り合いを欠いて早めに先頭にたった分だけ差されてしまっただけであり、レース内容としては勝ちに等しい。

 

ただし、こぶし賞は、阪神ジュベナイルフィリーズ組と比べるとかなりレベルの低い一戦であったことも確かである。

 

よって、チューリップ賞の予想では、急激なメンバー強化を考慮すると、ギルデッドミラーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

白菊賞組

1着のショウリュハル(松若風馬)が出走登録している。

 

ショウリュウハル

白菊賞の勝利という結果は、スローペースの行ったきりの展開で2番手から抜け出したものであり、レース内容としての価値は高くない。

 

よって、チューリップ賞の予想では、ショウリュウハルに高い評価は不要である。

 

以上、チューリップ賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、チューリップ賞(2020年)の最終的な予想を決断する。

 


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>