天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 中山記念
今週の重賞レース
■ 阪急杯ページ
https://www.keibariron.com/database/hankyuhai
■ アーリントンカップページ
https://www.keibariron.com/database/arlingtoncup


2017年 中山記念の最新予想情報

予想屋マスターの中山記念(2017年)予想分析記事

ネオリアリズムが好位から抜け出して人気馬2頭を破る

中山記念(2017年)は、アンビシャス(ルメール)及びリアルスティール(戸崎圭太)の人気馬2頭が馬券圏外となり波乱の決着となった。
その波乱の決着の中山記念(2017年)を制したのは、3番人気のネオリアリズム(デムーロ)であった。
競馬理論の競馬予想では、自分の競馬さえできればモーリスを寄せ付けなかった札幌記念の強い内容から、アンビシャスにもかなり高い評価を与えていたが、マイネルミラノとの兼ね合いが微妙なことを考慮し、本命にはできなかった。
レースでは、ネオリアリズムは、逃げたロゴタイプ及び途中で先頭に立ったマイネルミラノを行かせて、好位のインを進んだ。
そして、ネオリアリズムは、直線に向いてあっという間に先頭に立つと、そのまま押し切って、中山記念(2017年)を制覇した。
ネオリアリズムの中山記念(2017年)の勝利という結果は、開幕週の前残りの馬場且つスローペースで好位のインを追走する絶好の展開に恵まれたものだが、気分良く走れさえすればモーリスを破った底力を発揮したものでもある。
よって、中山記念(2017年)以降の重賞戦線の競馬予想においては、気分良く先行できる展開や前残りの馬場になるようであれば、ネオリアリズムにかなり高い評価を与えるべきである。

一方、中山記念(2017年)では、8番人気のサクラアンプルール(横山典弘)が2着に入り波乱を演出した。
サクラアンプルールは、中団よりやや後方のラチ沿いで脚をため、直線でも最内を突いて脚を伸ばし、2着を確保した。
サクラアンプルールの中山記念(2017年)の2着という結果は、ロスのない競馬で開幕週の馬場を最大限に生かしたものであり、G2で2着ほどの価値はない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、サクラアンプルールに中山記念(2017年)2着馬というだけで高い評価をすべきではない。

一方、中山記念(2017年)では、7番人気のロゴタイプ(田辺裕信)が3着に粘り込んだ。
ロゴタイプは、先手を取ったが向こう正面で一旦はマイネルミラノに先頭を譲った。
そして、ロゴタイプは、4コーナーでマイネルミラノに再度並びかけて、早め先頭で押し切りを狙ったが、3着止まりであった。
ロゴタイプの中山記念(2017年)の3着という結果は、前残りの展開に恵まれたものではあるが、58キロの斤量を考慮すると立派である。
よって、中山記念(2017年)以降の重賞戦線の競馬予想においては、ロゴタイプが好走できるか否かは楽に先行できる展開になるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、中山記念(2017年)で1番人気に推されたアンビシャス(ルメール)は4着に敗れてしまった。
アンビシャスは、後方の外目で待機し、直線でも外から上がりナンバーワンの脚を使ったが届かず、4着が精一杯であった。
アンビシャスの中山記念(2017年)の4着という結果は、前残りの展開で外を回らされて脚を余してしまったものであり、悲観すべき内容ではない。
よって、中山記念(2017年)以降の重賞戦線の競馬予想においては、アンビシャスの巻き返しに注意を払うべきである。

以上のように、中山記念(2017年)は、人気馬2頭が敗れ波乱の決着となった。
なお、中山記念(2017年)は、スローペース且つイン有利の馬場が結果に大きな影響を与えたものである。
よって、競馬理論のファンの方は、このことを考慮して、次走以降で中山記念(2017年)組を評価して頂きたい。

アンビシャスが去年2着の雪辱を果たせるか?

