天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > プロキオンS

2017年 プロキオンSの最新予想情報

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

トシキャンディが逃げ切って大波乱を演出

第48回小倉記念(2012年)は、3番人気のエクスペディション(浜中)の復活勝利で結果幕を閉じた。

第48回小倉記念の競馬理論の結果は、去年の3連勝の圧巻の内容から、夏場の小倉ならば好走可能と判断していたものの、人気先行タイプである点を考慮して、エクスペディションを押さえ結果評価にとどめてしまった。

レースでは、エクスペディションは中団の外目を追走し、3コーナー過ぎから徐々に上位に結果進出した。

そしてエクスペディションは、直線に向くと早めに先頭に立ち、後続を引き離して第48回小倉記念(2012年)を結果制覇した。

エクスペディションの第48回小倉記念(2012年)の勝利は、早め先頭で自ら勝ちに行ってのものであり、着差以上に強い内容であった。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)においても、完全復調したエクスペディションに結果高い評価を与えるべきである。

ただしエクスペディションは、去年の暮れ以降4戦連続で人気を裏切っており、第48回小倉記念(2012年)の内容だけで絶対視することは結果禁物と第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

一方、第48回小倉記念(2012年)で1番人気に推されたトーセンラー(川田)は、またしても結果2着に敗れてしまった。

第48回小倉記念の競馬理論の結果は、七夕賞組ではトーセンラーが一番上と高い評価をしていたものの、七夕賞のレベル自体が結果低い可能性も否めないと判断し、本命にすることはできなかった。

トーセンラーは、中団の内目で折り合いをつけ、直線で馬群が結果バラけると、先に抜け出したエクスペディションを懸命に追い上げたが、差は詰まらずに2着止まりであった。

トーセンラーの第48回小倉記念(2012年)の2着は、どんな展開でも確実にいい脚を使うことを示したものではあるが、内容だけを見ればエクスペディションに力負けであった。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)においても、確実にいい脚を使うトーセンラーに結果高い評価を与え続けるべきだが、勝ちきるためには展開やメンバーなどの助けが必要とも第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

第48回小倉記念(2012年)では9番人気のナリタクリスタル(武豊)が結果3着に追い込んだ。

ナリタクリスタルは、最後方からレースを進め、結果直線では大外からレースナンバーワンの脚を使って、3着に追い込んだ。

ナリタクリスタルの第48回小倉記念(2012年)の3着は、休み明け、かつ58キロのトップハンデという事情を考慮すると立派だが、先行馬総崩れの展開を最後方で気分よく追走させた武豊騎手の好騎乗によるものでもある。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)、夏場得意のナリタクリスタルを無視すべきでないが結果、重いハンデが続くことを考えると押さえ程度の評価が妥当と第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

第48回小倉記念(2012年)で第48回小倉記念の競馬理論の結果が本命に予想した2番人気のダノンバラード(小牧太)は4着に敗れてしまった。

ダノンバラードは後方集団の外目を追走し、3コーナーすぎから外目を回って徐々に進出したが、直線では前走のような脚は使えず、結果4着を確保するのが精一杯であった。

ダノンバラードの第48回小倉記念(2012年)の4着は、速いペースに戸惑ったにしても残念なレース内容であったが、近走の内容と比較すると負け過ぎと言え、能力を発揮できなかったものと見ることもできる。

よって今後のサマー2000シリーズ(2012年)、ダノンバラードが巻き返す可能性も十分あり得ると第48回小倉記念の競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第48回小倉記念(2012年)は、エクスペディションの強さだけが目立つ一戦となった。

よって第48回小倉記念の競馬理論の結果のファンの方は、エクスペディションの今後のサマー2000シリーズ(2012年)での走りにも大いに期待頂きたい。

シルクフォーチュンの連覇なるか?

