天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 日本ダービー 東京優駿

今週の重賞レース
■ 目黒記念ページ https://www.keibariron.com/database/megurokinen
■ 京都ハイジャンプページ

主なトライアル
■ 皐月賞ページ https://www.keibariron.com/database/satukisho
■ 青葉賞ページ https://www.keibariron.com/database/aobasyou
■ 京都新聞杯ページ https://www.keibariron.com/database/kyotosinbunhai
■ NHKマイルC https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ プリンシバルS

2017年 日本ダービー 東京優駿の最新予想情報

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

マカヒキが皐月賞の雪辱を果たす


第83回日本ダービーは、3番人気に推された皐月賞2着馬マカヒキ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、堅実に追い込むマカヒキに高い評価を与えていたものの、位置取りが悪くなりすぎると脚を余す可能性があると判断し、マカヒキを本命にはできなかった。
レースでは、マカヒキは、いつもより前目の中団のインで脚をため、直線では馬群を割って伸び、サトノダイヤモンドとの叩き合いを制して、第83回日本ダービーを制覇した。
マカヒキの第83回日本ダービーの勝利という結果は、ハイレベルの3歳牡馬世代の頂点に立ったことは素直に評価すべきであるが、ロスのない競馬をさせた川田騎手の好騎乗によるものでもある。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、第83回日本ダービー馬マカヒキに高い評価を与えるべきだが、3歳牡馬世代で力が抜けた存在でないことも頭に入れておくべきである。

一方、第83回日本ダービーでは、2番人気のサトノダイヤモンド(ルメール)が2着に入った。
サトノダイヤモンドは、マカヒキの一頭分外目を進み、直線ではマカヒキとの叩き合いに持ち込んだが、ハナ差だけ届かず、2着止まりであった。
サトノダイヤモンドの第83回日本ダービーの2着という結果は、コーナーワークの差を考慮すると、レース内容としてはマカヒキと互角以上である。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、サトノダイヤモンドにマカヒキと互角の評価を与えて当然である。

一方、第83回日本ダービーでは、1番人気に推された皐月賞馬ディーマジェスティ(蛯名正義)が3着に敗れてしまった。
ディーマジェスティは、マカヒキ及びサトノダイヤモンドの直後をきっちりとマークしながらレースを進めた。
そして、ディーマジェスティは、外に持ち出されるといい脚を使ったが、上位2頭には届かず、3着止まりであった。
ディーマジェスティの第83回日本ダービーの3着という結果は、1枠を生かせればもっと差を詰められたはずであり、能力的には上位2頭と互角である。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、展開や条件次第で、ディーマジェスティが皐月賞の強さを発揮して逆転可能と判断すべきである。

以上のように、第83回日本ダービーは、マカヒキの勝利で幕を閉じた。
しかしながら、第83回日本ダービーのレース内容を振り返ると、マカヒキ、サトノダイヤモンド及びディーマジェスティの3頭は能力的に互角であり、展開や条件次第で着順が入れ替わりそうである。
競馬理論のファンの方は、レベルの高いクラシック戦線の秋の予想もお楽しみに。

ディーマジェスティの2冠制覇なるか?


今週のメインレースは、競馬の祭典第83回日本ダービーである。
第83回日本ダービーは、戦前3強と言われていた皐月賞を伏兵のディーマジェスティ(蛯名正義)が制したように混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第83回日本ダービーに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

皐月賞組からは、1着のディーマジェスティ、2着のマカヒキ(川田将雅)、3着のサトノダイヤモンド(ルメール)、4着のエアスピネル(武豊)、5着のリオンディーズ(デムーロ)、6着のマウントロブソン、11着のプロフェット(浜中俊)及び16着のジョルジュサンク(吉田隼人)が第83回日本ダービーに出走する。
ディーマジェスティの皐月賞の勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたことは確かだが、スタートでヨレながらも1馬身以上の差をつける強い内容であった。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においても、皐月賞馬ディーマジェスティに高い評価を与えて当然である。

マカヒキの皐月賞の2着という結果は、ディーマジェスティと同様に前崩れの展開に恵まれたものではあるが、堅実にいい脚を使うことを改めて示した。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、マカヒキの差し切りまであり得ると判断すべきである。

サトノダイヤモンドの皐月賞の3着という結果は、初の強敵相手の厳しい競馬で敗れてしまったが、自ら勝ちに行った分の差と見れば悲観すべき内容ではない。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、展開次第でサトノダイヤモンドの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。

エアスピネルの皐月賞の4着という結果は、ハイペースを早めに追走した割に負けていない。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、展開などの助けがあれば、エアスピネルも好走可能と判断すべきである。

