14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京成杯
今週の重賞レース
■ 日経新春杯ページ
https://www.keibariron.com/database/nikkeishinshunhai
■ フェアリーSページ
https://www.keibariron.com/database/fairystakes

京成杯の最新情報(2020年)

2020年京成杯の予想解説動画を公開しました
  有料会員向けの 『後編(買い目について)』『馬場について』の解説動画につきましては、その週の有料予想配信・配信対象者様が、配信カレンダーより閲覧が可能です。   2020年京成杯 マスターの解説動 […]
2020/01/17 / 動画解説
スカイグルーヴが1番人気に応えてGⅢ制覇なるか?
今週は、フルゲート17頭に対して17頭ぴったりの出走登録馬があった京成杯(2020年)の予想について解説する。   京成杯は、皐月賞と同じ舞台ということもあり、2020年のクラシック戦線を占う意味でも注目を集め […]
2020/01/16 / 競馬予想コラム
京成杯2019の競馬予想|シークレットランが重賞初制覇なるか?
今週は、フルゲート17頭に対して13頭の出走登録にとどまった京成杯(2019年)の予想について解説する。京成杯は、皐月賞と同じ舞台ということもあり、2019年のクラシック戦線を占う意味でも注目を集める。葉牡丹賞をレコード […]
2019/01/10 / 競馬予想コラム
ベルーフが皐月賞と同じ舞台で重賞制覇
ベルーフが皐月賞と同じ舞台で重賞制覇
第55回京成杯は、3番人気のベルーフ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、相手が強すぎただけのルージュバック以外には負けておらず、能力的にも底を見せていない点を評価しつつも、前走のエリカ賞の勝利はロス […]
2015/01/22 / 回顧録
皐月賞と同じ舞台の重賞を制するのは?
皐月賞と同じ舞台の重賞を制するのは?
今週のメインレースは、第55回京成杯である。 第55回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われるということもあり、2015年のクラシック戦線を占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第55回京成杯に […]
2015/01/16 / 競馬予想コラム
フェイムゲームが連勝でG3を奪取
フェイムゲームが連勝でG3を奪取
第53回京成杯は、1番人気のフラムドグロワール(横山典弘)が10着に敗れ、波乱の決着となった。大波乱の第53回京成杯を制したのは、7番人気のフェイムゲーム(ベリー)であった。 競馬理論の競馬予想では、未勝利勝ちの内容から […]
2013/01/24 / 回顧録
ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?
ナカヤマフェスタは3連勝でクラシック戦線の主役になれるか?
今週のメインレースは、皐月賞と同じ舞台の中山2000mで行われる第49回京成杯である。第49回京成杯は、初対戦となるメンバーが多く、難解な一戦となりそうである。その難解な第49回京成杯では、ナカヤマフェスタ(蛯名)が人気 […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目
2連勝中のアイティトップ及びリトルアマポーラに注目
今週のメインレースは、第48回京成杯である。第48回京成杯は、皐月賞と同じ中山2000mで行われることもあって、今後のクラシック戦線を占う意味でも大いに注目される。その第48回京成杯では、マイネルチャールズ(松岡)が人気 […]
2012/06/29 / 競馬予想コラム
エイシンフラッシュが1番人気に応えて重賞初制覇
エイシンフラッシュが1番人気に応えて重賞初制覇
第50回京成杯の結果は、上位人気馬同士の結果となった。その第50回京成杯の結果を制したのは、1番人気に推されたエイシンフラッシュ(横山典)である。レースでは、エイシンフラッシュは、3番手の外目からレースを進め、直線入口デ […]
2010/01/17 / 回顧録
第49回京成杯
第49回京成杯
第49回京成杯の結果では、2番人気のアーリーロブスト(福永祐一)が勝利を収め、断然1番人気のナカヤマフェスタは2着に敗れてしまった。競馬理論は、先行馬不在のメンバー構成を考慮し、アーリーロブストに高い評価を与えていた。レ […]
2009/01/18 / 回顧録
第48回京成杯
第48回京成杯
第48回京成杯の結果は、競馬理の穴馬ベンチャーナイン(武士沢)が2着に劇走し、波乱の結果となった。その波乱の第48回京成杯の結果を制したのは、一番人気のマイネルチャールズ(松岡)であった。マイネルチャールズは、中段の馬群 […]
2008/01/20 / 回顧録
第47回京成杯
第47回京成杯
第47回京成杯の結果では、サンツェッペリン(松岡)が逃げ切った。松岡騎手は、他馬が牽制しあっていることを確認すると、サンツェッペリンを思い切ってハナに導いた。京成杯でその松岡騎手の好判断によって、サンツェッペリンは、10 […]
2007/01/14 / 回顧録
第46回京成杯
第46回京成杯
京成杯の結果では、断然人気のジャリスコライト(北村宏)が快勝した。京成杯の結果ジャリスコライトは、中段を進み、直線に向くと外から豪快に差し切った。しかり、京成杯の結果のジャリスコライトの京成杯の勝利は、かなり弱いメンバー […]
2006/01/15 / 回顧録
第45回京成杯
第45回京成杯
京成杯は、土日の大雨による不良馬場で行われた。京成杯の結果は、1着アドマイヤジャパン(横山典弘)、2着シックスセンス(四位洋文)であった。アドマイヤジャパン及びシックスセンスは、ラジオたんぱ杯組である。毎年のことながら、 […]
2005/01/15 / 回顧録