天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > クイーンステークス

今週から開幕するのは新潟競馬場だけじゃない!
北海道の札幌競馬場に、九州の小倉競馬場。
なんと3会場でマスターの得意な開幕週です (`・ω・´)

また、1000m直線で唯一の重賞であるアイビスサマーダッシュに注目が集まりがちですが・・・
札幌メインのクイーンステークスも凄いメンバーが揃いました!
なんと、NHKマイルカップ馬アエロリットと、ヴィクトリアマイル馬アドマイヤリードが初激突です (*´∀`*)
牝馬重賞で上位続きの古豪クインズミラーグロ、マキシマムドパリなど、2強以外も見所十分!

豪華な2重賞で、マスターの万馬券は飛び出すのでしょうか?
待ち遠しいです (⌒-⌒)

今週の重賞レース
■ アイビスSD
https://www.keibariron.com/database/ibissummerdash



2017年 クイーンステークスの最新予想情報

予想屋マスターのクイーンステークス(2017年)予想分析記事

アエロリットがスピードの違いを見せつける

クイーンステークス(2017年)は、1番人気に推されたヴィクトリアマイル馬アドマイヤリード(ルメール)が6着に敗れ、中波乱の決着となった。
そのクイーンステークス(2017年)を制したのは、3歳馬アエロリットであった。
競馬理論の競馬予想では、3歳牝馬のレベルの高さと牡馬相手のNHKマイルカップの強い内容から、アエロリット(横山典弘)を当然本命に予想した。
レースでは、アエロリットは、スタートを決めると、馬なりでハナに立ち、後続をグングン離して逃げた。
そして、アエロリットは、セーフティリードを保ったまま直線に向くと、後続に陰を踏ませることなくゴールし、クイーンステークス(2017年)を制覇した。
アエロリットのクイーンステークス(2017年)の勝利という結果は、スピードの違いでねじ伏せたものであり、改めて3歳牝馬世代のレベルの高さを示した。
よって、今後の牝馬重賞戦線の競馬予想においては、2000mくらいまでであれば、アエロリットにかなり高い評価を与えて当然である。

一方、クイーンステークス(2017年)では、6番人気のトーセンビクトリー(福永祐一)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、中山牝馬ステークスのように好位のインを追走できれば最大限に能力を発揮できることを考慮し、開幕週の1枠を引いたトーセンビクトリーにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、トーセンビクトリーは、中団のインを追走し、直線だけ少し外目に持ち出されるとしぶとく伸びて、2着を確保した。
トーセンビクトリーのクイーンステークス(2017年)の2着という結果は、1枠を引いてコースロスのない競馬に恵まれたものであり、レース内容としての価値は微妙である。
よって、今後の牝馬重賞戦線の競馬予想においては、トーセンビクトリーが好走するためには中山牝馬ステークス及びクイーンステークス(2017年)と同様に内枠を引いてロスのない競馬ができるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、クイーンステークス(2017年)では、8番人気のクインズミラーグロ(藤岡康太)が3着に追い込んだ。
クインズミラーグロは、出遅れてしまったこともあり、後方のラチ沿いで脚をためた。
そして、クインズミラーグロは、トーセンビクトリーと同じようなコース取りで、3着まで追い込んだ。
クインズミラーグロのクイーンステークス(2017年)の3着という結果も、トーセンビクトリーと同様にコースロスのない展開に恵まれたものである。
よって、今後の牝馬限定重賞の競馬予想においては、クインズミラーグロが好走するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、クイーンステークス(2017年)は、アエロリットの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、アエロリットの秋のG1戦線の走りにも大いに期待して頂きたい。

チェッキーノが格の違いを見せつけるか?


今週のメインレースは、第64回クイーンステークスである。
第64回クイーンステークスは、オークス2着馬チェッキーノが出走することもあり、例年以上に注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第64回クイーンステークスに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

オークス組からは、2着のチェッキーノ及び13着のロッテンマイヤーが第64回クイーンステークスに出走する。
チェッキーノのオークスの2着という結果は、外を回りすぎたことを考慮すると、負けて強しの内容であった。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、古馬相手であってもチェッキーノに本命級の高い評価を与えるべきである。

ロッテンマイヤーのオークスの13着という結果は、力負けではあったが、外枠から先行したことを考慮すると、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、開幕週で先行力を生かせる馬場になるようであれば、ロッテンマイヤーの先行粘り込みにも注意を払うべきである。