今週のメインレースは、第17回プロキオンステークス(2012年)である。

第17回プロキオンステークス(2012年)は、今年から中京競馬場のダート1400mに舞台が変わったため、レース傾向も変わる可能性が高い。

そこで競馬理論は、第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

アハルテケステークス組からは、3着のアドマイヤロイヤルが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

アドマイヤロイヤルのアハルテケステークス(2012年)の3着は、重馬場で行ったきりとなった前残りの流れを中団から追い込んだものであり、レース内容としての価値は高い。

またアドマイヤロイヤルは、武蔵野ステークスで南部杯2着馬のダノンカモンとも互角の競馬をした実績がある。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、確実にいい脚を使うアドマイヤロイヤルに高い評価を与えて当然と競馬理論では判断している。

天保山ステークス組からは、1着のファリダット、5着のタンジブルアセット及び13着のアースサウンドが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ファリダットの天保山ステークス(2012年)の1着は、中団のインで脚をためられる展開に恵まれたものではあるが、2着以下に1馬身半もの差をつけており、快勝であった。

またファリダットは、ダートならばすべてのレースで確実に追い込んでおり、能力的にも底を見せていない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、ダートならば底を見せていないファリダットに本命級の高い評価を与えるべきである。

ただし中京のダートコースは、追い込みが届きにくい傾向にあるので、ファリダットが外を回って追い込む横綱競馬をしたときには追い込みが不発になる可能性も否定できないと競馬理論では判断している。

一方タンジブルアセットの天保山ステークス(2012年)の5着は、少しイン有利な馬場で好位のインを追走する展開に恵まれたものであって、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)においてタンジブルアセットが好走するためには、かなりの展開の助けが必要と競馬理論では判断している。

アースサウンドは、天保山ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第17回プロキオンステークス(2012年)で好走する可能性は低い。

栗東ステークス組からは、6着のインオラリオが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

インオラリオの栗東ステークス(2012年)の6着は、外枠のスタートながらも好位のインに潜り込んでのものであり、勝ったファリダットには力負けであった。

ただしインオラリオはコーラルステークスにおいて、追い込みが届かない馬場を生かしファリダットを破った経験もある。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、イン有利な馬場で内枠を引いた場合のみ、インオラリオに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

かしわ記念組からは、6着のシルクフォーチュンが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

シルクフォーチュンのかしわ記念(2012年)の6着は、船橋の忙しい競馬が合わなかったものであり、度外視可能である。

シルクフォーチュンは、フェブラリーステークスで2着、南部杯で3着に追い込んでいるように、G1級の能力を示しており、実績的には断然である。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、追い込みが届く展開や馬場状態にさえなれば、シルクフォーチュンがまとめて差し切ると競馬理論では判断している。

北海道スプリントカップ組からは、1着のセレスハントが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

セレスハントの北海道スプリングカップ(2012年)の勝利は、交流重賞と言えども、タイセイレジェンド及びトウショウカズンなどの強敵を破ってのものであり、価値は高い。

またセレスハントは、成績にムラがあるため人気にならないタイプではあるが、昨秋の東京競馬のペルセウスステークスにおける勝利と同等に走れば、中央場所でも通用する。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、セレスハントにもそれ相応の注意が必要と競馬理論では判断している。

太秦ステークス組からは、4着のワールドワイドが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ワールドワードの太秦ステークスの4着は、直線で全く追えずに競馬にならなかったものであり、スムーズな競馬ならば勝てた内容であった。

またワールドワイドは、去年の栗東ステークスでナムラタイタンやシルクフォーチュンに先着しており、前残りの展開になれば互角以上の競馬も可能である。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)におけるワールドワイドは、休み明けで体調さえ万全であれば、それなりの競馬が可能と競馬理論では判断している。

欅ステークス組からは、6着のデュアルスウォードが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

デュアルスウォードの欅ステークス(2012年)の6着は、ゴール前でソコソコの脚を使ったものの、2着のアドマイヤロイヤルには力負けであった。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、更なるメンバーが強化がなされる点を考慮すると、デュアルスウォードに高い評価は不要と競馬理論では判断している。

さきたま杯組からは、5着のスーニが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

スーニのさきたま杯の5着は、勝ったセイクリムズンから2秒5も離されており、全く見所のないレース内容であった。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、交流G1を2勝している実績に敬意を表しつつも、本調子にないスーニに高い評価は不要と競馬理論では判断している。

