天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 京成杯
今週の重賞レース
■ 日経新春杯ページ https://www.keibariron.com/database/nikkeishinshunhai
■ 愛知杯ページ https://www.keibariron.com/database/aitihai


2017年 京成杯の最新予想情報

予想屋マスターの京成杯(2017年)予想分析記事

ベルーフが皐月賞と同じ舞台で重賞制覇

第55回京成杯は、3番人気のベルーフ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、相手が強すぎただけのルージュバック以外には負けておらず、能力的にも底を見せていない点を評価しつつも、前走のエリカ賞の勝利はロスのない競馬をさせた川田将雅騎手の好騎乗によるものにも見えたので、高い評価を与えつつもベルーフを本命にはできなかった。

レースでは、ベルーフは、中団の馬群の中で待機し、直線に向いて大外に持ち出されると、鋭い差し脚で内の馬をまとめて差し切り、第55回京成杯を制覇した。

ベルーフの第55回京成杯の勝利という結果は、スローペースを大外から差し切る派手なレースであったが、一線級不在の弱いメンバー構成に恵まれたことも確かである。

よって、2015年クラシック戦線の競馬予想においては、ベルーフにとっては次走が試金石の一戦になると判断すべきである。

一方、第55回京成杯で1番人気に推されたブラックバゴ(蛯名正義)は2着を確保した。ブラックバゴは、中団の馬群の中を待機し、直線に向くと馬群を割って伸びてきたが、ベルーフに切れ負けして、2着止まりであった。

ブラックバゴの第55回京成杯の2着という結果は、瞬発力の差が出ただけであり、能力的にはベルーフと互角である。

よって、2015年のクラシック戦線の競馬予想においては、ブラックバゴがベルーフを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

ただし、ブラックバゴもベルーフと同様に、

第55回京成杯は一線級不在のメンバー構成に恵まれた可能性があることを頭に入れておくべきである。

一方、第55回京成杯では6番人気のクルーガー(内田博幸)が3着に入った。
クルーガーは、中団の馬群の中で待機していたが、4コーナーあたりでは手応えが悪く万事休すのようにも思えた。しかしながら、クルーガーは、直線に向くと内目から鋭く伸び、僅差の3着でゴールした。

クルーガーの第55回京成杯の3着という結果は、1コーナーでの不利がなければ更に際どかったと見ることもできるが、前走のエリカ賞で能力的に底を見せてしまった感もあるので、やはり上位2頭と同様に弱いメンバー構成に恵まれた感が否めない。

よって、2015年のクラシック戦線の競馬予想においては、クルーガーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、第55回京成杯で競馬理論が本命に予想したソールインパクト(戸崎圭太)は4着に敗れてしまった。

ソールインパクトは、中団より後方の馬群の中で脚をためていたが、3~4コーナーでは包まれて動くに動けず、ほぼ最後方まで位置取りを下げてしまった。

ソールインパクトは、直線で馬群がバラけると懸命に追い込んだが、わずかに届かず、4着に敗れてしまった。

ソールインパクトの第55回京成杯の4着という結果は、仕掛けが遅れてしまった不利を考慮すると、一番強いレース内容であった。

よって、2015年のクラシック戦線においては、第55回京成杯組ではソールインパクトに最も高い評価を与えるべきである。

以上のように、第55回京成杯は、ベルーフの勝利で幕を閉じた。

ただし、第55回京成杯組は、上位4頭が同タイムであったように大きな能力差がなかったことと、一線級不在のメンバー構成であったことを頭に入れておくべきである。

よって、競馬理論のファンの方は、第55回京成杯組が2015年のクラシック戦線で上位争いする可能性は低いと判断すべきである。

皐月賞と同じ舞台の重賞を制するのは?