マーメイドステークス組からは、1着のリラヴァティ及び9着のナムラアンが第64回クイーンステークスに出走する。
リラヴァティのマーメイドステークスの勝利という結果は、楽に先行する展開に恵まれたものではあるが、気分よく走ればシブトイことも示した。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、開幕週の馬場を考慮すると、リラヴァティの逃げ粘りの可能性も低くないと判断すべきである。

ナムラアンのマーメイドステークスの9着という結果は、出遅れて能力を発揮できなかったため度外視可能である。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、スタート互角で先行する自分の競馬ができれば、ナムラアンが巻き返す可能性もあり得ると判断すべきである。

ヴィクトリアマイルカップ組からは、11着のウインプリメーラ、14着のレッドリヴェール及び18着のシャルールが第64回クイーンステークスに出走する。
ウインプリメーラ、レッドリヴェール及びシャルールは、いずれも力負けであるが、

一線級相手でハイペースを先行したものと考えると、同情の余地がある。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、内枠を引いて好位のインでロスのない競馬ができるようであれば、ウインプリメーラ、レッドリヴェール及びシャルールの巻き返しにも注意が必要である。

福島牝馬ステークス組からは、1着のマコトプリジャール、8着のメイショウスザンナ及び15着のキャットコインが第64回クイーンステークスに出走する。
マコトプリジャールの福島牝馬ステークスの勝利という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。
よって、第64回クイーンステークスの競馬予想においては、マコトプリジャールに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

メイショウスザンナ及びキャットコインは、福島牝馬ステークスの見所のない内容を見る限り、第64回クイーンステークスの競馬予想において高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第64回クイーンステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第64回クイーンステークスの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第64回クイーンステークスの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

アイムユアーズが格の違いで押し切る

第61回クイーンステークスは、単勝2.7倍の1番人気に推されたアイムユアーズ(戸崎圭太)が勝利を収めた。競馬理論の競馬予想では、2013年に入ってからの成績が冴えないものの、牝馬3冠で常に上位争いをしてきた実績と去年のクイーンステークスよりもかなり弱いメンバー構成を考慮し、アイムユアーズを本命に予想した。

レースでは、アイムユアーズは、逃げるクイーンズバーンをぴったりとマークする2番手からレースを進めた。そして、アイムユアーズは、直線に向いて早めに先頭に立つと、後続の追い上げを凌ぎ切り、第61回クイーンステークスを制覇
した。

アイムユアーズの第61回クイーンステークスの勝利という結果は、逃げたクイーンズバーンがビリに敗れる展開を2番手から押し切る横綱競馬によるものだが、8頭立てのかなり弱いメンバー構成に恵まれたものでもある。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、アイムユアーズに第61回クイーンステークス連覇の実績ほどの高い評価は不要である。

一方、第61回クイーンステークスでは、8頭中8番人気のスピードリッパー(三浦皇成)が2着に追い込み、波乱を演出した。競馬理論の競馬予想では、準OPでも惨敗を繰り返している近走の内容から、スピードリッパーを軽視してしまった。

レースでは、スピードリッパーは、ポツンと一頭で最後方を追走した。そして、スピードリッパーは、4コーナーで大外に持ち出されると、鋭い差し脚で2着に追い込んだ。

スピードリッパーの第61回クイーンステークスの2着という結果は、追い込む競馬をマスターしたと見ることもできるが、イン有利の馬場において道中は最後方でコースロスがない上に一頭で気分よく追走する展開に恵まれたものなので、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、第61回クイーンステークスの2着だけでスピードリッパーを過大評価すべきでない。

一方、第61回クイーンステークスでは、3番人気のオールザットジャズが3着に入った。 オールザットジャズは、1枠からの発走ということもあり、インの3番手の絶好位から競馬を進めた。そして、オールザットジャズは、直線でアイムユアーズの外に持ち出されたがジリジリとしか伸びず、外からスピードリッパーにも交わされてしまい、3着に敗れてしまった。