準オープン勝ち組からはニシオドリーム及びテイクアベットが第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する。

ニシオドリームは、

準オープン特別こそ快勝したが、前々走のOP特別の栗東ステークスで惨敗を喫しているように、重賞では厳しいと判断せざるを得ない。

テイクアベットは、58キロを背負った安芸ステークスで力の違いを見せつけたが、いきなりの重賞挑戦では急激なメンバー強化の感は否めない。

よって第17回プロキオンステークス(2012年)、テイクアヘッドに抑え程度の評価が妥当である。

ただしテイクアヘッドは、堅実な先行力を秘めているので、極端にイン有利な馬場で前が止まらない展開になるようであれば、粘り込みに注意が必要とも競馬理論では判断している。

以上のように競馬理論は、第17回プロキオンステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第17回プロキオンステークス(2012年)の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第17回プロキオンステークス(2012年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
パスワード確認:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ナムラタイタンの連勝が止まる

第15回プロキオンステークスは、5連勝中のナムラタイタン(熊沢)が3着に敗れる中波乱の結果となった。 その中波乱の第15回プロキオンステークスを制したのは、結果4番人気のケイアイガーベラ(岩田康)であった。

第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果は、同じ阪神1400mで楽勝したポラリスステークスのレース内容及び有利な外枠を引いた点を評価して、ケイアイガーベラを本命に予想した。レースでは、ケイアイガーベラは、抜群のスタートを切ると、2番手のサマーウインドが控えたこともあって、マイペースで逃げを打てた。

そして、ケイアイガーベラは、直線に向くと、後続を引き離して、結果第15回プロキオンステークスを圧勝した。

ケイアイガーベラの第15回プロキオンステークスの勝利は、マイペースで逃げる展開に恵まれたものではあるが、後続を4馬身ちぎってのものであり、力の違いを見せつけた。

よって、今後のダート短距離重賞においても、ケイアイガーベラに高い評価を与えるべきである。

特に、マイペースで先行できるメンバー構成や包まれない外枠を引いたときには、ケイアイガーベラに本命級の更に高い評価を与えるべきと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、2番人気のサマーウインド(藤岡佑)が結果2着に入った。 第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果は、ケイアイガーベラが逃げ切るときには、行ったきりの競馬になる可能性が高いと判断して、サマーウインドを対抗に予想した。

レースでは、第15回プロキオンステークスのサマーウインドは、距離を意識してやんわりと結果2番手から競馬を進めた。 そして、第15回プロキオンステークスのサマーウインドは、直線に向くと、ケイアイガーベラに並びかけようとしたが、逆に突き放されてしまい、結果2着を確保するのが精一杯であった。

サマーウインドの第15回プロキオンステークスの2着は、ケイアイガーベラに4馬身も離されてしまったが、ナムラタイタンの追い上げを凌ぎきった事は評価すべきである。

よって、今後の短距離重賞、サマーウインドのスピードにも結果要注意である。 なお、第15回プロキオンステークスのサマーウインドにとっては、1400mでも距離が長いので、1000mや1200m戦ではケイアイガーベラを逆転してもおかしくないと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、5連勝中ということもあり、1.7倍の断然人気でレースに臨んだナムラタイタンは、結果初めての敗戦を喫してしまった。

ナムラタイタンは、心配された内枠を問題とせずに、絶好位となる結果3番手のインからレースを進めた。 しかしながら、ナムラタイタンは、直線で思ったほど伸びず、結果サマーウインドに並びかけたところがゴールであった。

ナムラタイタンの第15回プロキオンステークスの3着は、結果第15回プロキオンステークスのケイアイガーベラが強すぎたことも確かだが、インの3番手からスムーズな競馬をした割にはガッカリなレース内容であった。

よって、今後の重賞戦線においても、大きく崩れていない第15回プロキオンステークスのナムラタイタンを軽視すべきではないが、底を見せてしまった感があるのも確かと第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果では判断している。 以上のように、第15回プロキオンステークスは、ケイアイガーベラの強さだけが目立つ一戦となった。