今週のメインレースは、第55回京成杯である。

第55回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われるということもあり、2015年のクラシック戦線を占う意味でも注目される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第55回京成杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ホープフルステークス組からは、3着のブラックバゴ(戸崎圭太)、4着のソールインパクト(福永祐一)、10着のディアコンチェルト(後藤浩輝)、12着のマイネルシュバリエ(柴田大知)及び13着のフォワードカフェ(蛯名正義)が第55回京成杯に出走する。

ブラックバゴのホープフルステークスの3着という結果は、直線で前が開かず仕掛けが遅れたものではあるが、終始ロスのない競馬をさせた戸崎圭太騎手の好騎乗によるものでもある。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、ブラックバゴに高い評価を与えるべきだが絶対視までは禁物である。

一方、ソールインパクトのホープフルステークスの4着という結果は、直線で外に出した分だけ届かなかったが、ブラックパゴとレース内容としては互角である。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、展開次第でソールインパクトがブラックバゴを逆転可能と判断すべきである。

一方、のディアコンチェルト、マイネルシュバリエ及びフォワードカフェは、ホープフルステークスの見所のない内容から、第55回京成杯の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、東京スポーツ杯組からは、5着のクラージュシチーが第55回京成杯に出走する。

クラージュシチーの東京スポーツ杯の5着という結果は、スタートで出遅れてしまったものであり、ソールインパクトとはレース内容的に差がない。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、クラージュシチーにソールインパクトと互角程度の評価は与えるべきである。

一方、エリカ賞組からは、1着のベルーフ(川田将雅)、2着のクルーガー及び12着のダノンリバティが第55回京成杯に出走する。

ベルーフのエリカ賞の勝利という結果は、

重賞級を破った事自体は立派だが、ロスのない競馬をさせた川田騎手の好騎乗によるものでもある。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、ベルーフにとって試金石の一戦になると判断すべきである。

一方、クルーガーのエリカ賞の2着という結果は、好位のインを追走する絶好の展開に恵まれたものであり、ベルーフには力負けであった。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、クルーガーが好走するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

一方、寒竹賞組では、1着のタケルラムセス(横山典弘)及び5着のブライトバローズが第55回京成杯に出走する。

タケルラムセスの寒竹賞の勝利という結果は、ロスのない競馬をさせた北村騎手の好騎乗によるものだが、2戦2勝と能力的に底を見せていないことも確かである。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、未知の魅力があるタケルラムセスにもそれなりの高い評価が必要である。

一方、ブライトバローズの寒竹賞の5着という結果は、直線で不利を受けてのものだが、スムーズな競馬だったとしても勝ち負けできたようにも見えない。

よって、第55回京成杯の競馬予想においては、ブライトバローズに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、未勝利勝ち組では、バルビエール(柴山雄一)に注目すべきである。
バルビエールの未勝利戦の勝利という結果は、力の違いを見せつけたものであり、時計的にも重賞で通用してもおかしくない。

よって、第55回京成杯の競馬予想においえては、格下には見えるが、バルビエールにも注意が必要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第55回京成杯に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第55回京成杯の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第55回京成杯の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

フェイムゲームが連勝でG3を奪取

第53回京成杯は、1番人気のフラムドグロワール(横山典弘)が10着に敗れ、波乱の決着となった。大波乱の第53回京成杯を制したのは、7番人気のフェイムゲーム(ベリー)であった。

競馬理論の競馬予想では、未勝利勝ちの内容から大きな能力差がないと判断していたものの、デビュー2戦の内容が良くないことを考慮し、フェイムゲームの評価を下げてしまった。
レースでは、フェイムゲームは、中団よりやや後方のラチ沿いで折り合いに専念した。 そしてフェイムゲームは、3コーナー過ぎから徐々に外目に持ち出されて進出し、4コーナーでは早くも先行集団を射程圏内にとらえ、直線の坂上で先頭に立ってそのまま押し切り、第53回京成杯を制覇した。

フェイムゲームの第53回京成杯の勝利という結果は、雪による延期の影響を受けて重賞にしては寂しいものとなったメンバー構成と、前崩れの展開に恵まれたものである。


よって2013年のクラシック戦線の競馬予想においては、フェイムゲームに、第53回京成杯馬ほどの高い評価は不要である。

第53回京成杯の2着には、アクションスター(内田博幸)が入った。 競馬理論の競馬予想では、強敵揃いのラジオNIKKEI杯2歳ステークスにおいて力負けであったものの、大負けではない点を考慮し、アクションスターにも高い評価を与えていた。
レースでは、アクションスターは出負け気味のスタートということもあり、後方2番手からレースを進めた。 そして、アクションスターは3コーナー過ぎからフェイムゲームをマークするような形でポジションを上げ、直線でも大外から追い込んだもののクビ差だけ届かず、2着止まりであった。

