リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
プロプランの抽選応募はこちら
TOP > 今週のレース予想 > 共同通信杯 > 共同通信杯2019の競馬予想|アドマイヤマーズがクラシックに向けて始動

【 共同通信杯2019予想】共同通信杯2019の競馬予想|アドマイヤマーズがクラシックに向けて始動

2019/02/05
2019/02/07
出走日:2019年02月10日(日)
共同通信杯(G3)/東京競馬場/芝1800m/左/条件:サラブレッド系3歳/賞金:3700万円

今週は、フルゲート18頭に対して8頭の出走登録にとどまった

共同通信杯(2019年)の予想について解説する。

共同通信杯は、スワーヴリチャードなど多数の名馬を排出しており、クラシック戦線(2019年)を占う意味でも注目を集める。

無敗の2歳チャンピオンアドマイヤマーズ(ミルコ・デムーロ)が単勝1倍台の断然人気となりそうだが、他にも素質馬が揃っており楽しみな一戦である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、共同通信杯の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

朝日杯フューチュリティステークス組


1着のアドマイヤマーズが出走登録している。

 

アドマイヤマーズ

朝日杯フューチュリティステークスの勝利という結果は、先行2頭から離れた3番手を気分よく追走する展開に恵まれたものである。
それを考慮しても、アドマイヤマーズが2着のクリノガウディーに2馬身もの差をつけたことは立派である。
更に、アドマイヤマーズは、4戦4勝と能力的にも底を見せていない。
よって、共同通信杯の予想では、アドマイヤマーズに本命級のかなり高い評価を与えて当然である。

 

京都2歳ステークス組


1着のクラージュゲリエ(武豊)が出走を予定している。

 

クラージュゲリエ

京都2歳ステークスの勝利という結果は、スローペースを差し切る着差以上に強い内容であった。
また、クラージュゲリエは、レベルの高い札幌2歳ステークスでも3着に破れはしたものの、着差は僅かであった。
よって、共同通信杯の予想では、クラージュゲリエにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

ひいらぎ賞組


1着のダノンキングリー(戸崎圭太)が出走登録している。

 

ダノンキングリー

ひいらぎ賞の勝利という結果は、終始外を回らされながらも、2着に3馬身半もの差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、共同通信杯の予想では、急激なメンバー強化を考慮しても、ダノンキングリーにもかなり高い評価を与えるべきである。

 

京成杯組


6着のナイママ(柴田大知)・7着のマードレヴォイス(三浦皇成)
の合計2頭が出走登録している。

 

ナイママ・マードレヴォイス

京成杯のレース内容は見所がなかった。
よって、共同通信杯の予想では、ナイママ及びマードレヴォイスに高い評価は不要である。
唯一注意を払うとすれば、共同通信杯は先行馬不在のメンバー構成なので、ナイママが楽に先行した場合のみであろう。

 

新馬組


ゲバラ(大野拓弥)・ツュヴァルツリーゼ(石橋脩)・
フォッサマグナ(ルメール)
の合計3頭が出走を予定している。

 

ゲバラ・ツュヴァルツリーゼ・フォッサマグナ

新馬戦の勝利という結果は、いずれの馬も着差以上に強い内容であった。
よって、共同通信杯の予想では、能力的に底を見せていないゲバラ、ツュヴァルツリーゼ及びフォッサマグナにも注意を払うべきである。
特に、フォッサマグナは、後のきさらぎ賞3着馬ランスオブプラーナを楽に差し切っていることから、共同通信杯でもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

以上、共同通信杯に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

共同通信杯(2019年)の最終的な予想を決断する。

この記事を書いた人
予想屋マスター事務局

回収率が最も高いプロプラン
締切まで
プロプランの抽選に応募する
もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください