14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 毎日王冠 > ダノンキングリーが能力の違いを見せつける
2019/10/10
予想屋マスター
回顧録

毎日王冠 -G2- 東京競馬場/芝1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6000万円

2019年毎日王冠 ダノンキングリーが能力の違いを見せつける

戸崎圭太

戸崎圭太騎手、毎日王冠制覇おめでとうございます!

 

断然1番人気でマスターも軸に指名したダノンキングリー、最後方から一気に差し切りました。強いですね…!次走はG1マイルチャンピオンシップと言われていますが、いよいよ初G1制覇なるでしょうか?マスターの振り返りをご覧ください!

 

G1戦線でも本命級!ダノンキングリーが圧倒的な強さを見せた1戦

毎日王冠(2019年)は、10頭立てと頭数こそ少なかったものの、一線級が揃う豪華メンバーで行われたが、上位人気馬同士の決着となった。

 

1着:ダノンキングリー

その毎日王冠(2019年)を制したのは、単勝1.6倍と断然人気に推された3歳馬ダノンキングリー(戸崎圭太)であった。

 

競馬理論の競馬予想では、後のNHKマイルカップ馬アドマイヤマーズを寄せ付けなかった共同通信杯のレース内容から、古馬相手でも負けられないと判断し、ダノンキングリーを本命とした。

 

レースでは、ダノンキングリーは、スタートで出遅れてしまい最後方からの競馬となった。

 

そして、ダノンキングリーは、4コーナーで大外に持ち出されると、前9頭をごぼう抜きで差し切り、毎日王冠(2019年)を制覇した。

 

ダノンキングリーの毎日王冠(2019年)の勝利という結果は、出遅れた上にスローペースで前残りの競馬を差し切っており、着差以上の強さを見せつけた。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、ダノンキングリーに本命級のかなり高い評価を与えるべきである。

 

2着:アエロリット

一方、毎日王冠(2019年)では、2番人気のアエロリット(津村明秀)が2着に入った。

 

競馬理論の競馬予想では、去年の勝ち馬である上に楽に逃げられそうな展開面を考慮し、アエロリットにもかなり高い評価を与えていた。

 

レースでは、アエロリットは、楽に先手を取ると、馬なりのまま直線に向いた。

 

そして、アエロリットは、直線でダノンキングリーにはあっという間に差されてしまったが、一旦交わされたインディチャンプをしぶとく差し返して、2着を確保した。

 

アエロリットの毎日王冠(2019年)の2着という結果は、ダノンキングリーにこそ力負けであったが、マイペースで先行すれば牡馬の一線級相手でも通用することを改めて示した。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、先行有利の展開や馬場になるようであれば、アエロリットの粘り込みにも注目すべきである。

 

3着:インディチャンプ

一方、毎日王冠(2019年)では、3番人気のインディチャンプ(福永祐一)が3着に入った。

 

インディチャンプは、アエロリットを見る形の2~3番手を進んだ。

 

そして、インディチャンプは、直線でアエロリットを交わして一旦は先頭に立ったが、ゴール前でアエロリットに差し返されてしまい、3着に敗れてしまった。

 

インディチャンプの毎日王冠(2019年)の3着という結果は、休み明けで58キロ、且つ距離が少し長かった分だけ伸びを欠いたが、自ら勝ちに行く競馬で見せ場を作った。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、展開の助けがあれば、インディチャンプが二つ目のG1制覇を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

 

以上のように、毎日王冠(2019年)は、ダノンキングリーの強さだけが目立つ一戦となった。

 

競馬理論のファンの方は、ダノンキングリーの今後の走りに大いに期待して頂きい。

 


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>