リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日21:00より先着順募集中

【 七夕賞2021予想 】 クレッシェンドラヴの連覇なるか?

2021/07/06
2021/07/09
出走日:2021年07月11日(日)
七夕賞(G3)/福島競馬場/芝2000m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:4000万円

 

今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった七夕賞(2021年)の予想について解説する。

 

七夕賞は、サマー2000シリーズの第1戦である。

 

七夕賞では、ハンデ戦の重賞である上に一線級不在で、混戦模様である。

 

連覇を狙うクレッシェンドラヴが人気となりそうだが、58キロのハンデということもあり、波乱もあり得る。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、七夕賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは大阪杯組

11着のクレッシェンドラヴ(内田博幸)が出走登録している。

 

クレッシェンドラヴ

大阪杯の11着という結果は、メンバーが強すぎた上に道悪だったこともあり度外視可能である。

 

なお、クレッシェンドラヴは、福島記念及び七夕賞を制しているように、福島の2000mは得意な舞台である。

 

よって、七夕賞の予想においては、58キロのトップハンデであっても、クレッシェンドラヴの連覇もありうると判断すべきである。

 

鳴尾記念組

2着のショウナンバルディ(岩田康誠)・7着のクラージュゲリエ(吉田隼人)の合計2頭が出走を予定している。

 

ショウナンバルディ

鳴尾記念の2着という結果は、スローペースの行ったきりの展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は高くない。

 

よって、七夕賞の予想においては、先行馬が揃ったメンバー構成を考慮すると、ショウナンバルディに高い評価は不要である。

 

クラージュゲリエ

鳴尾記念のレース内容は見所がなかった。

 

よって、七夕賞の予想においては、クラージュゲリエにも高い評価は不要である。

 

福島民報杯組

13着のヴァンケドミンゴ(酒井学)が出走登録している。

 

ヴァンケドミンゴ

福島民報杯の13着という結果は、極悪馬場で能力を発揮できなかっただけで度外視可能である。

 

なお、ヴァンケドミンゴは、七夕賞3着や福島記念で2着など、福島2000mは最も得意な条件である。

 

よって、七夕賞の予想においては、ヴァンケドミンゴの巻き返しに注意を払うべきである。

 

日経賞組

9着のアールスター(長岡)が出走を予定している。

 

アールスター

日経賞の9着という結果は、力負けであったが、メンバーが強すぎたことも確かである。

なお、アールスターは、小倉記念勝ちの実績などがあり、夏場のG3であれば、能力的にも互角である。

 

よって、七夕賞の予想においては、アールスターにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

安田記念組

5着のトーラスジェミニ(戸崎圭太)が出走登録している。

 

トーラスジェミニ

安田記念の5着という結果は、グランアレグリアなど一線級が揃っていたことを考慮すると、立派である。

 

また、トーラスジェミニは、オープン特別を3勝もしており、マイペースで先行できればしぶとい。

 

よって、七夕賞の予想においては、楽に先行できるようであれば、トーラスジェミニの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

 

都大路ステークス組

1着のマウントゴールド(岩田望)が出走を予定している。

 

マウントゴールド

都大路ステークスの勝利という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたものだが、58キロで押し切ったことは立派である。

 

よって、七夕賞の予想においては、気分良く先行できる展開になるようであれば、マウントゴールドにもそれなりの評価を与えるべきだが、先行馬が揃ったメンバー構成を考慮すると、押さえ程度の評価にとどめるべきである。

 

富士ステークス組

8着のワーケア(田辺裕信)が出走登録している。

 

ワーケア

富士ステークスの8着という結果は、見せ場すらなく伸びを欠いた。

 

なお、ワーケアは、ホープフルステークスで3着の実績があることから、いつも人気になるが、4歳世代のレベルの低さに恵まれたと考えると、人気先行タイプである。

 

よって、七夕賞の予想においては、ワーケアにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

エプソムカップ組

8着のワンダープチュック(津村明秀)が出走を予定している。

 

ワンダープチュック

エプソムカップの8着という結果は、見せ場すらなかったが、出遅れた割には着順ほど大きく負けたわけではない。

 

よって、七夕賞の予想においては、前崩れの展開になるようであれば、ワンダープチュックにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

以上、七夕賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、七夕賞(2021年)の最終的な予想を決断する。

 

 

