長年の研究と独自の競馬理論に基づいた有料コンテンツサービス提供

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 共同通信杯

今週の重賞レース
■ 京都記念ページ
https://www.keibariron.com/database/kyotokinen
■ クイーンCページ
https://www.keibariron.com/database/queencup


共同通信杯、別名「トキノミノル記念」。

クラシックのトライアル競走ではないのですが、近年はこのレースを使って3冠を勝利する馬が多いので、重要なレースとして競馬ファンの間ではささやかれています。

ディーマジェスティ、ドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップ、ディープブリランテがこのレース出身です。

去年優勝のスワーヴリチャードもダービー2着と、有力馬の出走が当たり前となってきましたので、2018年も当然期待がかかります。

予想オッズでは、2戦2勝でホープフルステークス(G1)覇者タイムフライヤーも破っているグレイル。

そしてホープフルステークス3着のステイフーリッシュが人気を集めていますが……

友だち追加

2018年 共同通信杯の最新予想情報

共同通信杯の最終オッズ

馬名 単勝
グレイル1.8
ステイフーリッシュ5.7
サトノソルタス6.3
ゴーフォザサミット7.1
○外アメリカンワールド12.6
オウケンムーン13.6
カフジバンガード20.6
ブラゾンダムール54.4
コスモイグナーツ105.4
エイムアンドエンド132.9
□地リュウノユキナ289.5
トッカータ562.3
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

共同通信杯のレース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

123455667788
123456789101112 馬番
サトノソルタス カフジバンガード○外アメリカンワールド エイムアンドエンド コスモイグナーツ オウケンムーン ブラゾンダムール トッカータ ステイフーリッシュ ゴーフォザサミット□地リュウノユキナ グレイル 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
565656565656565656565657 斤量
ムーア 内田博 浜中 ミナリク 柴田大 北村宏 横山典 丸田 中谷 田辺 吉原寛 武豊 騎手
259381611104127 着順

共同通信杯記事一覧

リアルスティールが無傷で重賞制覇

共同通信杯 (2015年) 『リアルスティールが無傷で重賞制覇』

第49回共同通信杯は、3番人気のリアルスティール(福永祐一)が断然の1番人気に推されたドゥラメンテ(石橋脩)を差し切り、無傷で重賞制覇を飾った。 競馬理論の競馬予想では、新馬戦の着差以上に強い内容から能力的に底を見せてい […]

2015/02/19 (木)
アヴニールマルシェが今度こそ重賞制覇なるか?

共同通信杯 (2015年) 『アヴニールマルシェが今度こそ重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは第49回共同通信杯である。 第49回共同通信杯は、東京コースで行われるということもあって、日本ダービーを狙う馬が多数出走する。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第49回共同通信杯に出走する有力各馬の能 […]

2015/02/13 (金)
第44回共同通信杯

共同通信杯 (2012年) 『第44回共同通信杯』

今週のメインレースは、第44回共同通信杯である。第44回共同通信杯は、日本ダービーと同じ東京競馬場が舞台ということもあり、クラシック戦線を占う意味でも非常に注目される。そこで、競馬理論は、第44回共同通信杯に出走する有力 […]

2012/07/2 (月)
トーセンジョーダンが4連勝でクラシックの主役になれるか?

共同通信杯 (2012年) 『トーセンジョーダンが4連勝でクラシックの主役になれるか?』

今週のメインレースは、第43回共同通信杯である。第43回共同通信杯は、日本ダービーが行われる東京競馬場が舞台ということもあって、クラシックへ直結することが多い。そのため、今年の第43回共同通信杯にも、クラシックを狙える3 […]

2012/06/29 (金)
サダムイダテンがクラシックへ向けて本格始動

共同通信杯 (2012年) 『サダムイダテンがクラシックへ向けて本格始動』

今週のメインレースは、第42回共同通信杯である。共同通信杯は、数多くのG1馬を輩出した出世レースなので、クラシックへ向けて大いに注目される。 その第42回共同通信杯では、ラジオNIKKEI杯2歳S組のサブジェクト(ペリエ […]

2012/06/29 (金)
第41回共同通信杯

共同通信杯 (2012年) 『第41回共同通信杯』

1回東京競馬4日目には、第41回共同通信杯が行われる。共同通信杯は、ナリタブライアン、エルコンドルパサー及びジャングルポケットなど数々の名馬が制したレースであり、クラシックへの登竜門である。今年の共同通信杯にも、クラシッ […]

2012/06/29 (金)
ハンソデバンドが3連勝で重賞制覇

共同通信杯 (2010年) 『ハンソデバンドが3連勝で重賞制覇』

第44回共同通信杯は、ゴール前で上位人気馬3頭の大激戦となったが、ハンソデバンド(蛯名)がダノンシャンティ(吉田豊)の追いを凌ぎきって、結果重賞初制覇を飾った。 レースでは、ハンソデバンドは、結果1枠を利して逃げたカワキ […]

2010/02/7 (日)
第43回共同通信杯

共同通信杯 (2009年) 『第43回共同通信杯』

第43回共同通信杯では、結果勝ち切れない競馬が続いたブレイクランアウトがこれまでの鬱憤を晴らす内容で圧勝した。 第43回共同通信杯の競馬理論の結果の結果は、強敵相手に常に好走を繰り返してきたレース内容を評価し、ブレイクラ […]

2009/02/8 (日)
第42回共同通信杯

共同通信杯 (2008年) 『第42回共同通信杯』

第42回共同通信杯は、結果単勝1.5倍と断然人気のサダムイダテン(安藤勝)が敗れる波乱の結果となった。 その波乱の結果となった第42回共同通信杯を制したのは、結果ショウナンアルバ(蛯名)である。 ショウナンアルバは、道中 […]

2008/02/11 (月)
第41回共同通信杯

共同通信杯 (2007年) 『第41回共同通信杯』

クラシックへの登竜門である第41回共同通信杯は、結果フサイチクラシック(安藤勝)が人気に応えて勝利を収めた。フサイチクラシックは、いつもより後ろの位置取りとなる5~7番手からレースを進めた。 フサイチクラシックは、直線で […]

2007/02/4 (日)
第40回共同通信杯

共同通信杯 (2006年) 『第40回共同通信杯』

今年の共同通信杯には、結果かなりの好メンバーが出走した。第40回共同通信杯の競馬理論の結果では、共同通信杯に出走した人気馬4頭に注目していた。 この4頭は、今までのレース内容から、共同通信杯のレース内容次第では、結果クラ […]

2006/02/5 (日)
第39回共同通信杯

共同通信杯 (2005年) 『第39回共同通信杯』

共同通信杯は、結果ストーミーカフェ(四位洋文)の圧勝で終わった。戦前は、このストーミーカフェとニシノドコマデモ(横山典弘)の二頭が人気になっていた。私の第39回共同通信杯の競馬理論の結果でも、この二頭(ストーミーカフェ及 […]

2005/02/5 (土)

うまみちゃんねるの共同通信杯最新記事

共同通信杯の最新情報

共同通信杯とは

共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。『共同通信杯』より : 共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。『共同通信杯』より : 共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。引用元:Wikipedia 共同通信杯3歳ステークス

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス: