14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 小倉大賞典 > 2019年小倉大賞典の予想解説動画を公開しました。
2019/02/16
予想屋マスター

出走日:2019年02月17日(日)
小倉大賞典 -G3- 小倉競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系4歳以上オープン 賞金:4100万

2019年小倉大賞典 2019年小倉大賞典の予想解説動画を公開しました。

小倉大賞典の解説


こんにちは、予想屋マスターです。
今週はですね、第53回小倉大賞典についてお話をしたいと思います。
小倉大賞典ですが、頭数が14頭と、少頭数ではないもののフルゲートにならなかったといったメンバー構成です。1つはですね、このレーですね、先行馬がかなりいるので。
そいう意味ではですね、馬券的にはちょっと面白いレースになる可能性があるのかなと、というふうに思っております。

福島記念


それでは過去のレースを順番に振り返っていきますが、1つ目がですね、福島記念ですね、このメンバーからは上位4頭出走してくるんですが、勝った馬から順番に見ていくと。
かなりですね、早いペースでマルターズアポジーが逃げたこともあって、これは大逃げですね、追って、離れた3番手を進んだのは、勝ったですね、スティッフェリオですね、スティッフェリオは、ここを追走したので離れて3番手なので展開は恵まれた感はあるんですが、ただですね、後続を1馬身1/4半差、ということでは強いのかなと思います。
マイスタイルですね、逃げなかったとみれば逃げなかったんですが、ただ離れた2番手を追走していたので、単騎逃げと同じ状態ですね、での2着と、いった内容です。
でその後ろの、インコースにいたのがエアアンセムですね、これが3着と。
いった内容なので、上位はですね、どちらかというと、福島の小回りで外を回らずに、ラチ沿いを通った馬がワンツースリーと、いった内容です。
4着がですね、ちょっと離されちゃってるんですが、ナイトオブナイツがですね、ちょっと外目を回っていたので、展開次第では、このナイトオブナイツも差のない競馬をしてもおかしくないのかな、という感じがしています。

中山金杯


次ですね、中山金杯ですね、このメンバーからはですね、3着のタニノフランケル、あと下もいるんですが、7着のエアアンセム辺りもいるんですが、タニノフランケルを中心に見ていこうと思います。
1枠1番を引いたこともあってですね、注文をつけてハナに立っての3着と、いうことですね。
で、ペースもかなり遅かったのでこの展開に恵まれたのかなという感じがしています。
今回先行馬が揃っていることを考えると、この時負けているエアアンセム辺りがですね、着差もですね、7着とはいえ0.13なので、逆転する可能性の方が高いのかなという感じがしています。

京都金杯


次ですね、京都金杯ですね、マイスタイルが出てくるんですが、マイスタイルこの時ですね、逃げないで前2頭行かせて3番手の外目から流れ込むといった内容です。
逃げない競馬が出来たのは収穫なのかなという感じもしますが、ただですねやはり京都の開幕週は差しが届き辛いということもあったので、まあそれで上手く先行出来たと見れば、今回先行馬が多いので、注意は必要ですが、ちょっと軸とかですね、本命級っていうとこまではいかないのかな、という感じがしています。

寿ステークス


最後ですね、ケイティクレバーが勝ったレースですね、これは京都ですね、京都場ですね、前が止まらない馬場だったので、楽に逃げて押し切っただけといった内容です。
今回ですね、やはり1番逃げを打つのはマルターズアポジーを筆頭にですね、かなり逃げ馬が多いので、そういう意味では厳しい展開にならざるを得ないのかな、という感じがしています。
展開をお見せしながら解説をすると、まずマルターズアポジーの大逃げで始まると思うんですね、あともですね、それ以外ももう7、8頭逃げ先行勢がいるので、これはちょっとペースが緩むことは考え辛いのと、久々にかなりの後ろからの追い込み競馬なってもおかしくないのかなという気がしています。

サイモンラムセス


ちょっと内から見ていきますが、1番サイモンラムセス、これもですね、逃げ馬なので、やはりですね、この先行争いに巻き込まれることを考えると厳しいのかなと思います。

エアアンセム


2番エアアンセム、これは絶好ですね、内枠を引いて中団よりやや後方のインコースで脚を溜めて好走ということなのでこれは今回は巻き返す可能性が高いのかなと思います。

タニノフランケル


タニノフランケル、前回1枠1番で逃げていて、2走前もスローの2番手で、アテンフェスタとの行ったきりなんですね。
それを考えると、今回どうもかなり人気になりそうなので、そういう意味ではちょっと人気ならばあんまり買いたくないなという感じがしています。

マウントゴールド


マウントゴールド、これもですね、どちらかというと先行馬なのであんまり買いたくはないんですが、チャレンジカップの、2走前のようにですね、この先行集団から離れたインコースで追走出来れば若干チャンスはあるのかなと思います。

レトロロック


レトロロック、福島記念では惨敗ですが、この馬小倉だと走るので、差す競馬も出来るので、後方で脚を溜めて前崩れの競馬になったらどこまで、といった感じかなと思います。

マルターズアポジー


マルターズアポジーは最近逃げて止まるので止まるでしょう。

ブラックスピネル


ブラックスピネルもですね、これも前回スローで逃げ切っただけなので、今回逃げ馬がたくさんいるので厳しいのかなと思います。

マイスタイル


マイスタイル、前回で抑える競馬をちょっと覚えさせたものの、やはりですね
どちらかというと先行したほうがいい馬なので、これもですね、どちらかというと抑え程度でいいのかなと思います。

スズカディープ・ケイティクレバー


スズカディープもちょっと厳しい、ケイティクレバーも逃げないと厳しいと。

ナイトオブナイツ


ナイトオブナイツ、これもですね、ここ2回、よく追い込んではいるので、前が崩れたときに直線一気という可能性が若干あるのかなと思います。

スティッフェリオ


スティッフェリオ、前回ですね、どちらかというと離れた3番手、先行勢を、マイスタイルを追いかける形だったので、あんまり前行くと嫌なんですが、元々差す競馬も出来る馬なので、そういう意味ではですね、後ろで構えていれば、重賞連覇のチャンスはあるのかなと思います。8枠2頭はちょっと厳しいのかなといったところです。
一応ですね、このように14頭分析しております。
このレースに関しては、先程からお話しているように、もう逃げ馬だらけのレースなので、もう先行勢みんなやめて後ろの馬券を買ったほうがいいなというふうに思っております。
後はですね、小倉のですね、競馬の馬場を見ながらですね、最終的な予想をお伝えしたいなというふうに思っております。
小倉大賞典の無料会員の解説は以上です。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>