今週のメインレースは、中山記念(2017年)である。
中山記念(2017年)は、今年からG1に格上げされた大阪杯の前哨戦として注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、中山記念(2017年)の登録馬をステップレースごとに分析する。

天皇賞秋組からは、4着のアンビシャス(ルメール)が中山記念(2017年)に出走登録している。
アンビシャスの天皇賞秋の4着という結果は、上位3頭にこそ力負けであったが、メンバーが強すぎただけである。
また、アンビシャスは、去年の中山記念(2016年)において、ドゥラメンテにクビ差まで迫る強い競馬をみせている。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、1番人気が想定されるアンビシャスが去年の雪辱を果たす可能性は高いと判断すべきである。

ジャパンカップ組からは、5着のリアルスティール(戸崎圭太)が中山記念(2017年)に出走登録している。
リアルスティールのジャパンカップの5着という結果は、キタサンブラックにこそ突き放されてしまったが、2着馬とは差がなかった。
また、リアルスティールは、去年の中山記念(2016年)でこそアンビシャスに先着を許したものの、天皇賞秋ではアンビシャスに先着している。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、2番人気が想定されるリアルスティールにもアンビシャスと同様にかなり高い評価を与えて当然である。

一方、香港マイル組からは、5着のロゴタイプ(田辺裕信)及び9着のネオリアリズム(デムーロ)が中山記念(2017年)に出走登録している。
ロゴタイプ及びネオリアリズムの香港マイルの敗戦は、海外遠征によるものであり、度外視可能である。
なお、ロゴタイプは安田記念で、ネオリアリズムは札幌記念で年度代表馬モーリスを破っており、自分の競馬ができれば力は通用する。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、ロゴタイプ及びネオリアリズムが好走するためには、気分良く先行して開幕週の馬場を生かせる展開になる必要があると判断すべきである。

中山金杯組からは、1着のツクバアズマオー(吉田豊)が中山記念(2017年)に出走登録している。
ツクバアズマオーの中山金杯の勝利という結果は、外からまとめて差し切る着差以上に強い内容であった。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化をも考慮すると、ツクバアズマオーに連下候補程度の評価を与えれば十分である。

香港ヴァーズ組からは、4着のヌーヴォレコルト(岩田康誠)が中山記念(2017年)に出走する。
ヌーヴォレコルトの香港ヴァーズの4着という結果は、上位3頭には離されてしまったが、5着のスマートレイアーが日本ダービ馬マカヒキに京都記念で先着を果たしたことを考慮すると、メンバーが強すぎたと見ることもできる。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、内枠を引いて好位のインでロスのない競馬ができるようであれば、ヌーヴォレコルトの好走の可能性が高まると判断すべきである。

秋華賞組からは、1着のヴィブロス(内田博幸)が中山記念(2017年)に出走登録している。
ヴィブロスの秋華賞の勝利という結果は、京都の内回りで

差し切る強い内容であった。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、古馬相手と急激なメンバー強化を考慮すると、ヴィブロスにとって試金石の一戦になると判断すべきである。

白富士ステークス組からは、2着のサクラアンプルール(横山典弘)及び6着のヒラボクディープ(北村宏司)が中山記念(2017年)に出走登録している。
サクラアンプルールの白富士ステークスの2着という結果は、スローペースを外から追い込んでのものであり、勝ったスズカデヴィアスより内容は上だが、OP特別にしてはかなり弱いメンバーであったことも確かである。
よって、中山記念(2017年)の競馬予想においては、サクラアンプルールに高い評価は不要である。

ヒラボクディープは、白富士ステークスの見所のないレース内容を見る限り、中山記念(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、中山記念(2017年)の登録馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、中山記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、中山記念(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ドゥラメンテがいよいよ始動

今週のメインレースは、第90回中山記念である。
第90回中山記念は、2冠馬ドゥラメンテの復帰戦ということで例年以上の注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第90回中山記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