リオンディーズの皐月賞の5着という結果は、折り合いを欠いて早めに先頭に立ってしまったものであり、度外視可能である。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、内枠を引いて前に壁が作れるようであれば、リオンディーズの巻き返しの可能性が高いと判断すべきだが、外枠で折り合いを欠くと再度凡走の可能性が高まると判断すべきである。

マウントロブソン、プロフェット及びジョルジュサンクは、皐月賞の見所のない内容を見る限り、第83回日本ダービーの競馬予想において高い評価は不要である。

青葉賞組からは、1着のヴァンキッシュラン(内田博幸)、2着のレッドエルディスト(四位洋文)及び4着のプロディガルサンが第83回日本ダービーに出走する。
ヴァンキッシュランの青葉賞の勝利という結果は、1馬身以上の差をつけてのものではあるが、先行争いから大きく離れた5番手を気分よく追走する展開に恵まれたものでもある。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、メンバー強化を考慮すると、ヴァンキッシュランに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

レッドエルディスト及びプロディガルサンは、青葉賞の見所のない内容を見る限り、第83回日本ダービーの競馬予想において高い評価は不要である。

プリンシパルステークス組からは、1着のアジュールローズ(ボウマン)が第83回日本ダービーに出走する。
アジュールローズのプリンシパルステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成と府中の2000mで有利な1枠に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、アジュールローズに高い評価は不要である。

京都新聞杯組からは、1着のスマートオーディン(戸崎圭太)及び2着のアグネスフォルテ(松山弘平)が第83回日本ダービーに出走する。
スマートオーディンの京都新聞杯の勝利という結果は、スローペースを差し切る着差以上に強い内容であった。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮すると、スマートオーディンに過大評価は禁物だが、スローの瞬発力勝負であれば好走可能と判断すべきである。

一方、アグネスフォルテは、京都新聞杯の見所のない内容から、第83回日本ダービーの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、NHKマイルカップ組からは、2着のロードクエスト(池添謙一)、3着のレインボーライン(福永祐一)及び8着のブレイブスマッシュ(横山典弘)が第83回日本ダービーに出走する。
NHKマイルカップは、

皐月賞で通用しなかったロードクエストが一番強い内容で2着だったことからもわかるように、低レベルな一戦であった。
よって、第83回日本ダービーの競馬予想においては、NHKマイルカップ組のロードクエスト、レインボーライン及びブレイブスマッシュに高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第83回日本ダービーに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などを加味して、第83回日本ダービーの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第83回日本ダービーの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
パスワード確認:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ドゥラメンテが2冠達成

第82回日本ダービーは、皐月賞馬ドゥラメンテの勝利で幕を閉じ、2冠を達成した。

競馬理論の競馬予想では、負けて強しの共同通信杯及び着差以上に強い皐月賞の内容から、能力断然で人気でも逆らうことはできないと判断し、ドゥラメンテを本命に予想した。

レースでは、ドゥラメンテは、前に馬を置く形の中団で折り合いをつけ、直線で外に持ち出されると、一気に突き抜け、第82回日本ダービーを制覇した。

ドゥラメンテの第82回日本ダービーの勝利という結果は、追えばまだまだ伸びそうな余裕があり、着差以上に強い内容であった。

よって、今後のG1戦線においては、ドゥラメンテに3歳世代では敵なしの評価を与えてもいいだろう。

一方、第82回日本ダービーでは、5番人気のサトノラーゼン(岩田康誠)が2着に入った。

競馬理論の競馬予想では、2連勝の内容及び好位のインを追走できそうな絶好の展開面を考慮し、サトノラーゼンにも高い評価を与えていた。

レースでは、サトノラーゼンは、 中団のインを追走し、直線でも内からいい脚を使ったが、同馬主のサトノクラウンとの2着争いを制するのが精一杯であった。

サトノラーゼンの第82回日本ダービーの2着という結果は、終始ロスのない競馬をさせた岩田騎手の好騎乗及び1枠に恵まれたものである。

よって、今後のG1戦線においてもサトノラーゼンが上位争いをするには自在性のある器用な脚質を生かす必要があると判断すべきである。

一方、第82回日本ダービーでは3番人気のサトノクラウン(ルメール)が3着に追い込んだ。

競馬理論の競馬予想では、外を回りすぎたことと直線の不利から皐月賞の敗戦は度外視可能と判断し、サトノクラウンの巻き返しにも注意を払うべきと考えていた。

レースでは、サトノクラウンは、後方で折り合いをつけ、直線で大外に持ち出されると、上がりナンバーワンの33秒8の脚を使ったが、3着止まりであった。

サトノクラウンの第82回日本ダービーの3着という結果は、4コーナーでかなり外を回らされてしまったものであり、3歳世代ではトップクラスの能力を持つことを改めて示した。

