TOP > レース予想 > 七夕賞 > アルバートドックが二つ目の重賞制覇
2016/07/14 2017/06/20

【 七夕賞2016予想】 アルバートドックが二つ目の重賞制覇

出走日:2016年07月17日(日)
七夕賞(G3)/福島競馬場/芝2000m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:4000万円


第52回七夕賞は、3番人気のアルバートドック(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じ、二つ目の重賞をゲットした。
競馬理論の競馬予想では、小倉大賞典制覇の実績と着順以上に強い近走の内容から、アルバートドックにも高い評価を与えていたが、スタートに難があるので、福島コースでは本命にできなかった。
レースでは、アルバートドックは、スタートを決めると、中団の馬群の中で脚をためた。
そして、アルバートドックは、3コーナー過ぎから徐々にポジションを上げると、直線ではあっという間に抜け出し、第52回七夕賞を制覇した。
アルバートドックの第52回七夕賞の勝利という結果は、ハイペースを早め追走で自ら勝ちに行く強い内容であった。
よって、第52回七夕賞以降の重要戦線の競馬予想においても、アルバートドックに高い評価を与えて当然だが、出遅れ癖があることも頭に入れておくべきである。

一方、第52回七夕賞では5番人気の8歳馬ダコール(小牧太)が2着に入った。
ダコールは、中団よりやや後方の内で脚をため、アルバートドックをマークするようにポジションを上げて、マッチレースに持ち込んだが、半馬身だけ届かず、2着止まりであった。
ダコールの第52回七夕賞の2着という結果は、道中ロスのない競馬に恵まれたものではあるが、8歳馬ながらも衰えなく堅実にいい脚を使うことを改めて示した。
よって、第52回七夕賞以降の重賞戦線の競馬予想においても、ダコールにそれなりの高い評価を与えるべきであり、特に差しが届くような馬場や展開になるようであれば更に評価を上げるべきである。

一方、第52回七夕賞では11番人気のオリオンジャパン(内田博幸)が3着に追い込んだ。
オリオンジャパンは、集団から離れた後方2番手を追走し、3~4コーナーでは馬場の内目からスルスルと押し上げ、直線でも上がりナンバーワンの脚を使って、3着を確保した。
オリオンジャパンの第52回七夕賞の3着という結果は、芝で2戦目というキャリアを考えれば立派だが、ハイペースとコースロスのない競馬にかなり恵まれたことも確かである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、オリオンジャパンに第52回七夕賞3着馬ほどの高い評価は不要である。

以上のように、第52回七夕賞は、アルバートドックの勝利で幕を閉じた。

競馬理論のファンの方は、今後のサマー2000シリーズにおいてもアルバートドックの走りに期待して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

フェーングロッテンが古馬重賞初制覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して22頭もの出走登録馬があった七夕賞(2023年)の予想について解説する。   七夕賞は、サマー2000シ 続きはこちら
ヒートオンビートが悲願の重賞初制覇なるか?
ヒートオンビートが悲願の重賞初制覇なるか?  今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった七夕賞(2022年)の予想について解説する。 七夕賞は、サマー2000シリーズ 続きはこちら
クレッシェンドラヴの連覇なるか?
クレッシェンドラヴの連覇なるか?  今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった七夕賞(2021年)の予想について解説する。 七夕賞は、サマー2000シリーズ 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.