菊花賞組からは、2着のリアルスティールが第90回中山記念に出走する。
リアルスティールの菊花賞の2着という結果は、コース取りの差を考えると、勝ったキタサンブラックより強いレース内容であった。
よって、第90回中山記念の競馬予想においては、リアルスティールにも高い評価を与えて当然である。
なお、皐月賞及び日本ダービーにおいてリアルスティールはドゥラメンテに力負けであったが、ドゥラメンテの仕上がり次第では、リアルスティールがドゥラメンテと互角の競馬をしてもおかしくないと判断すべきである。

天皇賞組秋からは、5着のアンビシャス(ルメール)が第90回中山記念に出走する。
アンビシャスの天皇賞秋の5着という結果は、終始折り合いを欠いてしまってのものであり、折りあえれば古馬の一線級相手でも通用する能力を示した。
第90回中山記念の競馬予想においては、折り合いさえつけば、アンビシャスも好走する可能性が高いと判断すべきである。

日本ダービー組からは、1着のドゥラメンテ(デムーロ)及び15着のベルラップが第90回中山記念に出走する。
ドゥラメンテの日本ダービーの勝利という結果は、 着差以上に強い内容で、現4歳世代では力が断然であることを示した。
よって第90回中山記念の競馬予想においては、ドゥラメンテに高い評価を与えて当然である。
ただし、第90回中山記念は開幕週に行われるので、休み明けで仕上がり途上の体調であると、ドゥラメンテが脚を余す可能性も否定できない。

ベルラップは、日本ダービーの見所のない内容を見る限り、第90回中山記念の競馬予想において高い評価は不要である。


マイルチャンピオンシップ組からは、3着のイスラボニータ(蛯名正義)及び9着のロゴタイプ(田辺裕信)が第90回中山記念に出走する。
イスラボニータのマイルチャンピオンシップの3着という結果は、出遅れて位置取りが悪くなってしまったことを考慮すると悪くない内容であった。
よって第90回中山記念の競馬予想においては、先行力を生かせるようであれば、イスラボニータが去年の雪辱を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

ロゴタイプのマイルチャンピオンシップの9着という結果は、力負けであったとはいえ、外枠からの発走だったので同情の余地がある。
よって、第90回中山記念の競馬予想においては、去年のような楽に先行できる競馬ができるようであれば、ロゴタイプの残り目にも注意を払うべきである。

中山金杯組からは、3着のフルーキー(戸崎圭太)が第90回中山記念に出走する。
フルーキーの中山金杯の3着という結果は、超スローペースで脚を余したものであり、力負けではない。
よって第90回中山記念の競馬予想においては、展開次第でフルーキーの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

有馬記念組からは12着のラストインパクト(ベリー)が第90回中山記念に出走する。
ラストインパクトの有馬記念の12着という結果は、力負けであった。
しかしながら、ラストインパクトは展開に恵まれたといえどもジャパンカップで2着の実績がある。
よって第90回中山記念の競馬予想においては、ラストインパクトにも押さえ程度の評価を与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第90回中山記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第90回中山記念の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第90回中山記念の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるの中山記念最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

こんばんは!椎名友希です。

冬の東京開催が終わりましたね。
フェブラリーS、皆さん結果はいかがでしたか?
前日に、ゴールドアリュール号の急逝の知らせを受けました。
勝ったゴールドドリームは、馬名もさながら、夢を感じる馬ですね。
この日は産駒が大活躍だった、ゴールドアリュール。
下の世代には、エピカリスという、強い3歳も控えています。
今から、来年のダート戦線が、楽しみになってきました!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週から、中山・阪神開催ですね。
春クラシックの訪れを感じる季節になってきました。
中山では、伝統の一戦・中山記念(G2)が行われます。

☆中山記念 うまみデータ☆

・人気の有力馬の信頼度◎
・4歳、5歳が好走
・中山コースらしく内枠有利
・血統云々より、中山&道悪適性があるかどうか

なぜか天候が崩れることの多い中山記念。
ただでさえタフな中山コースを走れる体力と
雨でも平気なパワーと精神力を持っている馬が、いいですね。
ファミリーNo.は強いて言えば、3号族で、なおかつパワーのある種牡馬だと
中山向きになるように感じます。
本来はキレのある牝系なので、バランスよく出るのでしょうね。

*アンビシャス
去年の2着馬。今年G1に昇格した大阪杯。
連覇+初G1制覇に向けて、ここは好走しておきたい一戦。
過去5年、ディープ産駒は勝ちきれないのですが、今年は…!?