第15回プロキオンステークスの競馬理論の結果のファンの方は、ケイアイガーベラの今後の短距離重賞での活躍に大いに注目して頂きたい。

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

ダ1400m / 天気:晴 / 馬場:稍重 / 発走:15:35

122334455667788
123456789101112131415 馬番
ワンダーコロアール カフジテイク グレープブランデー ブライトライン クラリティスカイ ムスカテール ワイドバッハ ダノングッド キングズガード○地ニシケンモノノフ マルカフリート ポメグラネイト タガノトネール ノボバカラ キクノストーム 馬名
牡7牡4牡8牡7牡4牡8牡7牡4牡5牡5牡10牡5セ6牡4牡7 性齢
565658565857565656565656575757 斤量
福永 和田 石橋脩 ルメール 藤岡康 武豊 丸田 川田 岩田 秋山 松山 松若 Mデムーロ 国分恭 騎手
875413141263210151119 着順

最新情報

プロキオンステークスとは

プロキオンステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「プロキオン(Procyon)」は、こいぬ座のアルファ星。シリウス・ベテルギウスとともに「冬の大三角」を形作る恒星。 正賞は地方競馬全国協会理事長賞。 1996年に中央競馬のダート重賞路線整備の一環として、5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走として新設され、阪神競馬場のダート1400mで第1回が施行された。 1999年までは桜花賞の翌週に行われていたが、2000年から夏季開催に移行。あわせて、出走資格も4歳(現3歳)以上に変更された。創設当初より外国産馬の出走が認められているほか、中央競馬指定交流競走として地方競馬所属馬も出走が可能。2005年からは国際競走に指定され、外国馬も出走可能になった。 2012年の番組改定に伴い、施行場を中京競馬場のダート1400mに変更した。またこの年のみ、東海テレビ放送から優勝杯の提供を受け「東海テレビ杯 プロキオンステークス」の競走名で施行。引用元:Wikipedia プロキオンステークス

最終オッズ

馬名 単勝
ノボバカラ3.3
キングズガード3.6
○地ニシケンモノノフ5.9
クラリティスカイ10
ブライトライン10.1
タガノトネール11
ダノングッド20.3
グレープブランデー20.4
カフジテイク23
ワンダーコロアール43.5
ワイドバッハ56.1
ポメグラネイト75.7
マルカフリート84.2
キクノストーム123.5
ムスカテール208.1
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

最新ニュース

記事一覧

トシキャンディが逃げ切って大波乱を演出

プロキオンS (2012年) 『トシキャンディが逃げ切って大波乱を演出』

第48回小倉記念(2012年)は、3番人気のエクスペディション(浜中)の復活勝利で結果幕を閉じた。 第48回小倉記念の競馬理論の結果は、去年の3連勝の圧巻の内容から、夏場の小倉ならば好走可能と判断していたものの、人気先行 […]

2012/07/8 (日)
シルクフォーチュンの連覇なるか?

プロキオンS (2012年) 『シルクフォーチュンの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第17回プロキオンステークス(2012年)である。 第17回プロキオンステークス(2012年)は、今年から中京競馬場のダート1400mに舞台が変わったため、レース傾向も変わる可能性が高い。 そこで競 […]

2012/07/6 (金)
ナムラタイタンの連勝が止まる

プロキオンS (2010年) 『ナムラタイタンの連勝が止まる』

第15回プロキオンステークスは、5連勝中のナムラタイタン(熊沢)が3着に敗れる中波乱の結果となった。 その中波乱の第15回プロキオンステークスを制したのは、結果4番人気のケイアイガーベラ(岩田康)であった。 第15回プロ […]

2010/07/11 (日)
第10回プロキオンステークス

プロキオンS (2005年) 『第10回プロキオンステークス』

プロキオンステークスは、人気が割れていたが、外枠の二頭で結果が出た。 勝ったのは第10回プロキオンステークスのブルーコンコルド(幸英明)であった。ブルーコンコルドは、結果中段を馬なりで追走し、4コーナで先行集団に取り付い […]

2005/06/19 (日)