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、サトノクラウンが今後の成長や展開次第でドゥラメンテとの差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、第82回日本ダービーは、ドゥラメンテの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、歴史的な名馬になる可能性まであるドゥラメンテの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝2400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
ディーマジェスティ マイネルハニー マカヒキ レインボーライン エアスピネル アグネスフォルテ ロードクエスト サトノダイヤモンド マウントロブソン スマートオーディン アジュールローズ リオンディーズ レッドエルディスト ヴァンキッシュラン イモータル ブレイブスマッシュ プロフェット プロディガルサン 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
575757575757575757575757575757575757 斤量
蛯名 柴田大 川田 福永 武豊 松山 岩田 ルメール Tベリー 戸崎圭 ボウマン Mデムーロ 四位 内田博 石川 横山典 浜中 田辺 騎手
316184141127612591315181710 着順

最新情報

東京優駿とは

東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。『東京優駿』より : 東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。『東京優駿』より : 東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。引用元:Wikipedia 東京優駿競走

最終オッズ

馬名 単勝
ディーマジェスティ3.5
サトノダイヤモンド3.8
マカヒキ4
リオンディーズ5.5
スマートオーディン11.7
ヴァンキッシュラン16.6
エアスピネル21.3
レッドエルディスト57.8
ロードクエスト70
マウントロブソン89.8
プロディガルサン104
レインボーライン155.4
アジュールローズ159.4
マイネルハニー175.1
イモータル268.6
アグネスフォルテ274.5
ブレイブスマッシュ350.6
プロフェット375.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧

日本ダービー 東京優駿 (2016年) 『マカヒキが皐月賞の雪辱を果たす』

第83回日本ダービーは、3番人気に推された皐月賞2着馬マカヒキ(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、堅実に追い込むマカヒキに高い評価を与えていたものの、位置取りが悪くなりすぎると脚を余す可能性があると […]

2016/06/2 (木)

日本ダービー 東京優駿 (2016年) 『ディーマジェスティの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、競馬の祭典第83回日本ダービーである。 第83回日本ダービーは、戦前3強と言われていた皐月賞を伏兵のディーマジェスティ(蛯名正義)が制したように混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第8 […]

2016/05/23 (月)
ドゥラメンテが2冠達成

日本ダービー 東京優駿 (2015年) 『ドゥラメンテが2冠達成』

第82回日本ダービーは、皐月賞馬ドゥラメンテの勝利で幕を閉じ、2冠を達成した。 競馬理論の競馬予想では、負けて強しの共同通信杯及び着差以上に強い皐月賞の内容から、能力断然で人気でも逆らうことはできないと判断し、ドゥラメン […]

2015/06/4 (木)
ドゥラメンテの2冠制覇なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2015年) 『ドゥラメンテの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、第82回日本ダービーである。 第82回日本ダービーは、皐月賞馬ドゥラメンテが断然人気になりそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第82回日本ダービーに出走する有力各馬の能力をステップレースご […]

2015/05/29 (金)
ワンアンドオンリーが橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらす

日本ダービー 東京優駿 (2014年) 『ワンアンドオンリーが橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらす』

第81回日本ダービーは、ワンアンドオンリー(横山典弘)が皐月賞馬イスラボニータを競り落とし、橋口調教師に悲願のダービー制覇をもたらした。 競馬理論の競馬予想では、ワンアンドオンリーは皐月賞のレース内容が他の出走馬よりも良 […]

2014/06/5 (木)
イスラボニータの2冠制覇なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2014年) 『イスラボニータの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、競馬の祭典の第81回日本ダービーである。 第81回日本ダービーは、皐月賞馬イスラボニータが人気の中心となりそうではあるが、断然ということもなく混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第81 […]

2014/05/29 (木)
日本ダービー馬はキズナ

日本ダービー 東京優駿 (2013年) 『日本ダービー馬はキズナ』

第80回日本ダービーは、1番人気のキズナ(武豊)が人気に応えて、3歳世代の頂点に立った。 競馬理論の競馬予想では、京都新聞杯及び毎日杯の着差以上に強いレース内容だけでなく、前が塞がって仕掛けが遅れて脚を余した弥生賞の内容 […]

2013/05/30 (木)
ロゴタイプの2冠制覇なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2013年) 『ロゴタイプの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、競馬の祭典第80回日本ダービーである。 第80回日本ダービーは、皐月賞上位組がすべて出走を予定しており、3歳世代のチャンピオン決定戦に相応しいメンバーが揃った。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第8 […]

2013/05/23 (木)
オルフェーヴルの2冠制覇なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『オルフェーヴルの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、競馬の祭典の第78回日本ダービーである。第78回日本ダービーは、東日本大震災の影響で23年ぶりに東京コースで行われた皐月賞を圧勝したオルフェーヴル(池添)が人気の中心となる。 しかしながら、オルフェ […]

2012/07/2 (月)
ヴィクトワールピサの2冠達成なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『ヴィクトワールピサの2冠達成なるか?』

今週のメインレースは、競馬の祭典の第77回日本ダービーである。第77回日本ダービーは、皐月賞馬ヴィクトワールピサが2冠を狙うが、別路線組もかなりレベルが高く、例年以上に豪華なメンバーが揃った。そこで、競馬理論の競馬予想は […]

2012/07/2 (月)
Cコースの馬場状態次第で大波乱の決着も?

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『Cコースの馬場状態次第で大波乱の決着も?』

今週のメインレースは、競馬の祭典の第76回日本ダービーである。今年の牡馬クラシック戦線は、皐月賞の時点では3強対決と言われていたが、ロジユニヴァース(横山典)及びリーチザクラウン(武豊)が皐月賞で惨敗してしまったので、ア […]

2012/06/29 (金)
皐月賞馬不在のダービーを制するのは○○○

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『皐月賞馬不在のダービーを制するのは○○○』

今週のメインレースは、3歳世代のチャンピオン決定戦の第75回日本ダービーである。今年のクラシック戦線は、牡馬・牝馬共に大混戦模様であり、尚且つ、皐月賞馬キャプテントゥーレが不在ということもあって、第75回日本ダービーは例 […]

2012/06/29 (金)
ウオッカは牡馬相手でも通用するのか?

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『ウオッカは牡馬相手でも通用するのか?』

いよいよ今週は、3歳チャンピオン決定戦の第74回日本ダービーが行われる。今年の第74回日本ダービーは、2歳牝馬チャンピオンのウオッカ(四位)の参戦やアドマイヤオーラ(岩田)から武豊騎手が降ろされるなど話題の多いレースとな […]

2012/06/29 (金)
第73回日本ダービー(東京優駿)

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『第73回日本ダービー(東京優駿)』

今週は、いよいよ競馬の祭典である第73回ダービーが行われる。皐月賞を制したのが、6番人気であったメイショウサムソン(石橋)ということもあって、今年のダービーは混戦模様が予想される。その中で、いったいどの馬がダービー馬の称 […]

2012/06/29 (金)
ゴールドシップの2冠制覇なるか?

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『ゴールドシップの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、 競馬の祭典第79回日本ダービー(2012年)である。 第79回日本ダービー(2012年)は、 無傷の3連勝でNHKマイルカップを制した カレンブラックヒルこそ出走を回避したが、 3歳チャンピオン戦 […]

2012/05/28 (月)
ディープブリランテと岩田騎手が悲願のダービー制覇

日本ダービー 東京優駿 (2012年) 『ディープブリランテと岩田騎手が悲願のダービー制覇』

第79回日本ダービーの結果(2012年)は、 戦前に2強と言われたゴールドシップ(内田博) 及びワールドエース(福永)が馬券圏外に敗れ、 波乱の結果となった。 その波乱の第79回日本ダービーの結果(2012年)を制したの […]

2012/05/27 (日)
オルフェーヴルが道悪を苦にせず圧勝

日本ダービー 東京優駿 (2011年) 『オルフェーヴルが道悪を苦にせず圧勝』

第78回日本ダービーの結果は不良馬場で混戦が予想されたが、1番人気の皐月賞馬オルフェーヴルの快勝で幕を閉じた。 競馬理論は、第78回日本ダービーの結果は皐月賞を3馬身差で勝利した圧倒的な強さから、 オルフェーヴルを自信の […]

2011/05/29 (日)
内田博騎手が悲願のダービー制覇

日本ダービー 東京優駿 (2010年) 『内田博騎手が悲願のダービー制覇』

第77回日本ダービーの結果は、ヴィクトワールピサ(岩田)とペルーサ(横山典)の2強対決で注目を集めたが、2強ともに敗れるという波乱の結果となった。 第77回日本ダービーの結果は、その波乱の第77回日本ダービーの結果を制し […]

2010/05/30 (日)
第75回日本ダービー(東京優駿)

日本ダービー 東京優駿 (2009年) 『第75回日本ダービー(東京優駿)』

競馬の祭典の第75回日本ダービーの結果は、皐月賞で圧倒的な一番人気を裏切ったロジユニヴァースの巻き返しで幕を閉じた。 競馬理論は、第75回日本ダービーの結果は、インが有利な馬場状態になれば、インの3番手の絶好位を追走しそ […]

2009/05/31 (日)
1 2