*リアルスティール
去年、このレース3着後、ドバイに遠征。見事G1馬になりました!
能力は間違いなく上位。中山コースは3戦して
全て馬券に絡んでいる優秀な成績。

*ツクバアズマオー
昨年も、重賞3着2回と、才能の片鱗を見せていましたが
年明けに中山金杯を勝ち、無事、重賞馬の仲間入り。
雨が降っても頼もしい、ステイゴールド産駒!

*ネオリアリズム
兄のリアルインパクトは、5年前の中山記念で3着。
以前は2000mくらいが一番安定して走れていましたが
近走の成績を見ていると、1800mは良さそうです。出遅れないでほしい。

*ロゴタイプ
中山巧者といえば、やっぱりこの馬!
このレースも既に4度目。

*ヴィヴロス
同じ舞台のフラワーCこそ、12着と大敗していますが
本格化する前の話なので、度外視してあげたいです。
見た目はソックリですが、お姉ちゃん(ヴィルシーナ)よりも
タフな競馬に対応できる子なので、楽しみ!

*ヌーヴォレコルト
一昨年の勝ち馬。最近、復調の気配を見せている
岩田騎手の手綱さばきにも注目です。
血統的な要素では、一番買いたい馬。

*マイネルミラノ
この馬も、中山コース上手です。
ステイゴールドらしい競馬をする馬。
すんなり逃げられれば怖い1頭です。

*サクラアンプルール
兄のサクラメガワンダーも中距離戦線で活躍。
元祖・中山巧者で知られるサクラユタカオーの甥っ子。
伝統ある血統が、伝統のレースで花開くことを願っています!(^^)!

ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
次回は2/24(金)21:00~23:00の放送予定です。

タイムシフト予約、お願いします♪
http://live.nicovideo.jp/watch/lv289606397

今年から、アシスタントの皆で「複勝コロガシ」を始めました!
人気馬を買っても、なかなか上手くいかない(笑)
皆さんからの、アドバイスお待ちしております。

アシスタントは、秋山ゆずきちゃん。
みんなで、中山記念を検討していきましょう。
ゆずゆずのコーナーもあります!
お楽しみに!

コメント待ってまーす♪

それでは、また!

 

椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

中山記念の出馬表

芝1800m / 天気: / 馬場: / 発走:15:45

12345667788
1234567891011 馬番
ネオリアリズム マイネルミラノ ヴィブロス リアルスティール サクラアンプルール ヒラボクディープ アンビシャス ツクバアズマオー ロゴタイプ ヌーヴォレコルト クリールカイザー 馬名
牡6牡7牝4牡5牡6牡7牡5牡6牡7牝6牡8 性齢
5756545856565756585456 斤量
Mデムーロ柴田大内田博戸崎圭横山典北村宏ルメール吉田豊田辺岩田石川 騎手

中山記念の最新情報

中山記念とは

中山記念(なかやまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 正賞は千葉県知事賞。 1936年に創設された、4歳以上の馬による重賞競走。春季に行われる国内外の大レースを目指す実績馬や、力をつけてきた上り馬がぶつかり合う伝統のレースとして定着している。 本競走は1930年創設の「内国産馬競走 4000米」と、1933年創設の「中山5歳馬特別競走」を前身としている。1936年に中山競馬場・芝3200mのハンデキャップ競走として中山競馬場の芝3200mで創設された。当初は春と秋に年2回施行していたが、1952年より秋のみとなった。その後、距離や開催時期は度重なる変更を経て、施行距離は1957年から1800mで定着。施行時期は1972年より2月下旬 - 3月上旬となり、あわせて負担重量も別定に変更され、現在に至る。 外国産馬は1984年から、外国馬は2004年からそれぞれ出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。引用元:Wikipedia 中山記念