アクションスターの第53回京成杯の2着という結果は、スタートで出負けした分の差によるものなので、このメンバーに入れば力が上位であることを示した。


ただし、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは通用しなかったアクションスターが第53回京成杯で2着に好走できた点、並びにレースの時計を考慮すると、第53回京成杯組は低レベルな可能性が高く、アクションスターが2013年のクラシック戦線で好走する可能性は低いと競馬理論では判断している。

一方、第53回京成杯においては、朝日杯フューチュリティステークスで4着のフラムドグロワール(横山典弘)は10着に、6着のノウレッジ(蛯名正義)は6着に敗れてしまった。

ノウレッジ及びフラムドグロワールの第53回京成杯の惨敗という結果は、雪による延期での仕上げ直しを考慮しても、全く見所のないものであった。


よって第53回京成杯以降の重賞戦線の競馬予想においても、ノウレッジ及びフラムドグロワールに高い評価は不要である。 またこの2頭の敗戦から、朝日杯フューチュリティステークス組のレベルが、G1にしてはかなり低かったという可能性が浮上してきたので、2013年のクラシック戦線の競馬予想において、朝日杯フューチュリティステークス組を評価するときには注意が必要と、競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように第53回京成杯では、上位人気馬が総崩れとなり、波乱の決着となった。
なお、第53回京成杯の2分2秒3という時計は、前日の若竹賞(3歳500万下特別)の1分49秒3と比較すると、条件級と大差なく、低レベルな一戦であった可能性が高い。 よって2013年のクラシック戦線においては、第53回京成杯組に高い評価は不要と、競馬理論の競馬予想では判断している。

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝2000m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

122334455667788
123456789101112131415 馬番
サーベラージュ マイネルスフェーン イブキ ポポカテペトル ジュニエーブル ニシノアモーレ サンティール コマノインパルス アダマンティン アダムバローズ ガンサリュート アサギリジョー○外メリオラ ベストリゾート○外バリングラ 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牝3牝3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
565656565654545656565656565656 斤量
柴山 柴田大 柴田善 戸崎圭 吉田豊 大野 内田博 田辺 横山典 蛯名 北村友 石川 吉田隼 北村宏 石橋脩 騎手
143151048719122513116 着順

最新情報

京成杯とは

京成杯(けいせいはい)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 寄贈賞を受けている京成電鉄は、千葉県市川市に本社を置く鉄道会社。 正賞は京成電鉄株式会社賞。 1961年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。 創設当初は中山競馬場の芝1600m(外回り)で行われ、その後施行場は幾度かの変遷を経て、1999年に4歳(現3歳)重賞競走の距離体系を見直した際、中山競馬場の芝2000m(内回り)に変更された。これにより、クラシックレースへ向けた各馬の将来性や距離適性を占う重要な競走となった。 外国産馬は1984年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になったほか、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走に指定された。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。 出走資格:サラ系3歳、除未出走馬および未勝利馬 JRA所属馬 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで) 外国調教馬(9頭まで、優先出走)負担重量:別定 馬齢重量(牡馬・せん馬56kg、牝馬54kg) 日本馬:収得賞金1,800万円以上は1kg増 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増 賞金 2015年の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円。京成杯オータムハンデキャップ(けいせいはいオータムハンデキャップ)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「京成」は、寄贈賞の提供を受けている京成電鉄に由来している。 正賞は京成電鉄株式会社賞。 1956年に創設された、4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。競走名は創設当初「オータムハンデキャップ」とされていたが、1959年より「京王杯オータムハンデキャップ」に改称。1998年より「京成杯オータムハンデキャップ」に改称され、現在に至っている。 施行距離は当初東京競馬場の芝1600mで、1963年から芝1800mへ変更。その後施行場・距離は幾度かの変更を経て、1980年以降は中山競馬場での施行が定着。1984年から現行の芝1600m(外回り)に変更された。1994年から外国産馬が、1998年から地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2006年からは外国馬も出走可能になった。『』より : 引用元:Wikipedia 京成杯3歳ステークス

最終オッズ

馬名 単勝
コマノインパルス3.8
マイネルスフェーン6.5
サーベラージュ6.5
ポポカテペトル7.8
イブキ7.9
ベストリゾート9.1
ガンサリュート14.4
アサギリジョー18.8
○外バリングラ20
ニシノアモーレ24.4
アダムバローズ27.1
サンティール36.3
アダマンティン47.4
○外メリオラ50.9
ジュニエーブル254.3
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧

ベルーフが皐月賞と同じ舞台で重賞制覇

京成杯 (2015年) 『ベルーフが皐月賞と同じ舞台で重賞制覇』

第55回京成杯は、3番人気のベルーフ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、相手が強すぎただけのルージュバック以外には負けておらず、能力的にも底を見せていない点を評価しつつも、前走のエリカ賞の勝利はロス […]

2015/01/22 (木)
皐月賞と同じ舞台の重賞を制するのは?

