TOP > レース予想 > 共同通信杯 > マイラプソディが4連勝でクラシック戦線の主役候補に名乗りをあげるか?
2020/02/13 2020/02/17

【 共同通信杯2020予想】 マイラプソディが4連勝でクラシック戦線の主役候補に名乗りをあげるか?

出走日:2020年02月16日(日)
共同通信杯(GⅢ)/東京/別定/1800m(左・芝)

今週は、フルゲート18頭に対して12頭の出走登録にとどまった

 

共同通信杯(2020年)の予想について解説する。

 

共同通信杯は、スワーヴリチャードなど多数の名馬を排出しており、2020年のクラシック戦線を目指す素質馬が揃った。無敗で3連勝中のマイラプソディ(武豊)が断然人気となりそうだが、初対戦となる馬も多く、絶対視までは禁物である。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、共同通信杯の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

京都2歳ステークス組

1着のマイラプソディ(武豊)が出走登録している。

 

マイラプソディ

京都2歳ステークスの勝利という結果は、後方から楽に差し切り2着に2馬身も差をつけており、力の違いを見せつけた。

 

よって、共同通信杯の予想では、マイラプソディに本命級の高い評価を与えて当然である。

ただし、今の東京競馬場は追い込みが届きにくいので、マイラプソディが外を回りすぎると脚を余す可能性も否定できない。

 

葉牡丹賞組

3着のダーリントンホール(ルメール)が出走を予定している。

 

ダーリントンホール

葉牡丹賞の3着という結果は、1番人気を裏切ってしまったが、開幕週の馬場で外を回らされた分だけ届かなかっただけであり、負けて強しの内容であった。また、ダーリントンホールは、札幌2歳ステークスで3着に好走しており、重賞でも通用する能力を示している。

 

よって、共同通信杯の予想では、ルメール騎手騎乗をも加味すると、ダーリントンホールの巻き返しにも注目すべきである。

 

東京の新馬戦組

1着のフィリオアレグロ(ミルコ・デムーロ)が出走登録している。

 

フィリオアレグロ

新馬戦の勝利という結果は、道悪の割には時計も速く、外枠から早め先頭で押し切る強い内容であった。また、この新馬戦で2着のレッドルレーヴは次走の未勝利戦を順当に勝ち上がっている。

 

よって、共同通信杯の予想では、急激なメンバー強化であっても、フィリオアレグロにも高い評価を与えるべきである。

 

京成杯組

4着のビターエンダー(ミナリク)が出走を予定している。

 

ビターエンダー

京成杯の4着という結果は、4コーナーで包まれえて若干仕掛けが遅れたことも確かだが、思ったよりも伸びなかった。

 

よって、共同通信杯の予想では、ビターエンダーに、展開に恵まれたときの押さえ候補程度の評価を与えれば十分である。

 

きんもくせい特別組

1着のココロノトウダイ(丸山元気)が出走登録している。

 

ココロノトウダイ

きんもくせい特別の勝利という結果は、小回りの福島コースを捲って差し切る着差以上に強い内容であったが、弱いメンバー構成に恵まれた感もある。

 

よって、共同通信杯の予想では、ココロノトウダイが好走するためには、差しが届きやすい展開などの助けが必要と判断すべきである。

 

去年の秋の京都の新馬戦組

1着のサトノインプレッサが出走を予定している。

 

サトノインプレッサ

新馬戦の勝利という結果は、好位のインを追走するロスのない展開に恵まれたものではあるが、まだ上がり目がありそうであった。また、この新馬戦の3着馬のオーマイダーリンは、シンザン記念で4着に好走しており、レベルも高かった。

 

よって、共同通信杯の予想では、サトノインプレッサにも注意を払うべきである。

 

2020年1月の新馬戦組

1着のマートルフィールドが出走登録している。

 

マートルフィールド

新馬戦の勝利という結果は、好位から抜け出してのものであり、見た目的にも時計的にも目立つものはなかった。

 

よって、共同通信杯の予想では、上がり目がありそうな点を考慮しても、マートルフィールドに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

以上、共同通信杯に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

 

共同通信杯(2020年)の最終的な予想を決断する。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 5/25 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.