中山記念の予想オッズ

馬名 単勝
アンビシャス 1.9
リアルスティール 3.5
ネオリアリズム 6
ツクバアズマオー 6.4
ヴィブロス 10.5
ロゴタイプ 11
ヌーヴォレコルト 11.9
マイネルミラノ -
サクラアンプルール -
クリールカイザー -
ヒラボクディープ -
※50倍以上が想定されるものは「-」になります。

中山記念記事一覧

中山記念 (2017年) 『ネオリアリズムが好位から抜け出して人気馬2頭を破る』

中山記念(2017年)は、アンビシャス(ルメール)及びリアルスティール(戸崎圭太)の人気馬2頭が馬券圏外となり波乱の決着となった。 その波乱の決着の中山記念(2017年)を制したのは、3番人気のネオリアリズム(デムーロ) […]

2017/03/2 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~中山記念~』

こんばんは!椎名友希です。 冬の東京開催が終わりましたね。 フェブラリーS、皆さん結果はいかがでしたか? 前日に、ゴールドアリュール号の急逝の知らせを受けました。 勝ったゴールドドリームは、馬名もさながら、夢を感じる馬で […]

2017/02/21 (火)

中山記念 (2017年) 『アンビシャスが去年2着の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、中山記念(2017年)である。 中山記念(2017年)は、今年からG1に格上げされた大阪杯の前哨戦として注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、中山記念(2017年)の登録馬をステップレース […]

2017/02/21 (火)
中山記念【直前分析】

中山記念 (2016年) 『ドゥラメンテがいよいよ始動』

今週のメインレースは、第90回中山記念である。第90回中山記念は、2冠馬ドゥラメンテの復帰戦ということで例年以上の注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第90回中山記念に出走する有力各馬の能力をステップレースご […]

2016/02/23 (火)
ヌーヴォレコルトが牡馬の一線級を破る

中山記念 (2015年) 『ヌーヴォレコルトが牡馬の一線級を破る』

第89回中山記念は、3番人気のオークス馬ヌーヴォレコルト(岩田康誠)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、展開に恵まれたレースが多く実績よりは能力が劣るものの、開幕週でスローペースの好位のインを追走できそうな展開 […]

2015/03/5 (木)
イスラボニータが復帰戦を飾れるか?

中山記念 (2015年) 『イスラボニータが復帰戦を飾れるか?』

今週のメインレースは、第89回中山記念である。 第89回中山記念は、2頭の皐月賞馬が出走することもあり、例年以上の注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第89回中山記念に出走する有力各馬の能力をステップレースご […]

2015/02/27 (金)
ジャスタウェイが格の違いを見せつけて圧勝

中山記念 (2014年) 『ジャスタウェイが格の違いを見せつけて圧勝』

第88回中山記念では、天皇賞馬ジャスタウェイが格の違いを見せつけて圧勝した。 競馬理論の競馬予想では、天皇賞・秋の圧倒的な強さから本格化したと判断し、ジャスタウェイを本命に予想した。 レースでは、ジャスタウェイは、スター […]

2014/03/6 (木)
ジャスタウェイがいよいよ始動

中山記念 (2014年) 『ジャスタウェイがいよいよ始動』

今週のメインレースは、第88回中山記念である。 第88回中山記念は、皐月賞馬ロゴタイプ及び天皇賞馬ジャスタウェイの復帰戦ということもあり、例年以上の注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第88回中山記念に出走す […]

2014/02/28 (金)
ナカヤマナイトが格の違いを見せつける

中山記念 (2013年) 『ナカヤマナイトが格の違いを見せつける』

第87回中山記念は、2番人気のナカヤマナイト(柴田善臣)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、G1でこそ通用していないものの、オールカマーの強いレース内容から得意な中山コースでは崩れないと判断し高い評価を与えてい […]

2013/02/24 (日)
ダノンバラードの重賞連覇なるか?

