TOP > レース予想 > 七夕賞 > グランデッツァが久々の重賞制覇
2015/07/16 2017/06/20

【 七夕賞2015予想】 グランデッツァが久々の重賞制覇

出走日:2015年07月19日(日)
七夕賞(GⅢ)/福島/別定/2000m(右・芝)

第51回七夕賞は、2番人気のグランデッツァ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、金鯱賞はレベルが高い一戦ではあったものの好位のインを追走しながら思ったほど伸びなかったグランデッツァに実績で高い評価を与えつつも、本命にすることは出来なかった。

レースでは、グランデッツァは、先行集団の外目を追走し、直線で早めに先頭に立つとそのまま押し切り、第51回七夕賞を制覇した。

グランデッツァの第51回七夕賞の勝利という結果は、早め先頭で2着に1馬身以上の差をつけており、ローカルの重賞では力が違うところを見せつけた。

よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においても、先行力を生かせる馬場や展開になるようであれば、グランデッツァに高い評価を与えて当然である。

一方、第51回七夕賞では8番人気のステラウインド(蛯名正義)が2着に入った。ステラウインドは、中団の外目を追走し、直線でも外から鋭い脚を使って、2着に追い込んだ。

ステラウインドの第51回七夕賞の2着という結果は、グランデッツァにこそ力負けであったが、福島コースで外から追い込んだことは立派である。

よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においては、第51回七夕賞のような競馬ができればステラウインドにもチャンスがあると判断すべきである。

一方、第51回七夕賞では16番人気のマディラが3着に入り、3連系の馬券で大波乱を演出した。マディラは、好位のインを追走し、直線でも最内からジリジリと伸び、3着を確保した。

マディラの第51回七夕賞の3着という結果は、52キロのハンデとインが若干有利な馬場においてロスのない競馬をさせた大野騎手の好騎乗によるものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においては、第51回七夕賞3着というだけでマディラに高い評価は不要である。

以上のように、第51回七夕賞は、グランデッツァの勝利で幕を閉じた。

競馬理論のファンの方は、混戦のサマー2000シリーズの予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

フェーングロッテンが古馬重賞初制覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して22頭もの出走登録馬があった七夕賞(2023年)の予想について解説する。   七夕賞は、サマー2000シ 続きはこちら
ヒートオンビートが悲願の重賞初制覇なるか?
ヒートオンビートが悲願の重賞初制覇なるか?  今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった七夕賞(2022年)の予想について解説する。 七夕賞は、サマー2000シリーズ 続きはこちら
クレッシェンドラヴの連覇なるか?
クレッシェンドラヴの連覇なるか?  今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった七夕賞(2021年)の予想について解説する。 七夕賞は、サマー2000シリーズ 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.