オールザットジャズの第61回クイーンステークスの3着という結果は、イン有利の函館の馬場では絶好となる好位のインを追走して伸びを欠いたものであり、プラス16キロの太め残りの馬体を考慮しても残念な内容であった。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想においても、オールザットジャズが好走するためには、イン有利の馬場で好位のインを追走するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、第61回クイーンステークスは、アイムユアーズの復活劇で幕を閉じた。 しかしながら、第61回クイーンステークスは、準OPでも通用していないスピードリッパーが2着に追い込んだことからもわかるように、重賞にしてはかなりレベルの低い一戦であった可能性が否定できない。

よって、競馬理論のファンの方は、今後の重賞戦線において低調な第61回クイーンステークス組にあまり高い評価を与えずに予想すべきである。

うまみちゃんねるのクイーンステークス最新記事

クイーンステークスのレース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:25

1234455667788
12345678910111213 馬番
トーセンビクトリー アエロリット シャルール クインズミラーグロ ハツガツオ マキシマムドパリ ヤマカツグレース クロコスミア ラインハート パールコード ノットフォーマル アドマイヤリード エテルナミノル 馬名
牝5牝3牝5牝5牝6牝5牝3牝4牝6牝4牝5牝4牝4 性齢
55525555555551555555555555 斤量
福永 横山典 四位 藤岡康 古川 藤岡佑 池添 勝浦 丸山 川田 江田照 ルメール 蛯名 騎手
21133879411101265 着順

クイーンステークスの最新情報

クイーンステークスとは

クイーンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「北海道新聞杯 クイーンステークス(ほっかいどうしんぶんはい クイーンステークス)」と表記している。 寄贈賞を提供する北海道新聞社は、札幌市に本社を置く新聞社。 正賞は北海道新聞社賞。 1953年に4歳(現3歳)牝馬による重賞競走として創設されたのが始まり。その後施行場は東京競馬場と中山競馬場の間で幾度も変更されたのち、1980年から1999年は新潟競馬場で施行された1988年を除き、中山での施行が定着していた。この間、1995年はエリザベス女王杯の優先出走権を得られるトライアル競走として行われ、指定交流競走として地方所属馬も出走が可能になった。1996年に秋華賞が新設された際、施行距離を芝1800mに変更し秋華賞のトライアル競走となった。 2000年に牝馬競走体系整備の一環として、施行場を札幌競馬場に変更するとともに4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となり、レースの位置づけや性格はこれ以降大きく変わることとなった。引用元:Wikipedia クイーンステークス

クイーンステークスの最終オッズ

馬名 単勝
アドマイヤリード2.4
アエロリット3.2
マキシマムドパリ8.8
パールコード10
クロコスミア13.3
トーセンビクトリー14.7
ヤマカツグレース14.8
クインズミラーグロ18.7
シャルール35
エテルナミノル49.8
ノットフォーマル116.5
ハツガツオ238.5
ラインハート382.7
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

クイーンステークス記事一覧

クイーンステークス (2017年) 『アエロリットがスピードの違いを見せつける』

クイーンステークス(2017年)は、1番人気に推されたヴィクトリアマイル馬アドマイヤリード(ルメール)が6着に敗れ、中波乱の決着となった。 そのクイーンステークス(2017年)を制したのは、3歳馬アエロリットであった。 […]

2017/08/3 (木)

クイーンステークス (2016年) 『チェッキーノが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第64回クイーンステークスである。 第64回クイーンステークスは、オークス2着馬チェッキーノが出走することもあり、例年以上に注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第64回クイーンステークス […]

2016/07/25 (月)
アイムユアーズが格の違いで押し切る

クイーンステークス (2013年) 『アイムユアーズが格の違いで押し切る』

第61回クイーンステークスは、単勝2.7倍の1番人気に推されたアイムユアーズ(戸崎圭太)が勝利を収めた。競馬理論の競馬予想では、2013年に入ってからの成績が冴えないものの、牝馬3冠で常に上位争いをしてきた実績と去年のク […]

2013/08/2 (金)
アイムユアーズの連覇なるか?

クイーンステークス (2013年) 『アイムユアーズの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第61回クイーンステークスである。 第61回クイーンステークスは、夏場の牝馬限定重賞ということもあり、混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第61回クイーンステークスに出走する有力各馬の […]

2013/07/26 (金)
3歳馬アイムユアーズが人気に応えて快勝

クイーンステークス (2012年) 『3歳馬アイムユアーズが人気に応えて快勝』

第60回クイーンステークス(2012年)は、1番人気に推されたアイムユアーズ(池添)が斤量差を生かして快勝した。 第60回クイーンステークスの競馬理論の競馬予想の結果は、ハイペースを早め先頭で粘りこんだオークスの着順以上 […]

2012/07/29 (日)
アイムユアーズが格の違いを見せつけるか?