中山記念 (2013年) 『ダノンバラードの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第87回中山記念である。 中山金杯組からは、1着のタッチミーノット(横山典弘)、9着のタガノエルシコ及び11着のニシノメイゲツが第87回中山記念に出走する。 タッチミーノットの中山金杯の勝利という結 […]

2013/02/22 (金)
ヴィクトワールピサがドバイワールドカップへの壮行レースを飾れるか?

中山記念 (2012年) 『ヴィクトワールピサがドバイワールドカップへの壮行レースを飾れるか?』

今週から、春の中山開催が開幕する。 春の中山開催は、 春のG1戦線を占う意味でも大事な開催である。その中山開催の開幕週には、第85回中山記念が行われる。第85回中山記念は、3冠牝馬アパパネこそ登録を断念したものの、有馬記 […]

2012/07/2 (月)
開幕週の馬場で先行馬有利になるか?

中山記念 (2012年) 『開幕週の馬場で先行馬有利になるか?』

今週のメインレースは、第84回中山記念である。第84回中山記念は、一線級が出走してこないこともあり、中心馬不在の混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想は、第84回中山記念に出走する有力各馬の能力を分析する。第84回中 […]

2012/07/2 (月)
カンパニーの連覇なるか?

中山記念 (2012年) 『カンパニーの連覇なるか?』

今週から、二開催連続の春の中山競馬が開幕する。その春の中山競馬の開幕週には、伝統の一戦の第83回中山記念が行われる。第83回中山記念は、力差のハッキリしたメンバーで別定戦ということもあり、軸馬さえ間違わなければ、簡単に的 […]

2012/06/29 (金)
エアシェイディが重賞連覇を果たせるか?

中山記念 (2012年) 『エアシェイディが重賞連覇を果たせるか?』

今週からは、春の中山競馬が開幕する。その春の中山競馬の開幕週には、伝統の一戦の第82回中山記念が行われる。第82回中山記念では、エアシェイディ(後藤)及びマルカシェンク(北村宏)が人気の中心となりそうである。エアシェイデ […]

2012/06/29 (金)
第81回中山記念

中山記念 (2012年) 『第81回中山記念』

いよいよ、クラシックに向けて、春の中山競馬が開幕する。その第2回中山競馬の開幕週には、伝統の一戦の第81回中山記念が行われる。第81回中山記念では、エアシェイディ(横山典)が人気となる。エアシェイディは、重賞で2着4回、 […]

2012/06/29 (金)
第86回中山記念

中山記念 (2012年) 『第86回中山記念』

今週から、春の中山競馬が開幕する。その中山競馬場では、第86回中山記念(2012年)が行われる。 第86回中山記念(2012年)は、 ドバイ遠征前のトゥザグローリーが出走することもあり、注目の一戦となる。そこで、競馬理論 […]

2012/06/29 (金)
フェデラリストが4連勝で中山記念を制す

中山記念 (2012年) 『フェデラリストが4連勝で中山記念を制す』

第86回中山記念の結果(2012年)は、 断然人気のトゥザグローリーが10着に敗れ、 3番人気のフェデラリストと7番人気のシルポートの2頭で結果し、 波乱となった。競馬理論は3連勝中の勢いに高い評価を与えつつも、 ダンス […]

2012/02/26 (日)
不良馬場を利してトーセンクラウンが圧勝

中山記念 (2010年) 『不良馬場を利してトーセンクラウンが圧勝』

第84回中山記念の結果は、時計のかかる不良馬場で行われたことが影響して、人気馬総崩れの大波乱の結果となった。その大波乱の第84回中山記念の結果を制したのは、トーセンクラウン(江田照)であった。競馬理論は、13番人気とまっ […]

2010/02/28 (日)
第82回中山記念

中山記念 (2008年) 『第82回中山記念』

第82回中山記念の結果は、カンパニー(横山典)の横綱競馬で幕を閉じた。 カンパニーは、初騎乗となる横山騎手の好騎乗に導かれて、逃げるコンゴウリキシオー(藤田信二)の結果2番手から競馬を進めた。そして、カンパニーは、4コー […]

2008/03/2 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