天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 京成杯AH

今週の重賞レース
■ 紫苑Sページ
https://www.keibariron.com/database/shionstakes

■ セントウルステークスページ
https://www.keibariron.com/database/centaurstakes

友だち追加

2018年 京成杯AHの最新予想情報

予想屋マスターの京成杯AH(2018年)予想分析記事

京成杯AH記事一覧

うまみちゃんねるの京成杯AH最新記事

京成杯AHの最新情報

京成杯オータムハンデキャップとは

京成杯オータムハンデキャップ(けいせいはいオータムハンデキャップ)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「京成」は、寄贈賞の提供を受けている京成電鉄に由来している。 正賞は京成電鉄株式会社賞。 1956年に創設された、4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。競走名は創設当初「オータムハンデキャップ」とされていたが、1959年より「京王杯オータムハンデキャップ」に改称。1998年より「京成杯オータムハンデキャップ」に改称され、現在に至っている。 施行距離は当初東京競馬場の芝1600mで、1963年から芝1800mへ変更。その後施行場・距離は幾度かの変更を経て、1980年以降は中山競馬場での施行が定着。1984年から現行の芝1600m(外回り)に変更された。1994年から外国産馬が、1998年から地方競馬所属馬がそれぞれ出走可能になったほか、2006年からは外国馬も出走可能になった。引用元:Wikipedia 京成杯オータムハンデキャップ

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