クイーンステークス (2012年) 『アイムユアーズが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第60回クイーンステークス(2012年)である。 第60回クイーンステークス(2012年)は、夏場の牝馬限定重賞ということもあり混戦が予想される。 そこで第60回クイーンステークスの競馬理論の競馬予 […]

2012/07/26 (木)
第57回クイーンステークス

クイーンステークス (2012年) 『第57回クイーンステークス』

今週のメインレースは、夏の牝馬女王決定戦の第57回クイーンステークスである。第57回クイーンステークスでは、去年の桜花賞馬レジネッタ及び秋華賞馬ブラックエンブレム(岩田)の2頭のG1馬が出走する。 レジネッタは、去年の秋 […]

2012/07/2 (月)
白毛馬ユキチャンが札幌競馬場に登場

クイーンステークス (2012年) 『白毛馬ユキチャンが札幌競馬場に登場』

先週で函館競馬が終了し、今週からは札幌競馬へ舞台が移る。その札幌競馬の開幕週には、夏の牝馬ナンバーワン決定戦の第56回クイーンステークスが行われる。第56回クイーンステークスは、桜花賞馬レジネッタや白毛のアイドルホースの […]

2012/06/29 (金)
夏の札幌で牝馬女王となるのは、果たしてどの馬であろうか?

クイーンステークス (2012年) 『夏の札幌で牝馬女王となるのは、果たしてどの馬であろうか?』

第55回クイーンステークスは、夏場の暑い時期にもかかわらず、牝馬の一線級を含む好メンバーが揃った。その第55回クイーンステークスでは、G1でも上位争い常連のアサヒライジング(柴田善)及びアドマイヤキッス(川田)が人気にな […]

2012/06/29 (金)
武豊騎手が復活後初の重賞勝利

クイーンステークス (2010年) 『武豊騎手が復活後初の重賞勝利』

第58回クイーンステークスでは、アプリコットフィズが武豊騎手に復活後の重賞初勝利をプレゼントした。 第58回クイーンステークスの競馬理論の結果は、今年の3歳世代のレベルの高さを評価して、アプリコットフィズに高い評価を与え […]

2010/08/15 (日)
第57回クイーンステークス

クイーンステークス (2009年) 『第57回クイーンステークス』

第57回クイーンステークスは、11番人気のピエナビーナス(古川吉)が勝利を収め、大波乱の結果となった。 競馬理論の結果は、準オープンクラスでも通用していないピエナビーナスを何の躊躇いもなく、無印評価としてしまった。 結果 […]

2009/08/15 (土)
第56回クイーンステークス

クイーンステークス (2008年) 『第56回クイーンステークス』

桜花賞馬レジネッタや白毛馬ユキチャンなどの3歳世代が注目された第56回クイーンステークスだったが、6歳馬のヤマニンメルベイユが古馬の意地を見せつけて逃げ切り勝利を収めた。 第56回クイーンステークスの競馬理論の結果は、シ […]

2008/08/17 (日)
第55回クイーンステークス

クイーンステークス (2007年) 『第55回クイーンステークス』

第55回クイーンステークスは、アサヒライジング(柴田善)の重賞初勝利で幕を閉じた。 第55回クイーンステークスでは、アサヒライジングは、絶好の1番枠から好スタートを切ると、1000m通過50秒2のスローペースで逃げること […]

2007/08/12 (日)
第54回クイーンステークス

クイーンステークス (2006年) 『第54回クイーンステークス』

第54回クイーンステークスは、人気の実力馬同士で結果が出た。斥量差のない別定戦のG3では、ハンデ戦の牝馬限定戦の重賞のように、軽量の格下馬が好走する可能性が低い。 よって、実績的に上回る3頭(デアリングハート、ヤマニンシ […]

2006/08/13 (日)
第53回クイーンステークス

クイーンステークス (2005年) 『第53回クイーンステークス』

クイーンステークスは、人気の二頭が共倒れで高配当結果となった。クイーンステークスのポイントは、何と言っても馬場状態である。この日の札幌競馬場の芝は、開幕週ということもあり、インが有利であった。結果として、インを走った馬が […]

2005/08/14 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