京成杯 (2015年) 『皐月賞と同じ舞台の重賞を制するのは?』

今週のメインレースは、第55回京成杯である。 第55回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われるということもあり、2015年のクラシック戦線を占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第55回京成杯に […]

2015/01/16 (金)
フェイムゲームが連勝でG3を奪取

京成杯 (2013年) 『フェイムゲームが連勝でG3を奪取』

第53回京成杯は、1番人気のフラムドグロワール(横山典弘)が10着に敗れ、波乱の決着となった。大波乱の第53回京成杯を制したのは、7番人気のフェイムゲーム(ベリー)であった。 競馬理論の競馬予想では、未勝利勝ちの内容から […]

2013/01/24 (木)
ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?

京成杯 (2012年) 『ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?』

今週のメインレースは、皐月賞と同じ舞台の中山2000mで行われる第49回京成杯である。第49回京成杯は、初対戦となるメンバーが多く、難解な一戦となりそうである。その難解な第49回京成杯では、ナカヤマフェスタ(蛯名)が人気 […]

2012/06/29 (金)
2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目

京成杯 (2012年) 『2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目』

今週のメインレースは、第48回京成杯である。第48回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われることもあって、今後のクラシック戦線を占う意味でも大いに注目される。その第48回京成杯では、マイネルチャールズ(松岡)が人気 […]

2012/06/29 (金)
エイシンフラッシュが1番人気に応えて重賞初制覇

京成杯 (2010年) 『エイシンフラッシュが1番人気に応えて重賞初制覇』

第50回京成杯の結果は、上位人気馬同士の結果となった。その第50回京成杯の結果を制したのは、1番人気に推されたエイシンフラッシュ(横山典)である。レースでは、エイシンフラッシュは、3番手の外目からレースを進め、直線入口デ […]

2010/01/17 (日)
第49回京成杯

京成杯 (2009年) 『第49回京成杯』

第49回京成杯の結果では、2番人気のアーリーロブスト(福永祐一)が勝利を収め、断然1番人気のナカヤマフェスタは2着に敗れてしまった。競馬理論は、先行馬不在のメンバー構成を考慮し、アーリーロブストに高い評価を与えていた。レ […]

2009/01/18 (日)
第48回京成杯

京成杯 (2008年) 『第48回京成杯』

第48回京成杯の結果は、競馬理の穴馬ベンチャーナイン(武士沢)が2着に劇走し、波乱の結果となった。その波乱の第48回京成杯の結果を制したのは、一番人気のマイネルチャールズ(松岡)であった。マイネルチャールズは、中段の馬群 […]

2008/01/20 (日)
第47回京成杯

京成杯 (2007年) 『第47回京成杯』

第47回京成杯の結果では、サンツェッペリン(松岡)が逃げ切った。松岡騎手は、他馬が牽制しあっていることを確認すると、サンツェッペリンを思い切ってハナに導いた。京成杯でその松岡騎手の好判断によって、サンツェッペリンは、10 […]

2007/01/14 (日)
第46回京成杯

京成杯 (2006年) 『第46回京成杯』

京成杯の結果では、断然人気のジャリスコライト(北村宏)が快勝した。京成杯の結果ジャリスコライトは、中段を進み、直線に向くと外から豪快に差し切った。しかり、京成杯の結果のジャリスコライトの京成杯の勝利は、かなり弱いメンバー […]

2006/01/15 (日)
第45回京成杯

京成杯 (2005年) 『第45回京成杯』

京成杯は、土日の大雨による不良馬場で行われた。京成杯の結果は、1着アドマイヤジャパン(横山典弘)、2着シックスセンス(四位洋文)であった。アドマイヤジャパン及びシックスセンスは、ラジオたんぱ杯組である。毎年のことながら、 […]

2005/01/15 (土)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