教えてマスターQ&A 七夕賞編

2021年七夕賞に関する以下の質問に予想屋マスターが 【教えてマスターQ&A・七夕賞・2021】で答えています。こちらの記事とあわせてご覧ください。

過去10年の連対馬一覧表

年度

馬番

馬名

馬齢

人気

騎手

ハンデ

2020

1

3

クレッシェンドラヴ

6

3

内田博

57

2

13

ブラヴァス

4

7

福永祐

55

3

12

ヴァンケドミンゴ

4

6

酒井学

54

2019

1

12

ミッキースワロー

5

3

菊沢一

57.5

2

15

クレッシェンドラヴ

5

2

内田博

55

3

9

ロードヴァンドール

6

12

横山典

55

2018

1

4

メドウラーク

7

11

丸田恭

54

2

5

マイネルサージュ

6

4

津村明

55

3

8

パワーポケット

6

12

江田照

50

2017

1

8

ゼーヴィント

4

1

戸崎圭

57

2

11

マイネルフロスト

6

5

柴田大

57

3

12

ソールインパクト

5

7

大野拓

53

2016

1

8

アルバートドック

4

3

戸崎圭

57

2

4

ダコール

8

5

小牧太

58

3

12

オリオンザジャパン

6

11

内田博

53

2015

1

11

グランデッツァ

6

2

川田将

57

2

12

ステラウインド

6

8

蛯名正

56

3

7

マデイラ

6

16

大野拓

52

2014

1

2

メイショウナルト

6

5

田辺裕

56

2

4

ニューダイナスティ

5

10

吉田豊

55

3

7

マイネルラクリマ

6

1

柴田大

58

2013

1

4

マイネルラクリマ

5

1

柴田大

57

2

10

トレイルブレイザー

6

7

北村宏

58

3

2

タガノエルシコ

8

14

田辺裕

55

2012

1

6

アスカクリチャン

5

14

内田博

55

2

5

トーセンラー

4

1

岩田康

57

3

7

ミキノバンジョー

5

7

太宰啓

55

2011

1

15

イタリアンレッド

5

7

中舘英

52

2

10

タッチミーノット

5

2

三浦皇

55

3

2

アニメイトバイオ

4

4

後藤浩

55

出走予定馬

馬名

馬齢

前走

馬名

馬齢

前走

ディアスティマ

4

天皇賞()(G1)6

クレッシェンドラヴ

7

大阪杯(G1)11

ヴァンケドミンゴ

5

福島民報杯(L)13

プレシャスブルー

7

エプソムC(G3)13

トーラスジェミニ

5

安田記念(G1)5

ロザムール

5

福島牝馬S(G3)13

ワーケア

4

富士S(G2)8

   

ワイプティアーズ

6

鳴尾記念(G3)5

   

ショウナンバルディ

5

鳴尾記念(G3)2

   

マウントゴールド

8

都大路S(L)1

   

 

Q1:福島芝2,000mの特徴

福島芝2,000mの特徴を教えてください。七夕賞は毎年荒れているようですが、注意するべきポイントがあれば教えてください。

Q2:脚質別成績(過去20年)

以下、過去20年の脚質別成績です。逃げ先行馬の成績が良いですが、今年前に行きたい馬は、トーラスジェミニ、ディアスティマ、ショウナンバルディ、ロザムール、マウントゴールドなどがいると思います。マスターはどの馬を上位にとりますか?

脚質

着別度数

勝率

連対率

複勝率

回収率

複勝

回収率

逃げ

3-1-2-17

13.0%

17.4%

26.1%

161.7%

93.9%

先行

9-8-6-55

11.5%

21.8%

29.5%

63.3%

161.5%

差し

6-7-9-86

5.6%

12.0%

20.4%

181.4%

84.4%

追込

2-4-4-76

2.3%

7.0%

11.6%

38.4%

43.3%

Q3:福島で好走する馬

ヴァンケドミンゴは昨年の福島記念2着、昨年の七夕賞3着ほか、福島競馬は全て馬券内に来ています。また、クレッシェンドラヴは昨年の七夕賞勝ち馬で、福島競馬では全て連対しています。この2頭は福島巧者として評価を上げたほうがいいのでしょうか?

Q4:ワーケアの評価

富士S(G2)で8番人気8着、新潟記念(G3)で1番人気10着のワーケアについて。この2走は出遅れもありましたが、今まで人気以上に走っていません。ルメール騎手が騎乗で過剰人気になっていただけでしょうか?いつもマスターは『4歳世代は弱い』と言っていますが、マスターの評価を教えてください。また、今回は田辺騎手が騎乗するそうですが、田辺騎手は福島競馬は好成績です(表参考)。ローカル開催は地元の騎手が強いというのはあるのでしょうか?

 

1

2

3

着外

出走

勝率

連対

複勝

単回

複回

22

19

10

68

119

18.5

34.5

42.9

114

103

ダート

15

14

9

49

87

17.2

33.3

43.7

115

115

Q5:都大路Sと鳴尾記念組の評価

以下、都大路Sと鳴尾記念から出走予定馬のマウントゴールド、ショウナンバルディ、ワイプティアーズの成績一覧です。斤量58キロでショウナンバルディに先着したマウントゴールドが上とみていいのでしょうか?また鳴尾記念勝ち馬のユニコーンライオンは宝塚記念2着、ショウナンバルディはブラストワンピースやペルシアンナイトより先着していることから、力があると見るか、逆に超スローだったので、能力分析としてはあてにならないと見るか、どちらでしょうか?

脚質

着順

馬番

勝率

馬齢

斤量

人気

都大路S(L)
【2021.05.15 中京芝2,000m】

1

12

マウントゴールド

牡8

58

7

2

11

ショウナンバルディ

5

56

3

10

6

ワイプティアーズ

6

56

5

鳴尾記念(G3)
【2021.06.05 中京芝2,200m】

2

8

ショウナンバルディ

5

56

5

5

ワイプティアーズ

6

56

12

Q6:メイショウチタンの評価

福島牝馬S(G3)で5番人気13着のロザムールが出走予定です。2番手追走で、逃げたディアンドルと直線で競り合いましたが脚が止まってしまいました。前々走の中山牝馬S(G3)は逃げて最後追い込んできたランブリングアレーと接戦、ハナ差の2着でした。今回は逃げ先行馬が多いのですが、マスターの評価を教えてください。また、中山牝馬Sは雨の不良馬場でしたが、道悪適正があると思って雨が降ればプラスと考えていいでしょうか?

 


只今、会員人数を制限しており、
毎週金土日に限り21:00よりプロプランを先着販売しております。



※メルマガ登録済でログイン中は3分前に先行募集

今週の重賞レース
■ プロキオンステークスページ
https://www.keibariron.com/database/procyonstakes

七夕賞の記事一覧

もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください